「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 イエスは地面に何を書いたのか。・・・コナン・ドイルの解釈 

あるとき、イエスが地面に何かの字を書いたことが聖書に記録されている。
(ヨハネによる福音書8:2-11)
イエスは、どんなことを 地面に書いたのか? 
古来、得心のいく説明をした神学者は一人もいないようだ。

むろん私も、長年どう考えても全然わからず、不思議に思っていたのだが、
このたび非常に興味深い解釈に出遭い、目からウロコがバリバリッと
大音響を立てて剥がれ落ちたので、ぜひ紹介させてください^^)。

3820986784_e363406778.jpg
Amedeo Modigliani

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まず、その場面を新約聖書から見てみたい。
『姦淫の女』 新約聖書(ヨハネによる福音書 8章2-6節)

イエスが神殿の境内で民衆に教えていたとき、ユダヤの宗教指導者たちが
姦通を犯した女を引き立てて来て、真ん中に立たせ、イエスに言った。

「師よ、この女は姦淫の現場で捕まりました。こういう女は
石で撃ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。
あなたはどうお考えになりますか。」


イエスは、かがみ込み、指で地面に何か書き始められた。


イエスが、愛で赦せと言えば、律法違反を教えてるとして当局に告発される。
律法通りに罰せと言えば、エスは愛がない言行不一致者だと群集は思う。
どちらを答えても おとしめられる状況下で、イエスは地面に字を書いた。

amedeo-modigliani-q.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イエスが指で地面に字を書いたのは「自動書記」現象か。

小説『シャーロック・ホームズ』を書いたサー・アーサー・コナン・ドイルは、
それは「automatic writing」の現象と考えることで理解できると言う。

※「automatic writing」とは、心理学用語で「自動筆記、自動記述」のこと。
チャネラーとか霊媒と呼ばれる霊能者が、霊界交信(チャネリング)をする際、
無意識にペンを動かしてメッセージを書き取る現象である。→
Wikipedia

天才と呼ばれるような大芸術家は、指が勝手に動いて、作品を書(描)いた
とか、楽器を演奏したとか言う人がいるが、それと似ているかもしれない。


つまりイエスは、反対者から不意に難問を突きつけられたとき、少し間をおき、
高次元の霊団から「自動書記」によって知恵を借りたのだろうというわけだ。

amedeo-modigliani-the-cello-player_20120730201943.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「自動書記」の話をすると、トンデモ話か迷信と思われる。

キリスト教徒なら「自動書記」は悪魔の業だと嫌悪し、非難するだろう。
私も、「心霊現象」や「超常現象」を採り上げた番組や本などは、
オドロオドロした胡散臭いものを感じ、あまり見たいとは思わない。

だが、イエスが行なった奇跡や予言や悪魔祓いは「心霊現象」と どう違うのか。
熱い炭の上を一般人が素足で歩くような不思議な現象をどう説明するのか。
いわゆるチャネリング情報の中には叡智を感じるものがあるが、それはなぜか。

私は聖書を学んだが、《イエスが地面に字を書いたのは自動書記だろう》との
説明を見たとき、あー、それならよく分かる、と初めてスコンと腑に落ちた。

なお、コナン・ドイルは「キリスト教会には偽りと誤りが温存されているが、
イエスの生き方と思想は比類のないほど非常に崇高である」と言っている。

※参考資料:「死者は生きている」コナン・ドイルが見つけた魂の世界
(158-170頁 和田惟一郎著 PHP研究所 1200円)

 
bride.jpeg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
イエスはどんなことを地面に書いたのか?
神学者たちの「説」はこんなレベルです。

[A] 書くという動作自体に意味があった。つまりイエスは敵対者たちを相手にせず、
答えを拒否することで、持ち出された問題を無視した。

[B] イエスは、邪悪な敵対者たちが自分自身を見つめ直すための時間を与えた。
神の権威をもって人を裁き・罰する尊大さと残酷さを考えさせるためである。

[C] 群衆は、イエスが地面に字を書いている姿のほうに関心が行った。
それゆえ姦淫の女は、群衆の好奇と憎しみの視線から解放された。

[D] イエスは「罪」という字を地面に何回も書き、罠にかけようとする連中に示した。
かなり新しい写本には「彼ら一人一人の罪を(書いていた)」との挿入句がある。
あるいは逆に、イエスは「愛」という字を書いたのだ、という説もある。

