「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 北の丸公園は、人と桜で満開だった。 

いま桜咲きぬと見えて薄ぐもり 春に霞める世の景色かな

気象庁が「桜満開」と宣言した、花曇りの土曜3月23日。
風が弱く、予想気温18度。これは桜に浮かれよう、と皇居まで出かけました。

a桜 007

北の丸公園の第一駐車場は満車でしたが、運よく数十秒待ちで入場。
歩いて数分の国立近代美術館に行って、「MOMATコレクション」を鑑賞。
MOMATをモマと読んだら館員に通じず、少々恥ずかしい思いをしました。
(The National Museum of Modern Art,Tokyoの略称で、モマットと読む)

桜 002

皇居内に入る人が通りに多く、見習って入城。内堀を越すのは生まれて初めて。
中には石垣と広場がありました。「松の廊下」跡で少し待つことをして移動。

a桜 030vv桜 029

次に名所「千鳥が淵」への上り坂を、ちと風流なる顔をして桜を眺めつつ散策。
なかなかに趣のある道で、車で通るのが好きなんですが、歩くのは初めて。
というより花見に出かけたのが初めて。長年忙しくて、そんな思考は無し。
小さな焼き芋の半カットを300円で売ってましたが、チラ見して素通り。

a桜 022
 
桜が、咲いております。懐かしい葛飾の桜が、今年も咲いております。
思い起こせば二十年前、つまらねぇことで、おやじと大喧嘩。
頭を血の出るほど ぶん殴られて、そのままプイッとウチをおん出て、
もう一生帰らねぇ覚悟で おりましたものの、
花の咲く頃になると決まって思い出すのは故郷のこと・・・。

a桜 035

ガキの時分、鼻ったれ仲間を相手に暴れ回った水元公園や、江戸川の土手や、
帝釈様の境内のことでございました。

a桜 036

今こうして江戸川の土手に立って、生まれ故郷を眺めておりますと、
何やら、この胸の奥が、ぽっぽと火照ってくるような気がいたします。 → YouTube

生まれも育ちも葛飾・柴又の人が出る映画。私はテレビで2,3本見た程度。
調子のいいセリフには、桜についての日本人の思い入れがよく表れてますね。
寅さんはさくらが好きなようですが、私はこの季節、桜餅が大好き。甘党です。

a桜 049

歩いていたら国立近代工芸館がありました。同じチケットで入れるそうで入館。

a桜 048

日本の工芸美術には関心がないのですが、テーマは「花咲く工芸」でした。
中高年の方々が大勢いて、皆さん熱心に見てたので感心し、反省。

桜 044

せっかく来たので、丸の内に完成した日本郵便の『KITTE/キッテ』に寄り道。
中は、ごった返しの大群衆。何も見ず、買わず、食べず、撮らずで、即 帰宅。
来ってみたら記念キッテの感慨なり、でありました。

♥最後まで読んでくださり、ありがとうございました♥
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

私も行きました。

おお、北の丸公園に行かれたんですね。
ちょうどいい時だったようで。
クルマで通ってみると、例年込み合うところも、空いていました。
満開を来週末と予想した人が多かったせいかも。
男性の写真はバーソさんですか、はじめまして。(笑)
私も2年前に三菱美術館に行ったついでに寄りました。
桜と言えば寅さんですね、第一作の冒頭、思い出しました。
http://youtu.be/fToTDHqEco0
寅さんは柴又に帰り、失敗の数々、女性にも振られ、また旅に出ます。
そしてさびしい旅の空からハガキが届きます。
「思い起こせば恥ずかしきことの数々、今はただ後悔と反省の日々を過ごしております・・・」

2013/03/25(月) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

やはり、本人の声もあったほうがいいですし、セリフの一部を省略していますし、
教えていただいた冒頭シーンのYouTube。ブログに中に入れさせてもらいました。

昔、道を歩いているときに偶然、寅さんに出遭ったことがあります。
すれ違うとき、数秒間、互いにじっと目を見つめあったのですが(笑、
あの映画の軽そうなイメージなど全然なく、堂々とした重いオーラを放っていました。

>「思い起こせば恥ずかしきことの数々、
>今はただ後悔と反省の日々を過ごしております・・・」

そうです。私も「後悔と悔恨と悔悟と残念無念の日々を過ごしております・・・」。
でも今は、なるべく明るいこと、楽しいこと、物事のいい面だけを考えるように
努めております。エリアンダーさんのブログは、その助けになっています^^)。

あ、本人のことですが、よく、若作りをしてると言われます。はい。(笑)

