「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 日本より頭の中のほうが広い。―――夏目漱石『三四郎』 

日本は意外に大きな国です。
イギリス、イタリア、ドイツより国土面積が広い国です。
ところが、「日本より頭の中のほうが広い」と言った明治の作家がいます。

夏目漱石『三四郎』の冒頭部分の意味を考え、自分に適用してみました。

1wed1-934x.jpg
      (三四郎とは何の関係もないウェディングカードなんですがね・・・)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
夏目漱石 『三四郎』

日露戦争で勝って、日本中が世界の一等国に のし上った気分になっていた時代。
熊本から東京に向かう汽車の中で、のちに広田先生として登場する「神主じみた」
「髭のある男」が三四郎に言いました。以下、抜粋します。

「こんな顔をして、こんなに弱っていては、いくら日露戦争に勝って、一等国に
なってもだめですね。・・・まだ富士山を見たことがないでしょう。今に見えるから
御覧なさい。あれが日本一の名物だ。あれよりほかに自慢するものは何もない。
ところがその富士山は天然自然に昔からあったものなんだからしかたがない。
我々がこしらえたものじゃない」と言って また にやにや笑っている。・・・

「しか し これからは日本もだんだん発展するでしょう」と弁護した。 すると、
かの男は、すましたもので、「滅びるね」と言った。
―――
熊本でこんなことを口に出せば、すぐなぐられる。悪くすると国 賊取り扱いにされる。
三四郎は・・・(男が)自分の年の若いのに乗じて、ひとを愚弄するのではなかろうか
とも考えた。 男は例のごとく、にやにや笑っている。・・・どうも見当がつかないから、
手になるのをやめて黙ってしまった。すると男が、こう言った。

「熊本より東京は広い。東京より日本は広い。日本より……」で ちょっと切ったが、
三四郎の顔を見ると耳を傾けている。
「日本より頭の中のほうが広いでしょう」と言った。 「とらわれちゃだめだ。
いくら日本のためを思ったって贔屓の引き倒 しになるばかりだ」

 この言葉を聞 いた時、三四郎は真実に熊本を出たような心持ちがした。
同 時に 熊本にいた時の自分は非常に卑怯であったと悟った。

            _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

三四郎は、新しい考え方に目覚めたことを「真実に熊本を出た」と受け止めます。
東京帝大に入っただけで自惚れていたことを「自分は非常に卑怯であつた」と反省します。

彼は、広い視野を持つ広田先生に出会ったことで、自分の考え方が狭かったことを
認識させられます。小川三四郎は、言うなれば視野が小川から大川に拡大したのです。

2wed2-934x.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
見方を変えれば頭の中が広くなる話を、人間関係で悩む「頭」に当てはめてみました。
人が悩み続けるのは、自分で頭の中を狭く しているから。

私は長年、何があろうと絶対に《言い返さない》《怒らない》をモットーにしていました。
喧嘩で勝てないせいもありますが、辛抱強さは愛の表れでもあると考えたからです。

しかしわが忍耐は、愛や寛容ではなく、単なる無理我慢でした。ですから、
あのとき言い返せばよかった、怒ればよかったと思い出して、不快感が持続することがあります。

過去は過ぎ去ったので、甦ってくるその種の悩みは、《過去の不快な感情》が頭の中に
しっかり棲み付いているのが原因。思い出すと、表面に しゃしゃり出てくるのです。

「熊本より、東京より、日本より、頭の中のほうが広い」
と広田先生は言いました。
パスカルも、「考える」という一点で、人間は広大な宇宙に優ると言いました。
人は無限大のことを考える能力を持っているので活用せよということでしょう。

30wqdr.jpg

問題そのものは変わらなくても、大きい悩みだとはあまり感じなくなればいい。
頭のスペースが100で、悩みが100なら、頭は《悩み様》だけで満員御礼になります。
でも良いこと楽しいこと面白いことを沢山考えて頭の容量を10倍に広げれば、
100と感じていた悩みも相対的に小さくなり、10程度に減じて感じるわけですね。

