「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 雑念にギャグを噛ませると、思考は静かになる。 


「事実は小説より気になり」

以下は、ブログの友人ご本人の失敗談のようなんですが。

最近、近所のおばさんが私を避けているような気がするんです。
私はパソコンで仕事中によくコーヒーを飲みますが、
冷めたコーヒーを電子レンジで温めることがあります。
ところが仕事に熱中すると電子レンジに入れたままよく忘れるんです。
それで忘れないためにパソコンの上に紙を置いたり、手にハサミを
持ってたりするんです。で、この間、忘れないためにメガネと顔の間に
小さな料理用の撹拌棒を指していたんです。
ふとピンポーンの音がして、玄関のドアを開けると、
おばさんが回覧板を持って立ってたんです。
   ――――――ブログ『夏への扉』・「変人?」2014/07/08投稿

会話体のせいもあり、文末が5回「~んです」となっています。「~のです」と
比べて考えると、当たりがやわらかいです。文体や語彙には人柄が出るんですね。

で、仕事に忘我集中するのは学者型人間の特徴ですが、私の場合はうろうろ徘徊
して恍惚愉快のときに同様のことが日常紅茶的に起きますね(註:ネット巡回時)。
それは脳の劣化現象の他に、人間の思考そのものに本質的な原因があるようです。

zny90af.jpg

というのは、人間は考える葦、いや、絶えず考え続けている葦だからなんです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
思考は数秒の休みもなく、せかせかと考え続けている。

こんな話があります。
ある修行僧が和尚に「座禅の極意を教えてください」とお願いした。
和尚は「では座禅を組むがよい。ただし猿のことは絶対考えるな」と言った。
修行僧は「猿のことなんか普段でも考えたことがないので簡単です」と答えた。
ところが翌日やってきて、こう告白した。
「和尚、頭の中が猿だらけです」

わたしも以前、こころを静めるため
、座禅を毎日続けたことがあります。
でも雑念の猿はじつにしつこいヤツで、うまく頭の中から追い出したと思っても、
ものの3、4秒もしないうちに次から次へと しゃしゃり出てくるので大変でした。

瞑想のコツは、次々に頭に浮かぶ考えの流れを静かに見つめてればいいのですが、
なにも考えまいと思うと、《考えまい》ということを絶えず考えてしまうのです。

アメリカの研究によれば、人は一日に6万回も考えていると言われています。※1
一日に起きている時間を仮に15時間として、6万回(個)ほど考えているとすれば、
15時間×60分×60秒=54,000秒。54,000秒÷60,000回=0.9秒。
1回0.9秒というのは、思考はまったく休みなく、絶えず考えているのですね。

1zx9-1.jpg

私たちは何を考えているのか?と言えば、95パーセントは昨日と同じことを考え、
80パーセントはネガティブなことを考えているとか。※2 これは人間の記憶力が
優秀なせいもあり、だから人間はつい《習慣の奴隷》にもなりやすいのでしょう。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
猿を黙らせるには、ギャグをかませるのがいい。

頭の中に猿が出てきて無駄口を叩く場合は、猿ぐつわを噛ませると面白いですよ。
なんせ口を不自由にする猿ぐつわは、英語では《gag ギャグ》と言うのですから。

英語の《gag》とは、息が詰まった時に出す擬音語が原義で、会話を中断させる
動作であることから、《猿ぐつわ》や、転じて《言論の抑圧》をも意味します。

19世紀のヨーロッパの舞台俳優が、突然妙な仕草をしたり、奇声を発し、観客の
私語をやめさせて舞台に注目させるために始めたとか。現代では厳密には、笑わ
せるためのおかしな仕草や台詞をギャグ、言葉だけの場合をジョークと言います。
(私は冗句や『笑点』は大好きですが、ギャグは、特に吉本系は全然駄目ですね)

hpkk.jpg


さて、もっと笑いたい、もっと幸せになりたいと思っていますか。
幸福感を高めるのは、現在の状況を変えないでも可能です。
まず、益のない《雑念》には猿ぐつわを噛ませる。
それから自分で《意識》してポジティブなことを考えるのがいいでしょう。

