「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 人生は地獄よりも地獄的か。芥川龍之介の人生論。 

A「なあ、ワシら、ほんまに極楽行けんねやろかいなぁ?」
B「行けえでかい。毎日こうやって仕事してやな、悪いことした覚えもないし、
  そんなもん、行けいでかい」
A「そらまあなあ、仕事やさかい、悪いことやないやろけど。
  そいでも、嫌がる人間をやでぇ、血の池に、べーっと放り込んだり、
  針の山へ追い上げたり、あんまり後味のエエ仕事やないで。
  ワシら、ほんまに死んだら極楽行けんねやろか?」

                    桂 枝雀のSR(ショート落語)
じつは悪人どもに罰を与える真面目な鬼たちの公務中の会話でした。

bb最の審判3
                『妖怪画集』 石原豪人

しかし、この世は「地獄よりも地獄的である」と言った人がいます。
芥川龍之介です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
地獄  芥川龍之介「侏儒の言葉」より
冒頭では「人生は地獄より地獄的である」と書かれていますが、作者は、この世で
生きる痛みや苦しみは地獄よりひどい、と言っているのではないようです。

人生は地獄よりも地獄的である。
地獄の与える苦しみは 一定の法則を破ったことはない。
たとえば餓鬼道の苦しみは 目前の飯を食おうとすれば 飯の上に火の燃える
たぐいである。

しかし人生の与える苦しみは不幸にもそれほど単純ではない。
目前の飯を食おうとすれば、火の燃えることもあると同時に、
又 存外 楽楽と食い得ることもあるのである。
のみならず楽楽と食い得た後さえ、腸加太児
(ちょうカタル)の起ることもある
と同時に、又 存外 楽楽と消化し得ることもあるのである。

こう云う無法則の世界に順応するのは 何びとにも容易に出来るものではない。

もし地獄に堕(お)ちたとすれば、わたしは必ず咄嗟
(とっさ)の間 に 餓鬼道の
飯も掠
(か)すめ得るであろう。
(いわん)や 針の山や血の池などは 二三年其処に住み慣れさえすれば 格別
跋渉
(ばっしょう)の苦しみを感じないようになってしまう筈(はず)である。

ポッティ18
                   「神曲」サンドロ・ボッティチェッリ

人生は先が読めないのが怖ろしい。
地獄では起きることが定まっている。針山地獄の針だって単調な痛みだろうから、
やがて慣れるだろう。だが人生は「無法則」なので何が起きるかが判らない。
人生では、人は自分の立ち位置も行く先もカオス状態。だから「地獄的」だ
と言ってるのでしょう。

自分が理解できないことが怖ろしい。
「地獄的」だと思う感情の裏には、人生の仕組みは解かるはずだという前提が
ないでしょうか。解かるはずなのに解からないのは、理解力に問題がある。
自分の頭はそう悪いほうではない。なのに解からないのであれば、これ以上
生きる意味はない。
昔、華厳の滝に飛び込んだ青年は「萬有の眞相は・・・不可解」と書き残しました。

人生はすべて理解できないといけないものか。
サッカーは定められた制約の中で戦うスポーツ競技です。もし、手を使ってもいい、
出場選手は11人以上でもいい、噛み付いてもいい、レッドカード無し、試合時間は
無制限、強い相手は裏金で買収してもいい・・・となれば面白くも何とも無くなるでしょう。

人生にも、いろいろ制限や障害がある。でも、そうした問題だらけの中で精一杯、
毎日を必死に生きていく。そのことに人生の意義(面白み)があるとは言えないでしょうか。
 ※これは基本概論であり、ある状況下では同意できない場合もあるでしょう。

ポッィ18
「天国でエリザベスティラーを迎えるマイケルとリチャードバートン」2011VanityFair-Unknown Art

世の中には解からないでもいいことがある。
私は長年、人生の「真理」を知ることを願い、宗教、精神世界などを探ってきました。
ですが現在は、別に解からなくてもいい、そもそも解からないようになっている、
むしろ解からないほうがいいかもしれない、と思うようになってきました。
これは「死後のいのち」を理解できたと思ってるせいもあります。