来年からは無用な悩みは減らしていこう、と年の瀬に、またまた思った話でした
本当は、ものの見方や観念、信条などに当てはめて考えるべき話なんでしょう。

         _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

今年も訪問 ありがとうございました。
コメントも励みになっています。感謝しています。


~~~~~~~~~~~~~~~~資料~~~~~~~~~~~~~~~~~~
画像:2012年6月29日に結婚することを決めたベンとエイミー。ベンは婚約者にも
内緒でウェディングカードに仕掛けを作りました。たとえ恐竜が出てきても、
ボクがいるので心配ないよ、ということなんでしょうか。あるいは・・・。
http://news.distractify.com/fun/they-look-like-normal-wedding-invitations-but-when-
you-look-closer-youll-crack-up/
☆「青空文庫」:http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/794_14946.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

☆バーソ☆さん、こんにちは。

>人が悩み続けるのは、自分で頭の中を狭く しているから。

僕もそのとおりだと思います。思考はおしゃべりです。
そして悩みを拡大していきます。
そのせいであっという間に頭の中は悩みに囚われ
悩みでいっぱいになってしまいます。


>辛抱強さは愛の表れでもあると考えたからです。
>しかしわが忍耐は、愛や寛容ではなく、単なる無理我慢でした。

そうですね。本当に愛しているなら、忍耐の必要はないでしょうね。
愛は葛藤がありませんから人を傷つけません。

僕は、忍耐とは自己破壊的な精神状態だと感じています。
修練、訓練、抑制、抑圧、等も同じです。
それらは人の心に傷跡を残します。

大切なのは思考のおしゃべりを止めて行為に専念することかなと思います。
例えば悩みを抱えてしまうと、思考は喜んでその悩みを拡大していきます。
それを止めて悩みを心に根付かせないようにするには、愛を行為で表現する
事が重要だと思います。

思考はおしゃべりで人を欺きますが行為はそのような事はありません。
行為は思考を超越できる数少ない人間の能力かなと思います。


さて今年も残り少なくなりましたね。
お体に気をつけて年末年始をお過ごしください。
来年もよろしくお願い致します。

2014/12/27(土) |URL|H [edit]

勉強になります

バーソ様
おはよう御座います。

読書が嫌いな私にとってバーソ様のブログは教養をつけて戴けるツールだといつも思っております。夏目漱石はビックネームですし、三四郎も代表作だとは聞いておりましたが内容は全く知りませんでした。その一部だけでも覗けてよかったと思っています。
《言い返さない》《怒らない》
これは私も同じです。無駄なエネルギーを使いたくないとか人から嫌われたくないとかの打算的な理由からですが。
せめて若い時くらいはもっと暴れればよかったと反省しています。

愛新覚羅

2014/12/27(土) |URL|aishinkakura [edit]

私も愛新覚羅さんと同感!!

>バーソ様のブログは教養をつけて戴けるツール


そして、
ひと頃流行った『脳内メーカー』の画像のように、
数種の文字で表せてしまうような奥行きの無い、
(おっしゃるように すぐ満員御礼になります)
視野が狭くなりがちな、かつ 方向性が定まらなぃ、
私の偏狭な頭の中の視野を、
広くそして柔軟にして下さっています(^_^)ノ




2014/12/27(土) |URL|レイまま☆ [edit]

年末の雑用で忙しく、なかなか入れないでおりました。
今年も暮れてゆきますね。
頭の中を広くするよう、わたしも努力します^^
今年はたくさん学ばせてもらいました。
来年も、また、よろしく。
ちょっと早いですが、よいお年を。
セヘ ボンマニ パドゥセヨ^

2014/12/27(土) |URL|天安 [edit]

あえてひね者として

 頭の中は日本より広いと思うのも一理。が、自分の頭の中の世界など広い世の中に比べればなんと小さいと思うのも大切。人にとって世界とはその短い人生において見知った事、考え得る物の範囲でしかない。が、個人の考えの届かない場所にも大地は続き、風は吹き、海は広がっている。人一人の頭の中が世の中より広いなどと言う考えは時として傲慢である。
