「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 「今日」という日は、最高のプレゼントである。 

戦争地域の取材で撃たれる。下校途中に車にはねられる。大災害に遭う・・・。
このところ、突然死のニュース報道が多いような気がします。
でも自分はそんな目には遭わない、と漠然と思ってることがないでしょうか。

ss002.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
韓国のベストセラー小説「カシコギ」(趙昌仁)より

あなたが無駄に生きた「今日」は、
昨日死んでいった者が
あれほど生きたいと願った「明日」だ。


※ カシコギ(トゲウオ)という淡水魚のオスは、メスが産んで捨てた稚魚を
必死に育て、子が成長すると安心したかのように死んでいく習性を持つという。

主人公は、白血病の息子を持つ父親。妻は病気の子を捨て、浮気相手と海外へ。
残された父親は、息子の治療費のために自分の角膜を売ることもするのだが・・・。

ドラマとしても大ヒットしたそうですが、私は、ドラマや小説にまるで うといので、
恥ずかしながら、こんな印象的な言葉があることを今まで知りませんでした。


a雑貨カップ皿 8.27 0421
(銀座阪急で買った一番気に入ってるティーカップ。ハンカチーフはシルク製)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
エレノア・ルーズベルトの結婚式のスピーチより
(米国第32代大統領夫人 1884-1962)

Yesterday is history,
Tomorrow is a mystery, and
today is a gift.
That's why they call it the present.

昨日という日はヒストリー。
明日という日はミステリー。
今日という日はギフト。
だから今日のことを「プレゼント」と呼ぶ。


※ present には、「現在」という意味と、「贈り物」という意味がある。
原文はアリス・M・アール (1851-1911)という作家の言葉。

s雑貨カップ皿 8.27 040

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
95歳の老人の詩

もう一度人生をやり直せるなら・・・・

今度はもっと間違いをおかそう。
もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。

絶対にこんなに完璧な人間ではなく、
もっと、もっと、愚かな人間になろう。

この世には、実際、それほど真剣に
思い煩うことなどほとんど無いのだ。
もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、
もっと不衛生に生きよう。

もっとたくさんのチャンスをつかみ、
行ったことのない場所にも、もっともっとたくさん行こう。

もっとたくさんアイスクリームを食べ、お酒を飲み、
豆はそんなに食べないでおこう。

もっと本当の厄介ごとを抱え込み、
頭の中だけで想像する厄介ごとはできる限り減らそう。


s雑貨カップ皿 8.27 034

もう一度最初から人生をやり直せるなら・・・・

春はもっと早くから裸足になり、
秋はもっと遅くまで裸足でいよう。

もっとたくさん冒険をし、
もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、
もっとたくさんの夕日を見て、
もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。


s雑貨カップ皿 8.27 0271

もう一度人生をやり直せるなら・・・・

だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。
私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?

自分に規制を引き、他人の目を気にして、
起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、
構えたり、落ち込んだり。

もっとリラックスしよう、
もっとシンプルに生きよう、
たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、
人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。

人生は完璧にはいかない。
だからこそ、生きがいがある。


※ 作者は、ピーター・F・ドラッカー(経営学の権威 )とされているが、
その前にナディーン・ストレイン(ピアニスト兼オルガニスト)が書いており、
元はドン・ヘロルド(エッセイスト・風刺漫画家)が書いたのだそうだ。
「95歳の老人の詩」の本当の作者

s雑貨カップ皿 8.27 053

☆☆☆

私の好きな時間は、紅茶を飲みつつ、音楽を聴きながら、本を読むことぐらい。
ここに紹介しているような、思いっきり人生を享受している状況には全然なし。
最近は夏バテで、寒気がし、頭はチリチリと鳴り、食欲不振、体力気力消失。
写真のカップなどは男の趣味とは思えないでしょうが、自分で見つけたもの。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

紅茶好き、コーヒー好き
バーソさんは、紅茶が好きなのですね。
優しい花の柄も好き、
かなり綺麗なものが好きなのですね。

私の中での紅茶は、赤毛のアンの世界で知った
不思議な作法?があるという、イメージがあります。

不思議なのは、アンの住むカナダ!
午後のお茶と、言う表現で夕飯の事をを言います。

アンを引き取ってくれたマリラが
夕方暗い中、出先から帰ると、
アンが、午後のお茶(夕飯)を用意してくれていたので
感激をします。

沸かしたての熱々の紅茶にハム、
おいしいパン、果物の砂糖漬け!!