天才的な小説家は、人生は「地獄より地獄的」だと言いました。その言い方を
真似るなら、人生は「極楽・地獄的」であり、それが「地球的」なのだろうと思います。


~~~~~~~~~~~~~~春の特別付録~~~~~~~~~~~~~~~
地獄に堕ちないですむための好い方法がある?
痛み苦しみはイヤだとご心配の方に、地獄に堕ちないための秘訣はコレですよ。
方法は微妙に違っていても、基本はみな同じ。おおむね次のような流れです。

生きてるときに、できるだけ善い行ないをしーや。それが一番エエことや。
そやけどダンさん、できなくても心配せんでエエ。うちらの教えを信じなはれ。
信じる者は救われる、ホンマやで。
ほんで 信じるやったらお布施をぎょうさんしなはれ。


※この教えの実践効果については、当ブログはアクマでも責任を負いかねます。(笑)

meaike1wl (2)
           「Musicians In Paradise」 Art by Jonathon Earl Bowser

お布施=献金、寄進、供養料、免罪符、お札、霊感グッズ、奉仕、書籍購入。
格言:「地獄の沙汰も金次第」、「Money makes the mare go.」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

☆バーソ☆さん、こんにちは。

☆バーソ☆さん、こんにちは。

今回も興味深いテーマですね。
いくつか探索してみます。

>人生は先が読めないのが怖ろしい。

なるほど、そうゆう考えもありますかね。
個人的には先が読めてしまった人生は味気なく
喜びのない人生のような気がします。

>世の中には解からないでもいいことがある。

まさにそのとおりですね。と言うより世の中の全てを理解するには
人間という器では小さすぎると思います。
それに知らぬが仏という言葉があるように
知らなくてもいい事は実際ありますよね。
いらぬ探索をしている余裕があったら
困っている人に手を差し出すほうが有意義な人生だと思います。

ああ、僕は相変わらず同じ事を言ってますね。
進歩がありません。おじゃましました。

いい週末をお過ごしください。

2015/03/28(土) |URL|H [edit]

 ♪ 眼を閉じて 何も見えず~ ・・・あれっ?
 地獄が 無い ! 先週の記事が正解なんでしょうか

 注射針にさいなまれスッポンやまむしの生き血をすすり
PM2,5とか言う 毒を吸い 太陽フレアに翻弄され
 放射能とか 携帯電磁場とかいう 電子レンジの中みたいな
処にいて 何を今更 地獄を怖がるのでしょう・・・

天国には 行けません 仏教徒だから・・・
 でも 地獄は グローバル化されているから両方にある

いま グローバルの夜明けでしょ 地獄がトレンドなんですよね
 プレアデス星団って太陽系よりはるかに大きいんでしょ?

それの何処が すばる なんでしょう? 住所位あっても良いと
思ったりして ・・・ そうか! あの通りのトヨタの隣かしら・・?

成層圏がとんでもない 地獄らしいけど 反対側(地球)だって
 墜落しちゃ 地獄だよね ・・・

天国って 何処なんでしょう ? まあ仏教徒だから行かないけど!

 いつも 面白く拝見させて頂いております
 有難う 御座います え~と・・謝謝 とか言っていますなぁ
 やっぱり あそこは サンキューが良いと思います

2015/03/28(土) |URL|ブッキ~ナ♡ [edit]

地獄的

バーソ様
おはよう御座います。

今回も難しいテーマですね。よく思いつくものです。
先が読めないのが地獄的ということもわかりますが身体的苦痛と
精神的苦痛もそうなのでしょうね。
精神的苦痛は耐えがたいものがありますから。
先が読めない苦痛もこの精神的苦痛に入るのかも知れません。
もっと解からないのは地獄の鬼さんもバーソ様も何で関西弁
なのでしょうか?

愛新覚羅

2015/03/28(土) |URL|aishinkakura [edit]

理解できないところから人生は始まる。

だから人間は学んで色んなものを発展させていったと言う事でしょうね。
サッカーの事が書いてましたが、そんな事になってたら、世界に広まらなかったし、メジャーにもなってなく、W杯もEUROもアジアカップもなかったでしょうね。