2013/03/25(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

花見は一人で出かけたのですか?
カーディガンと靴がマッチしててオシャレですね。
そして立派な石垣ですね~。

去年私も名古屋城に行きましたが、お城と櫻は
本当に似合いますね。

>>ガキの時分、鼻ったれ仲間を相手に暴れ回った
>>水元公園や、江戸川の土手や、、、、。

何のことかわからないままyou tubeを見ましたら
寅さんだったのですね。

私も花より団子の方なので、花見となると
屋台やらの賑やかしが無いと淋しいと思ってしまいます。

親友と花見に行くときは、湯たんぽを持ち、
毛布を持ち防寒対策バッチリで出かけます。

で、屋台の暖かいおでんや串カツもたくさん買います。

子供たちは、大きくなったので付いてきてくれませんが
湯たんぽを炬燵にして、テーブルに毛布まであると
ついつい長話になりますし、周りの人たちは、
暖かそうな私たちをうらやましそうに見ていました。

皇居への花見
うらやましいです。
桜田門の方へは行かなかったのですか?

(桜田門に咲いているのは、桜だもん!)
(鼻水 気になる 花見好き!)

2013/03/25(月) |URL|ゆりママ [edit]

ゆりママさん ありがとうございます^^)

皇居には、この写真を撮ってくれた人と一緒に行きました。
カーディガンではなく、オレンジ色のパーカーです。ユニクロの1,980円。
赤い靴は4,000円の半額だったので意を決して購入。共に、男性用ですよ。

「ガキの時分、鼻ったれ仲間を相手に暴れ回った・・・」って、
ひょっとして、私バーソのことだと思ったんじゃないですか(笑。
あ、そうそう、「石壁」は「石垣」に修正しました。ありがとうございました。

「桜田門に咲いているのは、桜だもん!」
=うまいっ!で、座布団は7枚でいかがでしょう。

「鼻水 気になる 花見好き!」
=こちらもうまい!で、座布団6枚でいかがでしょうか。

わたしの「門」の駄ジャレは無しですよ。
だって、モンモンとして苦しんで考えても、出来ないんだモン(笑。

2013/03/25(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

私生まれも育ちも葛飾柴又の川の向こう
なのよ~
昔はさく土手のさくらが綺麗だったわ~♪

2013/03/25(月) |URL|babatyama [edit]

バーソさんへ

こんにちはAKIRAです
いい写真ですね
これは以前紹介されてたソフトで加工されたんですかね。
すごくいいです。

PS:ワタクシ、寅さん大好きです。

2013/03/26(火) |URL|ARAKI AKIRA [edit]

花見に行かなくても、たっぷり桜を堪能させていただきました。
ありがとうございます。

私、寅さん、大好きなんですよね。
リズムと勢いのある啖呵売や口上、付け足し言葉。
一言一言の言い回しや絶妙な間…。
すべてにおいて私が勝手に師と仰ぐ人、
それが寅さんであります。

「おっ言ったなぁ、それをいっちゃあおしめぇよ
ああ、出てってやるよ、こんな風吹けば
とんでっちゃうような団子屋なんてな!」

ハラハラと見守る「さくら」でありました…。

2013/03/26(火) |URL|三流亭まん丸 [edit]

lady-babaさん ありがとうございます^^)

多分あの辺だろうと思っていましたが、ちょうど川向こうでしたか。

柴又は寅さん一色の町ですが、「矢切りの渡し」では気になることが3つありましたね。
まず殺風景な安物の立て看板、漕ぐのは大変でしょうが普段着で愛想無しの船頭さん、向こう岸にある掘っ立て小屋風の土産物屋。

葛飾区の担当者は、一度ディズニーランドに行ってカヌーに乗ってみると、改善のヒントが得られるでしょうに。観光地は、盛り上げの演出次第なんですけどね。

土手の桜は今でもきれいじゃないんでしょうか。川の景色はなかなかいい感じでした。

2013/03/26(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ARAKI AKIRAさん ありがとうございます^^)

写真を褒めていただいて、ありがとうございます。
「いい」の言葉が二度あったので、ならば、これはお世辞以上に相違ないと推理し、
すこぶる うれしく思う感情に たっぷり浸ったことでした^^)。

この前の画像ソフトは使ってないです。カメラ内蔵のダナミックトーンという
フィルターを掛けて撮っているだけです。構図も広めに撮っておけば、
微妙なトリミングはあとでパソコンでできるので便利な時代になったものです。

携帯電話で撮影ができるようになって、普通のカメラは衰退するかと思いましたが、
今は第3期カメラ黄金時代ではないでしょうか。いいカメラが次から次へと出てきます。
わたしは(撮影ではなく)カメラが趣味ですので、いろいろ欲しくなって困ります。

2013/03/26(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

三流亭まん丸さん ありがとうございます^^)