それには自分の好きな格言や標語をPCや冷蔵庫などの、目につきやすい所に貼る。
そしてそのメモを見たら繰り返し唱え、自分に言い聞かせるのがいいようですよ。

            __________


意識と雑念とは違う。ことばと文字とは違う。
寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』より
私はG・ビルケンフェルトの「黒い魔術」という本の中で、グーテンベルクがいかに苦労して印刷機械を発明したかということを知った。 だが、その苦労は、実は「詩人に猿ぐつわをはめる」ためのものだったのである。 印刷活字の発明以来、詩人たちはことばでなくて、文字で詩を書くようになっていた。



補足―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※:『幸運に好かれる人が、密かにやっている小さなこと』松田有利子(著)学研プラス 
※2:幸せ度は変えられる。「財産や夫婦関係や仕事といった環境要因は、幸せ度にたった10パー
セントしか影響を与えず、あとの40パーセントは、習慣的な考え方や気持ちや、使う言葉や行動に
よって決まるということがわかってきました」―――――『脳にいいことだけをやりなさい!』
マーシー・シャイモフ(著)・茂木健一郎(訳)三笠書房
●脳は良いこともいっぱい考えられる。
作曲家で多作のナンバーワンは、ドイツ人のゲオルク・フィ
リップ・テレマン(1681-1767)。少なくともオペラ40曲、室内楽200曲、協奏曲170曲、管弦楽組
曲600~700曲、受難曲46曲、教会カンタータ1700曲以上などの膨大な曲を残した。12歳でオペラ
を作曲し、76歳まで64年間で4,000曲以上作った。64年×365日÷4,000曲=5.84日。ゲオルクは
約6日で1曲作っている。私は拙いブログを7日に1回書くのがやっと。
●猿ぐつわの《くつわ》は、《くちわ》が転じた語で、馬の口に嵌める金具のこと。猿は馬と相性
が良く、猿が厩に居れば馬がおとなしくなったので、そこから二つの言葉が結び付いたという説が
あるそうだが、そうなら《犬猿》とは正反対。馬の性格がいいのか、タイプが違うのがいいのか。
●画像はアメリカの古い『THE NEW YORKER』誌からお借りしました。(1925年2月17日に創刊)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今回は、柔らかい言葉遣いの引用文で始まったせいで、《です・ます体》になりました。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

おや? 珍し~い!

いつもなら来て見て、帰って、考えて、コメントってパターンになるのですが、本日は助かりましたぁ‥‥楽。((´∀`*))ヶラヶラ 

>猿ぐつわは、英語では《gag ギャグ》と言うのです から

ほぉ、そうなんだぁ。
毎回、知識のおすそ分け、ありがたいことです。

>考えまいと思うと、《考えまい》ということを絶えず考えてしまうのです。

これはバーソさんならではの特質かと。
とにかく思考回路が多岐にわたって緻密なうえに、
その流れが激流のようなスピードに思えますから‥‥。
これ、羨ましい才能だと思いますよ。

その点、風子婆は、よく思考停止します。
理由は、頭、悪い。回転遅い。疲労感増大(歳?)
で、ボ~~の時間が長いのなんのって。(^_^ ;)

あのぉ…中間の画像、かなりのスペース白紙なんですが、
私のパソコンのせい?