W杯も最初はお試しから始まり、交代枠や延長戦やPK戦は大会ごとに取り入れていったもののようです。
ただ今は金儲けに走ってるのはいただけませんからね。
選手にとっては金儲けに利用されてると言う事は地獄でしょうね。

ハリルの初陣はなかなかおもしろい始まりでしたし、地元での勝利は嬉しいですが、点を獲ったのは結局常連組だったので、その点は不満ですね。

2015/03/28(土) |URL|想馬涼生 [edit]

Hさん ありがとうございます^^)

>Hさん ありがとうございます^^)

いらぬ探索をしている余裕があったら
Hさんはひとから言われるのが大嫌いだとは知っています。この言葉には少し引っ掛かったので、思うことをちょっと言ってもいいでしょうか。嫌われたら困るのですが。

昔から、生きることの意味を知りたいと願って、大勢の人が人生をかけて真摯に探求してきました。極大の宇宙や極小の量子を探求してる科学者に、いま地球上で飢えている人たちの助けにならない研究は「要らぬ」とは言い難いのと同じく、当面の実際的な役には立てなくても、世の中には「要る」こともあるのじゃないでしょうか。

「要らぬ」か「要る」か。それはちょうど神に関心がある人と無い人との違いのようなもので、両者の間には大きな溝がありそうです。
といって、「要らぬ」と思っていることを責めているのでは全然ないですよ。ただ視点が違うのだろうと思ってるだけです。人は自由に何を思ってもいい(ただし他人に迷惑を掛けない限り)は私の持論でもありますし。

困っている人に手を差し出すほうが有意義な人生だと思います
Hさんの持論ですね。ひとにはもっぱら愛と優しさだけを与える。ひとには極力、憎しみ、恨み、蔑み、怒りを与えない。こういう考え方と生き方は立派です。これは「要る」ことだと思ってそうしているのでしょう。それは称賛すべきことだと思います。

「受けるより与えるほうが幸いである」という言葉を思い出しました。
多くの人は「受けるほうが幸いである」、なるべく「沢山受けたい」と思っています。
でもキリストは、惜しみなく「与える」ことで自分も幸福になれるのだと言いました。
もっと多くの人がこういう利他的思考を持てるようになればいいですね。

2015/03/28(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ブッキ~ナ♡さん ありがとうございます^^)

ブッキ~ナ♡さん ありがとうございます^^)

おおー、いろんな次元の世界をよく知り、感じている人にはかないません。
あの世に地獄はない。だが、この地球にはいっぱいある。グローバル化社会では地獄がトレンド。だから注射針でPM2.5で電子レンジでフレアで放射能ですか。うーむ。

最近は、予想もしてなかったような、とんでもない出来事が多いですね。
こういうことを見ると、世界はますます地獄化の一途をたどっているように見えます。
ですが一方では、ちょうど漢方薬を飲んで快方に向かう前に、体の中の毒素が出て症状が一時的に悪化することがあるように、何かの問題が起きるのは地球が良い方向に向かう表れでもある、と言う人もいますね。

原発を賛成していた人も、311の惨劇を見て反対するほうに意識が変わりました。
なにか酷い出来事が起きると、それをきっかけに改善しようという反省行動が起きます。むろん、そういうことを見ても自分の利益だけを考えている人はいますが、要は、一人ひとりが自分の意識を変えていく。それが大切なことなのでしょう。

プレアデス星団の話は他の方への返信にも書きましたが、私はちょっといぶかしく思うほうです。住所はトヨタの隣でしたか。このたびは給料は上がったのでしょうかね。(笑)

2015/03/28(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

aishinkakuraさま ありがとうございます^^)

aishinkakuraさま ありがとうございます^^)

身体的苦痛と精神的苦痛と、どちらがイヤか。私なら身体的のほうがイヤですね。
今までに何度か激痛をともなう病気をしたことがあります。病院でモルヒネ(?)を打たれても全然効かず七転八倒。全身にはピクピクと痙攣が起きるほどでした。幸い、激痛は一時的なものでしたが、長く続いたらとても我慢できるものじゃありません。