Amedeo-Modigliani-Jeanne-Hebuterne-Au-Chapeau.jpg

[E] 地面に書くという言葉は「物事を記録する」という正式な記録作成用語だ。
つまりイエスは罪咎の名を書き、すぐに消せる方であることを示した。

[F] ローマの総督は、訴えた人と訴えられた人の前で、判決文を書いた。そ
こでイエスも同様にした。ただしイエスが書いたのは赦しの判決文。

[G] 「神から離れ去る者は、地にその名が記される」とエレミヤ17:13に書かれている。
それは、神から離れるなら、どんな名声を得たとしても、やがて消えていく
という意味である。イエスはそれを指摘した。

[H] 新約聖書で、単数の指で書くという記事はヨハネ8章の当該記事1か所だけ。
旧約聖書でも、神が石の板に十戒を書いた1か所だけ(出エジプト31:18)。
したがって、聖書はイエスこそ神であることを示唆している。


MODIGLIANI-Autorretrato_20120730201409.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、先ほどの姦淫の女はどうなっただろうか。
(ヨハネによる福音書 8章7-11節)

しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。
「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、
まず、この女に石を投げなさい」

そしてまた、身をかがめて地面に書き続けられた。

これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と、
立ち去ってしまい、イエスひとりと、真ん中にいた女が残った。

イエスは身を起こして、その女に言われた。
「婦人よ。あの人たちは今どこにいますか。
あなたを罪に定める者はなかったのですか。」


彼女は言った。
「だれもいません」


そこで、イエスは言われた。
「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。
今からは決して罪を犯してはなりません」



amedeo-modigliani-woman-in-black-tie-1917_20120730202101.jpg


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

自動書記かぁ

わたくしも「スコン」と腑に落ちましたわぁ
神学者の解釈より説得力があるわね~
カトリック信者だけれど、不真面目な信者で教会へはあまり行かないわぁ
でも聖書はよく読むわっ
あんまり理解できないんだけれどね(笑)

Modiglianiは好きな画家のひとりだわ♪
そうそう、パパね・・・
カメラマン(今でもJPAとAPAの会員よぉ)の前は画商と宝石商だったの
どれもヤクザな商売よ・・・

2012/08/03(金) |URL|眠れぬ森のお姫さま [edit]

眠れる森のお姫さまへ。(^^)

あー、スコンと腑に落ちましたか。
あー、よかった。同じ意見のひとがいて。
神学者たちの意見よりも、ずっと説得力がありますよね。

じつは「自動書記」なんてことを言うと、
非科学的なトンデモ意見と思う人もいるだろうなあ、
って思って、ちょっと心配してたんですよ。

姫さまはカトリックで、しかも直感力の鋭い方でもあるので、
まずは、ひと安心しました。ありがとうございます。

Modiglianiは好きなんですか。あー、よかった。
絵もひとによって好き嫌いがありますからね。

じつは後で見たら、一番最初の絵。眼に瞳がなくて、
文章がたまたま、目からウロコが落ちたなんて話を
してる文脈なので、ちょっと気になってました。

でも、これはModiglianiの特徴のひとつでもあるので、
そう思って、気にしないで見てくださいね。

パパはずいぶんやり手ですね。相当なお金持ちなんですね。
「ヤクザな商売よ…」って、謙遜でしょうけど、ひょっとして
桜吹雪のようにお金をばら撒いたんじゃないでしょうね(笑

なお、補足ですが、前のコメントで、「仲居さん」というのは、
私の下手な冗談で、笑ってもらうためですからね。念のため。^^;

2012/08/03(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

あ、わたくしはてっきり目からウロコが落ちた状態を表わしてこの絵を選ばれたんだと思っておりましたわぁ
いつものことながら、センスの光る選び方だと感じ入りますわv-415

パパはねぇ、いい時は羽振りもよかったけれど・・・
桜吹雪みたくお金はばらまいていないけれど
ダイヤとかエメラルドが灰皿に敷き詰められていたのを覚えているわぁ
いまはボランティアみたいなお坊さんとして法務に励んで
生きがいを見つけたようなの
「年取って社会に恩返しだ」とか言ってるわ(笑)

仲居さんっぽいキモノ持ってるからだいじょぶよん♪
今度、仲居さんプレイでもいかが?

