「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 人生には宇宙からのシンプルなギフトがある。 


プレゼントはたとえ10円のものでもうれしいわ~
と、何気なく言った職場の若い女性に、突然好意を感じたことがあります。(笑)

以前、プレゼントは贈られても遠慮するのが慎み深く、美徳だと思っていました。
でもそれでは贈った人の好意を無にすることになり、愛がないと教えられ、
なるほど、それ以来、感謝の言葉を述べて素直に受け取るようにしています。

逆に、プレゼントをするときは、何も言わず、そっと目立たないように渡します。
あっという顔はされますが、お礼の言葉はあまり言われたことがないですね。
言われなくても、こちらは、したいからしただけなので、別にいいのですが。

プレゼントは愛の贈り物、感謝のギフトです。
私たちの人生には、うれしいギフトがいろいろありますね。
でも、giftには毒もあるのです。と、ちょっと驚かせて、音楽の話から。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンプルなギフト。それは天からの贈り物。

レーガン、クリントン、オバマ三氏の大統領就任式で演奏された佳曲があります。
元はキリスト教シェーカー派の讃美歌ですが、米国人コープランドが1944年に発
表したダンス音楽『アパラチアの春』で使ったことで一躍有名になったそうです。


これは子供たちが当時の衣装で歌って踊っているオリジナルの"Simple Gifts"。



"Simple Gifts"―――
ジョゼフ・ブラケット作詞作曲(1948)
                        
教会堂の中で男女が踊り回るダンス曲を思えば分かりやすいでしょう。身をかが
めるとかターンするとはダンスの動作ですが、信仰生活の心構えを表しています。

 (バーソ意訳)  ※冒頭の 'tis は、it is の略。

 'Tis the gift to be simple,

  シンプル(質素、純朴)であることは、天からのギフトだ。

 'tis the gift to be free,

  自由であることは、天からのギフトだ。

 'tis the gift to come down where you ought to be,

  自分の居るべき場所に行けることも、天からのギフトだ。

 And when we find ourselves in the place just right,

  自分が正しい場所に居るのを見出したとき、

 It will be in the valley of love and delight.

  そこは愛と喜びの谷になるだろう。

 (リフレイン)

 When true simplicity is gained,

  真のシンプルさが得られたら、

 To bow and to bend we shan't be ashamed.

  身をかがめ、頭を垂れる(悔い改め、祈る)ことは、恥ではない。

 To turn, turn will be our delight,

  ターンし、ターン(生き方を転向)することは、喜びになる。

 'Til by turning, turning we come round right

  ターンし、ターンすることを続けよう。正しい居場所に至るまで。

 
シェーカー派は清教徒の一派。18世紀後半から自給自足の質素・清廉な生活を送
り、懺悔、男女平等、禁欲、勤勉を心掛けた厳格なキリスト教徒のグループです。

キリスト教徒は、聖書で定められた神の《基準》に達することが人生の目標です。
過去を悔い改め、正しく生きよう、とダンスをしながら励ましあったのでしょう。
それは「狭き門」を通る道ですが、正しいと信じる者には満足感があるのですね。


ヨーヨー・マも演奏しているオバマさんの大統領就任式。『ジョーズ』『スター・ウォーズ』の映画
音楽で知られる作曲家ジョン・ウィリアムズがイントロを追加して編曲した"Air and Simple Gifts"。

1分10秒からアンソニー・マギルのクラリネットで"Simple Gifts"の主題が始まります。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Giftとは《贈り物》だが、ドイツ語では《毒》の意。

人生では時には、つらいこと、苦しいこと、悲しいこと、いやなことがあります。
神を信じない人は、原因は自分の失敗か偶然だろうと考えるかもしれません。
神を信じる人は、天はなぜ私に試練を与えるのか?と思うかもしれません。

原因が分からなくて、誰かに毒を盛られたように思えるときがありますか。
つらい出来事は《天からのギフト》だと見なしてみるのはどうでしょう。

難事は、自分の考え方を見直し、生き方を改善する良いきっかけになります。
人生に現れるイヤな人間は、半面教師役を演じる天使かもしれません。

一見《毒》に見える出来事を家庭教師と思い、自分を見直すチャンスにすれば、
それは天からの《贈り物》になるでしょう。

宇宙は、そんな気づきという《シンプルギフト》を与えてくれているのです。

(今ひどい苦しみにある人、過去に大変な苦しみに遭った人は、慰めにならない
と思うかもしれませんね。でも、こう考えれば自分の益になると思いませんか)


                 


《ご注意》
非常に誠実そうに見えるブログでも、証拠文献を捏造していることがあります。


 強い正義感があり、非常に真面目に見えるブログが、時々訪問者履歴の中に入っていました。
 先日、そのブログに、マザー・テレサのメッセージが紹介されていたのですが、テレサが言うはずがないと思えることが書いてあったので、それを指摘して《引用文》の出典を教えてくれるよう尋ねたら、答えてくれるどころか、その人のコメント欄と当方の前回記事コメント欄の両方で、非難と人格攻撃をされました。

 そういう人はよくいるので別に気にもしてなかったのですが、数日後、非常に驚きました。
 そのブログを訪問したら、当該《引用文》と、私が書いた短いコメントと、その人が書いた長文の返コメが削除されていたのです。

