「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 ポルシェのカタチには、先進と継承が協調している。 

先日「ル・マン24時間レース」の中継があったので、少しだけ観た。
トヨタはハイブリッド車2台を出し、上位を争ったが、事故などでリタイア。
日産はステルス機みたいな3輪車風の意欲車を出したが、接触リタイア。
ニッサン・デルタウイング(1600cc ・公称300ps ・車重475 kg)
deltawing a
結果は、ドイツのアウディが非常に安定していて、総合優勝を遂げた。

番組で、元ル・マンドライバーの日本人解説者が、こんなことを言っていた
「自分が出た当時のル・マンでも、ポルシェが多数走っていたが、
今も同じ形をしたポルシェが走ってる。そんな車はポルシェだけ。
RR車は後ろが重くてバランスが悪いのに凄いことだ」

※RR=エンジンを後車軸の後ろに置いて後輪を駆動する方式

DU-MANS-2012-La-PORSCHE_20120625191110.jpg

ポルシェはなぜ基本形を変えないのか? 
そこには「新しさ」と「古さ」に対する人間の意識が表れているように思える。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ポルシェは、性能も、操縦性も、メカニカル音も、
「官能的」だ(そうだ)。


ポルシェは、いまや押しも押されぬ第一級スポーツカーとして認知されている。
しかしファンが多いのは、必ずしも高性能のゆえだけではない。
ポルシェのファンは、ポルシェのあのカタチが好きなのだ。

1977年、ポルシェは、基本構造を全面変更した新型を発表した。
技術は先進だったが、カタチが不評だった。人気を得られなかった。
ポルシェ社はそれに懲りてしまい、以来、ずうーっと、あのカブトムシ型
ワーゲンから派生した基本フォルムを踏襲保持している。

「ポルシェ」の最初の型です。
PORSCHE356A.gif
PORSCHE 356 1949年
_ _ _ _ _ _

じつは黄色のポルシェを1台持っている
中古車を買ったのではない。自慢するわけではないが、ステアリングも、
ワイパーも、バックミラーもしっかり付いてる。タイヤは左右に向きが変わる。
ボディは立派な金属製である。トランクにはスーツケースが2個も入っている。

★ポルシェ黄色 017
(もっと下から撮れば本物っぽく見えたかも。長さ23×幅10.5cm。3800円位)
_ _ _ _ _ _

二十代のときに描いた空冷式ポルシェ。恥ずかしながら今回こっそり公開する。

A★ポルシェ911
(40×25cm・ポスターカラー・面相筆)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
表現法や様式というものは「古さ」を引きずりやすい。

絵画の世界で、作品の独自の画風が世間の高評価を得ると、
画家がそれとは異なる画風を新たに生み出したいと思っても、
世間がそれを許さない、という話を聞いたことがある。

三遊亭圓歌が「山の穴」の噺ばかりしたのは、客がその噺ばかり
聞きたがるせいだ、という話も聞いたような気がする。

ある優れた製品や作品というのは、発するオーラやイメージが強いせいか、
あるいは、人間の側がその「在りよう」に魅力とノスタルジーを感じるせいか、
長い年月が過ぎても、形状やイメージがあまり変化しない
という場合が少なくないのではないだろうか。

Coca-Cola_20120624200930.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人間の考えることは、じつに多方面だ。

このデジタル時代に、「地球平面協会」という団体がイギリスにあり、
地球は平らだと信じる会員がネットでも活動しているそうだ。→Wikipedia

「畳とナントカは新しいほうがいい」ということわざがあれば、
「ナントカと味噌は古いほうがいい」という格言もあり、
「ナントカは優しいほうがいい」という感想もついでにある。

人間とは、新しき未来を望みながらも、古き過去を懐かしみ、
自分の性格を変えたいと思いながらも、あまり変わりたくないとも思う、
そんな多重的な思考を持つ生き物なのかもしれない。

でもまあ、なにを思うにせよ、常に楽しいことだけを思っていたいなあ、
と調子のいいことだけを考える今日この頃のバーソなのであります^^)。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