 高みに登った者は下を見降ろして、そこに居る者たちを何とちっぽけなものかと言い放つ。だが彼らは、同時に見上げられている自分もまた小さくしか映らない事を自覚出来ていない。眼下の小さな町の中にはそれを世界として住む人間がいるという認識を失えば、世の中から乖離したただの変人である。他人の悩みを小さいと言い放つのは簡単だが、比較して小さく見えても問題の絶対量は変わる訳でもなく、何の解決にもなっていないのである。
 人よ、大いに悩め。悩まぬ者とは死者を意味する。

2014/12/27(土) |URL|miss.key [edit]

Hさん ありがとうございます^^)

たまに街なかで独り言を言ってる人を見かけますが、考えてみれば、人は皆、常に頭の中でおしゃべりをしています。ただ、声に出してるか出してないかが違うだけなんですね。

無意味な思考を止めるには愛ある行為に専念することだ、という考えはいいですね。
聖書には「愛は親切です」「愛はすべての罪を覆う」とありますが、その「愛」は、なにかの理屈や主義によって、半ば強制されたかのように義務的にするというよりも、自然な発露として心から生まれるものであれば、きっとそれ以上のものはないのでしょう。

その「愛」ある行動を、地上の人間全員とは言わずとも、かなりの人たちができれば、世界平和は瞬時に実現するのでしょう。そしてそれは自分から始めていくものなのでしょう。

Hさんは、愛を標榜して生きることに生き甲斐を感じているのでしょう。いいことですね。
来年もどうぞよろしくお願いしますね。(^^♪

2014/12/27(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

aishinkakuraさま ありがとうございます^^)

こんな駄文を、よく読んでくださいました。ありがたいことです。
私、名作というような本は、学生時代によく読んだほうだと思います。でもその頃は、文体の面白さとか作者の意図はほとんど分からなかったですね。感性不足でした。

最近はエッセー類を時々読むようになりました。新鮮な切り口の話や、うまい文章を見ると啓発はされるのですが、真似はできないのが困ります。才能不足です。

>《言い返さない》《怒らない》
>これは私も同じです。

えッ、そうなんですか。私はてっきり、言うべきことは相手が誰であってもビシッと言う大久保彦左衛門のような人(古い!)なのだろうと思っていたので、ちょっと意外です。
硬派ではあったが、ひと当たりはよかったということなんでしょうかね。

私は今でも、言うべきことがなかなか言えません。これは胆力不足でしょう。
来年もどうぞよろしくお願いしますね。(^^♪

2014/12/27(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

レイまま☆さん ありがとうございます^^)

おー、またまた過大なお褒めにあずかり、恐縮します。でも、うれしいです。
「視野が狭くなりがち」とか「偏狭」だなんて、またまた、ご謙遜を。
『脳内メーカー』の話を持ってきただけで、頭の柔軟さがよーーーく分かります。

再び動画、見せていただきましたよ。
「避妊手術の前日」が「レイの月命日」で、その日にビッコになったという話。
私も、なにか運命の糸のようなものを感じます。レイままさんが、良い「虹の架け橋」になるようになっているのでしょうか。そんな感じがします。

写真を見ると、少し大きくなったような気がしますが、気のせいですかね。
このまま順調にいけばいいですね。
来年もどうぞよろしくお願いします。(^^♪

2014/12/27(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

天安さん ありがとうございます^^)

私は何十年も狭い世界に住んでいましたから、というより、いまでも似たようなものですので、精々いろんな考え方に触れ、視点を変え、視野を広げていきたいと思っています。

人は、普段は意識せずとも真理というものを求めていると思いますが、すべてが絶えず流れ行くこの世界には、絶対普遍の正しい真理などというものは無いのでしょう。
これからも人は、自分の好きな道を選び、様々な生き方をしていくのでしょう。

そもそも自由に考え、自由に行動するのは、人間の本分であり、特権であり、それはそれでいいのだろう、と私は思っています。
