「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 幸せは遠くにありそで、近くになさそで。 

「しあわせはどこにあるのか」でGoogle検索したら、
0.27秒で約122万件と出ました。人間の一番の関心事なんでしょう。

幸せは一体どこにあるのか。最近の流行りの答えは《今、ここ》です。
すなわち足るを知れ、現在の幸せに気づけ、と言われます。

しかしながら昔の詩人は、山のアナを探して、
いや、そうじゃない。山や海や空のあなたに、幸福の地を求めたようです。

ayar1.jpg
画像はシャンソン「ラ・メール」のYou-Tubeから →シャルル・トレネ

四つの詩から考えますが、最初の二つは上田敏による原詩を超える名訳です。


幸せは、山のあなたにあるものか。

 山のあなた  カール・ブッセ 
  山のあなたの空遠く
  「幸」住むと人のいふ。
  噫、われ ひとゝ 尋めゆきて、
  涙さしぐみ かへりきぬ。
  山のあなたに なほ遠く
  「幸」住むと人のいふ。


 ※「かへりきぬ」=帰ってきた。「きぬ」は唱歌『夏は来ぬ』と同じ完了形。
 
この詩には起承転結があります。
 起)山の彼方の空遠くに幸いがある、と人が言うので、(ワクワク)
 承)他のひとと一緒に尋ねて行ってみたら、(ルンルン)
 転)だが、失望で涙ぐんで帰ってきた。(シクシク)
 結)山の彼方のさらに遠くに幸いはあるのだよ、と人は言う。(ガックリ)

「山の彼方」に分け入っても分け入っても青い山、山、山・・・。
幸せは「山の彼方」のさらに「空遠く」にあるので、見つかりません。
そら見たことか、というコトバはここから始まったのです。信じますか。

ayaruu2.jpg
'La Mer' by Dalida


幸せは、海のあなたにあるものか。


 海のあなたの  テオドル・オオバネル 
  海のあなたの遥けき国へ
  いつも夢路の波枕、
  波の枕の なくなくぞ、
  こがれ 憧れ わたるかな、
  海のあなたの遥けき国へ。

 
 ※「波枕」=船中で旅寝をすること。「なくなく」=泣く泣く。

詩人は、遥けき幸いの国には、せめて夢の旅路で訪れよう、と憧れています。
ぱらだいすへ行きたしと思へどもぱらだいすはあまりに遠し、と嘆いています。

「海の彼方」に海は含まれません。幸せは海の彼方の遥けき国にあるのです。
この「波枕」、ザブンザブンと耳元で泣いて、夜、うるさくないのでしょうか。

ayaruu4.jpg
Mireille Mathieu La Mer


幸せは、あなたのつらさの中にもあるものか。

 漢字喜憂曲  吉野  弘 
  幸いの中の 人知れぬ辛さ
  そして時に
  辛さを忘れてもいる幸い。
  何が満たされて幸いになり
  何が足らなくて辛いのか。


この詩について作者はこんなことを述べています。
幸6●漢字の「幸」の中には「辛」の字がある。「辛」は「からい」と
読むが、ここでは「つらい」と読む。
●そう読めば、幸福に見える人にも時にはつらさがあり、つらさを
持っている人にも時にはつらさを忘れていられる幸せがある。
●「幸」と「辛」の違いは「一」という文字一つが多いか少ないか
だが、その一つが何であるかは人によって違っているのだろう。
 
では、つらいだけの人生に見えても、とにかく今この瞬間は幸せなんだと
感じていられればいい、幸せはほんの些細なことでいい、と思えてくるでしょう。

しかし心の中では別の声が、できれば些細じゃないほうがいいなあ、
なんてブツブツ言ってませんか。でも一枚の黄色いハンカチでも幸せな気持ちに
なれる話がありますね。モンローは満36歳没。早く死にすぎ。2番目の夫ジョー・
ディマジオの最期の言葉は「死んだら、マリリンのところへ行ける」だったそうです。

ayaruu5.jpg
Marilyn Monroe / La Mer


幸せは、自然の情愛の中にあるようだ。
  
 
郷愁  三好 達治 
  海よ、僕らの使ふ文字では、お前の中に母がゐる。
  そして母よ、仏蘭西人の言葉では、
  あなたの中に海がある。


漢字の「海」の中には「母」があります。フランス語では「母(mere)」
の中に「海(mer)」があります。発音は同じ「メール」です。
シャンソンの名曲「ラ・メール」は、アメリカでは「Beyond The Sea」の歌詞を
付けられて歌われました。でも「La mer~ ♪」とフランス語で歌われるほうが
ずっと詩情を感じます。仏語は有り難い仏サマのことばのせいでしょう。