>リズムと勢いのある啖呵売や口上、付け足し言葉。
>一言一言の言い回しや絶妙な間…。

おお、そうですか。やっぱりね。あの口調、あのセリフ、あの間、いいですねー。
聞いていて、日本語ならではの《心地よさ》があります。《リズム》があります。

「付け足し言葉」ですか。なるほど、なるほど。
必要がないけど、付け足したら面白い。発祥は江戸時代でしょうか。
それから話芸が発達し、それが落語となっていったのかもしれませんが、
あの時代の日本人(町民)には、精神に余裕とユーモアがあったのでしょうかね。

まん丸さんの《言葉への感性》に、恐れ入谷の鬼子母神です。^^)/

2013/03/26(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

水元公園

すんごい昔にここの池に金魚を放流したことがあるわぁ (反省)

っていか、この桜三昧はどなたと行かれたのかしらぁ
バーソさま、写ってるぅv-413
あいかわらずのおされな殿方ねぇv-347
スリム体型はどうやって維持なさっているのかしら・・・
やっぱり焼き芋をスルーするからかなぁ(笑)
ダーリンにも見習って欲しいもんですわ(涙)

やっぱ・・・元彼によく似てるんだわv-402

2013/03/26(火) |URL|きまぐれひめさま [edit]

きまぐれひめさま ありがとうございます^^)

桜三昧は、ええと、愛人と、いや、そうじゃなかった、家族でした。
焼き芋は好きですね。高いと買いませんが。でも、大学芋のほうが好きかな。

若いときから太りません。気を遣うせいです。苦労が多いせいです。ええ。
そして、収入状態に比例しているせいかもしれません(涙。
ですから、富裕で美食系でもあるダーリンは、なかなか細くなりにくいのでは?

元彼はさぞかし、いい男だったんでしょうね。あら? なんかヘン?(笑。

2013/03/26(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

コンニチワ!

桜キレイです。
色の質感がとってもヨイですね~。

去年の今頃のワタシは、☆バーソ☆サンと
出会って楽しい会話が楽しめているなんて
想っても見なかった事でしょう(喜)。

今年に入って、色んなものを捨てる機会を得ています。
まだ、この世に肉体をもって40年になるのですが、
ワタシはまだ生まれていません。

でもなんだかこの頃、生まれたがっているワタシと
生みたがっているワタシも感じています。

なのでなので、しばらくコメント欄は閉じる事にしました。
これからも勿論!勿論!お邪魔させてもらいますよ~。

2013/03/26(火) |URL|なりびと [edit]

なりびとさん ありがとうございます^^)

わー、コメント欄を閉じてしまったのですか。
なんだか、さみしいですねー。悲しいですねー。

なりびとさんのブログは、正直、わたしの霊的レベルでは難しくて、
いつも、これで自分の理解は合っているのかなと不安を感じながら、
そのとき思いついた感想を、ボクシングで言うストレートのように
ダイレクトに出すのではなく、様子見のジャブのように書いていました。

すると、なりびとさんから詳しい解説があって、
なるほど、そういうことかと思うことがよくありました。
私にはコメント欄のほうがよく分かり、面白かったですね。

わたしの思いにたいした内容もなくて、つまらないことを書くのは
恥ずかしいので、ここしばらく、ちょっとお休みをしていました。

ですので、また書くつもりでいたのですが、コメント欄を閉じたのは、
ひょっとしたら、わたしのせいでしょうか。
そうだとしたら大変申し訳ないですね。
そうだとしても、あるいは、そうでないとしても、
しばらくしたら、ぜひ再開していただければうれしいのですけどね。


よく理解できないのは、たとえば「ワタシ」の語の使い方の違いです。
言葉は同じでも、意味は二つあるようですね。
「生まれたがっているワタシ」と「生みたがっているワタシ」。
「生まれて40年のワタシ」と「まだ生まれてないワタシ」。
そのへんの違いのリクツを詳しく知りたいものだなあとよく思います。

「色んなものを捨てる機会を得ています」とはどういうことでしょうね。
なりびとさんのブログは深すぎて、正直コメントがすぐには思いつかないのですが、
でも見ている人は多いのではないですか。
るんさんだって楽しみにしてるのではないですか。

しかしながら、この頃は、なにか新しい「ワタシ」が生まれるのですか。
今はそういう新しい変革の時なんでしょうか。
だから、もっと想う時間、変わる時間がほしいということなんでしょうか。

であれば、新しい「ワタシ」が生まれてから、また再開できますね。
いずれにしても、これからも勿論!勿論!お邪魔させてもらいますよ~。

2013/03/27(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]


画調も構図もダイナミック!なクローズアップもイイですが、
2枚めみたいに、日常のなかにふっと在る桜の情景が好きなのです。

コレは、桜のカタチといい、空間の切り詰め方、
人物の配置に至るまで、よくよく作画に気が配られていて、
『・・・さすがッ!』と唸ってしまいました〜(^^)V

・・・おお〜! 
スレンダーでオシャレなバーソさん、ふたたび!!
・・・ペコリ♪(←会釈(笑))
ふむふむ、前にもH&Mの話がチョコッと出てましたけど、
ファストファッションを上手に着こなしてらっしゃるそうで。
お洒落は、かけるお金でキマるもんぢゃないですからね〜。
なんたって、センスありき!なのであります。 
シューズ、めちゃめちゃ似合っていて、カッコイイなぁ〜〜!!