ひと様に迷惑を掛けることだけは絶対にしないようにし、日常で身近にいる人たちを気遣うよう留意しているだけでも、世の中はずいぶん良くなるのだろうと思います。

来年もどうぞよろしくお願いしますね。
チョウン ハナール マジヘ チュセヨ (^^♪

2014/12/27(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

miss.keyさん ありがとうございます^^)

おお、すごい。金言、名文だ。いや、感心しました。ほんと。
きっと今年一番の傑作コメントだと思っているでしょう。はい、私もそう思っています。

特に「個人の考えの届かない場所にも大地は続き、風は吹き、海は広がっている」あたりとか、「・・・言い放つ」とか、かっこいいですねー。

で、ご意見についてですが、孫悟空が筋斗雲で世界の端に来たと思っていたら、そこは御釈迦様の手のひらの上だった、という話を思い出しましたよ。

そういう思い上がった者には、「人一人の頭の中が世の中より広いなどと言う考えは時として傲慢である」と指摘するのが適切なんでしょう。また一方では、田舎の自惚れ学生のような者に対しては「頭の中は日本より広い」と教えるのが適切なんでしょう。

旧約聖書で、詩篇作者が夜の星空を見て、こういう感慨を述べています(8:3-5)。
 「私が、あなた(神)の作品である天の月や星を見るとき、
  人間は何者なので、これを思いに留められるのですか」

これは、宇宙は人格神が創造したという観点で書かれています。天を創った神に比べると、地上の人間は極めて卑小な存在に過ぎないという謙虚な思いが述べられています。

人間にはいろんな視点があり、考えがあり、それぞれの思いは異なっていますが、それは人間関係の面白さ、そしてまた人生の面白さにつながっているのでしょう。

最後の「人よ、大いに悩め。悩まぬ者とは死者を意味する」は、miss.keyさんらしい逆説的な言い方なんでしょう。なんだかカッコイイので、この意味は、下手にまとめないほうが良さそうですね。(笑) 来年もどうぞよろしくお願いします。(^^♪

2014/12/27(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

三四郎のその場面は、私も印象深く心に残っていました。
嫌なことを考えないようにするのは、眠れないのを苦にするのと同じで、よけいに悩みを増幅させる結果を招きやすいです。
それより開き直って違ったことをすると改善されることがあるように、楽しいことに意識をむける戦法が効果的だと私も思います。

2014/12/27(土) |URL|マウントエレファント [edit]

マウントエレファントさん ありがとうございます^^)

『三四郎』を読んで、ここが印象に残ったのですか。さすが、小説を書く人の感想ですね。絵や文章の才能は、ほとんど先天性のものですから、漱石も若いときから相当自信を持っていたのでしょう。マウントエレファントさんも似てるところがあるのじゃないですか。

>嫌なことを考えないようにする
>楽しいことに意識をむける戦法が効果的
なるほど。「戦法」ですか。これは一種の戦いであると思えば、入念に戦術を練って、心して戦いに臨みます。それほどの決意があれば、きっと、うまくいくのでしょう。

過去は過ぎ去ったので、もう無い。あるとすれば、自分の頭の中だけにある。だから、ただ忘れればいい。そうすると、この戦いは、本来は戦略的に優位にありますね。(笑)

来年もどうぞよろしくお願いします。(^^♪

2014/12/27(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

押し迫りました。

そうなんですよね、日本って意外に大きいんです。
さらに森林率は世界でもトップクラスなんです。
人が何かを悟った瞬間って崇高でもあり、感動的です。
映画や小説でもそんなシーンは胸を打たれます。
国木田独歩「非凡なる凡人」とか映画「紳士協定」とかね。
今年はバーソさんにいろいろ知らない世界に連れて行って
もらいました。来年もぜひ「めくるめく」世界へ誘ってほしいです。

2014/12/27(土) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

そうですか。森林はそうだろうと思います。遠くにドライブすると、ほとんど山ばかりのような気がしますから。
竹島問題のときに地図を見たら、日本の排他的経済水域面積もずいぶん広いのに気づきました。韓国や台湾がかわいそうなくらい。日本は世界6位なんだそうです。