 テレサのメッセージの《引用文》は、記事の中に入力(またはコピペ)したテキストではなく、《画像》でした。すなわちテレサの写真の下に当人の言葉が活字で印刷された、専門誌か何かの掲載ページか、チラシの一部のように見える《画像》の文章でした。
 その《画像》を、私の指摘後に、謝罪もせずに削除したということは、そのブログ管理人が、あたかも一般の文献に見えるよう、テレサのメッセージを捏造したとしか考えられません。

 そうなら、《画像》ですから、単に書き間違えた過失ではなく、手の込んだ故意による悪質な犯罪です。この人のブログは画像が非常に多く、似顔絵も上手に描かれています。こんなコメントを他の人に書いています。「画像には、瞬時に膨大な量の情報を伝える力があります」。

 それで、真摯で誠実そうに見えるブログであっても、また、たとえ主義主張の根拠として写真や文章が引用されていても、気軽に信用したらいけないことを痛感しました。
 その記事には「拡散希望」と書いてありますので、この真実の話をここでささやかながら披露できるのは、そのブログ管理人のご希望に添うものでもあるだろうと思っております。

 イエスは、羊の皮をかぶった狼に気を付けよと述べています。
 拙ブログは「考え方はいろいろあるから面白い」がスローガンですので、他の人の政治思想を非難するつもりはありません。非難ではなく、ただ捏造文献の危険性を案じ、皆さまへのご注意として書いています。仕返しのつもりではなく、正義そうな顔をした不正義に非常に驚いたので書いています。私は思想的には極右でも極左でもありません。政治には、まるでうとい者です。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

ブラボー!!!

本日の記事、大好きですヽ(*´v‘*)
とくに、
>ターンし、ターン(生き方を転向)することは、喜びになる。
>ターンし、ターンすることを続けよう。正しい居場所に至るまで。

いい言葉とメロディですねぇ。
噛み締めると泣けてきます。
なぜでしょう?
たぶん、人の根源が『聖なる愛や善』だからでしょうね。
どんな生き方をしてもOKでしょうが、
立ち止まって『正しい場所』に戻れる人で、在りたいです。(*^▽^*)

2017/05/20(土) |URL|風子 [edit]

ギフト

バーソ様
おはよう御座います。

心からのプレゼントはいいと思いますが下心のあるプレゼントは困ります。
原料の仕入れの仕事をしているときは賄賂が多くて困りました。
家に直接送られてくるので送り返すのが大変です。折角の休みがその作業でフイになってしまうこともありました。
冒頭にあるような10円のプレゼントがいいと思います。
ところで神は人類に公平にプレゼントをしてくれているのでしょうか?

愛新覚羅

2017/05/20(土) |URL|aishinkakura [edit]

Re: ブラボー!!!

風子さん コメントありがとうございます^^)
> どんな生き方をしてもOKでしょうが、
立ち止まって『正しい場所』に戻れる人で、在りたいです。

 「戻れる人」。面白いですね。普通は「正しい場所にたどり着く」と考えるものなんですが。私は「come」を「至る」と意訳しました。

 ですが、その考え方のほうが正しいでしょう。精神世界的には、確かに人の根源は聖なる愛や善であるはずです。なので、真の理解とは思い出すこと、悟るとは神の心に戻ることなのでしょう。

 本文で誤解を招く書き方があったので、一部修正しました。
 これが修正後のものです。


 一見《毒》に見える出来事を家庭教師と思い、自分を見直すチャンスにすれば、それは天からの《贈り物》になるでしょう。
宇宙は、そんな気づきという《シンプルギフト》を与えてくれているのです。

 前の文章では、悪い出来事は神からのギフトだと書いている、と思った人がいるかかもしれないですね。
 今回は囲み記事に気を取られて、本文はあまり推敲しなかったのが問題でした。反省反省です。

2017/05/20(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: ギフト

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
 そうですか。業者からはなにかと品物が来ますね。盆暮れの手ぬぐいぐらいならいいのですが。

> 家に直接送られてくるので送り返すのが大変です。折角の休みがその作業でフイになってしまうこともありました。
 そうですか、生真面目な性格の一端がうかがえます。やはりそういう信念を強く持っている人が本当の男なんでしょう。いいですね。
 
> ところで神は人類に公平にプレゼントをしてくれているのでしょうか?
 私の書き方が良くなくて、自分に降りかかる悪いことがギフトだと勘違いされかねないと思ったので、そこは修正しました。悪いことがあっても、自分の考え方や生き方を変えるチャンスだとみなせればいいギフトになる。そう考えられれば、自分にとって益になるというのが、私の書きたかった趣旨でした。

 ただし人間はある程度、自分の人生の方向性を決めて生まれてくると思っているので、悪い出来事はじつは大きな目でみれば、自分を磨くために、自分で招いているとも言えるのです。

 人生は、自分の考えるように、その意識のままに動いています。そういう意味では、神は公平に一人ひとりの意志を尊重しているのです。
 いまの世界を見ると極めて不公平に見えますが、それは人類の意識、すなわち個々の意識、全体の集合意識がそうしているのですね。
 でもこれはなかなか納得し難いことだろうと思います。

