「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 芥川とピカソの「泣く女」には感情の対極がある。 

情と理性。日頃、どちらかを優先しているだろうか。

8月8日、天皇陛下が高齢化による生前譲位のご意向を暗に示された。
 ある人は、平成の玉音放送だ、陛下のお気持ちは大事にすべきだと言っている。
 ある人は、南洋まで行くから忙しいのだ、皇太子夫妻が後継ぎかと冷ややかだ。

賛同者は感情で陛下を心配し、批判者は理性で皇室論を述べているようだ。

anapor.jpg
ジャック=ルイ・ダヴィッド「ナポレオンの戴冠式」1806-07

感情と理性の表わし方。これを芥川龍之介とピカソが共に「泣く女」で描写している。

 「させていただく」視点で見えてくる『春琴抄』の幸福感。 

わたしバーソは、使わない言葉が幾つかある。
たとえば「何々させていただいています」と「何々しております」。
たまに軽い調子で使うことはあるが、改まった場での謙譲語としてはまず使わない。

こんな話がある。だいぶ以前だが、三井住友カードの会員向け情報誌『VISA』は、
「させていただきます」の言葉を、自社の宣伝ページ内では一切使わなかった。
ある顧客から、これは使い方がおかしいので使うな、と強く抗議されたからだ。

私が使わない理由は主に、謙遜を装おうとする偽善が気になるせい。
だが、「させていただく」は、適切な場面で適切に使うとぴしゃりと決まる言葉だ。

syu6.jpg

 世の中に、男と女と2種類ある不思議。 

男と女。
世の中に、これ以上の神秘的な組合せはない。

もし男か女だけしか存在しないなら、ああ、恋のときめきは発生しない。
もし男か女だけしか存在しないなら、おお、ごたごたや嫉妬は激減する。
そして、もし男か女だけしか存在しないなら、人類は地球から消滅する。

男と女の関係は、恋人になるかあるいは破綻するかで、友人のままずっとは無い、とか、
一緒にラーメンを食べているなら二人はデキてる、と誰かがエッセーに書いていたが、
それは何十年も昔の話で、いまはラーメン屋は店によっては高級化している。

聖書は「不思議な道の一つは、男の女に会う道である」と言っている。(箴言30:19)
男と女が磁石のN極とS極のように互いに引き合うのは不思議なことだ。

ef5.jpg
Edward Hopper「Nighthawks」1942(Art Institute of Chicago)

 ひとの役に立つ「でくのぼー」になる正義感。 

「金儲けをしたくないですか?」
電話に出たら、いきなりこう切り出されたことがある。
声は愛想のない中年男。電話機のナンバーディスプレイに番号は表示されてない。

「金儲けには関心ないです」と穏やかに答えたら、(うッ)と、かすかに息を呑む音がして、
「あんた、男ですか」と言われてしまった。声が挑戦的モードになっている。
あれれ、「あんた」なんて言われたことが過去にあったかな、と一瞬考えたら、
「そういうあんたはどこの馬の骨ですか」という反撃フレーズが頭の中に浮かんだ。
が、そうは言わず、「ええ、関心がないので」と言ったら、電話はガチャンと切れた。

金銭欲は諸悪の根源だと思っていたので、関心がないというのは嘘ではないのだが、
金儲けに関心がない男なんて、ろくでなしだ、でくのぼーだ、と思われたようだ。
世の中にはいろんな考えの人間がいることをわきまえないと、電話営業も大変である。

roku9.jpg
アダモ作詞作曲『Mauvais Garcon(ろくでなし)』1964 →You-Tube

私は、ひとから口汚くののしられても、ののしり返すようなことは、まずしない。
我慢だけは得意なせいと、侮蔑語を発するときの人間の顔が醜くて嫌いだからだ。

今回は、侮蔑語の意味を、社会的な「正義感」と関連させて考えてみた。

 善悪の判断は、時と状況と「?」による。 

肉食や化学調味料、砂糖や塩、牛乳や卵を悪者扱いする人がいる。
それらが体に悪いという知識や信念があるからだ。

興味深いことに、人類最初の善悪問題は《食べる/食べない》だったようだ。
エデンの園にあった木はリンゴではなく、正確には「善悪の知識の木」と言う。
その実は見るからにおいしそうだったが、神は、食べることを人間に禁じた。
しかしアダムは妻の勧めに従って食べ、その罰として土に還ると宣告された。
実が有害物質だったゆえではなく、神の命令を破ったことが「悪」だったのだ。

善悪や正邪というものは、何らかのルールや観念に基づいて定められている。
主義や信念に個々の人間の良心や感情も絡むと、是非の判断は非常に難しい。

superman17.jpg
 (画像は映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』2016より)

ハーバード大学のサンデル教授が提出した「正義」についての問いを考えてみた。

 「えん」は異なもの味なもの。 

縁は異なもの味なもの―――。
このことわざに関連した、タメになる余話なさけ浮世の注釈四つです。

1.「縁は異なもの味なもの」
男女の縁は不思議でイキなもの。誰がどこでどう結ばれるかは分からない。
例えば4日間の大人の恋を描いた1995年のアメリカ映画『マディソン郡の橋』。

田舎の平凡な主婦と中年のカメラマンが出遭い、すーっと心が通い合い、結ばれる。
たった一日の間に、女と男の人生に大きな変化が起きる。

この映画の中で流れた往年の名曲『縁は異なもの』(歌:ダイナ・ワシントン)

(アンジェリーナ・ジョーダン(8歳) ディーン・マーチン ビング・クロスビー
ジェーン・モーガン キンガ テンプテーションズ ロッド・スチュアート)


back to TOP