「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 人の仕事は、そのままの自分で精一杯生きること。 

(愚かなり我が3/4生記のようなものです。面白くはないので、ごめんなさい)

子どもの頃は夢見る少年だった。いつもボーッとして空想にふけっていた。

道を歩く時は頭の中で鉄腕アトムみたいに空を飛び、宮本武蔵みたいに悪漢をなぎ倒し、
トム・ソーヤみたいに野山を冒険して運よく財宝を探し当てたりした。

aマグカップ&アリス箱 009

玩具はほとんどない時代。外では、近くの砂浜で友だちと陣地を作って遊んだ。
家では家族と会話をした記憶がない。祖母からは「男は三年に三口」と言われ、
かまってもらえることはなかった。父は物心付いたときには離婚で居なかった。
母は、子どもの頭をなでる、手をつなぐ、ハグをするを全然しない親だった。

空想の世界に浸る性向は、成長しても持続した。
ダ・ヴィンチみたいに、新奇な飛行機や自動車の構造デザイン等を空想した。 
好きな女性のことを想い、その関係が深い方向へと発展することを妄想した。
時には、豊かな才能と力と優しさを持つスーパマンになることを夢想した。
イヤなことを言った人間を 思い出し、び しっと言い返していることを想像した。
自分の弱点や欠点が大嫌いで、内向性ゆえに自省することが多かった。

aマグカップ&アリス箱 002

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『宇宙からの手紙 2』マイク・ドゥリー(著)山川 紘矢+亜希子(訳)

少し前、私はこの木と話していた。

木が「ねぇ、宇宙さん」と私に言ったので、
「なあに?」って答えた。

「もう一度生まれてくるときには、僕はただの木にはなりたくないんだ」

「なぁるほど」と言って、私はしばらく考えた。
「木のどこが悪いの?」

「だって硬いでしょ」ニコリともせずに木が言った。
「もう一度生まれてくるときは、もっと柔らかくてふわふわになって、
子供たちに愛されたいのです」

そこで私はじっと考えて・・・・・・考えて、考えて、そしてまた尋ねた。
「今の君のように、背が高くて強くて、しかも子供たちに愛されれば
それでいいじゃないか?」

すると、子供たちがやってきて、遊び始めた――――――。


欲しいものを手に入れるためには、自分は変わらなければならないと、
本気で思ってはいませんか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人生は悔やむこと多かりし。しかし、これでいいのだ。

Aマグカッ 007

母が20歳年上の無職・無収入・住所不定の二枚目と再婚してから、中学生の頃は夜まで
食べるものがないほどのドン底の極貧を経験した。
でも私は卒業後、一流会社に就職し、まあまあの生活ができるようになった。

20代の終わりに聖書を知り、神に仕える決心をして退社。何度も転職をし、
宗教と仕事の二足のわらじを履いて、超忙しい、文字通り年中無休の日々を送った。
山あり、谷あり、患難あり。自分の心配より、成員の世話のほうに気を遣った。

それから、長い長い年月がたって、インターネットが登場。
ネットを見てはいけないと言われていたが、おかげで聖書教義の矛盾と
教団中枢部の実態が分かった。
自分では真の神エホバのご意思を行なうために生きていると長年思っていたが、
そうじゃなかった、バカみたいだったなあと、けっこう悔やんだ。

しかし、最近は考えがまた変わった。
あれでよかった、このままでいいのだ、と思うようになった。
宇宙が愛であるなら(そのように信じているが)、そして人間が神の子であるなら、
人間は誰一人、自分の人生を失敗のうちに歩んだりするはずがない、と思うからだ。

先日のWBC戦。
対オランダ戦では、「侍ニッポン」がホームランを6本も打ってコールド勝ちをしたのが
痛快だった。人生も大成功したほうが楽しいのだ、と思う人がいるかもしれない。

だが、台湾戦では、もう駄目かと思われた状況の9回2死。1塁走者が賭けのように
盗塁したあと、適時打が出て同点となり、延長10回で辛勝。球場全体が大いに湧いた。
あのときの選手たちには、かつてない大きな達成感と喜びがあったはずだ。


aマグカップ19

弟は(妻も)公務員になり、平坦な人生を選択した。それも一つの賢明な生き方だろうと思う。
私は結果的に紆余曲折・多事多難な道を選択してしまった。でもそのおかげで、
人生から貴重な学びと(自分なりではあるが)充実感を得ることができた。

私は立派で富裕な人間にはなれなかったが、精一杯 必死に懸命に人生の道を
走り通すことはしてきた。
本当にいろいろあったが、今は《この》人生を体験するために自分は生まれてきたのだろう
と思っている。
母も、あのように生きるために生まれてきたのだろうと思っている。

といっても、これから先、これ以上ドキドキ・ハラハラはしたくないのですが。

マグカップ 紙コップ 010
※写真は、ふだん使ってるマグカップで、コーヒー/日本茶用。
紅茶用カップはコチラ


最後まで読んでくださり、ありがとうございました・・・♥
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

アリスに一票!!

