「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 野生の動物たちと仲良しになった少女ティッピ。 

《動物たちと親しくなれる人間》と言われて、私が思い出すのは、
まずドリトル先生、ターザン、それから少年モーグリ、少年ケニヤあたりでしょうか。
みんな、小説や絵物語に書かれた、大人の男やたくましい男の子です。

でも、実際に野生の動物たちとすぐに仲良くなれる、人間の女の子がいました。

1359175.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「私も裸にならなければ、動物たちは心を開かないわ」。ティッピ
1990年、フランス人の野生動物専門カメラマンを両親に、アフリカのナミビアで生まれた
ティッピ。10歳になるまで、原住民たちと共にアフリカの野生動物に囲まれて育った。

ティッピには生まれながらに、猛獣やゾウ、カバ、爬虫類たちとすぐ仲良しになれる
不思議な能力があった。 それに気づいた両親は彼女と動物たちとの交流を写真に撮った。

ティッピがお兄ちゃんと呼ぶ体重5トンのアフリカ象「アブ」が最初の友だち。
1359024.jpg
母親はこう語る。「ティッピは全然怖がらなかった。アブーと体の大きさが違う
ことも気づいてなかった。彼女は彼の眼をのぞき込んで話しかけてました」。

ランドクルーザーに轢かれそうになったカメレオン。「レオン」と名付けた。
13594219259438.jpg

ダチョウの「リンダ」は、ティッピに怪我をさせることを恐れ、心配した。
1359234498.jpg

人を襲う豹には、歩み寄って「おやめなさい」ときつく叱り、友だちになった。
13594219260702.jpg

出産時に医者が「もしかすると長く生きられないかもしれない」と言ったが。
sannljgmai.jpg

「私が人生で好きなことは冒険」。
『ティッピ 野生のことば』より
ティッピは有名なフランスの公立学校に入れられたが、都会での生活はうまくいかず、
通学したのは2年間だけ。その後、両親は娘に在宅教育を受けさせた。

                          ■
ティッピは23歳で映画を学び、人気のゲーム番組に出るトラの世話をした。
著書『Tippi of Africa』はベストセラー。現在の生活はほとんど知られていない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
話変わって、動物の思いが分かるという女性がいる。
1964年生まれ、アメリカ・カリフォルニア州出身のハイジ・ライト。子供の頃から
テレパシー能力があり、動物と意思疎通ができるとか。『天才 ! 志村どうぶつ園』にも出演。

寝たきりシェパード「ランディ」。―――『天才 ! 志村どうぶつ園』

番犬であることに誇りを持っているランディ。原因不明の寝たきりで、余命数か月。
不可解な行動を時々取る。麻痺した足を何度も噛む。何か訴えるように口をパクパク
と動かす。ハイジが心を集中してランディの思いを探る。激しい痛みが伝わってきた・・・。

                          ■
この番組は見たことがあります。ハイジの語ることには漠然とした内容の場合もありますが、
時には飼い主しか知らないエピソードを語っているようにも見えました。動物に限らず、
植物にも、人間の意識や感情や音楽が通じるという話はよくありますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ブロ友・レイままさんちのワンちゃん「ちびレイ」も問題を抱えています。
ワンコやニャンコが大好きな方のファンも多いブログ『残り3分の1・・・人生』
に詳しいことが書かれています(11/25,19,14付け記事)。→クリック