2017/04/22(土) |URL|風子 [edit]

没頭

バーソ様
おはよう御座います。

私は学者タイプではないと思うのですが仕事に没頭すると当時大好きだったタバコも吸わずにモクモクと(タバコがないのに変な表現ですね)時間の経つのも忘れてやっていました。その弊害として腰を痛めました。
そんなことは滅多にないのですがツボにはまってしまうと没頭します。
猿もなにも出てきません。
我に返ったときは食事もせずに日が変わっていたということも何回かありました。
そこまでして作った企画が却下されたときは落ち込みます。頭の中に猿はいませんが「去る」は沢山出てきます。

愛新覚羅

2017/04/22(土) |URL|aishinkakura [edit]

おはようございます

私のブログをとりあげていただきありがとうございます。
猿のことは絶対考えるなというのは猿以外の雑念をとるための
手だったかもしれませんね。
でも雑念の効用ってありますね。
私、毎日30分の壁打ちをやっていますが、その間が退屈で
退屈で。イヤホンで落語を聞いたり、音楽を聴いたりしますが、
なかなか時間が経たないです。このとき役に立つのが雑念です。
ブログの記事を考えたりバーソさんへのコメントを考えていると
すぐ時間が経ちます。これこそ相対性理論です。(笑)
「雑念にギャグを噛ませると、思考は静かになる」
これ本当です、ギャグじゃなくてガムですが。
私は脳内で強迫的に音楽がしょっちゅう鳴って煩わしいです。
気になっていたんですが、ネットによると90%の人に起こって
いるそうでちょっと安心しました。バーソさんも脳内音楽あります?
外国の記事ですがガムを噛むと脳内音楽が軽減するらしいです。
詩人に猿ぐつわの話初めて聞きました、面白い!

2017/04/22(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: おや? 珍し~い!

風子さん コメントありがとうございます^^)
 本日は助かったですか。いつもご迷惑を掛けてすみません。m(__)m
 そうです。今回は《gag》の知識のお裾分けです。ただその話を少しだけ膨らませただけです。短めです。ネタに詰まってます。(^^;)

> 考えまいと思うと、《考えまい》ということを絶えず考えてしまうのです。
これはバーソさんならではの特質かと。

 え? そうなんですか。誰でも最初はそうなのかと思ってましたが。
 思考回路が多岐であるのならいいのですが、雑念が多彩激流というのは困ったものです。瞑想をすると、人間はいかにくだらないことを絶えず考えているのか、思考とは雑念ばかりなりだなあ、と実感します。

 でも雑念は湧いていい。それが現れたら、ただ眺めて、やり過ごせばいい。そんな客観的な気分で気軽に思うようになったら、少し改善されましたが、考えるのをやめようやめようと思う、そういう自我中心的な凝り固まった思いが駄目のようです。瞑想のときでも、あるがままの境地になればいいのでしょうかね。

 風子さんは、よく思考停止しますか。なるほど。そこが凡人と違うところのようです。そういう時間を意識して容易に持てるので、肝心なときに思考を最大活躍させられるのでしょう。これは頭の回路が違うようです。
 私にも、待てば回路のいいお日和があればいいのですが。(笑)
 
 写真、入れ直しました。ありがとうございました。ついでに閲覧履歴データも削除しました。気付かなかったのは、これをしなかったせいのようです。

2017/04/22(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 没頭

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
> 仕事に没頭すると当時大好きだったタバコも吸わずにモクモクと(タバコがないのに変な表現ですね)時間の経つのも忘れてやっていました。その弊害として腰を痛めました。
 「黙々と」、あはは、うまいですッ。そう言われれば、確かに没頭しているときは無言になりますね。でも心の中はすごいスピードで独り言を言ってるようでもありますが。
 腰を痛めたのはデスク作業が多かったせいですか。企画・販売・促進のアイディア、プランを真剣に練っていたのでしょう。それでパソコンに強いのですね。
 私も机の前に座って考える仕事が多かったのと筋力の弱さのせいで、背骨が少し曲がってしまいました。実際に文章を書く(入力する)時間より、ぼうっとしてあれこれ考えている時間のほうが長いので、そのとき、だらーっとだらしない姿勢で座っていたせいだと思われます。