こんにちは、バーンさん。

ポルシェはもっとシェイプされたファルムだと
思っていましたが、断面図を見ると意外に
高さがあるんですね。

バーンさんの描かれた、ポルシェ、
お上手ですね。
凄いわ。

確かに、人間の考える事は
多面体で、だからこそ繋がった時に
面白い物が出来るのかも知れませんね。

2012/06/25(月) |URL|rimomama [edit]

rimomamaさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。

おっしゃるとおりです。
ポルシェはもっとシェイプされたフォルムです。

断面図はポルシェの原型で、1949年のものです。
説明の仕方が悪かったので、図の位置を変え、
説明文も少し修正しました。
おかげさまで、全体の流れがよくなりました。

絵は、極細と細の面相筆で描きました。
エアブラシがなかったので、ボンネット後方の
曲面を描くのに苦労した記憶があります。
おほめいただいて、ありがとうございます。

確かにいろんな考えが集まると、大きな知恵になりますね。
「多面」的というところが重要で、ユニークな考えが
いろいろ集まって繋がることがポイントなんでしょうね。

2012/06/25(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ポルシェですか?
外車の話ですね!
私は山口百恵の歌で知ってるくらいです♡
♪緑の中を走り抜けていく
(バーソさんが描いた)真っ赤なポルシェです♪
絵が上手なんですね!(*^_^*)

山のあなたの空高く
アナアナアナあなた寝ましょうよ、、、ですね♡
私もこの話だーいすきです♡
バーソさんは、落語が好きなんですね。

ポルシェはわかりませんが
昔の車の少し角ばってた外観が好きでした。

男性の本音は、若ーい奥さんが
いいのでしょうね!

男の人って、

ジャニーズの男の子達は若い時が
一番輝いて見えますが、
若い頃普通に見えた佐野元春が
今はナイスミドルで惹かれます♡

女は年取ってから輝くことは無いですが
男の人は、年取ってから(素敵な人)
沢山いますね♡

男と女の違いでしょうか?

それとも、女のほうが
心が大きいのかな♡

私は、ジャニーズの子も
素敵なおじさまも好き❤(うふっ)



2012/06/25(月) |URL|ゆりママ [edit]

やり辛いなあ・・・
こんなにテクニカルな作品を見せられると(~_~;)。

こういうのは後攻が有利でしてね、
頃を見計らって隠しておいた飛車を打つ!
参った!となるわけです^^。

これからイラストを描く時は心しなくちゃ(爆!

あ、この間おっしゃってたギョーカイというのは、
そういうことでしたか?

ところでイギリス人にはいろいろと考えさせられますね。
天道説を信じるひとが未だに多いという。
それからこんなジョークがありますね。
イギリス人がフランスに旅行したとき、真っ先に行くのがナポレオン墓。ポナパルトが本当に死んだかどうか、よくよく確かめるためらしい。

そのナポレオンといえば、常々「余はお世辞が大嫌い」と公言していたが、ある時また「世辞が嫌いである」と発言したところ、某伯爵が「陛下ほどお世辞に動かされないお方は、古今東西だれもおりませぬ」と追従した。ナポレオン喜ぶまいことか!

2012/06/26(火) |URL|NANTEI [edit]

ゆりママさんへ。(^^)

ポルシェは憧れのように好きなクルマですが、
でも、あげると言われても欲しくないクルマなんです。

車幅が170cm以上ある車は、狭い道で運転しにくいし、
駐車場に停めにくいので、買い物に気軽に行けないからです。

いま乗ってるのは、安い国産のホットハッチです。
コンパクトカーのスポーツ仕様ですが、これで十分です。

女性だって年取ってから輝くことってあるんじゃないですか。
わたしが思うに、それは多分こんなひとです。

表情や語ることや考えることが若々しい。これ絶対条件。
いつもちゃんとメークをし、ヘアスタイルも新しい。
着るものは中高年向きの店で買った、妙な柄物ではない。
ズボンではなく、細めのジーンズをはいている。
ごてごてとした妙なアクセをたくさん付けてない。
さらに、
若々しい趣味を持っている。たとえばフラ、キルトなど。
デジタルにトライしている。スマフォ、ブログなど。
年取っても巣鴨(お年寄りのメッカ)には絶対行かない。
ひと前で大声でしゃべらない。紙袋を幾つも持って歩かない。
そして、年取っても、いつも女を忘れてない。

あ、すみません。
自分のことを棚にあげていろいろ書いちゃいました。でも、
ゆりママさんは、条件を満たしてるんじゃありませんか。
えへへ(すりこぎ、ごぎごぎ・・・)(#^.^#)