2017/05/20(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ギフトは毒にも薬にも・・

今週のお題、こころが洗われるようで御座います。

この歳になってようやく下心の無いプレゼントが出来るようになりました。
ちょいと前まで、奮発したギフトの中には下心満載、叶うなら一発どうよ的なおねだりギフトから、勘弁してな的嘆願ギフトまで、もちろん愛ある事に偽りはないんだけれど、グレーな欲望先行の事例が多々、それでも相手の喜ぶ顔がプレゼント好きなおいらの原動力になってたわけで、で、ギフトは頂くのも大好き、こう言っちゃなんですが頂き物に勘繰りを入れたりはしません、ただ単純に喜びます。
《ご注意》の件、同感です、で、おいらのブログはそのようなご心配はないかと思います、おいらも羊の皮をかぶってはおりますが、中身は豚でどちらかと言うと雑食系であり未だ人を食ったことはございませんので・・・

2017/05/20(土) |URL|ばく [edit]

バーソさん、こんにちは^^
良い記事ですねぇ。とても気持が良くなります^^
おっしゃる事、一々その通りだと思います。

わりと若い頃からの習慣で、辛い事には何か意味があるのだろうと思っていました。
転んだら、ただ起き上がるのではなく、何か掴めるまで、そこに転んでみていよう、と思いました。
「そこに転んで」というのは比喩ですが、とにかく何年でも忘れないようにしていると、次から次へといろんな意味が見つかってきました。
嫌なものからは、本当に有益なものがたくさん得られると思います。

プレゼントは、喜んで受け取ってもらえるのが一番嬉しいですね。
褒め言葉なんかも、そうだと思います。
十代の頃のことですが、ある人から「Ariane ちゃんは、目が大きいのね」と言われたことがありました。
私は、自分の目が気に入っていなかったので、それに対して、いろいろとネガティブに返したのですが、その人は正直な方で(笑)、「せっかく褒めているのに・・・」とおっしゃったんです。
それで、ああ、そうか、褒め言葉をあんまり全面的に否定するのは、その人の好意を無にすることなんだ、と気づきました。(それでもつい、いろんな場面で、「いや~、そんな事はない」と言ってしまうんですけれどね。)
バーソさんはそういう事をよくお分かりで、こちらの褒め言葉をいつも喜んで受け取ってくださるので、こちらもとても嬉しくなります^^

ところで、専門誌か何かの掲載ページのように見せた画像というのは、随分捏造らしい捏造ですね。
しかも、画像という視覚情報にインパクトがあるのを承知で、それを行っているというのは随分悪質だと思います。
ネット上は、いろんな人がいますね。
前に、ブログを始めてそんなに経たない頃、ブロ友さんのブロ友さんの中に、プロフィール欄に書いてある年齢(たぶん性別も)とは、明らかに異なる人がいるのを見つけて、しばらく、ブログというものが気持悪くなってしまったことがありました。
それも、気持悪い記事を書く人だったんです。
でも、その後そういうケースは見掛けないので、珍しいことだったのかな、と思いますが・・・。

すみません、どうでも良いことを長々と失礼しました。

2017/05/20(土) |URL|Ariane [edit]

毒も

管弦楽とは印象が違って素朴で敬虔でどこか懐かしく
感ずる曲ですね。
人の親切や慰めやアドバイスなど、その場で分からくて
後になって貴重な贈り物だったって分かる場合も多いです。
古書には前の持ち主の書き込みや線引きがあったりして
嫌う人もいますが、バーソさんの言われるようにいい
贈り物だと思えば前の持ち主の興味や生活が偲ばれて
それもいいものです。
ここ数日来、バーソさんの難事は《天からのギフト》だったんです。
よくぞ乗り越えられました。

2017/05/20(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: ギフトは毒にも薬にも・・

ばくさん コメントありがとうございます^^)
> 奮発したギフトの中には下心満載
 あはは、またまた得意のモテモテ話を!
 しかし「勘弁してな的嘆願ギフトまで」には、少々驚きましたよ。それほどまでに女性に愛好されたとは、なんたる不埒な、いや、違った、私とはまるで別世界の竜宮城のようなお話で、なんと言っていいやら。いい加減にしなさい、あはは。あ、いや、今はそうじゃないプレゼントが出来ているようになったのですね。そうですか、ばくさんは贈り物をするのが好きそうですね。大変良い性格のようで、なによりです♪
 
> 羊の皮をかぶってはおりますが、中身は豚でどちらかと言うと雑食系であり未だ人を食ったことはございません
 あはは、こう来きましたか。前半の自慢話は、こう来る前振りでしたか。レトリックでしたか。だとするなら、それほどでもなかったのか。いや、毎回こんな話が出てくるので、冗談めかしてはいるものの、本当の裏話なんでしょう。裏山しい限りです。(笑)

2017/05/20(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

Arianeさんさん コメントありがとうございます^^)
 あー、良い記事でしたか。本当ですか。まあ、Arianeさんに褒められると、非常にうれしいです。他の人にも時々そう言うのですが。(笑)

 私は舞い上がると転びやすく、後悔することがよくありました。
 Arianeさんも、転んだときは、その意味を考えることが多かったのですね。良く物事を考える人だった、いや、いまだにそうなんでしょう。
 私も子供の頃は特にそういう傾向がありました。転んだりすると、すぐ何か悪いことをしたかな、その罰かなと思ったものですが。でもそれ以上は深く考えなかったです。そこが違うようですね。