甘い物がたくさん出てくるので、
ティタイムなのかと、迷いましたが
どうやら夕ごはんの様なんです!

(カナダの紅茶のある暮らしに、思い憧れたものですv-10

この時代、客用の寝室は、子供が入ってはいけないと、
とても大事にされていて、
お客様のティーセットは、戸棚で特等席に保管され
カップの様子は、豪華に描写されています。
質素な毎日の生活で、お客様を豪華にもてなすことは
生活の潤いだったのです。

アンは、親友のダイアナの妹を助けたので、
大人のように扱われ、客用寝室に泊まって
客用の豪華なバラの花模様のティセットでの
接待に、酔いしれます。

私もこのティーセットを想像して
結婚する時、可愛らしい花模様のカップを買いました。

バーソさんのコレクションは、
素敵なセンスがありますね。

ティスプーンも形が優しいこと♡

カシコギは、韓流好きですが見ていません。
あらすじを見たらカシコギは是非見なければと思いました。

95歳になって、
もっともっとやんちゃな人生を
したかったと、回想する
そんなステキな人生を送れたら、
幸せですね。

でも、を食べないでおこうと言ったのが
謎です。(・∀・)

私は、今人生を振り返って
去年から始めたブログで
刺激のある人生を送って
遅くに始めた習い事のフラで
充実した気持ちを味わっています。

でも、学生の時の選択
仕事を選ぶ時の選択
結婚の時の選択
転職の迷い

そのどれもが、
変化のほうを選ばなかった!!

さて、

95まで生きて
やんちゃした自分を振り返りたいものです。

素晴らしいティーセットのコレクションを
見せて下さってありがとうございます。

キレイなカップで
アンの世界に飛んでいきまーす。

午後の紅茶は、
カリッと焼いたベーコンと
りんごのアップルパイ♡
バターをたっぷり塗って
のどにパンが引っかからないような
ジューシーなパンがいいなぁ。
(モンゴメリがパンにたっぷりのバターを塗り
喉を滑って行くと、よく表現していました❤)

髪の毛がチリチリ?じゃなくて、
頭が痛くて、かわいそうなバーソさんv-74

秋の気配感じましたか?
蝉がバタバタ死んでいきますよ。(怖)

朝晩涼しっぽいし?

冷たいもので傷んでしまった胃を
暖かい黄金色のオニオンスープv-273
バラのカップに入れて
飲んでみてはいかがでしょうか♡



2012/08/27(月) |URL|ゆりママ [edit]

バーソさん、夏バテだったのですか。。いつもコメントかいてくださる
バーソさんがかいてくれてなかったので、どうしたんだろう、って、
じつは心配してました。今年の夏は、暑さに強いもえりもディズニーランドで、視界が欠けるほどの熱中症になり、気力でなおしたそうです。でも 一時間半ほどは寝たそうですが。かなり危なかったですよね。
若いもえりでさえそうなので、私たちは倍、気をつけなきゃです。

私のバイブルでもある 赤毛のアンを、同じようにバイブルにしてる方がいるのは、けっこううれしいですね。

2012/08/27(月) |URL|abe [edit]

バーンさん、こんばんは☆

お身体の具合が悪いとの事、早く涼しくなって
回復される事をお祈りいたします。

バーンさん、綺麗な花柄のカップがお好きなんですね。
私も同じジノリのカップ持っていますよ。

ドラッカーの本を読みたいと思いつつまだ読んでいません。
でも、この95歳の老人の詩はドラッカーのものでは
ないのですね。

この詩がとても気に入りました。
永久保存版で、毎日読みたいと思います。

くれぐれも、お身体ご自愛下さいませ。

2012/08/27(月) |URL|りもママ。 [edit]

んまっ!! 夏バテでらしたのっ!!
存じ上げなくて・・・そんな中わたくしのblogにコメントしてくださるなんてっ!!
ムリはいけませんわ~ 紅茶を頂きながらゆっくりとなさってね~

『赤毛のアン』はわたくしも愛読しておりますわぁ
全巻揃えたけれど、やっぱり一番最初の『赤毛のアン』がいいわね~
アンもいいけれどミス・ラヴェンダーが好きなキャラだわ~
あと『あしながおじさん』も好きだわ~
って、こんなお話ぢゃなくて、ティーカップのお話よぉ
すてきね~ 殿方でこういったタイプのものを収集なさっているのは
珍しいかもしれないわ~
デミタスを集める方はお一人存じ上げておりますけれど
わたくしは“ダンゼン”バーソさまのご趣味と一致しておりますわ♪

わたくしたち・・・なんだか似ていませんこと?
気のせい・・・かしら?