20140814095506bbb.jpg

もし何か体験談や情報などがおありでしたら、上記ブログのコメント欄で受け付けている
そうですので、ぜひお知らせいただけると感謝します。

~~~~~~~~~~~~~~~~資料~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・『TIPPI ティッピ―――アフリカに育まれた女の子』 発行/映像文化センター 
発売/日本ヴォーグ社
・『ガラパイア』「大親友は野生動物たち。生まれてから10年間、アフリカのジャングルで
育ったリアル・モーグリ少女」
 http://karapaia.livedoor.biz/archives/52121113.html
・「TIPPI ティッピ」
 http://www.aritearu.com/Life/photo/Photo/Tippi.htm
☆写真「The Little French Girl who played with Wild Beasts」
 http://www.messynessychic.com/2012/04/06/the-little-french-girl-who-played-
 with-wild-beasts/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

人間と動物という異種間でも心を通わせることが出来るのに、なぜ人間と人間が心を通わせることができないのでしょうか。

それは裸にならずに、自分の殻の中に閉じこもっている人があまりに多いからなのだと思います。

人間が進化するとしたら、生まれつきこの殻がないというような進化だったら素敵だなと思いました。

2014/11/29(土) |URL|わほマン [edit]

ありがとう

あ、バーソさん・・・(ノД`)・゜・。

言葉もありません。
本当に感謝m(__)m

またあらためて来ます。。。

2014/11/29(土) |URL|レイまま☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/11/29(土) || [edit]

小さなティッピの姿、
 なんか ちびレイと重なります♪

人間の子なら、こんな年頃の可愛い少女でしょうから^^

>出産時に医者が
「もしかすると、そう長く生きられないかもしれない」と言ったが・・・

 そういわれていたティッピ!!
ちびレイも、ティッピみたいに駆け回れるようにしてやりたいです。

ランディの姿からは、色々教えられます。
その子、その子なりに
いろんな事を飼い主や家族に教えてくれますもんね(TT)
大したもんですね、、、

2014/11/29(土) |URL|レイまま☆ [edit]

こんにちは

ティッピはその後どうなったんでしょうか。うまく人間社会に
適応できたのでしょうか、気になりますね。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52121113.html
ハイジさん、半信半疑ながらいつも興味を持って見ています。
他の、動物と会話できるという人が動物たちに話しかけても
動物たちはそっぽをむいていて、あっこれはインチキかなと
思ったりするんですが、ハイジさんが話しかけるときは、動物たちは
ハイジさんの顔をじっと見て話を聞いているように見えます。
ゾウのランディ、ネコのぐら(でしたっけ)のときには泣かされました。
昆虫やトリとも直接話ができるのに、日本人とは通訳を介して会話を
する場面はいつも笑ってしまいますが。←日本人は昆虫以下か!(笑)
ドアロックの件、そんなことがあるんですね、勉強になりました。
私もワンちゃんを中に入れたままロックしてしまったことがあるんです。
ワンちゃんに「その棒を咥えて引っ張れ」って言いましたが、ハイジさんの
ようにはうまくいかなかった。(笑)

2014/11/29(土) |URL|エリアンダー [edit]

わほマンさん ありがとうございます^^)

>人間と動物という異種間でも心を通わせることが出来るのに、
>なぜ人間と人間が心を通わせることができないのでしょうか。
ほんとにそうですね。人間同士もそうなれればいいと思います。

>それは裸にならずに、自分の殻の中に閉じこもっている人が
>あまりに多いからなのだと思います。
そういうこともあるでしょう。また、自分の殻だけを保ちたいと思う人や、他人の殻を破るのが好きな人もいるからでしょう。

>人間が進化するとしたら、生まれつきこの殻がないというような進化だったら
>素敵だなと思いました。
そうですね。そう思う人が多くなればそうなるでしょう。

2014/11/29(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

レイまま☆さん ありがとうございます^^)

>小さなティッピの姿、なんか ちびレイと重なります♪
>人間の子なら、こんな年頃の可愛い少女でしょうから^^
そうですか。かわいがっているペットは自分の子のように感じますね。
私も子供のようにかわいがっていたペットがいたので、その気持ち、分かります。
ワンコの場合は親密表現がすごいので、余計そう感じるのでしょうね。

>ちびレイも、ティッピみたいに駆け回れるようにしてやりたいです。