人は痛みがひどい場合は安楽死を望む場合があり、拷問で虐待されれば自分の信念さえ変える場合があり、そのように身体的痛みは耐え難い場合があります。
でも精神的苦痛は自分の意思で改善できる余地があるのではないでしょうか。

心頭滅却すれば火もまた涼しと言った人がいました。大抵の人はそこまでの心境にはなれませんが、かなりの精神的苦痛は我慢しようと思えば辛抱できるように思いますね。
とはいっても死にたいほどの精神的苦痛もあるでしょうから、一概には言えませんが。

関西弁の件。冒頭の鬼たちの会話は、私の好きな桂枝雀の落語なので必然的に大阪弁です。結びの言葉も露骨に言うとちょっと差しさわりがありそうなのと、少しやわらかなトーンにしたかったので、冒頭の言い方に合わせて大阪弁風にしたのです。
が、なんで、こんな話を関西弁にするんや、と大阪の人は気分を害するでしょうかね。
関西地方の方に、このコメント欄を借りて(訂正はしませんが)お詫びいたします。

2015/03/28(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

想馬涼生さん ありがとうございます^^)

>想馬涼生さん ありがとうございます^^)

だから人間は学んで色んなものを発展させていったと言う事でしょうね
そうですね。失敗したり不都合があったり、いろんなことがあっても、いろいろ学んで発展させていく、それがいいことなのでしょう。間違いをただ責めるだけでなく、間違いから学んで、より向上していく。そういう志向を持つのがいいのでしょう。

交代枠や延長戦やPK戦は大会ごとに取り入れていった
そうなんですか。車のF1レースと似てますね。こういうことは、多少いろんな制限があったほうが面白いということなんでしょうか。オフサイドというルールも、もし無いとゴールキーパーが大変。試合のやり方だって、まるっきり変わるでしょうから。

理解できないところから人生は始まる
いい言葉です。赤ちゃんがまさにそうですし、成人してからもまさにそうです。
人間は「考える葦」と言われました。深遠なことをなんとか理解しようと思うのが、動物より優っている人間の利点でしょうからね。

ハリルの初陣は私もテレビ中継で見ました。幸先がよくて、よかったですね。岡崎はたいしたものです。

2015/03/28(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

善行を積んでまいりました

 とある人物が閻魔様の前に立った。彼は生前、慈善事業をたくさんしてきた。彼によって救われた命も沢山あった。誰もが彼をこそ聖人であると褒め称えた。
 しかし、閻魔様は彼に地獄へ行くように告げた。納得のいかない男は強く抗議したが、閻魔様はそれを一蹴した。
「お前は確かに飢えた子どもたちに食事を与えた。それで大勢の子供が死ななかった。」
「そうです、私は良い事をしてきたのです。」
「馬鹿者、お前が自然の摂理を曲げた結果、どういう事が起こったか教えてやろう。死ななかったが為に増え過ぎた人間は周りの木々を切り倒し、動物を殺し、挙句砂漠を広げてて、より多くの命を不幸にし、奪ったのだ。
 しかもだ、そうまでして生き延びた人間たちは更に食糧が不足して互いに殺し合いすら始めた。このままいけばいずれ、お前が助けずとも生き延びた筈の人間の数すら下回るであろう。」
「な、何てことだ・・・。」
「まったく、無思慮な善意は悪意より性質が悪いわ。」

2015/03/28(土) |URL|miss.key [edit]

miss.keyさん ありがとうございます^^)

miss.keyさん ありがとうございます^^)

善行を済んで参りました。

 とある人物が天国に入り口に立った。彼は生前、律法はきちんと守るだけでなく、飢える者への援助にも熱心であった。誰もが彼こそ義人であると褒め称えた。
 しかし、天国の門の番人は彼に地獄へ行くように告げた。納得のいかない男は強く抗議したが、番人はそれを一蹴した。
「お前は確かに義人であった。だが、それを鼻にかけ、自慢した。自分の善行をラッパを吹いて宣伝する人間は、神の目には極めて卑しむべきものなのだ」
「番人様、それは承知しております。ですけども、私は莫大な金を使って貧しい人々を援助したのですが、彼らはそれを当たり前と思い、働かなくなったのです。ですから私は、彼らに引け目を感じさせ、自分で働く意欲を持たせようと思って、私の善行を思い出させているのです」