ぢゃなくて(笑)
バーソさまの人生にわたくし心からの1票を差し上げますわっ!!

平坦な人生も、紆余曲折の人生も、どっちがよかったかなんて
棺桶に入る瞬間までわからないもの
あ、棺桶に入るときはもう意識ないか(笑)

刹那的ではなく、享楽的でもなく、楽しく人生を謳歌できる方が
一番幸せなのよねぇ、きっと・・・

わたくしも姉妹3人で食パン10枚切りを奪いあった記憶がありましてよ♪

2013/03/12(火) |URL|きまぐれひめさま [edit]

どうも。
落語家でなはなく、ただの落語好きな「変なおじさん」です。

「人生、無駄な事なんて何一つない。
どれ一つなくても今の君じゃなく
すべてがあったからこそ今の君がある。」

記事を拝見し、高校時代の現国の先生が
授業中によく言っていた言葉を思い出しました。

無駄だと思っていたことに
実は「真」があったりするんですよね。

2013/03/12(火) |URL|三流亭まん丸 [edit]

きまぐれひめさま ありがとうございます^^)

アリスがよかったでしたか。やっぱりねえ。はいはい。
で、ご意見の件ですが。
>楽しく人生を謳歌できる方が 一番幸せなのよねぇ。
そ、そう、そうです。わたしも、そう思います。
極論すれば、
人間は楽しく生きるために生まれてきたと思います。
そしてさらに、ひと様に迷惑を掛けることなく、
ひと様の益になることができれば、
もっといいと思います。

で、あのチェーホフの「三人姉妹」の一人だったんですか。
ひめさまは、さぞかし、かわいがられたんでしょうねー。
10枚切りのパンなんてヤマザキなんかにはありませんから、
とびきり高価なグルメブレッドだったんでしょうねー^^)。

2013/03/12(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

三流亭まん丸さん ありがとうございます^^)

いつもストーンと落ちる噺をつくっていれば、立派な落語家でしょう。
わたしはガッターンと落ちる落伍者なので、よく分かりります。「(゚ペ) 
で、マジメな話。
>無駄だと思っていたことに
>実は「真」があったりするんですよね。

そうです。わたしも、人生に無駄なんて一つもない、
と最近は思うようになりました。

ひとは自分では気づかないかもしれないが、
無駄だと思えるようなことからでも、貴重な教訓を得ている。
人生は学びの連続であり、人は時間の経過と共に成長している。
と、そのように思います。

2013/03/12(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさんへ

こんにちはAKIRAです
すばらしい記事です。
ドキッとしましたよ。
思えばワタクシも妄想少年でした。
いまもかな。

精一杯生きるって、いいなぁ。
記事を読んで、
これからも頑張ろうって気持ちになりました。

2013/03/12(火) |URL|ARAKI AKIRA [edit]

ARAKI AKIRAさん ありがとうございます^^)

>思えばワタクシも妄想少年でした。
>いまもかな。

(笑)。はい、たぶん、恐らく、確実に、そうであるに違いないと想像します。
はじめに空想がなければ、アイディアは産まれないでしょうし、
イマジネーションを膨らませなければ、面白いストーリーは創れないからでしょうから。

>精一杯生きるって、いいなぁ。
>これからも頑張ろうって気持ちになりました。

ありがとうございます。こんな記事にそう言っていただくと、
まさに望外の喜び。とても、うれしいです。^^)/

思えば、AKIRAさんは、これからも精進しますとか、
頑張りますという真摯なコメントが(or も)多いですねー。

なにかあると、それを自分に当てはめて考えるというのは、
感じる心、共感する心があり、感情移入ができる証拠。
素晴らしいことだと思います。

感性豊かな面白い作品を楽しみにしています。
でも、何百枚も描(書)くと、さぞかし手が疲れるでしょうねー。(^v^)

2013/03/12(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

コンニチワ!

