「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 ひとは、“過去未完了形”で生きている。 

先日、久々に十朱幸代さんをテレビで見ました。もう七十近いのでしょうが、
とてもそのようには見えず、おきれいで、感心しました。
髪型も変わってないような気がしました。

思い出してみると、デビュー以来、ヘアースタイルを何十年も変えてない
タレントや歌手が案外いることに気づきます。
例えば名前は出しませんが、和田アキ*、石坂浩*といったベテランの方々。
本人に一番似合ってるのでしょうし、抗議をする予定は今のところありません。

好きな音楽をひとに聞くと、聴くのはいつも谷村新司の「昴」だとか、ビートルズ
といった答えが返ってきて、昔の歌が案外多いことにも気づきます。
前者は60年代で、後者は80年代で、と講義をする予定は今のところありません。

76歳で亡くなった坂上二郎さんは、 晴ーれた 空~ ♪ と よく歌ってたそうです。
※昭和23年、岡春夫「憧れのハワイ航路」 (注:Wikipediaによる)

人間、年をとると思い出すのは、「過ぎ去りし日々」の思い出なのでしょうか。

ガススタンド

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
古今東西、昔を懐かしく思い出している人は少なくない。

かぐや姫
月の都に戻った今でも、竹取の翁と共に暮らした日々を思い出し、「神田川」や
「赤ちょうちん」とはもう縁がなくなってさみしいわあ、と切ない思い出に浸っていることでしょう。

ロビンソン・クルーソー 
広い浜辺に寝そべりながら、従僕フライデーに、イングランドのヨークの暮らしは
実に洒落てたぞ、と ミルクなし紅茶を味わいつつ、思い出話を自慢げに語ったことでしょう。

クリストファー・コロンブス 
卵を割って立てたのは一世一代の妙案だったなあ。でも航海中、水平線の奥に海が
途切れて見えた時はブッたまげたぜ、と 探検生活を懐かしく思い出したことでしょう。

車と女

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
現代人は、過去のイヤな記憶に影響されて生きてはいないか? 

朝、天気が悪いと気持ちが沈んでしまう人。
不順な天候で気分が暗くなった過去の日を思い出し、今日一日も同じだろうと、
推測・決定しているせいがあるかもしれません(注:健康や体調などによる場合もあり)。

初対面で、嫌いなタイプだな、などとすぐ判断してしまう人。
過去に会った嫌な人や悪役俳優の顔を瞬時に思い出し、その悪いイメージを、
つい目の前にいる人にダブらせているのかもしれません。

町なかで、独り言のように声を出して文句を言ってる人。
その人は、過去にイヤな思いをした人を思い出して文句を言ってるのでしょう。
「ひと前では声に出さないが」という条件を付けると、誰にでも当てはまりませんか。

くるまr

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
米国のある心理学者が調べた、犯罪者の「罪悪感」。

・服役中の囚人は、ほとんどが、誰それが悪かったからだとか、まわりの環境のせいだ
と言って、自分の行った犯罪・悪行の原因をひとのせいにしているのだそうです。

・世間一般の普通の人は、自分はこういう点が欠点だ、嫌いだ と罪悪感を抱いていて、
自分を責める傾向が非常に強かったそうです。確か80、90パーセント位の数値でした。

人は、心の中で常に、ひとを責めたり、自分を責めたりして生きているのでしょうか。

子どもは、“現在”だけを見ている。

学校帰りの小学生を見ていると、全然まわりを見ておらず、友達同士でふざけあったりして、
はしゃぎながら楽しそうに歩いています。

子どもは将来を心配することがなく、昨日や去年を振り返って物思いに沈むことも
まずありません。子どもはたぶん、現在だけを見ている現在進行形の生き物なのでしょう。

q少女とケーキ    

大人は、常に過去を見ている“過去未完了形”の動物ではないか?


ある人は、頭の中のハードディスクからネガティブデータだけを取り出して、
リピート再生あるいはランダム再生をしているということがないでしょうか。

ある人は、思い出すのは楽しかった昔のことだけと言うかもしれません。
その点について、旧約聖書はこう言っています。

 「どうして昔のほうが今より良かったのか」と言ってはならない。
 このような問いは、知恵によるのではない。
---伝道の書7:10 (新改訳)

むろん、過去から学んだり自省したりすることは良いことなのでしょうが。

わたしは、「過去・現在・未来」に関する、次の厳粛で神聖な真実を
よくよく認識するよう、いつも自分に言い聞かせています。


  「過去」はもう過ぎ去ったので存在しておらず、
  「未来」はまだ来てないので存在しておらず、
  「現在」のこの瞬間だけが、いま存在している。

  それゆえ、「過去」という“無”について考えることは、
  すなわち、幻想、妄想について考えることである。   
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