「おお、そうか。そんな隠れた動機があったとは知らなんだ」
「人間は上辺しか見ることができませんが、神様は心の奥底まで見ることができると聞いています。あなた様は本当に天国の番人なのですか?」
 番人は男の耳に顔を近づけて悲しげな声で言った。
「昨今、天国も厳しくてな。じつは人生の停年後、時給800円で門番をしとるのだよ」

※ああーーッ、miss.keyさんにはかないません。オチがなっとらんです。(笑)

2015/03/28(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは

好きな落語家さん、米朝さんも天国に召されました。
先が読めないから人生は地獄ですか。
バーソさんの言われるように先が見えない人生こそ
面白いと私も思います。
先が読めて退屈で驚きのない人生が延々と続くなんて
それこそ地獄に感じられます。

私の好きな地獄ジョーク、

妻が生きている間は何の関心も示さなかったこの夫は、
今になって、とても妻を愛していたことに気がついた。
夫は死んだ妻と話したいために霊媒を訪れた。
霊媒がトランス状態に入ると、暗い部屋を奇妙な風が漂い、
突如、夫はまぎれもなく愛する妻の声を聞いた。
「おまえか?」夫はやさしく声をかけた。
「ええ、あなた」
「いま、しあわせかい?」
「ええ、あなた」
「私といたときより、しあわせかい?」
「ええ、ずっとしあわせよ」
「天国って素晴らしいところなんだろ!」

「私、天国にいるんじゃないのよ」

2015/03/28(土) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

上方落語はあまり好きではないのですが、例外が枝雀と米朝のお二人。
こうして書いてる今も、あの声と表情を思い出します。
ひとが死ぬのはイヤですね。涙が出てきます。

楽園が地上に実現して人間が死なないで永遠に生きられる、と唱える教団があります。
その主張に対する疑問に対しては教団は返答を用意しています。
 Q:まったく波風がなければ退屈して困るのではないですか?
 A:毎日お米のご飯を食べているでしょう、あなたはもう飽きましたか?
 Q:悪いことが無く、良いことばかりだとその良さがわからないのではないですか?
 A:あなたは片腕を切らないと腕の有り難味がわかりませんか?
いろいろ答え方があるものですね。

昔、イスラエル人がエジプトの圧政下で酷い奴隷状態にあった時期がありました。
モーセが10の災いをエジプトに下し、紅海を分ける奇跡を起こしてイスラエルの民を脱出させます。「出エジプト(エクソダス)」です。映画『十戒』が有名。音楽『栄光への脱出』も原題は同名です。
その後、イスラエルは約束の地パレスチナに入るまで荒野で40年間さまようことになるのですが、そのとき彼らは「エジプトのほうが良かった」と不平をモーセ(≒神)に言い出したと聖書に記録されています。

物事の良し悪しというのは相対的なもので、問題の多い現在の地球なら楽園が来てほしいと思うでしょうし、実際にそんな楽園が来たら元の地球の生活を懐かしく思うでしょうし、以前の夫婦生活より煉獄での暮らしのほうがまだ幸せ、と思うのでしょう。(笑)

2015/03/29(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

どっちにしても

>>>「お前は確かに義人であった。だが、それを鼻にかけ、自慢した。自分の善行をラッパを吹いて宣伝する人間は、神の目には極めて卑しむべきものなのだ」
>>>「番人様、それは承知しております。ですけども、私は莫大な金を使って貧しい人々を援助したのですが、彼らはそれを当たり前と思い、働かなくなったのです。ですから私は、彼らに引け目を感じさせ、自分で働く意欲を持たせようと思って、私の善行を思い出させているのです」
>>>「おお、そうか。そんな隠れた動機があったとは知らなんだ」

 判決、閻魔大王はこの者を地獄行きに処す。理由、他人を堕落させた罪。
 ひぃぃぃぃぃぃ。

2015/03/29(日) |URL|miss.key [edit]

miss.keyさん ありがとうございます^^)