 目が大きいのですか。何を隠そう、私もそうです。私は目の大きな女性は好きなんです♪

 若い頃、(眼の玉が)こぼれそう、なんて言われて、両手のてのひらですくうような動作をされたこともあります。そういえば幼少のみぎり、悪ガキ連中から、出目金と言われてからかわれたような気もします。日焼け顔のせいで、黒んぼとも言われました。あらら、変なことを思い出しました。(笑)
 
 ひとから誉められると、遠慮深く謙遜な人だと、つい、そんなことはございませんと言いがちですよね。私も以前は、いえいえそんなことはと言ってましたが、恥ずかしいのと、褒められるほどの者ではないので、今でもそう言ってるようです。(笑)
 
 ああ、文末に(笑)が多い文章になりました。これはうれしくて舞い上がっているときによく生じる傾向です。(笑)

 ブログでは何でも言えるので、中には正直ではないひともいるのですね。今回は文献スタイルの捏造ですから、かなり正義そうに見えても、不正義なものもあるのか、と痛感しました。要注意ですね。

2017/05/20(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 毒も

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
> 管弦楽とは印象が違って素朴で敬虔でどこか懐かしく
感ずる曲ですね。

 そうですか。エリアンダーさんに、そう言っていただけると、安心します。この曲はシンプルですが、何度も聴いていると頭の中にリピートしてくる曲だなあと思いました。

 アメリカには、今でもアーミッシュとか、そういう素朴で敬虔な生活を良しとする宗教グループがありますね。素朴で敬虔な信仰は、良い雰囲気があります。宗教音楽やクリスマスソングにはいいものが沢山あります。音楽はひとを気持ちよくさせる。聴いているだけでいいのですから、これもシンプルギフトの一つなのでしょう。

> 人の親切や慰めやアドバイスなど、その場で分からくて
後になって貴重な贈り物だったって分かる場合も多いです。

 そうですか。これも自分の生き方を絶えず吟味しているので、そう思うのでしょう。エリアンダーさんの人柄だと、ひとに嫌われることはないのでしょうね。私は考え方がちょっと変わっていると思われるせいでしょうか、万人受けはしないようで、困ったものです。

 古書の書き込みが面白いとは、井上ひさしだったかが言ってました。
本好きな人はそうなんでしょう。私は本は図書館で借りることが多いので、線を引いてあると気になって、消しゴムで消すことがあります。

 はい。今回の「難事」。じつは全然難事とは思ってないで、自分の見方が変わる良いきっかけになりました。本当に天からのギフトだったようです。
 これから何か気付いたことがあれば、率直に遠慮なく(鍵コメで)お願いしますね♪

2017/05/20(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

藍は青より出でて青より青し

こんばんは
いつの日かおいらはひねくれ者になっておりました
でも
素直だったころがあったのも事実です

むかしのとあるリゾートでのことでした
イミグレ(空港の入国検査口?)で
これはなんだと訊かれました(日本酒です)
わたしは『日本語』でおみやげと答えました
勿論言葉は通じません
で、おいらは
ギフト、フォー、マイフレンズ!、と・・・
O~K~!、と管理官はパスをしました
バーソさん!
ギフトをお土産と訳すおいらは変態でしょうか?
(貴方の弟子でしゅ・・・)(迷惑でしょうが・・)
あはは。

2017/05/20(土) |URL|はしびろこう・ウナ [edit]

Re: 藍は青より出でて青より青し

はしびろこう・ウナはん コメントおおきにございま^^)
なになに? 勝手にお弟子さんにならはったつもりどすか。
あ~、まるっきし難儀なモンや。
お弟子さんになるには、世間テキにはそモン作法ちゅうモンがある。
ほら、挨拶代わりかしか、お土産品とか、そない、ギフトとか、謝礼、進モン、持参金、捧げモン、賄賂、貢ぎモン、お布施やらなんやら、
そないゆーおべんちゃらにぎょうさんしはる粗品もこしらえせず、
しれっと粗品ぬ顔しいや
お弟子さんになっとるやらなんやらと言いおって、
まあ、烏滸がましい、厚かましい、洒落臭い、猪口才な。
ほしていて、藍は青より出でて青より青しとは、
わてんほうが上やと理不尽かつ不遜な言うとるのどすか。
すとんと持ち上げておいて、がたんと引き落とす。
あ~ら、なんちゅう破廉恥なる伏魔殿、粉飾決済、蕁麻疹、中将湯。
う~む、出藍ん誉れと来たんやか。
まるっきし当たっとるおへんどすか。
うちめは、そや、イミグレと書いて、
カッコ書きで、空港ん入国検査口と書いてへんと分からんモンどす。
よお分かっとるおへんどすなぁえ。(笑)

2017/05/20(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/20(土) || [edit]

Re: タイトルなし

sさん コメントありがとうございます^^)
 ちょっとしたつらいことなら耐えやすいでしょうし、頑張ろうと思うのは容易ですが、ひどくつらい出来事にあった場合は、なんで自分がこんな目に遭わなければならないのか、と運命や偶然を呪いたくなるのも無理はないでしょうね。みんなに公平に悪いことが生じれば、まあ、いいとしても、他に幸せで何の問題もない人を見ると、疑問に思うのも無理はありません。その答えを探そうとして、古来、多くの人が悩んできたのでしょうから。
 