2012/08/28(火) |URL|眠れぬ森のお姫さま [edit]

ゆりままさんへ。(^^)

またまた気合の入ったコメント、ありがとうございます。
文字を打つのにも時間が掛かったでしょう。すみませんね。m(_ _)m

ゆりさんは『赤毛のアン』にずいぶんお詳しいんですね。
「沸かしたての熱々の紅茶にハム、 おいしいパン、果物の砂糖漬け!! 」
とか「夕方暗い中」とか、情景描写が詳細かつ具体的です。
イギリス文化のアフタヌーンティは、社交的要素もあるんでしょうね。

わたしは、本で読んだイメージより、映画で観た記憶のほうが今は強いです。

風がそよそよ吹いて木立を揺らしているグリーンゲイブルズの美しい景色。
アン・シャーリーを取り巻くマリラやレイチェル・リンドやダイアナ、ギルバート。
映画のせいで、人々(俳優)の顔や人柄のほうをよく覚えています。
(レイチェルというのは、旧約聖書に出てくるラケルという女性名の
英語読みで、ラケルは姿や顔立ちがとても美しかったそうです)

「豆を食べない」という話は、ひょっとしたらスナックの豆の意で、
♪やめられない 止まらない♪と、つい食べ過ぎてしまうからではないでしょうか。
お酒やアイスは控えることができたようですが。
私も、健康状態がまあまあなら、95歳まで生きてみたいものです。

人生の様々な選択で「どれもが変化のほうを選ばなかった」というのは、
人生は順調だったということなんでしょう。よかったですね。
ゆりさんの「今」も充実しているとのことで、なによりです。\(^O^)/

「午後の紅茶は、 カリッと焼いたベーコンと りんごのアップルパイ・・・」。
すごくいいですねー。私の好みです。想像するだけで食欲が出そうです。

「暖かい黄金色のオニオンスープ、バラのカップに入れて」。
これもいいですねー。ぜひゆりさんの手作りを飲んでみたいものです^^)。

2012/08/28(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

abeさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。

もえりさんも大変でしたね。ディズニーランドはさぞ暑かったでしょう。
どこも待ち時間が長いですからね。待ってる間にやられます。
でも、気力で直したんですか。
その根性があれば、将来も大丈夫。うまくやっていけますよ、きっと^^)/

おっしゃる通り、確かに「倍、気をつけなきゃ」です。
私は年齢と、さらに健康面にも問題があるので、
「3倍以上、気をつけなきゃ」なんですが、普段あまり気をつけてませんね。
abeさんも、ぜひ食事はきちんとして、夜は早めに寝てくださいよ。

『赤毛のアン』がバイブルなんですか。
ミステリが趣味だというのは知ってましたが。

でもアンの話が好きだということは、今も少女のハートを持ってる
ということなんでしょう。だから、あんなきれいな絵を描けるんですね。
あ、でも、abeさんは、《ほんとは怖い話》を書くのもうまいですよねー。
あーらら、一体どうなってるのやら(^Δ一)

2012/08/28(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

りもママさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。

「私も同じジノリのカップ持っていますよ」って。あー、やっぱりね。
ジノリは、絵柄や色調がたぶん好みじゃないかと思ってました。

写真のカップはだいぶ以前に買ったもので、最近はちょっとアンティーク
に振ったもの、フランスやイギリスの、が好みです。
趣味はなんでも、年月がたつにつれ変わっていくものですね。
でも高級ブランド品はほとんど買うことはないです。高いので。(>_<)

りもさんのお宅にあるものは、今まで写真を拝見した感じでは、
すべてブランド品や高級品で固めてるんじゃないですか。

ライム君のおっとりとした表情と、コリーですか、を見てもそう思えるし。
食事やお茶に行く店やメニューを見ても、そんな印象だし。
食器は、イタリー製のお皿や古伊万里の小鉢みたいだったし。
言葉遣いは、基本的に山の手の澄ました奥様のような雰囲気があるし。
ジーンズは(多分細いのを)10本も持ってて、素足にサンダルだし。
あははは、よく覚えているでしょう。(^Δ一)

老爺心ながら、暑き夏は美肌のためにも、水分補給をお忘れなく^^)。

2012/08/28(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

眠れぬ森のお姫さまへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。

あらー、姫さまも『赤毛のアン』ですか。まあ、「全巻揃えた」ですか。
わたしのブログに同じような趣味傾向の方が来てくださり、うれしいですね。
この本は、若いときに読み、10年ぐらい前にも1冊読みましたが、
村岡花子さんの翻訳はちょっと違和感を感じました。なぜでしょうかね。