妄想空想のオンパレードでした~
☆バーソ☆サンもソウだったのですねぇ~。(喜)。
妄想空想は偉大です!貴重な時間を過ごす事が出来ました。

ワタシは、小さい頃に駄目だしもしくは、禁止された事を
今やってます。
絵や、見えない世界に関わる事、文章もそうです。
ずーっとそれについては、関わってはいけないという
気持ちですごしてきました。

でもその禁をおかし、今があります。
今想えば、相手の魂がワタシに
絵や、見えない世界に関わる事、文章・・・に、
逆に関わるように印(シルシ)を残してくれたのだと
理解して感謝出来るんです。

人生のコインが裏返しになっていた所を
自分で表にひっくり返しました。
それもおっかなびっくり笑)))

でもまだまだ人生のコインが裏返っている所が
かなりありそうです。
今度からは、おっかなびっくりではなく、
自分から望んで、コインを表に、ドキドキワクワクしながら
ひっくり返せれば最高です!!

2013/03/13(水) |URL|なりびと [edit]

こんにちは

紆余曲折、多事多難の経験を神の試練として捉える・・・、
うらやましく感銘を受けます。
私は普段から神の存在をまったく意識しないで過ごしている
人間ですが、映画や小説での神との邂逅の場面はいつも感動します。
「クウォ・ヴァディス」「汚れなき悪戯」「ベンハー」「沈黙」・・・。
 「沈黙」のロドリゴは、苦難を与え、助けの手を出さない神を最初は
うらめしく思うんですね。でも最後はバーソさんのように「神の御業」と理解します。
バーソさん、人生に少しはハラハラ・ドキドキがないと呆けてしまいます。(笑)
私の愛用のコーヒーカップです。
http://ec2.images-amazon.com/images/I/41WKdjaRR3L._SL500_AA300_.jpg

2013/03/13(水) |URL|エリアンダー [edit]

バーソさんの人生にbabaも一票です
babaは
人生そろそろ終わり近づいているのに
それでも今現在迷っていることがあります
このまま人生を終わって良いのか
きっと最後の最後まで悩んで終わるのかも

2013/03/13(水) |URL|babatyama [edit]

こんにちは

ヘッセの「クヌルプ」という小説を思い出しました 若い頃に読んだのですが、今も大好きな作品です
 
クヌルプという男が漂泊の人生を送り、その自由さゆえに人に愛され、その時々に出会うものたちを気ままに愛しながら暮らしていたのですが、ついに病気になり、みじめな最後を迎えます クヌルプは自分の人生を後悔し、悲しくなる でもそのとき、神の声が聞こえます(^^「おまえは、自分らしく生きることで私自身を生きたのだ」 

でもこれ、もし後悔無しに「私は神を生きたのだ」と言ったら、共感できるのかどうかわかりませんね
人生がそうでしかありえない・・というところに、苦しさも尊さもあるのでしょうか

あら、コメント欄でいろいろ考えちゃったi-179
いつも素敵な記事を読ませていただき、有難うございます



 

2013/03/13(水) |URL|hasutama [edit]

なりびとさん ありがとうございます^^)

「見えない世界」のことを言うと非科学的な人間だと見られ、
それに「関わる」と、一般的に、気持ち悪がられます。
キリスト教は特にそうですね。悪霊に関係すると思っていますから。
でも、内容をよく知れば、そんなことは全然ないのですけどね。

まあ、「妄想空想のオンパレード」でしたか。
赤毛のアンを思い出しました。
「禁止された」んですか。
相当、深く入り込んでいたんですね。

「人生のコインを表にひっくり返す」というのは面白いですね。
物事の裏というのは醜くて見ないほうがいい場合があるのですが、
人生のコインの裏というのは、私も明瞭に見てみたいものです。
ただ、見えたら、世間の目に耐えられなくなるかもしれませんが。^^;

ともかく、人生というのは、いろいろあって面白いですね。
飽きないし、厭きません。

2013/03/13(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

>映画や小説での神との邂逅の場面はいつも感動します。
そうなんですか。(^v^)
エリアンダーさんは本質的に純粋な感性を持っている方のようですね。
このコメントでも、ブログを拝見しても、そう感じます。

遠藤周作の『沈黙』は、有名な本なのに読んだことがありません。
いまWikipediaを読んで、ちょっと感動しました。
ここに出てくるイエス(遠藤周作)は、いいことを言っています。