地球は海の惑星。海は生命発生の母かもしれません。母とは地球であり、
人の親のこと。母が子を想い、子が母を想うなら、幸せは自然の情愛とともに
実現するのでしょう。ここの論理は、ちと無理がありますが、流れでお願いします。

ayaruu6.jpg
Bobby Darin - Beyond the sea


幸せは、あなたにも偶然に必然にやってくる。

幸福(ハッピーhappy)の語源は、ハップンhappen(起こる・生じる)です。
ハプニングとは偶然に起きること。たとえば金鉱を掘り当てたとか、運よく
イイ男に出遭えたとか、偶然に起きた幸運な出来事を「happy」と昔の西洋人は
思ったのでしょう。封建時代の平民には自己成功物語は難しいですからね。

私の異見では、ハップンは漢字の発奮から来ていると愚考します。愚考ですよ。
発奮とは精神を自ら奮い起こすこと、意欲を表すことです。ほら、意欲があれば
何でもできる、と言われてますね。ま、言ったのは、この私なんですが。

ayaruu7.jpg
Edith Piaf - La mer

この社会には、とんでもハップン、歩けば棒に当たることがよく起きるもの。
あれこれ発奮して《熱中》《夢中》という高揚状態を味わうのはどうでしょう。
運がよくなくても《充実感》や《達成感》という幸せも味わえますよ。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

しあわせ

幸せは山の向こうにあるのかな
それとも隣の家にあるのかな
いえ
そうじゃなくて
意外に身近に自分の中にあるように思えてきました。
訪問介護の仕事をして独居老人の暮らしをみると
もうしみじみ、深々と今の自分のハッピーを感じるのです。

うまくいえませんが、
ああ、今の暮らし、有難いなあと思うのです。
だって普通に暮らせてますもん。

この仕事をする中で、やっぱり私、運が悪いなと
感じたこともあるのですが
達成感は何度か味わえました。
この仕事をしてなかったら「自分の暮らしの有難さ」には
気が付かなかったです。

有難いなあとか、達成感のすがすがしさとか
誰かに喜んでもらいたいとか・・・そんな気持ちが
ポツリポツリと降ってきます。
モノにならなかったけど何年も習ったフランス語の
無駄さが自分のココロでカラフルに咲いています。
「熱中」「夢中」の高揚です。
思い出させていただいてバーソさんに、感謝。

2015/07/11(土) |URL|森須もりん [edit]

邪魔しちゃいます。

「普通に暮らせてますもん」と言うもりんさん
素敵です。素敵な方です。

あ、バーソさんごめんなさい。コメのコメ

いつものように真面目?にまたコメントいたします~

2015/07/11(土) |URL|Miyu [edit]

おはよう

幸せについて虚実入り乱れたバーソ節全開の記事です。
海に母がある・・・、が特におもしろかった。
「ラ・メール」を検索したら幸せそのものの歌詞ですね。
やはりモンローのが一番よかった。
もっとも不幸だった女優が歌うのがいいんです。
私がもっとも幸せに感ずるときは深遠な疑問について
google検索をしている時かな。モーニング娘。になぜ「。」が
つくのかとか。
ソ連時代のロシア人の幸福、
「真の幸せというのはね、午前4時自分の家でぐっすり
寝ているときにおこるものなんだよ。だれかがドンドンと
ドアを叩き、ドアを開けるとKGBが立っていて、こう言うんだ。
『イワン・イワノビッチ、お前を逮捕する』
すると、ボクが答えるんだ。
『ご苦労さんです。でもイワンの家は隣なんです』
そんなときに、真の幸せを感ずるんだ」