国木田独歩「非凡なる凡人」。才能はなくても一歩一歩着実にステップを踏むことによっても、自分の人生を成功させられるという話のようですね。いまさら何をしても遅いとは思いますが、「崇高」「感動的」と言われたので、これも図書館に予約しました。

「めくるめく」とはなんたる身に余るおだて言葉。そうです、来年こそはめくるめく興奮をお届けしたいと思っているのでありますが、なんせ才能という問題点がありますゆえ、ここは精々「めくる」ぐらいのところで、ご勘弁をお願いします。なお、念のために申し上げますが、「めくる」とはページをめくるの意で、PCではスクロールに相当します。
来年もどうぞよろしくお願いしますね。(^^♪

2014/12/28(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/28(日) || [edit]

Re: こちらこそ、、、

相変わらず来年も格別のご贔屓のほど、どうぞ宜しく御願い致します~~(*´∪`*)ノ"

2014/12/28(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

バーソさま 

いつも お勉強させて頂いております、
子どもの頃から 読書は好きでした、

食わず嫌いも ジャンルによりありました、
 ジャックと豆の木 
 自分で 冒険をしている、そんな感覚でした、
 中学になり サスペンスに興味が湧き 
 始めて 読んだのが 「まだらの紐」でした、
 内容は ウィキペディアで 解明出来ますが、
 その頃は どうなるのかが ワクワク 楽しみで 
 色々と 読みました、 
 
 頭の中の想像・創造 には 退屈な時間が必要だ!なんて、
 計り知れない 世界が 広がっているのでしょう、
 何かをするには 思考能力が必要です、
 それには 脳みそが 働かないといけません、 
 
 チョッと 年を取りましたが、まだ 世界が広がると いいですね、 
 子供の背中から PCを覗いて 病みつきになり
 毎日のように 遊んでる! 
 そんな私の頭の中も 少々 錆びついて来ました、
 
 まとまりのない記事で 申し訳ありません、
 いつもありがとうございます、たか 

2014/12/28(日) |URL|たかちゃん [edit]

「非凡なる凡人」は青空文庫で読めます。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000038/files/324_15711.html

2014/12/28(日) |URL|エリアンダー [edit]

たかちゃんさん ありがとうございます^^)

読書少女でしたか。私も、当時は娯楽がなかったせいもあり、本ばかり読んでました。
身近に子供向けの本がほとんどなかったので、小学生の頃に講談本を読んだものです。
難しい漢字が多いのですが、ルビが付いているので読めたのです。
「まだらの紐」、読みました。コナン・ドイルも好きでした。日本の推理小説はあまり面白いとは思わなかったですが、外国のミステリーは面白いと思いましたね。

>頭の中の想像・創造 には 退屈な時間が必要だ
ははは・・・時間とそれに好奇心も必要でしょうか。好奇心は気持ちの若さですかね。
脳みそは使うと減らないのではないでしょうか。政治家は記憶力だけはいいですから。

>年を取りましたが、まだ 世界が広がると いいですね
そうですそうです。頭の中は自分で広げられます。年取ってもPCを操作できる間は、大丈夫。なるべく好奇心だけは年取らないよう、頑張りましょう。

2014/12/28(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

早速、青空文庫を読んでみました。残念ながら、さほど印象は残らず、でした。むしろ、これを読んで感動したというエリアンダーさんの感受性のほうに感心しました。
じゃどこも印象に残らなかったかと聞かれると、飯屋で泣くところはいいと思いました。


ああこの飯はこの有為なる、勤勉なる、独立自活してみずから教育しつつある少年が、労働して儲もうけえた金で、心ばかりの馳走ちそうをしてくれる好意だ、それを何ぞやまずそうに食らうとは! 桂はここで三度の食事をするではないか、これをいやいやながら食う自分は彼の竹馬の友といわりょうかと、そう思うと僕は思わず涙を呑んだのである。そして僕はきゅうに胸がすがすがして、桂とともにうまく食事をして、縄暖簾を出た。