 ただ、悪いことが起きたから怒ったり、嘆いていても、状況はよくならないのですから、いいチャンスにしようと思うことはできますね。
 と私は偉そうなことは言えないのですが、でもこれも自分の人生修行のためだ、自分の目の前に現れる嫌な人間は、この世で悪役を引き受けてくれた愛情ある人だと思えるなら、また違う新しい人生が開けるように思います。

 まわりの空気、風、陽の暖かさ、緑の鮮やかさ、鳥のさえずり、子どもたちの遊ぶ声・・・みんな喜べるシンプルギフトですね。(^^♪

2017/05/20(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは。

お久しぶりです。でも、いつも拝見してますよ。
ハッとさせられて、私なりにいろいろ考えさせられています。読み進んでいき「神」という言葉に戸惑います。かと言って、俺は無神論者だ!と開き直りもできません。そんな威勢のいいお兄さんが他人様の家に土足で上がり込んでましたな。

池乃めだか「お前の娘可愛いやないか。・・・・見様に寄っちゃ。」
その逆バージョンで、見ようでは醜悪であります。見様とは視点、視線であって、それ次第ではギフトも毒にも薬にもなる。

そして、それ以前に、ブログもおよそ人間のやることであるから人間そのものが問題なのでしょう。
私の拙いウンチクですが、横山大観が晩年に言っていました。「若いころは上手い絵を描こうと思っていたが、画もおよそ人間のやることだから人間です。」
私もそう思いますよ。

バーソさん、今回の件を引きずらないようにしてください。ドント、マインド、ドンマイ、ドンマイということで、では。

2017/05/20(土) |URL|花渡川 淳 [edit]

う~ん、人は見掛けによらぬもの…仏教の世界でも善人に化けて、人をたぶらかす提婆達多の様な悪魔もいれば、不動明王の様に人を諭す為に悪魔の様な顔をする仏様もいます。
人は叱ってくれたり、諫言してくれる者を疎んじ、甘言を弄し、自分を持ち上げてくれる者を好むどうしようもない習性があります。
自然界の生物をよく見ると、色や形を見事に擬態してそれらしく見せていますね…ところが、人間は外見だけでなく心を擬態するから始末が悪いです。
自己主張の為か?出世の為か?保身の為か?…本心を見抜くのは至難の技です。と言って全て疑って掛かると、これまた相手ばかりか自分をもいつわる事になります。
まぁ、自分がバーのマスターだった頃は、分っていて騙されてやる事に徹してましたけどね(笑)

2017/05/20(土) |URL|sado jo [edit]

ま、いいかも

>土足であがりこんでましたな・・・
正しくは
入り込んでいましたな、でしゅ
土足で人様の家に上がるやつは盗賊ですから
井戸端会議に入場制限はありませんが
かつて『彼』は(うさぎやとか?)
我が家に唾を吐きました
因って出入りを制限いたしました
札を貼ったわけではございませんが
正しきお国の言葉を丁寧に綴れば
彼はいつの日にか来なくなりましたから

あいよりあおく
これは只単に
先人に学ぼうということでしかありません

ウサギ老いしかのやま
小鮒つりし老いかわ・・・
ご意見は直に受け取りますが?

バーソさんに於かれましては
お体を大切に
お心を健やかにと願っております。

2017/05/21(日) |URL|はしびろこう・ウナ [edit]

Re: こんばんは。

花渡川 淳さん コメントありがとうございます^^)
 私は、無神論も有神論も趣味や好みの一つとみなしています。両者とも証明ができません。実際、私の場合は、神が好きだから趣味で信じているようなものです。神を信じない考え方も好みの一つだろうと思っているので、無神論を問題視など全然していません。むしろ信じないほうが普通だろうと思っています。すなわち、人にはいろんな考えがあるから面白いと思っている次第です。

 さて、見ようによっては。どこから見ても不正義だと思ったので、あの件は囲み記事にして出しました。

 蛇足ながら、削除された捏造と思える画像の《引用文》を以下に載せます。赤字にした箇所が相手に尋ねた点です。青字にした箇所はテレサが言うとは思えない点です。


「確かに日本人は経済的には豊かです。けれども同じ人間である沖縄福島病人や高齢者やシングルマザーなど、社会的弱者を切り捨て、嘲笑う人が、どれほど多いことでしょう。同じ人間である近隣諸国への態度は正しいものでしょうか? 日本人ほど心が貧しい哀れな人々は居ないのです。」――マザー・テレサ

 私が気になった点は、
・福島大地震は2011年。テレサは1997年死去。大災害が起きて世界的に知られるようになった「福島」の地名を、その14年前に亡くなっているテレサが挙げるはずがないのです。
 また広島の名は挙げるかもしれませんが、「沖縄」の名を挙げるとも思えません。弱者を「嘲笑う」日本人がそんなに多いとも思えません。「近隣諸国への態度は正しいものでしょうか」もテレサが言うはずがありません。

・「富める者は心が貧しい」というのは、イエスの教えであり、キリスト教の修道女がそう語るのは、いわば当たり前のことでしょう(検索したら、テレサは実際、そういう言い方をしたようです)。そして日本人もそれに当てはまるでしょう。しかしながら「日本人ほど・・・居ない」という言い方は、日本人が世界で一番悪いという意味になります。日本人がそれほど悪いと言われるのはおかしいのです。
 