ちびレイちゃんは、本当に、いいお母さんの所に来たと思いますよ。
早く駆け回れるようになればいいですね。

>その子その子なりに いろんな事を飼い主や家族に教えてくれますもんね(TT)
顔がそっくりな同じ種類の動物でもみんな個性があります。当たり前の事ですが。
人間一人ひとりが個性を持って生きているように、動物もみなそうなんですね。
またブログに、最近の写真を載せてください。
画像の件、ありがとうございました。早速、直しました。

2014/11/29(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

人間の性格は、子供の頃の経験にかなり影響を受けるそうです。
やはりティッピには都会での暮らしは難しいのでしょうか。
志村動物園。ネコのぐらは見ていなかったので、検索して、両方見ました。
ランディ
https://www.youtube.com/watch?v=tvICR8G9jF8
https://www.youtube.com/watch?v=OCV1lhzN7mo
ぐら
https://www.youtube.com/watch?v=YEWavo3ZMT8
https://www.youtube.com/watch?v=hpnlua_XTQw
また涙が出てきました。先日、千葉に行ったとき、このきれいな坂本さんの動物園にも行っておけばよかったと、いま悔やんでいます。ぐらの変化はすごいですね。

チャネラーもそうですが、この種の人が意思疎通するのは《言葉》によってではなく、いわばテレパシーというか、感情の波動を感じたり、イメージを映像で見るそうです。
それをそのチャネラーがその人の国の言葉で語っているので、その受け取り方の解釈の違いや、あるいはどの次元の映像を見たかで、内容の違いが出たりするそうです。

私は、子供のころに読んだ「ドリトル先生」の本の影響で、いまだに道を歩いているときに小鳥やワンコやニャンコたちを見ると、つい日本語で話しかけてしまいます。(笑)

2014/11/29(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ランディー

バーソ様
こんにちは。

ビデオを観て泣いてしまいました。
動物は死ぬということを理解していないと聞いていましたが
本当は解っているのかも知れませんね。
こんな状態になってまでプライドを持っているなんて偉いです。
人間でもプライドがない人が多いのに。

愛新覚羅

2014/11/29(土) |URL|aishinkakura [edit]

aishinkakuraさま ありがとうございます^^)

>こんな状態になってまでプライドを持っているなんて偉いです

そうですか。私も泣きました。シェパードは警察犬というイメージがありますが、
彼らもプライドを持っているのですね。感情を持っているのは分かりますが、
自分の職務を誇りに思っているとまでは思わなかったので、ちょっと驚きました。

あの沈没船の船長のことを思い出しましたが、ネコでもよく玄関のわきにいるのは、
自分の家を守っているのだそうですね。そんな説明をする番組がありました。

2014/11/29(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

バーソさま 

 我が家で飼ってたフェレット!
 最後は 娘の腕の中で 息を引き取りました、
 悲しいけど 見届けられて 嬉しかったです、 
 言葉も通じないけど 呼べば 走って来る!
 そんな生活でした、 

 生き物と遊べる?
 この子は 何を持って 産まれてきたのでしょう?
 助ける人に なってほしいですね、 
 
 子どもの犬を飼い うるさいからと 
 廊下や ベランダに出す! 
 いつまでも 吠えている! 
 飼い始めには 良くあります、 
 周りの家は 文句も言えません、
 覚悟して 飼いましょう! 
 
 可愛いペットや 生き物!
 大事にしたいですね、
 
 ツマンナイ コメントで すみません、 
 いつもありがとうございます、 たか

2014/11/29(土) |URL|たかちゃん [edit]

たかちゃんさん ありがとうございます^^)

ちっちゃい動物ってかわいくて、愛玩されるために存在してるようですね。
フェレットって呼べば走ってくるのですか。マウス類と違いますね。
以前、手乗り文鳥を飼っていて、ピーちゃんと呼ぶとすぐ飛んできました。
野球の話をしていて、ピッチャーと言ってもすぐ飛んできました。
近頃、子供虐待の報道がされますが、生きてるものは大事にしたいですね。
生き物と会話するのが夢というか願望です。

2014/11/29(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

豹の目に獲物には映らないものだろうか

 豹はなにもインパラが憎い訳ではない。肉な訳だが。つまり、動物に対して憎悪は抱いていないのである。木の上で獲物抱いているけど。象に対しては抱いているかもしれない。象だけに。いあいあ、大切な木を倒してしまうからです(汗。
 脱線失礼。何れにせよ、感情で動物を見ていない。しかし豹を見れば動物は逃げる。当然である。食われてしまうのは嫌だ。