2015/07/11(土) |URL|エリアンダー [edit]

幸せ

バーソ様
おはよう御座います。

動画は全部観てしまいました。それぞれ歌手の持ち味が出ていていいですね。
幸せって何なのでしょうね。
飢えで苦しんでいる人に食糧が届く。
異性にもてない人がもてるようになる。
病気だったのが治る。
これらは皆幸せなのかというとそうでもないですね。
今度は次の欲求が出てきます。
きりがありません。
神様だってきりがなく願い事を言われたら困ってしまいます。
欲がないことが幸せなのかも知れませんね。

それにしても
「仏語は有り難い仏サマのことばのせいでしょう。」
は良く考え付きましたね。
ハッピーが発奮からというのも。

愛新覚羅


2015/07/11(土) |URL|aishinkakura [edit]

動画リンクをつけたら「受付制限を受けています」の
メッセージとともにはねられてしまいました。ときどき
こんなことがありますね。
不幸せに感じたらこの動画を見てください。
幸せって案外簡単なところにあるんです。
リンクがダメなので「happiness it's simple」でググって
ください。

2015/07/11(土) |URL|エリアンダー [edit]

再び、Miyuさんへ

バーソさんのところで、再び書かせていただきます。
すいません。

Miyuさん、そうなんです、そうなんです。
訪問ヘルパーとして調理にはいった高齢者宅では
「ごぼうが硬くて死にそう」ときんぴらごぼう、
ちくわを丸く切ったら「下品で食べられない」とクレームの
機関銃 笑
自分でテキトーに自分の意思で食べられるってシアワセです。
ペットボトルのふたが開けられる
トレイに自分で行ける
歩ける
ああ、なんでもかんでも有難いと
大声で言いたくなるんです。
自分のデブ・ブス・シワがみんなアクセサリーに
思えるときがあるんです。
これはこのヘルパーの仕事のおかげです。
普通に暮らせて、バーソさんのおかげで、
ブログで繋がる
ああ、シアワセ💛



2015/07/11(土) |URL|森須もりん [edit]

Re: しあわせ

森須もりんさん ありがとうございます^^)
意外に身近に自分の中にあるように思えてきました
・・・深々と今の自分のハッピーを感じるのです。
 そうですか。そう思えるようになったというのは、いまの仕事にもひとつ良いことがあったと分かったわけですね。
 よく、病気を経験しないと健康の有り難味がわからないと言われますが、人間はふだん普通に暮らせている祝福を案外認識できてないのでしょう。普段の幸せを理解できると、自分は運が悪いなあなどと嘆く、悲観的な思考がなくなっていくのでしょうかね。

有難いなあとか、達成感のすがすがしさとか、誰かに喜んでもらいたいとか
・・・そんな気持ちがポツリポツリと降ってきます
 ああ、いい言葉ですね。すごくいいじゃないですか。特に「誰かに喜んでもらいたい」というのはいいですね。
 苦しいときはとかく自己中心的になりがちです。でも思いの方向を他の人の幸福や福祉に向けると、自分の心は自動的に幸福感を感じるようになるのですね。

「熱中」「夢中」の高揚です
 別に趣味や仕事でなくても、食器洗いでも部屋の掃除でも何でもいい。いま自分のしている行為そのものに集中すれば、いま生きている幸福を感じるようになれるみたいですよ。こういう日常の行為に集中することをヴィパッサナー瞑想と言って、2500年以上前にブッダが再発見したのだそうですよ。

2015/07/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 邪魔しちゃいます。

Miyuさん ありがとうございます^^)
「普通に暮らせてますもん」と言うもりんさん
素敵です。素敵な方です
もりんさんは、Miyuさんと同じく文才も優れていて、なかなかの人ですよ。
一人で毎日、難しい介護の仕事にがんばっています。
ぜひブログを訪問してみてください。

2015/07/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: おはよう

エリアンダーさん ありがとうございます^^)
海に母がある・・・、が特におもしろかった
そうですか。三好達治の詩は「ラ・メール」で調べていたら見つかりました。そうしたら吉野弘の幸いと辛さの詩も見つかって、では幸いに関する記事をひとつまとめようという気になりました。ネットは情報がいろいろ手に入って、ありがたいものです。私はネットがあるおかげで、ひとつ幸せになれています。