2012/06/26(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

NANTEIさんへ。(^^)

英国の哲学者ウィリアム・アーサー・ワードの言葉です。
 お世辞を言われたら、あなたのことは信じない。
 批判されれば、嫌いになる。
 無視されれば、許さない。
 勇気づけてくれれば、忘れない。

わたしバーソの考えです。
 お世辞を言われたら、その人のことを好きになる。
 お世辞は、たまには言われたい。
 お世辞と分かってもいても、座布団3枚位は差し上げたい。
 お世辞でも、勇気づけてくれれば、忘れない。

そういうわけで「やり辛いなあ」と言われたこと。
真摯に感謝し、ありがたく御礼を申し上げます。

お世辞は(分かっていても)うれしいものですねー。
とりわけNANTEI伯爵から言われると、
ナポレオンず・バーソパルトと自称したくなります^^)。

絵は、若いころ、手を出しかかった分野のひとつです。
でも、プロとしては成功しないと自覚し、同じギョーカイですが、
違う分野の仕事に方向転換しました。
どうも感性がカタいようです。人間がカタいせいでしょうか。
えへへへ・・・(^Δ一)

2012/06/26(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、上手ですね!ポスターカラーでこんなふうにかくのは難しいでしょ。

わたしも、売れるようなキャラ一つ考えて、一ヶ月で千万単位の請求書を書いてみたいものです。ほかの世界なんか、生み出そうなんて思わないな。きっと。

コメント返信読んでたら、ジャラジャラアクセサリーつけてるのも、巣鴨
が通り道なのも、わたしだ。。。。。と、若干としよりになってるなーと反省してます。

2012/06/26(火) |URL|abe [edit]

すてきね~

絵がお上手でらっしゃるのね♪ 素敵だわぁ♪
わたくし、実は中学&高校と美術部に所属しておりまして・・・
所属だけなのっ!! 親戚が画材屋だったからぁ
んでも、ポスターカラーだけで、こんだけ描けるのがどれだけすんごいか・・・
これは、わかるわ~っ!!
ベタになっちゃうからねー、あれ・・・

ポルシェは乗ったことないけれど、ワーゲンのカブトムシくんは
わたくしがお子様の頃にパパが乗っていたわ
あの形、すきよぉ♪

コーラもペットボトルよりあのセクスィなビンのが断然イイわ~♪

わたくしも昭和なオンナね・・・

2012/06/26(火) |URL|眠れぬ森のお姫さま [edit]

素敵☆

こんばんは〜。

イラスト、お上手ですねえ〜(*´∀`*)
実は私、高校時代漫研だったので、お絵描きは大好きなのですが、車なんてとても描けません〜。
眠れる森のお姫様が仰っているとおり、ポスターカラーであの立体感はすごい〜!って思いました。
面相筆、という響きが懐かしくて。。。私は最近は、水彩色鉛筆と水性ボールペンで楽して時々お絵描きしたりしています(^。^;)
物知りでイラストもお上手なバーソさんの新しい一面を見せていただき、ありがとうございました♪

2012/06/26(火) |URL|りんご [edit]

abeさんへ。(^^)

コメント、ありがとうございます。

「ポスターカラーで難しいでしょ」とは、
さすがプロのabeさんらしい感想で、うれしいですね。

ところで、最近こんな話を知りました。

ある人が高級官僚の安定した仕事を辞め、アメリカの著名人の
書いた本を訳して日本語版を出しました。でも全然売れません。

そこで、その人はその本をいろんな人に無料で配りました。
その中の一人 瀬戸内寂聴が自分の著書の中で取り上げてくれました。
その結果、大ブレークして突然売れるようになったそうです。

道というのは、思わぬところからスーっと開けていくんですね。

1か月1千万単位の仕事。できるんだ!と思って頑張ってみてください。
abeさんなら、できる才能は十分以上あると思いますよ。

アクセの話。色づかいや構図の素晴らしいので、たとえ
ジャラジャラ付けていても、センス、問題なし。心配なし。です^^)。

2012/06/27(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

眠れぬ森のお姫さまへ。(^^)