> 我に返ったときは食事もせずに日が変わっていたということも何回かありました。
 それは相当すごい集中力ですね。人は好きなことをしているときは時間が短く感じられるとか言われます。五感の機能は正常でも、精神が集中しているときは周囲の出来事に気付かない。人間の意識というのは面白いものですね。

> そこまでして作った企画が却下されたときは落ち込みます。頭の中に猿はいませんが「去る」は沢山出てきます。
 あはは、うまいっ。去るバ取ーる・ダリを思い出しましたが、なんの意味もありません。(笑)

2017/04/22(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: おはようございます

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
 ブログ記事を使わせていただいて、ありがとうございました。これがぴったりだったんです。イントロ部分は、いつもよりかなり推敲して、最初書いたときとは文章がすっかり変わってしまいました。

> 猿のことは絶対考えるなというのは猿以外の雑念をとるための
手だったかもしれませんね。

 あ、なるほど。ということは、ひとを愛することは絶対考えるなというような命題もいいみたいですね。

 毎日30分の壁打ち。ハイソサエティな生活ぶりがうかがえます。でも退屈だというのは、健康維持のための義務感でやってますね。そして、その間は、ブログのことや私めへのコメントを考えている。ああ、有り難き雑念です。確かに男は仕事がメインで、それ以外のことはサブでしょうから。考えてみると、私は今は脳中は雑念ばかり。でもそれが案外面白かったりして。(笑)
 で、イヤーワームという虫を無視するためにはガムがいい。メジャーリーグの選手がくちゃくちゃ噛んでいて、川崎選手もそうしているのが気になってましたが、やはり精神安定の効果があるのですね。

 脳梗塞で3年寝たきりの81歳男性 噛む訓練ガムで歩行可能に 
 http://www.news-postseven.com/archives/20140414_251411.html

 脳内音楽って、そんなに脅迫的なほど聴こえるのですか。相当に音楽好きなんですね。私の場合はブログでYouTubeを載せようと思って、どれがいいか何曲も聴いているうちにそのメロディが頭の中で鳴り続けます。以前、スーパーのイオンの食品売り場で「タラコ~タラコ~」の歌が流れていたのですが、そのため帰りはずーっと頭の中はタラコだらけでした。この歌はすごいです。歌詞もシンプル、メロディもよく、声もかわいくて、名曲です。

 最近耳鳴りがひどくなったのですが、原因は分からないので治しようがないと耳鼻科で言われました。精神か脳の神経のせいもありそうで、ならばガムを噛む動作や本を黙読するような行為がいいかもしれない。あ、では、独り言をブツブツ言えばいいのでしょうかね。時々そうしているのですが。(笑)

2017/04/22(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

雑念だらけですいません

今日は朝から雪です、従いまして今日は、バーソ師匠のブログを隅から隅まで熟読させて頂いております。

おいらも一応考える葦の仲間であると自負しております、従いましてたぶん人並みに0.9秒に1回ほどの思考を繰り返しておるはずです。

で、何を考えているのか?と言えば、95パーセントは明日の事を考え、そのうちの99パーセントはポジティブなことを考えております、これが100パーセントになりますとバカになります、ですから99パーセントのおいら、けしてバカではありません。

ですが一つ致命的な弱点があります、それは鳥類に劣る記憶回路です、鶏は3歩歩るけば忘れると言いますが、今のおいらの場合1歩半が限界で、今こうして真面目なコメントを書いている訳ですが、もう何を思って書こうとしたのかすら思い出せない状態で、間違いなく0.9秒に1回は思いついてはいるのですが1秒後には記憶の外に・・

と言う訳で、貴重な猿ぐつわのお話も明日のコンペに持っていけるかどうか定かではございませんが・・。

2017/04/22(土) |URL|ばく [edit]

Re: 雑念だらけですいません

ばくさん コメントありがとうございます^^)
 北海道は雪だと夕べのニュース映像で見ました。東京は今日は肌寒いですよ。で、「隅から隅まで熟読」。ああー、隅ません。有り難き幸せです。こころ温まるニュースです。