 私は、聖書伝道を長年していたので、嘲笑や憎しみ、攻撃には非常に慣れています。全然腹が立ちません。達観しています。(爆) しかも今回は相手のほうが完璧に不正義なので、全然大丈夫です。ご心配、ありがとうございます。

2017/05/21(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: Re: こんばんは。

sado joさん コメントありがとうございます^^)
 「人は見かけによらぬもの」。そうですね。イエスがパリサイ人や書士たちを「偽善者よ、まむしの子らよ、あなた方はどうしてゲヘナの裁きを逃れられようか」と非常に痛烈に非難した理由は、パリサイ人が表面的には義にかなっているように見え、「地の民」と呼ばれるアムハーレツ(一般市民)がそれを見抜けなかったせいもあるでしょう。
 このたび問題になった人はかなり賢い人のようですが、誰でもすぐ捏造だとすぐわかるような引用文を作ったということは、世間の人は無知蒙昧だとでも思っているのでしょうか。

 パリサイ人らは、自分たちは義人だと思い込んでいたので、自分たち以外は地の民だ無知蒙昧な人間だと軽んじ、自分たちを非難したイエスを激しく憎みました。

 正義感とは諸刃の剣で、いい場合もありますが、そうでない場合もありますね。イスラム原理主義の人たちは、正義感で真摯にテロをしているのでしょうから。 
 
 今回の男性は、sado joさんも知っている人ではないですか。
 私は、左の人にも一理ある、右の人にも一理あると思っています。政治のことはよく分かりません。ですから両方の意見を、ほうほうそうですか、と聞いて学んでいるような人間ですのでね。

 この記事の下にある囲み記事は、その男性が当該引用文を密かに削除したので、ちょっと書く気になりました。誠実な人なら、こっそり私に謝罪するはずです。

 私へのコメントも、自分の方がキリストの思いを実践しているとか、人を裁くな、軽蔑する、おまえの言葉は平和に役立つと思うか、もう一度聖書を学び直せなどと、かなり感情的になっていたので、少し理性的に考えてほしいと思って書いたのです。

 この記事中の『Simple gift』の歌詞のように、思考と行動を「turn」してくれれば、もっとあの人の意見も尊重されるようになると思うのですが。

2017/05/21(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: ま、いいかも

はしびろこう・ウナさん コメントありがとうございます^^)
 私のコメント欄では、訪問者の個人攻撃はやめてください。そういうことが大嫌いなんです。なにか不正でもしたのであれば、理性的にそれを指摘するのはいいとしても、主義主張の話は、人によって意見が違うのは当たり前のようなことですから。

 私は、右派でも左派でもなく、中途半派。(笑) 正直言って政治のことはよく分かりません。今回は、文献偽造を問題にしたに過ぎず、政治思想のことは全然問題にしていません。問題にする気もありません。

 私の前回のウナさん宛の返コメは、じつはちょっと書きようがなくて困ったのです。だから「藍より青く」を肴にして京都弁もどきで遊んだに過ぎません。ひとによっては、ふざけていると思われるような文章は(miss,keyさん以外には)普通は書きません。駄洒落好きのウナさんじゃなかったら書かなかったと思います。ひょっとして気分をこわしたでしょうか。そうであれば、ごめんなさい。

 なお、率直に言わせていただくと「貴方の弟子です」というのと「貴方」という言い方も、じつはちょっと気になりましたよ。あはは
いつもありがとうございます。(^^♪

2017/05/21(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

<人生に現れるイヤな人間は、半面教師役を演じる天使かもしれません。>
バーソさん、なんていい考え方でしょうか。
わたし、涙が出そうなくらい今の私には
有り難いコトバです。

<一見《毒》に見える出来事を家庭教師と思い、自分を見直すチャンスにすれば、
それは天からの《贈り物》になるでしょう。>
わたし、まさしく天からの贈り物を
いただいています。

そういうふうに考えていきたいです。
バーソさん、感謝です。

2017/05/21(日) |URL|森須もりん [edit]

Re: タイトルなし

森須もりんさん コメントありがとうございます^^)
> わたし、涙が出そうなくらい今の私には
有り難いコトバです。・・・わたし、まさしく天からの贈り物を
いただいています。
 
 ああー、そうですか。そう言っていただけると、うれしいです。
 じつは、この部分は森須さんを意識して書きました。最近の森須さんは、仕事などから良い気づきを得てきています。
 本当によかったなあと思っています。

 人生に失敗や無駄なものはない。
 自分に必要な学びをするために、時にはつらいこともあり、悲しいこともある。しかし、それを乗り越えるときに人間として一段階も二段階も前進できるのですね。いったんきちんと学んだら、問題はもう生じないと思いますね。
 ともあれ、よかったです。(^^♪