やはりモンローのが一番よかった
 やはりそうですか。確かに不幸な美人が歌うと幸福な歌もより味わいが出てきますね。このYou-Tubeの伴奏はまるで味わいがなく、もっとしんみりした調子のほうがいいように思うのですが、このモンローの声は若い頃の声なんでしょうか。歌はもっとうまいひとだと思っていたのですが、こんな声でしたかね。

 白い水着姿はモンローの魅力がよく出ています。若い頃のモンローは絶品のべっぴんさん。これほどの女優はもう二度と現れないのでしょうね。
 私は最後のピアフが好きです。SPレコードで聴いたせいか、戦前の華やかで退廃的な叙情感を感じます。あ、私は戦前生まれじゃないですからね。

ロシア人の幸福のジョーク。
 いまの日本人は、なんやかんや言っても平和の幸福にどっぷり浸かっているのですね。共産圏、イスラム圏、アフリカの人々は酷すぎます。かわいそう。

 洗濯ばさみの鼻つまみ。アーリア人種は、いい表情をしますね。
 さっそく真似してやってみました。が、ただただ痛いだけで、涙も出ず、幸せ感も感じず。どうも感覚がにぶいようです。洗濯ばさみで幸せになれる人は単純で、いや、シンプルに幸せになれて、いいですね。

2015/07/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 幸せ

aishinkakuraさま ありがとうございます^^)
動画は全部観てしまいました
ありがとうございます。うれしいですね。出した甲斐がありました。
いかにも軽やかなアメリカ調のボビー・ダーリンがよくなかったですか。

今度は次の欲求が出てきます。きりがありません
おー、そうです。そうです。物理的な幸せはキリがありません。人間の心は、欲求ばかり。足りるということを知りません。お金が欲しいという欲がある人は、本当はお金が欲しいのじゃないのです。
お金で買えること、お金でできることをいろいろして幸福感を味わいたいのです。最終目標は幸せになることなのです。

それで、要は自分が幸せな気持ちになればいいだけのことなんですから、お金とかヨットとかフェラーリなどの何か特別なものを持たなくても、いま幸せな気持ちになってしまえばいいのだという考え方もあります。ブータンの人たちがそうなんでしょうか。日本人がカネカネカネと経済ばかりを気にしないようになれば、日本人は世界でいちばん幸せに近い人種になれるような気がするのですが。

仏語と発憤の駄洒落。よくぞ指摘してくださいました。3、4日は幸せな気持ちになれそうです。(^・^)

2015/07/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

幸せとは

いつものこと、いつものように、いつも通りに
いつもって・・・なじみのこと。日常のこと。
暮らしを支えているのは、人間だけではなく、そこにある見慣れた風景や場所かもしれません。
日常は、退屈で、非日常を楽しみたいと私たちは、思う。
でも、その退屈な日常が生活の根源であり、気づかない幸せであると思います。
その当たり前の日常に感謝して生きられたら幸せですね。
特別の幸せ(ハプニング)は、人生でそう何回もあるわけではないでしょうね。
自身の中で、常に小さな幸せを感じることができたらと思います。
ああ、真面目だわ~

2015/07/11(土) |URL|Miyu [edit]

Re: 幸せとは

Miyuさん ありがとうございます^^)
ちあきなおみの歌にこんな歌詞があります。

いつものように幕が開き
恋の歌うたう私に
届いた報せは黒いふちどりがありました~♪

人生にはハプニングが付き物です。
誰かの不幸の報せもあるでしょうし、
自分の不幸の経験もあるでしょう。
なぜこういうことが起きるのかと思えるほどいろんなことがありますが、


それでもわたしは
今日も恋の歌うたってる~♪

と歌の詞にもあるように、
この今の時が過ぎ去れば、また新しい朝がやってきて、
またいつものように幕が開くのでしょう。

日常の退屈は、視点を変えれば平安であり安寧なんでしょうね。
とかく非日常のとびきりの幸福を人は願いがちですが、
それではいつまでたっても幸福は手に入れられません。
次から次へと新しい刺激を求めるからです。