コメントと、そして褒めていただいて、ありがとうございます。

中・高「美術部に所属」でしたか。やっぱりね。そんな感じがしてました。
音楽も美術もファッションも、みんな同じ系統の感性ですものね。

「お子様の頃」からカブト虫に乗ってるような「姫さま」ならではの
優雅なる暮らしという後天的な影響もあるんでしょうね。

「ポスターカラーはベタになる」というのは、経験者の言葉だなあ。
そういえば昭和のポスターはベタ塗りの配色が多かったですねー。

コーラはロゴもいいですが、ビンの形がいいですね。「セクスィ」で。
マックでLサイズのセットを買うともらえるグラスが案外気に入ってます。

それにしても「昭和なオンナ」さんは、
「セクスィ」という形容詞、日頃かなり頻繁に使ってませんか^^)。

2012/06/27(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

りんごさんへ。(^^)

コメントと、そして、褒めていただいて、ありがとうございます。

「漫研だった」んですか。なるほどお。そうでしたか。

一般論ですが、作家は美形が少なくて、天は二物を与えずだなあ
と思ってしまうのに対し、漫画家の場合は美人が多いですね。

しかも、構成に斬新さが必要なせいか、頭が柔らかくて、
発想力のいい人が多いような気がします。
きっと、りんごさんもそうなんですね^^)。

時々絵を描いてるんですか。いいですね。水彩の鉛筆とボールペン。
今は画材もいろいろありますからね。PCで描いてる人もいるし。

わたしは絵は若いころだけです。もっぱら水彩と、ポスカラと、油彩は
一度だけ点描法をやってみたことがありますが、あれは根気がいりますね。

今度ブログに、イラストやマンガを入れてみたらどうでしょうか。
見た目の印象が変わって面白いと思うんですが。^^)/

2012/06/27(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

セクスィ

よく使っているわね~
自分からセクスィさが消えていくような気がして・・・
あ、年的にしょーがないわね~(笑)


横レスでごめんあそばせ~
りんごさまー♪
blog、遊びに行ったわぁ
でもコメントできなかったのぉ
また伺うわ~

2012/06/27(水) |URL|眠れぬ森のお姫さま [edit]

Re: セクスィ

お姫さまは、まだまだお若いじゃないですか。
お顔だってまだ少女そのものじゃないですか。
プロフィール欄にちゃんと証拠がありますよ^^)。
(こういう人形、案外好きなほうです)

「美しいものが好き」というのも枯れてない証拠でしょう。
文体なんか、若さそのもの。なんかダンスをしてるようですよ。

一番最初は?と思ったんですが、慣れたらとても好きになりました。
なんとなく独特のユーモアと味がある名文です。読むのが楽しみです。

2012/06/27(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん

実はココだけの話(笑)
ネットのイラストサイトpixivに投稿してたりします(*´∀`*)
最近は忙しくて投稿しておりませんが、ユーザー名lingoで検索したら、出てきます☆
lingoサンは2人いるのですが、さて、どちらでしょ〜?(笑)
ヒント*水彩色鉛筆です♪


眠れる森のお姫様

かなり重い毛色の違うブログをお訪ねくださって、ありがとうございます(*´∀`*)
お姫様のブログも覗かせていただきました。
プロフィールのSDがお美しくて、お姫様もこんな方かとドキドキいたしました。

2012/06/27(水) |URL|りんご [edit]

lingoさんへ。(^^)

Lingoじゃあなく、lin-goさんのほうですね。
すごいなあ。感心しましたよ。

手足などのデッサンは、しっかりしてるし、
輪郭線は、気持ちよく伸びやかに描かれてるし、
かわいいのもあれば、セクシーなのもあって、
あの文章からはちょっと想像しがたいですね。

「君を忘れない もう1度、会いたかったよ…」って
Vサインの人がいましたが、あのイメージだと
思ってよろしいんでしょうか^^)。

2012/06/27(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは〜。

早速ご覧くださったんですか。。。
お恥ずかしい///

「君を…」ではなくて「あなたがいれば…」
の方のイメージです。。。きゃ〜〜(/ω\)ハズカシーィ

2012/06/27(水) |URL|りんご [edit]

lin-goさんへ。(^^)

ひとにはいろんな一面があるってことが再認識できました。
もちろん、いい意味で、ですよ。

やっぱり、イラストを挿絵みたいに出したブログとか、
あるいはイラストをメインにしたブログなんかどうでしょうか。

それに合う、りんごさんの想いのこもった文章。
ぜひ見てみたいものですねー。楽しみが増えましたよー^^)。

2012/06/27(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

んまっ!