2012/08/03(金) |URL|眠れぬ森のお姫さま [edit]

眠れぬ森のお姫さまへ。(^^)

またまた、ありがとうございます。

考え中、といった観点で絵を選んだつもりなんですが、
文脈の関係で偶然、眼の部分が当てはまってしまい、
この絵の女性から、めーっ!と怒られないかと心配です。

灰皿の中にダイヤ、エメラルドを敷き詰めた、ですかあ…? 
まー、すごい話ですね。
大昔の映画で、「灰とダイヤモンド」という
タイトルのがあったような気がしますが。
でもまあ、真面目な、いいパパがいて、よかったですね。

イスラエルの王ソロモンは700人の王妃と300人の妾がいましたが、
最後は「伝道の書」という哲学的な本を書いたとか言われています。

莫大な富を手にし、人生の楽しさを存分に堪能したような人は、
そのあと、哲学的な人生を送るんでしょうかね。
私もそういう稀有な経験をしたかったなあと思います。^^;

仲居さんの件は、難解・深遠で、よく意味が分かりかねますが、
でも、渋くて粋な和服姿は、ぜひ御目文字いたしたいものです^^)。

2012/08/03(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、キリスト教もそうなのですか?
私は、ストーンニング(石打ちの刑)には、
常々、怒りを覚えていました。
姦淫!←女の字ばかり3つ?(why?)
この言葉からして、女側がいつも
みだらだとか、ふしだらと言われ
迫害されてきたことに、どうしても
腹立ちを覚えます。

男の人には、(あいつはみだらだ!)とか、
(あいつは、ふしだらだ!)と、使いません。

女の側にのみ、使うのです。

イスラムの映像で、
みだらなという理由で、親戚のおじさんたちが
寄ってたかって、10代の女の子に、
セメントブロックを当てたり、石を投げ
殺してしまいました。

そのおじさんたちは、なんで審判を
する側にいるのでしょう?

神様でもない同じ人間が
裁きを加える!

姦淫をした相手の
男性はどうしたのでしょうか?

すいません。バーソさんをせめてるんじゃないですよ。
女性の側から
どうしても一言 意見を述べたかったのです。

イエス様は、こう書かれたのではないでしょうか?
(何故、対でつれてこなかったのだ?)と、、、。


2012/08/03(金) |URL|ゆりママ [edit]

ゆりママさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。
ユリさんは、熱い方ですね。鋭いですね。

≫姦淫!←女の字ばかり3つ?(why?)
≫男の人には、(あいつはみだらだ!)とか、
(あいつは、ふしだらだ!)と、使いません。

そうなんです。その通りです。
世の道徳観は男が決めているのです。
宗教の倫理は男が決めているのです。
つまり宗教の経典は、神が書かせた部分もあるのでしょうが、
多くは男の支配者が自分たちに都合のいいように書いたのです。

イスラム教もキリスト教も、基本は非常によく似ています。
徹底した女性蔑視の倫理観で、現在まで続いています。
※この点については拙ブログでも扱いました。
http://barso.blog134.fc2.com/blog-entry-30.html
http://barso.blog134.fc2.com/blog-entry-42.html#comment-top
http://barso.blog134.fc2.com/blog-entry-29.html


≫≫イエス様は、こう書かれたのではないでしょうか?
(何故、対でつれてこなかったのだ?)と、、、。
 
んー、この解釈は、なかなかですね。鋭いです。
確かに、こんな解釈をした神学者は一人もいないと思います。
神学者は男が多く、多くは、男尊女卑が当たり前と思ってますから。

Wikipediaによると、若い女性に対する石打ちの刑は、現在でも、
イスラム圏以外に、イスラエル、イギリス、イタリア、スェーデンにもあり、
殺害される女性は世界中で年間5000人にのぼるそうです。

先日の五輪・サッカーU23で日本が戦ったモロッコは、
ラマダン中だったため、調子が出なかったとか言われています。

おかしな考えが絶対正義とされるのは、恐ろしいことですね。

2012/08/04(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

男尊女卑ですかぁ。。。修道院って、キリスト教ですよね。一応女性もキリスト教に入れるんですよね。ハムレットが、オフィーリアに「尼寺へ行け」って言ったのは、売春婦にでもなれということで、尼寺って、売春宿と同じようなところだったってことですよね。

これって、神聖なる修道院と、売春と、裏腹。そもそも男尊女卑なら修道院の存在ってなんだろ。
あさーい知識であさーく考えているので、見当違いのこと言ってたらごめんなさい。

どゆこと?おしえてバーソさん。

2012/08/04(土) |URL|abe [edit]

バーンさん、こんばんは。

今回のキリスト様の回答につきまして、
コナン・ドイルの自動書記によるもの。

各学者さんのご意見は全く、説得力がなく、

バーンさんが書かれた、緑文字の部分で
とても良く分かりました。

ちょっと、他の方へのレスを見たのですが

若い女性に対する石打ちの刑は、現在でも、あり
殺害される女性は世界中で年間5000人にのぼるそうです。

という、事実にショックを受けました。

神学者は男が多く、多くは、男尊女卑が当たり前と思ってますから。
とありますが、神学者が研究している神そのものに、その考えは
偏見だったりしないのですか?