> 95パーセントは明日の事を考え、そのうちの99パーセントはポジティブなことを考えております
 ええっ、本当ですか。9割以上ですか。すごい。全然敵いません。
 私は生来が悲観的で、ほとんどが現在と過去のことを考え、ネガティブな思考にまみれていますよ。
 ばくさんが99パーセントもポジティブなことを考えるというのは、だから社会的に成功したわけなのでしょう。「引き寄せの法則」といって、成功した人は皆、自分はうまくやっていくのだという強い自信と、人生を歩む際の確たる方向性と積極性があるようですから。

> ですが一つ致命的な弱点があります
 と言いながら、鳥類の3歩歩く話や明日のコンペの話までして、冗談話でまとめるのですから、まだまだ知力も体力も大丈夫。現役を降りても会社のことに何かというと口出ししたくて、普段は自分で自分の口に猿ぐつわを噛ませようと努力しているのじゃないですか。(笑) 

2017/04/22(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/22(土) || [edit]

バーソ様、こんにちは

先程、ウォーキングから帰って来ました
雑念がなくなり無になることは難しいと思います。
薫子の恩師が人はいつも思いの中で生きていると言いました。まさにと思いました
私の前の教会の牧師は薫子に瞑想しなさいと言ってましたが、薫子に瞑想等出きるわけありません。夏の扉さんのブログ楽しく読ませて頂きました。
薫子は、常に雑念が浮かんできます。でも、洗礼で生まれ変わったようで穏やかな気分になりましたが、介護のことを考えるとイライラして過食してしまいます
答えにならないコメントですみません😞✋💦
何せ、スマホからなのでと言い訳する薫子でした。
でも、洗礼でこんなに人間変わるものなのかとびっくりしています🎵

2017/04/22(土) |URL|薫子 [edit]

人間が他の生物を抜いてTOPに躍り出たのは、決して大脳(演算能力)が優れていたからではないと思います。
むしろ、搭載したメモリー(記憶能力)が優れていたからだと思います…CPUではなくH.D.Dの容量の大きさですね。
人間の巨大なH.D.Dは経験した事を記録して、必要に応じてデータを取り出し、それを生きる事に生かす事が出来ます。
ここが他の動物とは格段に違う点です…但し、この生体H.D.Dはパソコンと違って歳を取ると劣化する欠点があります><
パソコンならH.D.Dを交換すればいいんですが、人間の場合は同時に本体も型が古くなって動作が鈍くなるのでね~(笑)
私などは、何かをしてると風呂を沸かした事を忘れて、沸騰させてしまう事がしばしばあります(苦笑)

2017/04/22(土) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
1行目、面白かったですか。うれしいです。(^^♪ 

瞑想をして1~2時間も雑念が起きないのはすごいです。神業です。なかなかそういう人はいないと思います。よほど意識を制御することが上手なのでしょう。
 そんな即効的ないい方法があれば知りたいものです。(笑)

 私はといえば、瞑想の助けになるというCDを何枚も買いましたし、ヘミシンクという違う次元の意識を体験できるというのもトライしましたが、暮らしの環境がよくないせいか、阻害要因が多すぎて、ちょっと心を鎮めるのはなかなか難しいようです。とまあ、自分以外の原因のせいにしたらいけませんが。

 あとでそちらにおじゃましますね。

2017/04/22(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

薫子さん コメントありがとうございます^^)
 皇居のそばを通ると、走っている人を必ず見かけます。皇居のまわりは交通信号がたぶんないのでしょう、気持ちがわずらわされずに走れそうです。薫子さんは、ウォーキング中には、ランナーズハイのような精神状態にはちょっとなれませんか。まあ、ランニングじゃないと無理かもしれないですね。
 