 さて、ティッピはどうして食われなかったのだろうか。自分を嫌わないティッピに情が移った?子供に対する保護本能が働いた?何れにせよ、これは極めて稀なケースだろう。皆同じだと思って猛獣の前で裸になってはいけない。きっと美味しく頂かれてしまうだろう。いろんな意味で(マテ

2014/11/29(土) |URL|miss.key [edit]

私も・・・こんにちはです

非常に 変な事言いますので 密信の扱いはおまかせします

震災時 馬の救出をした時のことです
娘が 犬猫の世話にパトロールしていて 被災した馬小屋を
覗いて 馬を見つけてしまった との事で動物救援隊と伴に
駆け付けたのですが  救援隊が馬が興奮していて入れない
と聞き 先に入ってみました 

犬猫の感情チャンネルなら 多少は解るので それで呼びかけてみた
・・ 言葉じゃないのですけれど・・・

ここのリーダーは 誰だ! 「私だが・・!」 首を持ち上げて
しゃべってくる・・・ 通じた・・! そっちに向かい手を差し伸べると
相手も(馬)理解したようだった  触れる事を許してくれた

頭を摺り寄せて 瞑目したら 映像が飛び込んでくるのです
 自分で体験した記憶に無い映像なのでした

水に浸かり 飛び込む瓦礫に驚く 馬たちの映像・・・
 呼吸出来ずに 溺れる映像 それこそ地獄絵図の様です

こらえきれずに 涙を流し 済まなかったなぁ~ 遅くなった・・
 ちょっと 遅れて その馬も涙を落としました

それから 何度か馬語の様な 音声を出しましたが私には
判らない  その後 救出がスムーズに成ったのでした

ここを壊しましょう ここを切りましょう 提案しながら  何で
馬小屋の構造が解っちゃうのか と思いながら 命優先策を
とりました  少ししたら動物救援隊が動いたと連絡したらしく
 カメラを持った人とか 女性市会議員が来ました

「あんたたち 何勝手な事するんですか? こんな所 壊しちゃって」

その時 聞こえた言葉が 「知っているんだぜ ココが弱いって!」
 混乱の 思考が交錯する中 誰が発したのか判らない
言葉だったのかも判らない  最初に接触した馬を見た時 奴も
こっちを向いて へへっ! って顔していた 

全ては 気のせい 幻覚 思い込みと思いたいのだが
逆に 貴重な 大切にしなければいけない事にも思えました

言葉が 動物に通じるの・・・ より 通じないの人間だけ?

だって 奴が言っていた  馴染のネコの匂いがしたので
呼んでみたら 来てくれた  人間は来ないのかと聞いたら
近くにいるからって 連れて来てくれたのだと・・・・

筒抜けのように 解る時も有る どこかで意思疎通の
チャンネルが開く時が有るんでしょうね

この記事の様な事 ぜんぜん不思議に感じません

私の中では あり得る話でした

2014/11/30(日) |URL|ブッキ~ナ♡ [edit]

miss.keyさん ありがとうございます^^)

豹などの肉食動物は他の動物を獲物と見る。ただし空腹時のみ。
狩りの「獲物」のことを「ゲーム」と英語では言うそうですが、不快です。
遊びで動物を殺すのが好きな人や、弱い人間を平気でないがしろにする人が
いますが、まったく理解できません。獣以下の感覚だと思います。

さて、ティッピ。どうして野生の動物と親しくなれたのか。
生来、動物と通じ合える《何か》を持っていたせいでしょうか。あるいは、
アボリジニのように、生まれたときから野生に親しんでいたせいでしょうか。

あ、憎いと肉、憎悪と象の件ですが、インパラレーションと(汗)で分かりました。
この二句については、ぞうぞ、ご安心を。(笑)

2014/11/30(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ブッキ~ナ♡さん ありがとうございます^^)

>犬猫の感情チャンネルなら 多少は解る
周波数は、馬と同じなんですか。同じ家畜だからでしょうかね。
311の災害は、動物やペットたちにとっても、さぞかし大変だったのでしょう。動物たちはかわいそうです。
この経験、「志村どうぶつ園」のハイジの話よりすごいですね。

>筒抜けのように 解る時も有る どこかで意思疎通の
>チャンネルが開く時が有るんでしょうね
そうですか。私はこういう話は信じます。似たような経験をいろいろ聞きますから。
植物だって、いい音楽を聞かせたら効果があったという話がありますものね。

私の父親は、若い頃は新聞記者だったのですが、一念発起して、山にこもり、厳しい修行をして、真言密教の僧正になりました。いわゆる霊力を身につけ、霊とか魂というものが見え、透視もできたそうです。その後、下山して町なかに住み、霊の存在を科学的に実証すべく研究して機関誌を出しながら、多くの人々の人生相談に乗っていたようです。

ですから私は、そういう世界があることは、以前から漠然と信じていました。変な話だとは全然思いません。私は、見えない世界があることは信じる者ですから。

2014/11/30(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

普通の人間ならば、とても近づけないような猛獣を抱きしめる少女の写真。
感動的でもあります。
こっちが心を開けば、通じるものがあるのでしょうか。

2014/11/30(日) |URL|マウントエレファント [edit]

マウントエレファントさん ありがとうございます^^)

>こっちが心を開けば、通じるものがあるのでしょうか。