「ミス・ラヴェンダー」って、確か、若いときに彼を許さなかった
という悲しくも苦い切ない思い出がある、きれいな独身の女性でしたよね。
姫さまはそんなキャラなんですか。
んー、きっと《一途》《思い込んだら命がけ》ということなんでしょうか。
私には、ダイアナのかわいいキャラもミックスされてるような気もしますが。

ラヴェンダー。好きな花ですね。大体パープル系は好きな色なんです。
プリンスエドワード島にはちょっと無理としても、北海道・富良野には
そのうち一度は行ってみたいと思っています。

ティーカップも《ダンゼン》同じ趣味ですか。あ、ありがとうございます。
着物に合わせて、清楚な日本調のものがメインじゃないんですか。

姫さまと似ているという話は光栄です。うれしいですね。
そういえば、音楽や絵が好きだという点も似てるし、
駄洒落を面白がるのも似てるし(よく文字数に気付いてくださいました)、
ペットが好きなのも、なかなか寝付けない点も似ているような(笑
あ、「美しいものをこよなく愛しているの」もかなり似てますよ。

2012/08/28(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

たぶんねぇ

中村佐喜子さんの翻訳の方がしっくりくると思うのぉ
ミス・ラヴェンダーは許さなかった殿方と結局結ばれるわぁ
浪漫ちっくよ~っ!!
ダイアナもかわいいわねぇ 素直だわぁ

キモノ着ていてもティーカップはお花満載が好きだわぁ♪ 
殊に紫系よぉ 
ジノリのイタリアンフルーツ、毎朝使っているわ~ 
ねっ、一緒でしょ♪

似ている点、もうひとつございましてよぉ
坊主パパリン♪

ところで、体調の方はいかがですの?
わたくしの大切なバーソさまのことだものぉ
必死にお祈りいたしますわっ!!

2012/08/28(火) |URL|眠れぬ森のお姫さま [edit]

眠れぬ森のお姫さまへ。(^^)

再コメント、ありがとうございます。

中村佐喜子さんは知らない人ですが、名訳と言われているそうですね。
せっかく教えていただいたので、図書館で検索して予約しました。
手に入ったら、すぐ読んでみます。

ミス・ラヴェンダーは最後は結ばれたのでしたか。
昔のひとは純情ですからね。よかったですぅ、と喜ぶこともないかな^^)。

「ラストダンスは私に」という歌がありましたが、
とにかく、人生はせめて最後だけでもハッピーエンドがいいですね。
途中もハッピーなら、なおいいですけど。

お花満載で、リチャードさんで、しかも紫式部だなんて、
一緒ですねー。そうそう、パパリンも一緒でした。

体調ですが、食欲は少し回復し、体のだるさも少し改善されてきました。
おかげさまで、皆さんに気遣っていただくと、気力のほうも出てきますね。

でも、このように過分のお言葉で姫さまにご心配いただくと、なんだか
ある方に申し訳ないような気がするのですが・・・なんちゃって(^_^;)

2012/08/28(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

☆バーソ☆さんはティーカップが好きなのね。
私はスプーンが好きなんです。
私の好みはかわいい系ないけど、やっぱり買うときは恥ずかしいです。
ファンシーなお店には一人でははいれないなあ。
このカップたちはどういうお店で買ったんでしょう。
その日の気分で使うカップを決めているのかなあ。

2012/08/29(水) |URL|こみ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/08/29(水) || [edit]

こみさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。
こみさんはスプーン集めが趣味でしたね。
ちょっと前にコレクション写真を見ました。

わたしはティーカップが好きですが、
それより、インテリア小物が好きですね。

買い物に出かけて雑貨屋を見つけたら、
安くて面白そうなものはないかと見て回ります。
 
アメリカの珍しい面白雑貨を売っている
ヴィレッジヴァンガードという店にもよく行きますね。
トイカメラなど欲しくなるものが多々あるのですが、
みんなちょっとお値段が高めで、それが少々難ありです。

花柄のカップは、男の趣味としては珍しいと思いますが、
有名なデザイナーや絵描きや人形師で、そういう趣味の
人がいますので、まあ、いいか、と言い訳しています。

でも、普段はマグカップを使うことが多いですね。
鉄腕アトムとか、ダヤンのネコが描かれてるのとか、
こちらはちょっと子ども系かもしれませんが(笑

2012/08/30(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/08/30(木) || [edit]

いや~・・・ 深いっっ!!!!