自分のことを振り返ると、自分なりに懸命に努力はしたつもりですが、この桂という人のように大望を抱いて計画を立てて一歩一歩着実に実行していった、ということはなかったですね。むしろ目の前にあることに必死に食らい付いていったと言うほうが実際に近いと思います。大望を抱かなかったのが良くなかったのかもしれません。(笑)

2014/12/28(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

☆バーソ☆さん、おはようございます。

コメントすることはあまりありませんでしたが、
☆バーソ☆さんのこのブログを読むことは
大変楽しみでありました。

来年も、コメントすることは少ないかと思いますが
よろしくお願いいたします。

どうぞよいお年を。

2014/12/29(月) |URL|三流亭まん丸 [edit]

三流亭まん丸さん ありがとうございます^^)

拙ブログは、なんの益にもならない駄文だらけのうえ、やや信念思想のようなものが含まれていることがあるせいでしょうか、どうも多分に好き嫌いがあるようです。
にも関わらず、来てくださる方は、相当 包容力がある方だろうと思い、感謝しています。

私も不義理をしている方が多く、来年も相変わらずかもしれません。
まん丸さんの絶えることのない洒落の連発には感心し、真似をしたいと思いつも、真似できない もどかしさと能力不足を痛感しております。
年末のご挨拶、ご丁寧にありがとうございます。さらなるご発展を願っております。

2014/12/29(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ありがとうございます。

こんちは〜

本年最後も深ーーいお話楽しく読まさせていただきました。
本能のみにて走り回るおいらの頭の中は、狭いというより無に近く、それが幸いしてか悩みません!
人に「おいらは風邪を引いたことがないのだ」、と言うとニッと笑みを浮かべて肯定されます、そしてそんな事が心地よくさえかんじられる今日この頃でございます。
日本より、頭の中のほうが広い、もしそうならばおいらの場合、夢と妄想でいっぱいで、悩み様のスペースはございません。

年の瀬に訳の分らんコメントをいたしまして申し訳ございません。
これに懲りず来年もどうか仲良くしてやってください。
それでは今年と変わらぬ輝かしい新春をお迎えください。

2014/12/30(火) |URL|ばく [edit]

ばくさん ありがとうございます^^)

おお、「頭の中は夢と妄想でいっぱい」ですか。
年末を飾るにふさわしい、いい言葉ですね。
夢がなくては男子ではない。妄想なければ獏ではない。
というようなことでありましょうか。

「そんな事が心地よくさえ感じられる今日この頃でございます」
この言葉にも感心しました。そうですか。
万事順調、順風満帆、天下泰平、家内安全、商売繁盛・・・万々歳なのですね。
来年も「我が世の春」がずうーーーーーーーっと続きそう。いいですね。

私のほうは、縛もせず、爆もせず、漠として生きるほうでございますが、
どうか、お見捨てなく、永くお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

2014/12/30(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ありがとうございました☆

バーソさん 今年はお世話になりました。
バーソさんとはお知り合いになれて
まだ一年も経ってないのにもかかわらず
本も購入いただいたこと 嬉しかったです。
ほんとにありがとうございましたm(_ _)m

楽しく交流させていただいたり
あと いろいろなことを勉強させていただいたりしました。
バーソさんのような視点は自分にとって新鮮な驚きでした♪
頭脳がついていかないときもありますが(^^ゞ
来年もゆるり~とお付き合いよろしくお願いいたします☆

よいお年をお迎えください^^

2014/12/30(火) |URL|kotorin [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/31(水) || [edit]

kotorinさん ありがとうございます^^)

ごていねいなご挨拶、ありがとうございます。
当方、精神世界系のブロ友は少ないので、kotorinさんは私には貴重な存在です。
いつもは駄洒落文ばかり書いている私ですが、kotorinさんのブログに訪問して、
自分の本来の在り場所を思い出せられたりしています。