一般に宗教は、人間に、神への崇拝と忠誠と多大な自己犠牲を求めます。
それが、神の求める《人間の正しい生き方》であると教えます。

しかし、神が本当に愛の神で、その愛が《無条件の愛》であるなら、
そんな《神中心》的なことを人間に一方的に求めるはずがないのです。
・・・ということを、私は長年、紆余曲折して学んだような気がします。
宗教は反面教師になる、ということもあるのですね。

愛用のAmazonカップはいいですねー。いいなあと思って調べたら、
中古品のほうが高くて1,799円。どうしてでしょうかね。
値段を見たら、少しドキドキしました(笑。

2013/03/13(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

lady-babaさん ありがとうございます^^)

あらー。清き一票、ありがとうございます。うれしいです。
でも、まことに僭越ながら申し上げたいことがありますね。

<人生そろそろ終わり近づいているのに
「そろそろ」は、イヤです。ぜひ削除してほしいです。

>このまま人生を終わって良いのか
終わっていいはずがありません。
ずうーっとずうーっと「3分の1」のままでいいのです。

>今現在迷っていることがあります
どうぞ、迷わないでくださいよ。
健康と体調維持に留意して、
いまのまま、なんでも自分の好きなことをして、
面白い人生、楽しい人生を毎日送るようにしてくださいよ。
わたしも見習って、そうしたいと思いますのでね^^)。

2013/03/13(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

hasutamaさん ありがとうございます^^)

「おまえは、自分らしく生きることで私自身を生きたのだ」。
驚きました。これは、まさに精神世界の考え方ですね。

この本は読んだことはありませんが、
宣教師の家に生まれた作家ヘッセに、そのような考え方があったとは!
昔から、いろんな人が同じことを言ってきたんですねー。

>もし後悔無しに「私は神を生きたのだ」と言ったら、
>共感できるのかどうかわかりませんね

おお、そうですね。おっしゃるとおりだと思います。
さすがです。hasutamaさんらしい洞察だと思いました。

いろいろ悩みながら考えながら苦しみながら、ようやく悟る、
というのがいいのでしょうか。そのほうが面白いのでしょうか。
初めからすべての者が悟るならば、この地球上での人生は不要でしょうし。

それにしても私は、理解するまで、随分時間が掛かりました(泪。

2013/03/13(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは

バーソさん、読んでいて、うなずけるなあ。

いとこ達は、ほとんど、まっとうな職につきました。
資格もあり、安定したルートを選んでいます。

私だけ、寄り道の夢見るようなことを専門に選んで、
卒業してからも、まわりが納得するような状態では
ありませんでした。

いろいろと選択した道は、意外に失敗でした 笑

でもでも今頃、まあこれでいいのかなあと
思っています。私は、こういう生き方なのだろうと
思えるようになっています。

母の介護も一人でしてきて、兄が全く手伝わないことに
恨んだこともあります。

でも最近は、親をみる子供と、みない子供というのが
あって、どちらかのクジ運なんだろうなあと思うように
なりました。
私は、くじに当たったのだと思っています。

2015/12/04(金) |URL|森須もりん [edit]

Re: こんばんは

森須もりんさん ありがとうございます^^)
おや、また古い記事にコメントを。ありがたいことです。

> いろいろと選択した道は、意外に失敗でした 笑
> でもでも今頃、まあこれでいいのかなあと
> 思っています。私は、こういう生き方なのだろうと
> 思えるようになっています
そうですか。思うことは私と似てるでしょうか。
最初は、私も失敗したが、それでいいのだ、とニャロメのように思っていました。でもそのうち、人生に失敗はないはずと思うようになりました。
なぜかといえば、ここが有神論者のゆえんですが、神が人間を失敗するように創るはずがないと思うからです。
たとえ失敗したように見えても、そこからなんらかのことを学べて得心できているなら、それは結果的に良かったことだろうと思うようになりました。

> でも最近は、親をみる子供と、みない子供というのが
> あって、どちらかのクジ運なんだろうなあと思うように
> なりました
> 私は、くじに当たったのだと思っています
ああ、いい考え方じゃないですか。
そうです。くじに当たったんです。くじを、自分で選んだのです。
ともかく、くじに外れたんじゃないんですね。
森須さんは積極的な思考を持つ人のようです。
今の仕事をしたことによって、いろいろ思うことがあったようです。
なにごとも良い経験をしたと思えば、つらいこと苦しいことも(喜べないとしても)耐えられるかもしれません。
ひとごとのように言ってますが、でもそう思うのがいいと思います。

> 寄り道の夢見るようなことを専門に選んで
ってなんでしょうね。アート関係のような気もしますが。

2015/12/04(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/96-ef6b7198

back to TOP