『だから今日のことを「プレゼント」と呼ぶ。』
『人生は完璧にはいかない。だからこそ、生きがいがある。』

んもーー(´;ω;`)ーーッッ!(感涙の海で溺れそう!!)
語り部がバーソさんだからこそ、なおさら沁みてくる言葉たち。
G.D.M.T.版・暮らしの手帖(A6サイズ・無地(笑))に、
早速メモしておきますっっ!

そうなんですよねえ。
そうありたいって思いながら、なかなかできないこと。
アレコレ考えるまでもなく、自分の人生そんなんばっかです。
だけど、少しずつでもシフトしてゆこうとは思うのです。
会社を辞めて、個人で仕事をはじめたってのは、
その《Attitude》のひとつ、でもあったかも。
ある面では、更に自由が効かなくなってる部分も否めませんがぁ・・(^^;)

もし、“生まれ変わり”ってのがあったとしても、
次の自分は、もうきっと、まったく違う自分なのでしょう。
いまの《生》は、いまだけだって思うから、
思ったことを思ったように進む道を選びたいですね♪

『(しくじっても)せいぜいが、ふりだしに戻るだけ。』

拙ブログで詩文めいたことを書いた記事があったのを、ふと憶いだしました。
http://gdmt.blog47.fc2.com/blog-entry-241.html
でも、この一ヶ月半後に、大震災に見舞われ・・・ちょっとフクザツ。。。

写真、どれも素敵ですねえ!
最後のスプーンが並んでるのが一番のお気に入りです♪
ところで、ヴィレヴァンにいるバーソさん・・・
うっそ~~ん! 想像できないんですけど~~っっ!!

夏バテ、お大事になさってくださいネ(^^)♪

2012/08/30(木) |URL|G.D.M.T. [edit]

G.D.M.T.さんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。
いやー、うれしいですねー。
引用してくださった冒頭の二つの言葉は、私も共感した箇所です。

じつは、こういうブログはあまり人気がないので、どうしようかと
最近ちょっと考えることもあったのですが、G.D.M.T.さんのコメントで、
また元気と勇気をいただきました( ← 最近よく聞く言葉ですが^^)。
やはり、おおむね、この道を歩んでいこうと思いましたよ。

G.D.M.T.さんは、自分の可能性に挑戦する「狭くて細い道」を選択し、
思ったことを思ったように歩んでいて、素晴らしいと思います。

『(しくじっても)せいぜいが、ふりだしに戻るだけ。』
『遠くのできごとに 人はやさしい 近くのできごとに 人はだまりこむ』
ああ、とてもいい言葉ですねー。
ちょっとニュアンスは違いますが、聖書にこんな言葉があります。

「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。
主(神)は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ。」

ヨブという人が家族や財産を失って非常な困難に遭ったときに述べたんですが、
もうだめだと思うような状況のときに少しは慰めになる言葉でしょうか。

それにしても、G.D.M.T.さんのブログ。
詩的であり、情緒的であり、社会派的であり、精神世界的であり、
そしてまた、写真集であり、絵画集であり、詩集のようでもあります。

たとえば、建物の基礎を、墓標に変えて見せる。
家屋の壁面を、造形的なアートとして見せる。
日常の何気ないシーンを切り取り、見る者に、意味を感じさせる。
G.D.M.T.さんの目、感性、技術は・・・ちょっと真似できないですね^^)。
ほんとうにありがとうございました。m(_ _)m

2012/08/31(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/04(火) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/05(水) || [edit]

こんばんは。

すみません、たくさんの宿題がありながら、
夏休みもだらだらと過ぎてしまいました(^_^;)

結局やらずじまいだったのですよ。
あははは、と笑って登校です。

いつも楽しいコメントをいただきながら、
ごめんなさいね。

バーソさんにはとても考えさせられることが多くて。
しかもどういうお話しをしていいのやら、
纏まらないのですよ。

明日、いちばん頭がしっかりしているだろう時に、
ぴしっと・・・でもないですけど。
思ったことをコメントできればと・・・

あくまで、できればですよ(笑。

いつも、ありがとうございます。

2012/09/05(水) |URL|NANTEI [edit]

NANTEIさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。
宿題は気にしないでいいですよ。
もう夏休み、終わりましたし。
気にされるとかえって困ります。(^_^;)