2012/08/04(土) |URL|りもママ。 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/08/05(日) || [edit]

abeさん・りもママさんへ。(^^)(^^)

コメント、ありがとうございます。
いい質問をいただいて、うれしいです。お二人にお答えします。

★「男尊女卑」という点について
キリストは《敵をも愛しなさい》と言われたぐらいですから、
当然「無差別公平」です。男女・貧富・人種の差別など全く無しです。

ところが、新約聖書を書いたのはイエスの弟子たちで、
彼らがキリスト教を始めたのですが、そこには「男尊女卑」の思想が見られます。
教会の教皇や司教・神父を見てください。女性は基本的にいませんよね。

幾つか聖句を列挙します。女性より男性が上だと言っています。

●すべての男の頭(かしら)はキリストであり,女の頭は男であり。
●妻は主に対するように自分の夫に服しなさい。 夫は妻の頭だからです。
●女は教会の中では黙っていなさい。話すことは許可されていないからです。
●女が教えたり,男の上に権威を振るったりすることを許しません。
●監督(牧師・神父・長老)は一人の妻の夫であり(=僧職者は男性のみ)。
●女は自分の頭に覆いを着けなさい。女が男のために創造されたのです。

もちろん「男尊女卑」の思想は、神とキリストの考えとは全く違うものです。
ということは、基本の神の教えに、男(指導者・支配者)の考えが混じっているのです。

つまり、聖書は、100パーセントすべてが神の言葉で間違いないというわけではなく、
さらに、その聖書の解釈にしても宗派によりさまざまに異なるので、
そんな聖書を神の言葉と信じ、正邪の判断基準として生きるのはいかがなものか?
と思うわけです(私はそのいかがなことを長年してきたので余計そう思います)。

注:キリスト教の宗派は単一教会も含めれば何百もあるので、全てが同じことを
言っているわけではありませんし、上記の聖句を嫌う進歩的な神学者もいます。

ただ、キリスト教の神は「愛」と言いながら、最後の審判で大勢の未信者を
皆殺しにする怖ろしい神で、これはどの教会でも共通認識です。
なお「男尊女卑」は旧約聖書のほうが顕著です。

★尼寺の件について
女性専用には女子修道院がありますが、修道女は僧職者ではなく、
禁欲的な修道生活を送る人々のことです。
ハムレットはオフィーリアに、単に「世を捨てろ」と言ったのでなく、
「売春婦にでもなれ」と罵ったのだ、という解釈は少数意見のようですよ。

2012/08/05(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/07(金) || [edit]

小生 は そこを読むたびに 以下の御言葉を 思い出します

出エジプト
8:15 魔術師はファラオに、「これは神の指の働きでございます」と言ったが、ファラオの心はかたくなになり、彼らの言うことを聞かなかった。主が仰せになったとおりである。
15 Then the magicians said unto Pharaoh, This is the finger of God: and Pharaoh’s heart was hardened, and he hearkened not unto them; as YHVH had spoken.
אמְרוּ הַחַרְטֻמִּים אֶל־פַּרְעֹה אֶצְבַּע אֱלֹהִים הִוא וַיֶּחֱזַק לֵב־פַּרְעֹה וְלֹא־שָׁמַע אֲלֵהֶם כַּאֲשֶׁר דִּבֶּר יְהוָה׃ ס

後から調べると 万軍の主 の意味 に 指先 の意味 が 含まれるとありました

キリスト は ホントに 人なんかに揺らがされない凄さ がありますよね


2013/11/03(日) |URL|あおいよだれかけ [edit]

あおいよだれかけさん ありがとうございます^^)

>「万軍の主」に「指先」の意味が含まれる
そうなんですか。そうなら、だからキリストは神であると言う人もいるのでしょうか。
今回、言われて、この言葉の意味を考えました。
「万軍の」とは全ての軍勢という意味で、大軍隊を率いているというイメージですね。