2017/05/21(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

毒まんじゅは食ったら最後、ただでは済まない

 やはり山吹色は何度見ても良いものよのぅ。しかし大黒屋、お前も相当の悪よのぅ。
 いえいえ、お代官様程では。
 わははははははははは~。

 贈り物と言ったらこれですよ、これ。シェークスピアも裸足で逃げ出す名台詞、古今東西を通じて最高の会話である事間違い無し(マテ
 袖の下 下心 心付け 付届け 届け物 
 わお、尻取りが出来てしまった。
袖の下 賄賂は目立たぬ様に、こっそりと。誰だって収賄が悪い事だと知っているのであります。・・・そう思いたい。怪しいけど。
下心 どんな心の籠った贈り物でも必ず思惑があります。言い方は悪いが、感謝の気持ちもまた思惑です。
心付け 宿に着いたら直ぐに仲居さんに渡しておくと待遇が全然違いますよ。
付届け あんまりしたくないけど、一応やっとかないと後々うるさいよなぁ。
届け物 中元歳暮、盆暮正月、金がかかってしょうがない。
 他にも、賄賂、まいない、裏金、鼻薬、リベート、コミッション、進物 ・・・限が無い。それだけ人類の根源に染み付いた行為なんでしょうな。他の人は知りませんけど、とりあえず私だけは宜しくお願いいたしやす~て。しかし貰ったらちゃんと対価を忘れずに。忘れると次から相手の態度が変わったりします。うへ、めんどくさっ。

2017/05/22(月) |URL|miss.key [edit]

パーソ様、おはようです

Simpie Giftsの曲の詩いいですね
どの言葉も心に染みました
ありがとうです

薫子は、クリスチャンになってからは
艱難辛苦あれど、イエス様と共になら大丈夫
イエス様がお考えになって計画を立てて御業を
投げかけてくれると信じたいですね
去年から今年にかけて沢山辛いこと苦しいことが続きましたが、全て乗り越えられたので、、イエス様のお蔭なのでしょうかね。。洗礼を受けて平安が薫子の中にあるのは幸いです^^

2017/05/22(月) |URL|薫子 [edit]

バーソさん、こんにちは^^
お久しぶりです。

「良薬口に苦し」ということで、
苦くて不味い味より、その効果に着目した方が、
色々と心安らかになれそうですね。

「目的は手段を正当化する」というのがありますが、
どうも、間違っているように感じますし、
少なくとも、間違っている場合が多いように感じます。

マスコミなんかは、民主主義に基づく、ただの多数決を、
「強行採決」などと言い換えて、
自分たちが正しいと信じることのために、
意図的に民衆を勘違いさせようとしているようですが・・・

悪いことをする人は、良い目的があっても、普通に悪い人だと思います。
スピリチュアルでは、行為の意図が問われるということがよく言われますが、
これを信じると、不正を働くためのハードルが低くなるという効果も、あると思います。

マザーテレサ(テしサですが)と言えば、こんなジョークを思い出しました。

マザー・テしサは車を運転中、道端の草を食べている男たちを見かけました。
「あなたたち。どうして草など食べているのですか」
「実は・・。食べ物を買う金がないんです。飢えをしのぐため、こうして草を食うしか」
「まあ、なんてことでしょう!あなたたち、うちへいらっしゃい」
「えっ。いいんですか。でも、むこうに妻と2人の子が」
「一緒に連れてきなさい。そっちのあなたも」
「いいんですか。私は子供が8人も」
「かまいません。みんな連れていらっしゃい!」
こうして車にみんな乗り込み、マザー・テしサの家に向かいました。男たちは泣いて言いました。
「あなたはなんて慈悲深いお方だ。感謝します。このご恩は一生忘れません」
「いいのよ。うちの庭の草、よく伸びてるから」

2017/05/22(月) |URL|Korva [edit]

Re: タイトルなし

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
 私も他の人にコメントを返すためにギフトの類語を考えたのですが、鼻薬、リベート、コミッションまでは気付かずでした。それにつけても金の欲しさよ、を思い出しました。世の中、万事カネカネカネですね。業者と企業、企業と政治。想像以上に黒いギフトがありそうです。時々ニュースになるのは、まさに氷山の一角なんでしょう。

> 下心 どんな心の籠った贈り物でも必ず思惑があります。言い方は悪いが、感謝の気持ちもまた思惑です。
 こんな話を思い出しました。(ルカ17:11~18)

 イエスがある村に入ると、十人のらい病人がイエスに出会った。彼らは遠く離れた所に立って、声を張り上げて、「イエスさま、先生。どうぞ憐れんでください。」と言った。
 イエスはこれを見て、言われた。「行きなさい。そして自分を祭司に見せなさい。」彼らは行く途中で癒された。
 そのうちのひとりは、自分の癒されたことがわかると、大声で神を褒め称えながら引き返して来て、イエスの足もとにひれ伏して感謝した。彼はサマリヤ人(註:ユダヤ人が嫌う人種)」であった。
 そこでイエスは言われた。「十人癒されたのではないか。九人はどこにいるのか。神を崇めるために戻って来た者は、この外国人の他には、だれもいないのか。」
 それから、その人に言われた。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰が、あなたを直したのです。」
 
 ユダヤでは、らい病人は住む所が隔離され、石を投げられたりして、ひどい目に遭っていました。そんな重い病気が癒された人が十人いたのに、感謝したのは、たった一人でした。
 イエスはこう言ってます。病気が癒されたのは、(私イエスによるのではなく)、あなたの信仰(心)が癒したのだ。これは彼が一切偽善や利得勘定の気持ちがない人だったので、だから病気がいやされた、だから感謝をしにイエスのもとに戻ってきたのでしょう。