コメントは書きたいと思ったときに書く、
書きたいと思わないときは書かない、が自然ですから。
何事も無理しないのが一番。
これからも、くれぐれもお気軽にお願いします。
わたしも皆さんにそうさせていただくつもりですし^^)。

2012/09/06(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、おはようございます

なぜか朝からこの記事にたどりついて、すごく共感(^o^)
今日も張り切って、おとぼけな一日を過ごしなさい!と励まされた気持ちです

バーソさん、紅茶派でいらしたのですね?
こんなかわいいカップで!
真夏には何を飲まれるのでしょう?
私はマディソン郡の橋という映画の中で、アイスレモンティーを美味しそうに飲むシーンを観てから、真夏にアイスティーを作るようになりました
カランカラーンと氷の音をきくのも嬉しい
一番のお勧めはアイスストロベリーティーですよ!

今、私は家でも田畑でもパート先の園芸店でも、水やりと草取りの日々
汗、ハンパじゃないです〜💦💦💦💦💦
でも、適度に体を動かしていないと調子が悪くなりがちなので、かえってこれが健康法かもしれません

今が一番暑い時でしょうね
バーソさんも、ぜひお身体御自愛下さいませね!

2014/08/05(火) |URL|hasutama [edit]

hasutamaさん ありがとうございます^^)

>今日も張り切って、おとぼけな一日を過ごしなさい

これ、いいですね。張り切らないと、だらだら無為に一日が流れていくし、
張り切りすぎると無理が出てきます。
「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ」
だから、おとぼけの気持ちで、ひょうひょうと、目の前のことを面白がって、
それほど気合を入れ過ぎないで、あるがままの時の流れに悠々と身を任せると、
「兎角に人の世は住みやすい」となるのでしょうか。

私は男のくせに特に色に敏感なほうで、パープル系や赤系の色が
好きなんです。花はバラの赤が好きなので、カップはそういうのばかりです。
最近は、冷たいのを飲むと、そのときは涼しくなっていいのですが、
あとでおなかの調子が悪くなるので、ちょっと気をつけるようにしています。
でも「カランカラーン」と効果音付きで勧められると、
「アイスストロベリー」も飲んでみたくなりました。

>水やりと草取りの日々

健康的な暑さを満喫しているようですね。ブログを拝見しても分かります。
夏は身体にいいことをして気持ちのいい汗を流すのが自然なことなのでしょう。
夜はぐっすり眠れていますか。暑さが続いています。どうぞご自愛くださいね。

私、なんだか最近は以前より、精神世界の本をあまり読まなくなりました。
というか、あまり感銘を受ける本に出会えないせいもあるかもしれません。
でも、1年くらい前に買った本ですが、これがよかったですよ。
“それ”は在る---ある御方と探求者の対話 ヘルメス・J・シャンプ著
(日本人でまだ若い方のようなんですが)

2014/08/05(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

僕はその日の夜に死ぬと思って、その日一日を生きるようにしています。

2014/11/28(金) |URL|わほマン [edit]

わほマンさんへ

そうですか。本当にそう思っているのでしょうか。あるいはこれは比ゆ的な表現で、そう思うようにして一日を精一杯、真摯に生きているということでしょうか。
いずれにせよ、その日のことを大切にするのはいいことだと思います。

2014/11/29(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは

バーソさま
 
懐かしい記事ですが、 女性の読者が多いですね、

カップ!素敵です、 
こういうカップは 女性向き? 
花柄が 多いですね! 

私も 赤毛のアン!DVD 全巻持っています、
が 観る時間がありません、
家族は 好みません!
もっぱら アニメ! お付き合いしています、
だから 
頭も 幼稚っぽいのでしょう、

その内 ファイヤーキング! 多種ありますが
UPしたいと 思っています、
気長に お待ち下さい、
お返事は 結構です、
いつもありがとうございます、たか

2014/12/11(木) |URL|たかちゃん [edit]

たかちゃんさん ありがとうございます^^)

全部のコメントを読み返しましたが、確かに女性が多いですね。
でも、今でも来ている女性はいません。うーーーん。(涙)
交友関係って変わっていくのですね。私の記事の内容も変わってきましたが。

「赤毛のアン」。お好きでしたか。同じ趣味ですね。よかった。

紅茶カップは、最近はマグカップを使ったりしてます。
ネコのダヤンの顔とか、鉄腕アトムの絵が描いてあります。
物事に、こだわりがなくなり、何でもよくなってきました。いい加減ですね。

手持ちのファイヤーキングの食器の紹介。楽しみにしています。

2014/12/11(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/69-f2e86f76

back to TOP