 miss.keyさん ありがとうございます^^)

おお、魅寿奇異閻魔は厳しい。「他人を堕落させた罪」ですか。してみると、美女もイケメンも、みな地獄行きに処されるのでしょう。
 私は、何故かここで安心感を覚え、快哉を叫びたくなるのですが、不思議です。

 聖書には「許される罪」と「許されざる罪」という区別があります。知らずして犯す罪は基本的に赦しが与えられると言われるのですが、人類はみな「原罪」があるので、キリスト教を信じないなら、どんな善人でも地獄に行くことになっています。
 ただ、ある教派は、この「地獄」とは単に死者が行く墓の意だと解釈しています。
 ともあれ、地獄の存在する証拠は全然ないのに、古今東西で似たような教えがあり、多くの人が信じたり怖れたりしていることには、興味深いものがあります。

2015/03/29(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

天国も地獄も

天国も地獄も、あるのか、ないのか、
想像がつきません。

今のところは、自分が生きる、今を暮らすのに精一杯で、
あしたか、あさっての未来を考える程度の私です。

訪問介護の実習として、高価な有料老人ホームにも行ったことがありました。
そのとき、かつて、とても高い地位の方が、はいっていました。
身内の方は、全く面会にきません。
そして、そのかつてのVIPの方のオムツ替えが一人ではできない状態で、二人がかり。
体格のよい人だったのです。

忘れられません。
現役のころは、さぞかし上から目線だったでしょう。
そのとき、ふっと地獄を見たような気がしました。

2015/03/29(日) |URL|森須もりん [edit]

森須もりん さん ありがとうございます^^)

森須もりん さん ありがとうございます^^)

天国と地獄。霊界にあると言われるものですが。私は、あると思う人にはある、ないと思う人にはない、死んだら無になると思う人は無になるのだろうと思っています。
大体、地獄というものは動物の中でも邪悪な人間にしか考えられない概念だろう、永遠の拷問虐待が大好きな霊的存在などいないだろうとも思っています。

今のところは、自分が生きる、今を暮らすのに精一杯で、
あしたか、あさっての未来を考える程度の私です。
毎日、頑張っているようですね。ブログの文章にもそれが表れています。困難があっても、なるべく愉快に快適に生きていこうという気合というか意欲も感じます。

高価な老人ホームに金持ちが入っていて、オムツも自分で替えられない。そんな人は哀れ感を痛切に感じるのでしょうか。一方、世の中には、独り住まいで誰からも面倒を見てもらえない老人もいるでしょうし、世界を見たら、もっと悲惨な状態にある人もいるでしょう。そういうことばかり見ているとつらくなりますね。
身の回りのことができなくなり、顔がしわくちゃになり、身辺が汚らしくなる・・・。人間の定めのようなものなんでしょう。歳を取るのは一番の地獄的なことなんでしょうか。そういう話を聞くと余計に、ピンピンコロリでいきたいものだと思います。

2015/03/30(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

そうですよね。
わからないものはわからないでいい。
そんなことにかまっているより、今自分のできることを精一杯やるべしですよね。
世の中思うようにいかないのが当たり前、という前提で生きれば、少しは怒りもやわらぐものです。

2015/03/30(月) |URL|マウントエレファント [edit]

マウントエレファントさん ありがとうございます^^)

>マウントエレファントさん ありがとうございます^^)

世の中思うようにいかないのが当たり前、という前提で生きれば
少しは怒りもやわらぐものです
あははは、これは世の中の不正義に対する心の対応ということでしょう。
人間の組織というのは、愚かしいことがいっぱいありますからね。

昨日テレビを見ていたら、江戸時代の3つの顕著な出来事は順に、赤穂浪士、ペリー来日、大塩平八郎の乱だと言ってました。これは行政(裁判)の不正、外交のだらしなさ、官僚の収賄と言えるでしょうか。社会の悪というものはいつの世にもあるのですね。
確かに「今自分のできることを精一杯やるべし」です。これが一番なんでしょう。