でも、その退屈な日常が生活の根源であり、気づかない幸せであると思います
そうです。そう思うようにしたほうがきっといいのでしょう。

あ~、真面目な返信を書いてしまった。
私は、真面目な人には真面目に、そうでない人にはその人に合わせてに、
いやいや、いつも大体はおおむね真面目に答えるのです。(笑)

2015/07/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

幸と辛、一つを足せば幸せになれる。
奥が深いですね。
辛さに負けず、頑張れば、プラス一が加わり、幸せになれるのかもしれませんね。

2015/07/12(日) |URL|マウントエレファント [edit]

Re: タイトルなし

マウントエレファントさん ありがとうございます^^)
辛さに負けず、頑張れば、プラス一が加わり
幸せになれるのかもしれませんね
確かにそうですね。つらさはマイナス一。でも頑張ればプラス一。
では頑張ろうという気になれるので、辛さも祝福になるのでしょうすね。

よく漢字の形から教訓的な話が語られます。
こんなのがあります。たとえば「涙」と「泣」。
「涙」=「水」+「戻」・・・つらいとき涙を流すことで、元の自分に戻れる。
「泣」=「水」+「立」・・・思いっきり泣くことで、しっかり立ち上がれる。

2015/07/12(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

山の向こうに行ってみたら

 山の向こうの人々もまた、幸せは山の向こうに有ると言っていた・・・と考えても面白い。つまり互いに相手の方が幸せに見える。隣の青い芝ですな。
 幸せは探すもんじゃない、作りあげるものだ。と言ったのは誰でしょうか。(いあ、今さっき思いついた言葉なのですが、今更ありきたりすぎるので誰か先人が言ってるだろうと思われます。)その辺に落ちている訳じゃないんだから探したって駄目なのさっ。労を惜しまず自分で作れ。それが嫌ならあとは突然降って涌くのを期待するしかない。しかしそれだとあまりに確率低そう。待ちぼうけ待ちぼうけ、寒い北風木の根っこ。
 犬も歩けば棒に当たる。探した方がまだマシかもね。
 ところで、幸と辛と似たような関係の字に捨と拾がありますな。捨は字画が二つほど多い。つまり余ってるから捨てるのでありましょう。逆に拾は字画が二つほど少ない。不足しているから欲しいのかもしれません。
 なんかとりとめのない話でございましたマル

2015/07/14(火) |URL|miss.key [edit]

La mer…
やはりエディットピアフかな。初めのシャルル・トレネも懐かしいような記憶… 
高校生の時に三好達治の「草の上」が好きな詩の一つでした。約束してる訳でもない「あなた」を草の上で座って待っている…という内容 
ただ待っていると言うことが幸せそうに思えた。しかも草の上でと言う最高の場所なんです。
幸せとはそれぞれの状況で沸点が違って来る。案外満たされてる人にとって幸せの沸点は高く、そうでない日常を生きてる人は、他者から見たら取るに足らない何気ない出来事に幸せを感じるものかも。大きな幸せは来ないからね。但し、辛い日々ではある。幸せは他者との比較では得れないもの。あの人よりまだマシと言うのは幸せとは別物で優越感という驕りの感情の上に浮かぶ陽炎のようなものかもしれない。

2015/07/15(水) |URL|carmenc [edit]

Re: 山の向こうに行ってみたら

miss.keyさん 忙しいのに、ありがとうございます^^)
山の向こうの人々もまた幸せは山の向こうに有ると言っていた・・と考え
ても面白いですね。つまり互いに相手の方が幸せに見える。隣の青い芝ですな
なるほど。隣の山は青く見える。山頭火が「分け入っても分け入っても青い山」と詠んだ意図がよく分かりました。

幸せは探すもんじゃない、作りあげるものだ
棚からぼた餅を期待してはいけないということ。こういう見方を持っている人は人生を真剣に必死に生きているのでしょう。でも幸せはもう持っていると思っている人は、あせることもなく、のんびりとしているのでしょう。