 リベートなどをしない人にも、天はギフトを与えてくれるのですね。
と説教臭くなってしまって、すみません。他にちょっと思い付かなかったのです。 あ、嘘くさい偽善っぽいなあと思ってませんかね。(笑)
 私のほうからは盆暮れに付け届けをしてないですが、私めへの御贔屓だけはこれからも末永く、しかと(馬とで)お願いしますよ。(マテ

2017/05/22(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

薫子さん コメントありがとうございます^^)
> 薫子は、クリスチャンになってからは
艱難辛苦あれど、イエス様と共になら大丈夫
イエス様がお考えになって計画を立てて御業を
投げかけてくれると信じたいですね

 そうですね。強く信じれば願いは必ずかなうと言われています。
「信じる者は山をも動かす」とイエスは述べました。

 信じても願いがかなわないのは、大抵の人は心の奥底では、まあ祈っても駄目だろうなあ、と本当は信じていないからです。だから信じてないことがかないます。つまり願いはかなわないのですね。

 仏教徒が焼死したとき、「心頭滅却すれば火も亦た涼し」の辞世を残したと言われる人がいます。精神の力はすごいものです。この前の返コメ(miss,keyさん宛)に、らい病人の癒しの話を薫子さんのことも意識して引用しました。

> 沢山辛いこと苦しいことが続きましたが、全て乗り越えられた
 そうでしたか。いいですね。この調子で頑張ってください♪

2017/05/22(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

Korvaさん コメントありがとうございます^^)
 あらーっ、ずいぶん忙しいようなのに、うれしいですね。有難いことです。読み終わって、あはははと声を出して笑ってしまいました。

 なるほど、「良薬口に苦し」がありました。使えばよかったかな。今回の記事に、ぴったりです。

> 「目的は手段を正当化する」というのがありますが、
どうも、間違っているように感じますし、
少なくとも、間違っている場合が多いように感じます。

 これはトロツキーの言葉でしたか。何が何でも自分で正義だと思える目標を達成したいと思うと、「嘘も方便」というのと同じく、不正をすることに良心の咎めを感じなくなるようですね。

 原理主義のテロリストたちがそうだと思います。嫌いな政治家を暗殺する者もそうですね。スピリチュアルにもそういう人がいるのですか。それを利用して不当に多額の金を儲けようとしている人は、そうだと言えるでしょうね。
 正当な金額の金なら、生活のために当然だと思いますが、ちょっとセミナーや講習に出るだけで、あるいは妙な壺だか印鑑を買う金額に何十万円も要求されるのは、私はおかしい、信用するなと自分で言ってるようなものだと思います。
 正義そうな顔をした不正義には、気を付けないといけませんね。
 毎日さぞ忙しいでしょうに、ありがとうございました♪

2017/05/22(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

とりかえしのつかない・・・

こんばんは
何故にこうも事件が後を絶たないのでしょうか
これでは心が荒むばかりです

ひとは誰もが少しだけ他人を気遣えばいいだけなのに
すこし甘えが過ぎたのかもしれません
バーソさんの寛容さに・・・
わたしは悲しい出来事に出会いますと
どうしても他人事とは思えなくて
歯軋りをしたり
泪を零しそうになったりします

人とは思えない愚行
自分を貶めるひとに目を覚ませと言ったところで
埒があかないのですけど
これが一番悲しいです

ひとは誰もがいっぱいいっぱいで生きておりますが
それが98だったり99だったりとしますと
あと
ひとつかふたつを足すだけで
『楽』に(しあわせ)になれるのに・・・
残念でありません

取り止めがなくてすみません!
次からは素面のときにコメントいたします
次回からでしゅ(自戒?)
あはは

2017/05/23(火) |URL|はしびろこう・ウナ [edit]

Re: とりかえしのつかない・・・

はしびろこう・ウナさん コメントありがとうございます^^)
 ああーっ、うれしいコメントです。さぞかし気を使わせてしまったと思います。申し訳ない事でした。

 前回返コメの最初のほうのひと言はちょっときついと承知しており、削除しようか、あるいはもう少しやわらかめに書き換えようかとすぐ思ったのですが、拙宅にいらしてくださったお客様の気持ちも考えて、そのままになってしまいました。
 
 正義を愛するゆえの正義感を持っている人は、事態を100に持っていくようにします。90を不正で100に見せかけるようなことはしません。
私、ウナさんの男らしさと正義感は分かっているつもりです。
 今後、もし私めに意見があれば、その場合は遠慮なく直接に言っていただければ感謝して拝聴しますからね。ただ、お手柔らか目にお願いしますよ。なんせ気が弱いもので。(^^;)

 しかしまあ、自戒は次回からですか。はははは、相変わらずでよかったです。素面の時にですか。蕎麦という字とちょっと似てますね♪

2017/05/23(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/24(水) || [edit]

Re: バーソさん、こんばんは^^

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 うれしいお言葉でした。優しいですね。いつもありがとうございます。楽しみにしています♪

2017/05/24(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/24(水) || [edit]

Re: こんばんは

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 ご丁寧にありがとうございます。
 そちらのほうにコメントを入れました♪

2017/05/25(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/26(金) || [edit]

Re: こんばんは。

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 ご丁寧にありがとうございます。
 そちらにコメントを入れました。

2017/05/26(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/321-49778afc

back to TOP