2015/03/31(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

秋山弁護士がこの方の本を読んで不食に至ったみたいですね。
高価な本だったので こちらで見てみましたが(^^ゞ
とても興味深かったです。
http://homepage1.nifty.com/akashic/noneating.htm

天国も地獄もほんとの所よくわかりませんが
人間の可能性も未知だなって思いました(〃ω〃)

2015/03/31(火) |URL|koto [edit]

こんにちは

 バーソさま 
 1週間って 早いですね、
 今 私は 木・金も漢ドラに はまっています、
 つまらないけど なぜか 見ないではいられません、
 彼や彼女らは 目上の人には 忠実なんですね、
 孝行? と言うか 自分の道も 家族次第、
 これも 困りものですね、

 地獄! 阿蘇の噴火口?みたいでしょうかね、 
 必ず 覗いたものです、
 が 記憶にありません、 

 地獄に落ちろ! などと言いますが、
 言う人が 落ちればエエですね、 
 私は今まで 良い事もしていませんが、
 悪い事もしていません、
 が、今 悪路に立たされています、 
 何とかして懲らしめたいのですが、
 右か左か どっちへ行こうか?
 迷っています、

 地獄へ落ちろ!!! 
 天国へは 行かれなくても かまいません、
 悪いやつは 懲らしめないといけません、 
 個人的な事を書いてしまいました、 

いつも 愚痴ばかりで 申し訳ありません、 たか 
 
 

2015/03/31(火) |URL|たかちゃん [edit]

kotoさん ありがとうございます^^)

kotoさん ありがとうございます^^)

ジャスムヒーンさんの名は初めて聞きました。こんな人がいるのですね。
この種の話はインドとかチベットとか、あの近辺が多く、胡散臭い話が多いのですが、この方は白人女性なので全面的に信用できそうです。(笑)
軽く読み流せない内容なので、時間を取って、じっくり読んでみたいと思います。
貴重な情報、ありがとうございます。

検索したら、この本は隣の区の図書館にあったのですが、ここは他の区の住人は
ネット予約ができないので残念です。とりあえずサイトで調べてみます。

私は以前から、聖書的に言っても地獄なんてものは無いと思っていました。
新約聖書のギリシア語には、死者が行く場所として二つの言葉が出てきます。
「ハデス」は黄泉と訳されますが、これは墓のことです。ゲヘナは「地獄」と訳されますが、字義通りには「ゲーヒンノム」つまりヒンノムの谷という意味で、当時エルサレムのヒンノムという谷にあるゴミ捨て場でした。そこには犯罪者の遺体が投げ込まれ、硫黄が燃えていました。だからイエスが「ゲヘナ」の裁きのことを言っても、当時の人はゲヘナが死後、悪魔に苦しめられる拷問の場所とは思っていなかったはずです。

キリスト教は白人世界を精神的に指導していますが、教会がかなり自分たちに都合のいいように解釈を変えて聖書を教えてきています。困ったことですね。

2015/03/31(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

たかちゃんさん ありがとうございます^^)

たかちゃんさん ありがとうございます^^)

すみません。長年、ドラマは見たことがないんですよ。見たことがあるのはアメリカ製で、面白い弁護士が出てくる「ボストンリーガル」と、もうひとつ、タイトルは忘れましたが、黒人のリーダーが数人を率いて特別任務を行なう特殊部隊のドラマだけです。

ですが、「必殺仕置き人」は見たことがあります。普段、ふがいない男に見える中村主水が裏稼業で悪い奴を刺し殺すというものですが、痛快に思いながら見たものです。

悪漢はぜひとも懲らしめてやりたいと思っても、なかなか難しい。そこで、せめて死んでからでいいから懲らしめられてほしいという願いから、地獄と閻魔大王(悪魔)の概念が生まれたのでしょう。そういう裁きがないと、世の中は公正にならず、弱くて真面目な人間は、やりきれないなあと思うでしょうから。

天国はあるか? 私は、死んだらみんな自分の信じるところに行くと思っています。