新共同訳では、神の戦いについて(http://ytbpch.jp/nyuumon/seisennoimi.htmより)
 1)「主の戦い」4回、「神の戦い」1回
   「主が・・・戦う」15回、「神が・・・戦う」2回
 2)「滅ぼす」290回、「滅ぼし去る」10回、「滅ぼし散らす」1回
 3)「滅ぼし尽くす」95回、「滅ぼし絶やす」2回
 4)「万軍の主」257回、「万軍の神」28回
   「天の万軍」9回、「戦いに勇ましい神」1回

「聖戦」とか「正義」の大義名分を持ち出して戦う人は、自分たちは神の手指だと思うのでしょうか。ともかくキリストは戦いを否定しました。これは忘れたくないことです。

2013/11/03(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

>「万軍の主」に「指先」の意味が含まれる
そうなんですか。そうなら、だからキリストは神であると言う人もいるのでしょうか。

そう理解するのは ヘブライ語 を知ってる人や、カトリックの司祭の方たちだと思います。
(ヘブライ語の解説 は ラテン語 がほとんどです。)

ともかくキリストは戦いを否定しました。
 そうだと思います、十字架につかれる日の姿は凄いとしか言いようがありません。
しかし、天の十二軍団は 居なかった 訳でもありません

イザヤ
2:4 主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし/槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず/もはや戦うことを学ばない。
וְשָׁפַט בֵּין הַגּוֹיִם וְהוֹכִיחַ לְעַמִּים רַבִּים וְכִתְּתוּ חַרְבוֹתָם לְאִתִּים וַחֲנִיתוֹתֵיהֶם לְמַזְמֵרוֹת לֹא־יִשָּׂא גוֹי אֶל־גּוֹי חֶרֶב וְלֹא־יִלְמְדוּ עוֹד מִלְחָמָה׃ פ
And he will judge between the nations, and will decide concerning many peoples; and they shall beat their swords into plowshares, and their spears into pruning-hooks; nation shall not lift up sword against nation, neither shall they learn war any more.

小生 は この御言葉 が大好きです

ゲイツがCEOを務めていた1996年、マイクロソフトは“Information at your finger tips”(全ての指先に情報を)というフレーズで企業戦略を顕した。

2013/11/03(日) |URL|青井涎掛 [edit]

追記

צָבָא the military ; army ; host, multitude
אֶצְבַּע finger ; index finger

上は ツェバー 下は エツバー です
英語で軍隊とは書いていますが むしろ 統率力 のようです

人間は 足の指 より 手の指の方が 統率して 指示 することができます
軍隊 で イメージされるのではなく …
炭素原子の構造 くらいと 御使い達の統率力 を 重ねる ほうが 正解なのかな と 思っています

2013/11/03(日) |URL|青井涎掛 [edit]

あおいよだれかけさん ありがとうございます^^)

私は、宗教は「組織」が一つの問題点だと思っています。
なぜかというと、組織には必ず階級制度があり、
階級制度には、偉そうにする人や、
偉くなりたいと野心を抱く者が出てくるかです。
といって、人が集まれば組織が必要になり、
組織になれば命令を出す人が必要です。
聖書ではみ使いの中にも、思い上がった者がいるようですが、
「統率力」というのは、まあ、難しいものですね。


2013/11/03(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

私は、宗教は「組織」が一つの問題点だと思っています。
 ホントにそうですね

なお、コナン・ドイルは「キリスト教会には偽りと誤りが温存されているが、イエスの生き方と思想は比類のないほど非常に崇高である」と言っている。
     このとおりですね

 小生はプロテスタントですが 浄土真宗は中国版ギリシャ正教ぐらいに思っています

普段から小生も キリストはホンモノ でも キリスト教については いろいろ考えます
…ただ ニセモノが沢山できるってことは そこにこそホンモノ があるんだと思います
イエス様が何故あちこちに足を運ばれたか(イスラエルのなかだけですが…)感慨によくふけります

キリスト が 私の一頭の羊 を どれだけ熱心に探されるのかは 人間の情熱を超えていますよね (^^♪

2013/11/03(日) |URL|青井涎掛 [edit]

あおいよだれかけさん ありがとうございます^^)

>浄土真宗は中国版ギリシャ正教ぐらい
そうですか。絶対他力により救われるという教えが似ているのでしょうかね。
ならば、キリスト教もそうですね。「絶対神」により救われる、ですから。
キリストは、絶対神を教える者として、ふさしい方であることは確かですが、
その正しい経路は自分たちだけだ、と主張する教団はたくさんありますね。
ともあれ、あなたの信仰は純粋なようで、たいへん結構だと思います。

2013/11/04(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/66-31212655

back to TOP