 南洋の島にバカンスに来た大金持ちが島の若者に聞きました。「キミはなぜそんなにだらーっとしてるのか。もっと懸命に働いたらどうかね」。すると若者が答えます。「懸命に働いてどうするんですか」。「ワシのように大金持ちになるのだよ」。「大金持ちになってどうするんですか」。「ワシのように南洋の島で気を抜いてのんびりするのだよ」。「それなら今、私がしてることですね」。

捨と拾。(画数が)多いから捨てる、少ないから拾う。心理としても記憶法としてもなかなか面白い。不要なモノは捨てようと思っても、執着心が邪魔をする。「もったいない」とはモノがなかった昔の考え方。今は捨てたほうがいいのでしょう。我が家の場合は大体モノが少ないのですが、どうしたらいいのでしょうか。えっ、安物は捨てなさい。はい。全くその通り。

2015/07/15(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: タイトルなし

carmencさん ありがとうございます^^)
三好達治の「草の上」は知らなかったので、調べました。

 野原に出て座っていると、
 私はあなたを待っている。
 それはさうではないのだが、

 たしかな約束でもしたやうに、
 私はあなたを待つている。
 それはさうではないのだが、

 野原に出て座っていると、
 私はあなたを待っている。
 さうして日陰は移るのだが――

草の上に座っていると、約束はしてないのだが、あなたを待っているような気持ちになる。「日陰は移る」とあるので、相当長く待っているのでしょう。そのときの気持ちが幸せなのでしょう。いいですね。若者らしい、純情で、清らかな感じがします。私もそんな想いなら少し経験があります。

案外満たされてる人にとって幸せの沸点は高く、そうでない日常を生きてる人
は、他者から見たら取るに足らない何気ない出来事に幸せを感じるものかも
なるほど。何気ない出来事にも幸せを感じられる感覚というのは貴重で、感謝すべきものなんですね。昔は誰でもそういう感覚があったように思います。時代が裕福になると、だんだんそういう純粋さが薄れてくるのでしょうか。

あの人よりまだマシと言うのは幸せとは別物で、優越感という驕りの感情の
上に浮かぶ陽炎のようなものかもしれない
まったくそうですね。優越感で幸せを感じるというのはまさにゲスっぽい感情。情けない考え方です。弱肉強食の動物的な人生観ですね。

私も、ピアフがいいです。ノスタルジックで、昔の古き佳き時代(は知らないのですが)を思い出させてくれるような気がします。

2015/07/15(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

幸せと辛さは紙一重と言うかも・・。

幸と辛は字体がよく似てますね。
幸せの反対は不幸、辛さですからね。だから字体が似ているのでしょうね。
幸せは人それぞれ違うと思います。そして辛さも人それぞれ違うと思います。

幸せは何処にあるのかはわかりませんね。辛さと同様に突然やってくるもんですからね。

今の日本代表は男女供に辛さを感じます。でも今はその時だと思います。それを乗り越えた時、幸せが来ると思ってます。

2015/08/05(水) |URL|想馬涼生 [edit]

Re: 幸せと辛さは紙一重と言うかも・・。

想馬涼生さん ありがとうございます^^)
幸せは何処にあるのかはわかりませんね
辛さと同様に突然やってくるもんですからね
 世の中のことはすべて偶然であるなら、確率的に幸せも辛さも公平にやってくるはずですが、幸せはつかむのが難しい、辛さはつかむのが容易、といった感じがないですか。人は辛さのほうを感じやすいのかもしれないですね。

 でも世の中のことはすべて必然であるなら、どんなことでも受け入れて、その中で最善を尽くしていけばいいということになります。最善を尽くせば、うまくいかなくても充実感という幸せは味わえます。
 いずれにせよ、どんな困難な状況でもそれを自分の学びにしよう、自分の益にしてやろうと思えば、幸せな気持ちは身近になるのでしょうかね。

 今晩の男子日韓戦、観ました。圧倒的にボールをキープされていましたが、結果は負けないで、引き分け。これもまた不幸中の幸福というべきなんでしょうか。ただこれを反省のバネにしていけば、幸せにつながっていくのでしょうね。

2015/08/05(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/221-39a7148c

back to TOP