 洗礼で生まれ変わったように穏やかな気分になりましたか。
 それは非常にいいことですね。「洗礼(バプテスマ)」で霊的に生まれ変わることを「再生」と言いますが、私も昔、そういう生まれ変わったような気分になり、真夏の熱い日でしたが、気温より熱い涙が大量に流れ出たことを思い出します。

 新しい自分を創造していこうとするのは非常にいいことです。人間はとかく自分を変えたがらないものですが、いい方向に変えていこうとする意識は素晴らしいものだと思います。
 過食は美貌維持のためにもなるべくほどほどにし(笑)、今のフレッシュな気持ちを忘れないで、これからもいつも穏やかな気分でいられるよう頑張ってくださいね~。(^^♪

2017/04/22(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
 いつもユニーク、かつ参考になるコメントで、有り難いことです。
 人間の卓越性は記憶力。CPUではなくH.D.Dの容量の大きさですか。こんな話は初めて聞いたような気がします。そうなら最近、コンピュータ将棋が人間のプロ棋士を負かしたように、本当にコンピュータが世界を支配する時代が来そうです。というのは、いま人間の脳は本来の能力の数パーセントしか使っていないそうですから。

 リチャード・M・レスタク博士の言葉を引用します。
「最も進んだ神経回路網型ニューラル・ネットワークコンピューターといえども、その働きはイエバエが持つ知的性能の1万分の1ほどでしかない」。
 ところが人間の脳はイエバエの脳よりもはるかに優れているのは言うまでもありません。人間は考えることができるので、宇宙より卓越している、とパスカルも言ってると思ってましたが。
 
 宇宙にはアカシックレコードといって、すべての情報が収められているH.D.Dのような記憶層があり、人間の本質である魂というCPUが霊的にコンタクトできるとか、それは潜在意識の中にあると言われていますが、それとは違う話なんでしょう。

> 人間の巨大なH.D.Dは経験した事を記録して、必要に応じてデータを取り出し、それを生きる事に生かす事が出来ます。
ここが他の動物とは格段に違う点です

 そうですか。そうなら、動物は地球を破壊しないが、人間は地球を破壊しているのは、H.D.Dから取り出したデータの生かし方が良くない、つまりはCPUの使い方が良くないとなりますかね。
 使い方がよくないということは、そもそも人間の意識もしくは心が良くないのだと結論できそうです。意識とはCPUとH.D.Dと違うものですから、地球をよくするには、やはり人間の「心」の変革が大事だと言えそうですね。

2017/04/22(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは。

電子レンジのチーンのコーヒーのみならず、温めた夕飯の一品も忘れることが多いです。

何も考えるなと言われると頭のなかが、「何も考えてはならない」ためにはどうすれば良いのかという考えで一杯になりそうです。

また、「何も考えてないように見えるには、どうしたら良いのか」と考えてしまいそうです。(●^o^●)

私・・・やはり、体を動かしている時が一番です。
それは、同じ繰り返しの草抜きがおすすめです(*^_^*)

ひたすら、同じ繰り返しの行動は、効果的みたいです。
草取りタイムには、神が舞い降りる。

ひらめき、悟り、ボジティブシンキングへ向かいます。

猿ぐつわさせたい相手は、常に職場にいます(@^^)/~~~

2017/04/22(土) |URL|Miyu [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/22(土) || [edit]

沈黙の春

 いや、人を黙らせるのなんて簡単ですよ。わたくしめが一発ギャグをかませば辺り一面凍り付く。冬の帝王とでも呼んでくれたまえ。え゛、それはぎゃぐに凄いって?
 ・・・失礼いたしました。本当に吹雪が吹き荒れてしまいました様で、次第に温かくなるべき春先になんて事をしてしまったものかと深く深く反省する次第であります。
 ・・・うは、卵投げないでぇぇぇ。何も狙った訳じゃないんですから。たまたまですよ、たまたま。
 ・・・ぎゃぁぁぁぁ、態々腐らせてから投げなくても良いじゃないですか。そもそも卵は投げるものじゃありません。孵すものなんですよ。え゛、だからふらんさせてるだろうって?
 ・・・ああ゛、今度は腐った玉葱が・・・。