そういえば、X10。
お正月に従姉妹が持ってたのを、ちょっとだけ貸してもらいました。
操作性が実にシックリきますね〜(^^)♪ やっぱ、名機かも。。。
いま買うなら、キビキビ感がアップしたっていう
新しいX20もなかなかに魅力的なのだけれど、
ファインダの横に『X20』ってロゴが入ってるトコが、
個人的にちょっとなぁ〜〜・・・(^^;)

バーソさん的注目機種って、いまナニカあります?

2013/03/27(水) |URL|G.D.M.T. [edit]

G.D.M.T.さん ありがとうございます^^)

おー、ありがとうございます。
フォトアートグラフィックのプロフェッショナルに褒められると、うれしいですね。
さすが、2枚目がお目に留まりましたか。
そうですね。これだけが日常のスナップショットらしいでしょうかね。
右の老夫婦も、左の赤い女の子も、この桜を見ながら歩いていたんです。
左端の青い人は下を向いているのですが、切ると左に空きがなくなるので残しました。

こんな服装でも目に留めていただいて、これもうれしいですね。(^v^)
なんでも安いほうが好きなんですよ。ちょうど身の丈に合ってるので。(笑)
あ、シューズは定価4,000円の半額ではなく、5,000円の半額でした。大差ないですが。

カメラのX10。ヴァージョンアップで「ダイナミックトーン」が追加されて、
とたんにお気に入りカメラになりました。軽くて気軽に振り回せて、凄くいいですよ。

新しいX20はAFもファインダーも良くなったそうで、これも欲しくなりました。
ただ、おっしゃる通り、ロゴの位置がちょっとね。これがけっこう気になります。
ロゴがもう少し小さいと、iPhoneのボタンシールでも貼ってごまかせるのですけどね。

あるいは、もう少し重くてもいいのであれば、
電子ビューファインダー付きの、FUJI X-E1か、SONY NEX-6Lが欲しいカメラですね。
NEX-6Lのほうがキットレンズがワイド(35ミリ判換算で24ミリ)なので、
使い勝手が良さそうです。画質はX-E1のほうが上のようですが。

2013/03/27(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

コンニチワ!

時期がソウなっただけで、☆バーソ☆サマが・・・と言うわけでは
ありません。
本当は、ブログを立ち上げる時から、コメント欄は
設けないようにするつもりでした。
でも、見えない相手との交流はやった事がなかったので、
ちょっとだけのつもりで、コメント欄を設けたんです。(笑)。

ワタシの目的は、魂立(こんりゅう)です。
決してワタシがそこの中に存在してはいけません。
己が自身を救済する為に、己があります。
そこにナンビトの介在はありえないのです。

ヒトそれぞれの中に、色彩豊かに
全てが存在します。
救う自分、救われる自分。
導く自分、抗う自分。
抗う自分がいなければ、導く自分は存在し得ません。
アナタのワタシはそのどれも当てはまります。

アナタの中のワタシは、決してアナタから
剥がれ落ちる事はありません。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたしマス!

本当に心お優しいお方なんですね~。
感謝!!!

2013/03/28(木) |URL|なりびと [edit]

なりびとさん ありがとうございます^^)

ありがとうございます。ほんの少しだけ気が楽になりましたが・・・。
それにしてもまたまた深い言葉ですねー。

>抗う自分がいなければ、導く自分は存在し得ません。
わたしは、最近こういうふうに理解するようになりました。
すなわち、
両極があるので、葛藤とその解決があり、苦しみとまた楽しみがある。
でも、人生の種々の問題は、クリアし、乗り越えていくことに意味がある。
人生は、そうしたさまざまな感情を味わえることが素晴らしいのだ。
ですので、なにかの問題が起きても、あまり心で抗わなくなりました。

>ワタシの目的は、魂立(こんりゅう)です。
なりびとさんの立ち位置がこの言葉に表れているように思います。
この言葉で検索しても出てきませんでした。独自の言葉のようですね。
これは、魂の存在感を明瞭にさせ、魂と密着感を持つということでしょうか。
これの理解ができれば、私の悪い頭がもっとすっきりするのですけどね。

>アナタの中のワタシは、決してアナタから
>剥がれ落ちる事はありません。
この「ワタシ」とは「バーソの魂」という意味なんでしょうかね。
私は自分の「魂」をもっとリアルに感じられればいいなと思います。

2013/03/28(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/98-5a787518

back to TOP