文章を読んだり動画を見て、気づきを得ることもあり、絵を見て気分がやわらかくなり、歌を聴いて優しいお姉さんのように感じたりしています。勝手に、すみませんね。(^^♪
来年もよろしくお願いいたします。

2014/12/31(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 良いお年を(鍵コメさんへ)

才ある方と知り合えて光栄に思っています。
当方もブログを更新する励みになっています。
来年も相変わりませず、よろしくお願いいたします。
どうぞ良いお年を。

2014/12/31(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

頭の中は

私の頭の中は おねしょ で描いた地図のように
成っておりまして 広いのか 何処なのか
 悪戦苦闘致しております 

日々 お勉強させていただく有難いブログと
位置付けさせていただいております

 大変お世話に成りました
 来年もよろしくお願い致します

2014/12/31(水) |URL|ブッキ~ナ♡ [edit]

色々勝手な事ばかり書いてえろすんまへん

 こんにちは。本年中は色々と有難うございました。ネタを頂いたおかげでなんとか続けて来れました。が来年はいつまで続くかわかりません。すでにネタが尽きています。と言う訳でまたネタ下さい。では良いお年を。

2014/12/31(水) |URL|miss.key [edit]

ブッキ~ナ♡さん ありがとうございます^^)

ブッキーナさんの頭には、普通以上のスペースがある方と見ています。
発想が広いです。視点も広いです。見えない世界も見えるようですね。
私は昔から狭い世界に生きてきました。今も、まあ、そのようなものです。
知らないことが非常に多いので、他の人についていけないこともあります。
今後とも啓発してください。来年もよろしくお願いいたします。(^^♪

2014/12/31(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

miss.keyさん ありがとうございます^^)

miss.keyさんは、コメントも自由自在の発想で、大変面白く、
私、他の方への返信コメントも読むのさえ毎回楽しみにしています。
ですので私も、コメントを書く際にはかなり面白がって書いて投稿しています。

なので、私の書き方は毎回文体が変わったり(このところ子供言葉になってますが)、
つい調子に乗り過ぎるときも多々あるワケでありますが、どうぞ、そこは寛容の
精神とならびに同情心、親切心等を発揮して、ご容赦のほどをお願いします。
ええと、ネタのほうは、寝たら考えます。でも寝たら忘れます(笑)。佳いお年を。

2014/12/31(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

うぁ…確かにその通り!

ここのブログは、いつきても『学び』があります。
今回のこの記事は、なんだか励まされた気分^^

自分じゃあ柔軟性のある脳みそだと思ってたけど、まだまだでしたww
いやあ、勉強になる!

来年も、こういうのをいっぱい書いて下さいね!
楽しみにしておりますb

良いお年を~^^b

2014/12/31(水) |URL|ウダモ [edit]

ウダモさん ありがとうございます^^)

お褒めいただき、恐縮しています。が、うれしいです。
たいていの人は、私だってそうですが、自分では柔軟で中庸だと思っています。
過激派や原理主義者だって、自分はまっとうだ、他が間違ってると思ってるでしょう。
人間、良きにつけ、そうでないにつけ、頑固・硬直思考じゃいけないのでしょうね。
私は知らないことが多いので、来年もどうぞよろしくお願いしますね。
どうぞ、佳いお年を。(^^♪

2014/12/31(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

(^-^)

良いお年を
です〜

2014/12/31(水) |URL|けじぼん [edit]

けじぼんさん ありがとうございます^^)

(*^^)v
今年も毎回の訪問、ありがとうございました。
カゼに気をつけて、ぜひ良いお年を。
来年もよろしくお願いいたします。

2014/12/31(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/192-616de81a

back to TOP