 ところで、何の脈絡も無いのですが、ちょっとそこで見つけた小話をば。

 ある熱心なユダヤ教徒が神に祈った。
「神様、うちの息子がキリスト教に改宗してしまいました。どうしたらいいでしょう?」
 神様、答えていわく。
「うちの息子もじゃ」

 いやぁ、ジョークってほんっっっっと良いものですね。それでは、さよなら、さよなら、さよならっ・・・ノシ

2017/04/22(土) |URL|miss.key [edit]

Re: 沈黙の春

Miyuさん コメントありがとうございます^^)
> 電子レンジのチーンのコーヒーのみならず、温めた夕飯の一品も忘れることが多いです。
 ああー、そうですか。この実例で、日常の多忙ぶりが感じられます。いつも同じことを言いますが、よくやってます。走り通しですからね。でも精神的にはランナーズハイ状態が持続中ではないですか。(笑)
 
> 何も考えるなと言われると頭のなかが、「何も考えてはならない」ためにはどうすれば良いのかという考えで一杯になりそうです。
 おお、そうですか。私より思考形態が一歩進んでいます。私なら単純に考えないようにしようと思うだけですが、どうすれば良いか、その対策を考える。さすが、そういう思考が、人をまとめる立場に現在あるゆえんなのでしょう。職場で上司になる人は、人より一歩上のことを考えるのですね。

 同じ繰り返しの草抜きが息抜きになりますか。
 瞑想とは単に座禅を組んでいるときだけではなく、何か無心にしているときにもできるそうですから。日頃、そうして無意識に瞑想をしているのでしょう。私の場合は、迷走は得意なんですが、と、こういう発想ばかりで、すみません。(^^;)

 猿ぐつわさせたい相手は常に職場にいますか。そうそう、いますね。でもMiyuさんには敵わないとか言われませんか。(笑)

2017/04/22(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)

 返信は、今度ついでのときにまとめて書きますね。うれしいコメントをありがとうございました。
 これで二週間は幸せでいられます。いや、三週間、いや、四週間かな・・・いや、それ以上、もっとずっと持続しそうです。(^^♪

2017/04/22(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 沈黙の春

miss.keyさん コメントありがとうございます^^)
> わたくしめが一発ギャグをかませば辺り一面凍り付く。
 あはは、今日はなんだか春なのに寒いなあと思って、セーターを一枚上に着込みましたが、そのせいでしたか。

 今回はギャグの機関銃作戦。上手な鉄砲、数撃ちゃ必ず当たる、北朝鮮のミサイルより当たるのだ、とか自信をもって確信してませんか。
 確かに冗句の羅列ならばmiss.keyさんに敵う人は日本にはそうはいないでしょしょ、証城寺の庭は、ツ、ツ、月夜だ、みな出て来れません。あ、この童謡は、野口雨情と中山晋平の大正時代の作ですが、知ってますよね。
 と古い歌を思い出したら、いま突然、アメリカに昔、ジェームズ・キャグニーという俳優がいたことも思い出しましたが、ギャグと言えばその人の名ぐらいしか思いつきません。でも、この名前を知っている人は世間にはそんなにはいないでしょう。映画好きのエリアンダーさんぐらいでしょうかね。あの方は戦前の無声映画でも詳しいですから。(笑) 

 このユダヤ教徒の小話。
 ユダヤ教の「一神論」とキリスト教の「三位一体論」の違いを知らないと面白くないのですが、miss.keyさんは、宗教の教義のことも、よくまあご存じで。節操のないギャグばかりでないのだ、と言いたいお気持ちのほど、拙僧には痛いほどよく分かりましたよ。(笑)

2017/04/22(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

雄弁の秋(目は口ほどにものもらい・・?あはは)