ですから天国はあるだろうと思うことにしています。臨死体験をした人は皆、そういう天国や極楽のようなところを見たと言ってますし、信じてもいいと思っています。

2015/03/31(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

軽くてごめんなさい。

遊び~仕事~
疲れてやって来ました。
救いの女神さま~
え~
私、天国いきたいです~
善いことあまりしていないですが・・・
大目にみていただけますか?

でも、昔溺れていたカマキリちゃんを
救命したので・・・
カマキリちゃんがたぶん私を
地獄から助けてくれると信じ・・・

待ちます。

お久しぶりで~す。

2015/04/03(金) |URL|Miyu [edit]

Miyuさん ありがとうございます^^)

Miyuさん ありがとうございます^^)

『蟷螂の糸』  
 極楽は丁度朝なのでございましょう。蓮の花からは好い匂いが溢れて居ります。
 御釈迦様は、ふと下の様子を御覧になりました。
 みゆという名の可愛い女子が一度蟷螂(カマキリ)を助けてやった事を御思い出しになりました。それだけの善い事をした報いに、たとえ針の山地獄へ行ったとしても蟷螂の吐き出す糸を使って、助けてやろうと御考えになりました。
 しかしながら、その細い糸を登ろうとする際、下のほうから蟻の行列のようによじ登ってくる罪びとらが大勢いるに相違ありません。そのとき、どうするかで、人間の行き場所は決まります。人間は、自分の運命を自分で決めて居るのでございます。

 極楽の蓮池の蓮はどんな事にも頓着致しません。その玉のような白い花は、御釈迦様の御足の周りに、ゆらゆら萼(うてな)を動かして、その真中にある金色の蕊(ずい)からは、何とも云えない好い匂が、絶間たえまなく辺りへ溢あふれて居ります。
 極楽も、もう午(ひる)に近くなったのでございましょう。

2015/04/03(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

与えたとして報われず、心が通じない不条理の世界で生きる日々は地獄のようで理不尽なことばかり。それでもそこに得るものは多かったとも言えます。
だからと言って、それが神の言う恵みならばなんて酷なことでしょう。
出来れば天国を生きて天の神の傍らに行きたいものです。
全て約束を果たせない罪深き者だけど、どうか最後は天国にと願う我がままは消えません。

2015/06/08(月) |URL|carmenc [edit]

Re: タイトルなし

carmencさん ありがとうございます^^)
こんな宗教的な話題によくコメントを書いてくださいました。

与えたとしても報われず、理不尽なことばかり。それでも得るものは多い
そうですね。人生とはまさに喜怒哀楽。喜びと怒り、哀しさと楽しさの繰り返し。人によって理不尽のほうが多いか、得るもののほうが多いか、その感じ方の違いはあると思いますが、まあ、人生とは、まあ、かなり面白いものですね。

だからと言って、それが神の言う恵みならばなんて酷なことでしょう
宗教なら、信じなさい、信じる者は救われると言うのでしょう。でも心で救われたと思ってる人は多少はいるとしても、客観的に見て、実際に救われたと言える人はかなり少ないはずです。救われてないからこそ懸命に祈願をしているのでしょう。本当に救われたのなら、世の中全体がもっと良くなってるはずです。

出来れば天国を生きて天の神の傍らに行きたいものです
はい、誰でもそう願っていますよね。私もそうです。
ヴィクトル・ユーゴーの『レ・ミゼラブル』に出てくる司教は、盗みを働いた男を責めずに、憲兵の前でかばい、さらに男に高価な銀の燭台までも与えました。
本当の神なら、そんな司教を凌駕する大きな愛を持っているはず、その愛は《無条件の愛》のはずです。
 であれば、人間がちょっと悪いことをしたからといって永遠の責め苦に遭わせるなんてことを、無条件の愛の神がするはずが《論理的に》無いのです。
 善人の代表選手carmencさんなら絶対大丈夫。どうぞご安心のほどを。私ですら安心していますのでね。(笑)

2015/06/08(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/206-49ea1cb2

back to TOP