☆バーソ☆さま

わたくしが若いっ?! うれしいことをおっしゃるのねっ!!
プロフィールの写真が功を奏したようね♪
精神年齢は低いけれど実年齢は中年熟女よん(笑)
拙い文章ですけれど、これからもブイブイいっちゃうわ~♪
ダンス、じつはお子ちゃまのころからやっておりましたのぉ
パパとママが先生だったわ~
バーソさまって鋭いっ!!

りんごさま♪

pixiv、なぜだか検索ヒットしなかったわ(涙)
もしかして登録しないと出てこないのかしら・・・
バーソさまのおっしゃるように、イラスト入れてblogを書かれたらよろしいのにぃ
まだイラストは拝見しておりませんが、きっと素敵なblogになると思うわ~
わたくしのお顔・・・プロフィールの写真で妄想じゃない、想像なさっておいてね(笑)

2012/06/28(木) |URL|眠れぬ森のお姫さま [edit]

取り急ぎ・・・

☆バーソさま☆

URLありがとなの♪
すてきなイラストだわ~
ぜひイラスト入りのblogをお願いしたいわねっ りんごさま~♪

小さいころから色々とお稽古したけれど・・・
どれ一つモノになっていないわ(涙)

2012/06/28(木) |URL|眠れぬ森のお姫さま [edit]

Re: んまっ!

Re: んまっ!
姫さま。ちょっと。精神の年齢が一番大事なんじゃないですか。
体が齢を取るのは、ひとに公平なことで、当たり前。
でも気持ちの若さは、個人ができる特技のようなもの。
気持ちが若ければ、見た目もかなり若くなる、んじゃないですか。

わたしなんぞ気持ちは、十七、十八から止まったままですよ。
もっとも、精神が若いんじゃなくて、精神年齢が若いんですが。

幼少のみぎりからダンスも踊ってたなんて、凄いですねー。
なるほど、だから、先天的+後天的に感性が磨かれた
アーティストであり、ミュージシャンであり、ダンサーなんですね。

いまは渋い三味線に乗って、地唄舞も小粋に踊ってるんでしょ。
となると、華やかで、渋くて、真面目で、おどけて、甘くて、酸っぱくて・・・
ええとーどんな味だろ。形容がかなりむずかしいわあ。あははは^^)。

2012/06/28(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/06/28(木) || [edit]

バーソさん
眠れぬ森のお姫さま

素敵なご提案、ありがとうございます。
でもでも、私、これでも恥ずかしがりで不器用なんです〜(笑)

お絵描きはお絵描きで
文章は文章で
あちらからとこちらからの「りんご」の切り口が違う形の方が面白いかも…なんて思ったりもしますので。。。
いつか、もうちょっと器用になって文章とお絵描きがコラボ出来る日まで、の〜んびりとお待ちくださいませ♪

お姫さまみたいに、多才でかつ多彩でいらっしゃるのは、憧れます☆

2012/06/29(金) |URL|りんご [edit]

りんごさんへ。(^^)

了解いたしました。
それにしても、お二人のように、
多才かつ多彩でいらっしゃるのには、憧れます☆
(真似しようと思っても、真似できないのが残念ですー^^)。

2012/06/30(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

いろんなかたち

りんごさま♪

またまたバーソさまのエリアをお借りしちゃうわぁ

わたくしは多彩かもしれないけれど多才ではないわ~

りんごさまのイラスト、拝見いたしましたのぉ
お若い感性を感じたわ~♪
文章と絵を組み合わせてっていうのも面白いと思うから
いずれチャレンジなさってみてね~
わたくしには出来ない芸当だものぉ

でも、りんごさまのおっしゃるように、別々に楽しむのも自由よっ!!
んでもって、グーゼンに両方を目にした方が
「これってドウイツジンブツ?!」って当惑するのも楽しいわね~♪

りんごさまは、まだお若いでしょうから、色々な経験をなさってね☆
人生の肥やしってやつよ~
下腹に肥やしを貯めるとよくないけれどね~(笑)

2012/07/02(月) |URL|眠れぬ森のお姫さま [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/02(月) || [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/07/02(月) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/60-83c70512

back to TOP