よく過去の嫌な記憶ばかり取り出しては ぐぅぅ…_| ̄|○
となる私なので、なるほどなるほどとうなずく事ばかりでした。
半ばネガティブデータを取り出す作業は癖のようになっていて・・・i-202
仰るようにいつまでも昔を名残惜しんでていいのは姿形だけですね(;´∀`)

2012/02/01(水) |URL|じゅこすけ [edit]

Re: タイトルなし

じゅこすけさん、コメントありがとうございました。
人間は誰でも、意識しながら、あるいは無意識に、
常に過去を思い出しながら生きているのだそうです。
わたしも特に心身ヒマなときに、暗い顔をした訪問者が
頭の中に次々にやってくるので、ほんとに困りものです。
じゅこすけさんと子犬さんは、充実した毎日を
おもしろ愉快に過ごしているようで、いいなあ。

2012/02/01(水) |URL|バーソ [edit]

私も、実は暗いですよ~。楽しいことを思い出そうとしても、なかなか
見つからないし。記憶に残ってるのって、暗い事の方が多いような。。。だめですね、今を生きましょ!!

2012/02/01(水) |URL|abe [edit]

Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございました。
「私も実は暗いですよ~」なんて言われても、ねえ。
abeさんに限っては、ちょっと信じがたいですが。
でも、ちょっぴりはそうだ、ということなのでしょう。
人間には本質的にそのような傾向を持ってるようですから。

abeさんは、仕事で多忙ななか、あちこち展覧会にも顔を出し、
そのうえ、今を逃さず、あれもやりたい、これもやりたいと、
気が多い人のようで、そのように“良い気”が多い人は、
上昇志向の一方通行の道を間違いなく歩んでいるのでしょう。
ですので、わたしも「上を向いて歩こう」でいく予定です。

2012/02/01(水) |URL|バーソ [edit]

おはようございます。

バーソさん 年齢不詳ですね。
結構古い曲やら人が出てきてびっくりしました。
昔ドラマで松下由樹が悪役をやったら私嫌いだったのですが
今は食パンのCMで感じもよく結構好きな女優さんです。
イメージや先入観で(苦手)ってレッテルを貼っちゃうので
そこが私のダメな所だと思います。

2012/02/02(木) |URL|hulamamayuriko [edit]

Re: おはようございます。

hulamamayurikoさん、コメント、ありがとうございました。
はい。そのとおり。わたし、古い人間なんです。
最近は過去を思い出すことが多くって、これって古い証拠ですかね。
でも、内面の心のほうは17,8の頃から全然変わってなくて、
いまだに少年です。まあ、オトコはそういう人が多いと思いますが。
あ、それから、古いことは、今はWikipediaで何でも調べられますよ。
(決して、わたし、竹取の翁の時代に生きてたわけではないですよ)
ネット社会って、知らない同士が知り合えて、楽しいですね。

2012/02/02(木) |URL|バーソ [edit]

お邪魔しま~す!

バーソさん、こんばんは!

なかなか最初の一歩が踏みだせないタイプでして・・・(^^;)
結果的に、いつも読み逃げになっちゃって・・・ 申し訳アリマセン。

このトップページでみれる記事だけでも、
どれも興味深い考察や視点ばかりでワクワクします♪
まとまった時間ができたら、過去記事も遡って拝読させていただきたいです。

さて、今回の記事も示唆に富んだ内容だなぁと感じました。
人が自と他を比べるときは、得てして自分の短所と相手の長所・・・
っていう気がします。
或いは、自分の影になってる部分と、相手の光の当たってる部分とか・・・

誰もが、その片方だけで生きている訳ではないんですけどね。
短所もあれば長所もあるし、影も光も、等しく持ち合わせている筈で。

もっとも、自分が本当に満ち足りていると思っているのなら、
わざわざ他人と比較するなんてのは実に馬鹿げたことであって、
考えようともしないでしょうから、それもまた無い物ねだりのひとつで、
仕方ないことなのかもしれませんが・・・(^^;)

そうした意味で『自分と他人』は『現在と過去』とも置き換えられそうです♪

・・・ハッ! 悪い癖でして、話しだすとついつい長くなります(爆)

ああ、簡潔に語れるオトコになりたひ・・・(これまた無い物ねだり(笑))

2012/02/03(金) |URL|G.D.M.T. [edit]

Re: お邪魔しま~す!

G.D.M.T.さん、示唆に富む感想、ありがとうございます。

「過去」を、他人、短所に置き換え、さらに「影」と見る。
これぞ、“光と影のクリエイター”の発想 (さすが!)
確かに、光と影、両方あっての人間であり、人生なのでしょう。

それにしても、いつもハイテンション持続継続ですね。
きっとハートの中心は光充満。 暗さなんて語彙は、
あるとしても、端っこのほうにあるのだろうなと感じます。

また興味深い、長めのコメント、お待ちしています。

2012/02/04(土) |URL|バーソ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/41-dca6fe83

back to TOP