お早うございます
最寄り駅まで4キロ弱
時として歩きます
・時間を実感するために
・空間(距離)を認識するために
(車、タクシー・バスは有難い)
不思議と雑念が次々と沸いてきます
それに一つずつ答えるのです
しくじり、おかね、そしてかのじょ
時間がかかります
ですが
運動(歩行)が伴った思考(雑念)は
皺に刻みこまれ『ここぞ』のときに顔を出しますから

おいらはなんでもとても美味しそうに食べるそうです
それをみている梅婆ちゃんの『瞳・め』は
とても雄弁です
おいらが食べれば
彼女が嬉しい?、とでも言いましょうか・・・

梅婆ちゃんとのデートではおいらは意外と無口です
枝が折れた猿、溺れた河童にならずにすみますか


雨のデートは意外と好きです

傘が一つで済みマスカラ



バーソさん評は皆さんのコメントどおりだと想います
あるがたやありがたや・・・


あはは。


2017/04/23(日) |URL|はしびろこう・ウナ [edit]

Re: 雄弁の秋(目は口ほどにものもらい・・?あはは)

はしびろこう・ウナさん コメントありがとうございます^^)
> 不思議と雑念が次々と沸いてきます
それに一つずつ答えるのです・・・
運動(歩行)が伴った思考(雑念)は
皺に刻みこまれ『ここぞ』のときに顔を出しますから

 なるほど。雑念とは悪者ではない。人は目的をなすための途中経過の時間があるが、その時間を考えるために有効に用いることができる。頭脳があれこれ考えることを雑念と言い、思索とも言う。その違いは何を考えるかによって違ってきそうです。

 ウナさんはいつも天下国家のことを考えていますか。ブログを見るとそのようです。しかし駅まで歩くときは、「しくじり、おかね、そしてかのじょ」ですか。それらはみんな過去のことじゃないのですか。あ、それは私のことでした。(笑)

 よく梅子さんの話が出てきますが、今でも相合傘とは、本当ですか。私にはちょっと考えられません。そんな面倒で、手が疲れること。(笑)

 私も普段は無口のほうですね。うちの奥さんは一日中、耳にイヤホンを付けっぱなしというせいもありますが、私は生来あまりおしゃべりではないほうなので。ウナさんは案外饒舌なほうじゃないですか。特にアルコールが入ったときは。(^_-)

2017/04/23(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/24(月) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメsさん コメントありがとうございます^^)
 「~んです」は「~のです」の会話体というか、くだけた言い回しのようなものでしょうか。
 と書いたら、あらら「~ます」ではなかった、と今ごろ気付いたので、修正しました。うーん、遅かりし由良の助です。古いっ。(笑)
 こういう言い方、したことがないですか。正しい標準語をふだん使っているのですね。私はしょっちゅう使ってると思います。

 昨日を考えるとは過去を引きずっているということ。過去は、いい思い出だけを考えたらいいのでしょう。でもここに人間の個性が出て、悪い思い出ばかり考えるひとがいるのですよね。私もどちらかといえば、そのタイプですが、でも最近は意識して、明るい方向を見ることができるようになりました。やはり人間は《意識》ですね。意識が人生の方向を定めていくのでしょう。
 イラスト、よかったですか。一番最初のがほぼぴたりと合っていたので、このN.Y.誌の表紙をまた使わせてもらいました。こういうアメリカのイラストは私、好きなんですね。

2017/04/24(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/27(木) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
  価値観とは面白いものですね。自分の価値観を大事にしなければ人生が味気なくなり、大事にしすぎると人間関係がうまくいなかくなることがある。
 価値とは認めるからこそ価値と言う。なので、互いに認め合えれば一番よさそうです。自分に多少の損失があるとしても、相手の価値観を認めることが出来ればいいですね。でもそれが難しいのですが。(^_-)

2017/04/27(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/317-3311709d

back to TOP