そうですね。おそらく、どんなことでも、そうなんでしょう。
相手が誠実な人間なら、なにかのいさかいがあったとしても、こちらが真摯に
対応していけば、きっとうまくいくのでしょう。

動物の場合には不誠実というのがないのでしょうから、こちらがかわいがれば、
相手も応えるのでしょう。とは言いつつも、ニャンコはワンコとは違いますね。
ま、その愛想なしがいいのだと言うひともいますが。エリアンダーさん宛ての
返信に書いた「ぐら」というネコの動画は、ネコの愛情の深さが分かりますよ。

2014/11/30(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ティッピ。。初めてしりました。

こんな子がいるんですね!驚
お花や動物と会話できる子や 人は
ときどき耳にして 素敵だなって思ってたのですが
こうして写真でみると ほんとに感動的ですね!

風の谷のナウシカ思い出しました。
素晴らしいショットですね~

でも、もしかして これが本来の人間の姿なのかなって
ちょっと思ったり。
アナスタシアもそういえば 動物とこころを通わせてますよね
なんとも羨ましいです^^

花や動物とこころを通わてて
みんな仲良く生活できたらいいのになぁ。。

ハイジのことはテレビでよく見てましたが
ほんとに泣けますよね。。

猫の話
ずっと猫を飼ってたのですが
猫によって 性格がちがいますよね
うちの猫(チビ太)は 誰かが帰ってくる時間になると
玄関の外まで出迎えにきて
全員帰ってくると 中に引っ込むのでした^^
死んじゃったけど、ほんとにやさしい猫でした(;_;)

2014/12/02(火) |URL|kotorin [edit]

kotorinさん ありがとうございます^^)

そうですね。「風の谷のナウシカ」。叙情感があって、きれいで、いい映画でした。動物とか植物と会話できると、さぞかし楽しいでしょうね。
フィンドホーンでは土地の精霊とか妖精とコンタクトできるそうで、羨ましいです。

私は以前、聖書を100%信じていたので、イザヤ11章6-9節にある「狼は小羊と共に住み、豹は子山羊と共に伏し、子牛と若いライオンと肥えた家畜は共にいて、小さい子供がこれらを導く」という聖句が、実際にいつか地上に実現するのだと思っていました。

今でも南極のペンギンが人を知らないために近寄ってくるそうで、人間も子供のように純粋な心を持てれば、彼らともっと通じ合えるのだろうと思います。

人間から見れば、同じ種類のペットはほとんど同じような顔をしているように見えますが、人間と同じく、彼らも顔や個性がみな違うのでしょう。ネコは愛想無しが多いのに、チビ太は家族全員を玄関で迎えたのですか。かわいいもんですね。

「アナスタシア」。本は読んだことがなかったので、図書館に予約しました。
精神世界の本みたいですね。映画もありましたが、いい歌です。
これしか見つからず。https://www.youtube.com/watch?v=b7FD3hDnNOE

2014/12/02(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

本 予約されたのですか♪
1巻~4巻まで出版されてますが
私はまだ2巻までしか読んでないです(^^ゞ
4巻は先日出版されて、良さそうなので読みたいと思ってるのですが。。

http://www.anastasiajapan.com/product/65

多分映画とは別かもしれないですね
映画のほうはよくわからないのですが。。


>私は以前、聖書を100%信じていたので、イザヤ11章6-9節にある「狼は小羊と共に住み、豹は子山羊と共に伏し、子牛と若いライオンと肥えた家畜は共にいて、小さい子供がこれらを導く」という聖句が、実際にいつか地上に実現するのだと思っていました。

素晴らしいですね。
まさにティッピの写真みたいです♪
いつかほんとに実現するかもしれないって思ってしまいます^^
人間から獣性が抜けると そんな風になる。。って
何かの本で読んだ記憶があります。。
結局 人間の意識が創造してる部分も大きいのでしょうね
この世が神様と人間の共同制作だとしたら♪

チビ太のこと ありがとうございます^^
そんなふうにバーソさんの記憶の片隅に
チビ太が存在してくれることが嬉しいです♪

2014/12/02(火) |URL|kotorin [edit]

kotorinさん ありがとうございます^^)

3巻あって、「アナスタシア 響きわたるシベリア杉」が一番古かったので、
これを予約しました。精神世界で、いい本は滅多にないので、この本は面白そうですね。
映画のほうは相当古い映画で『追想』という題なんですが、「アナスタシア」は
そのテーマ曲。甘い、切ない、なんともいえず物悲しいメロディで、好きな曲です。
パット・ブーンだったか、そんな感じの歌手が歌っていたのですが、忘れました。

>人間から獣性が抜けると そんな風になる
そうかもしれませんね。この二元性の地球で、人間の一方の性質である獣性が抜けることってあるのでしょうか。最近はあまり言われなくなりましたが、「アセンション」が2012年から進行中だと言われますが、私はこの《理屈》が今ひとつピンと来ないんですよ。

>人間の意識が創造してる部分も大きい
私もそうだろうと思います。そうであれば人間の意識が地球の事象を作っているのであって、何万年単位だかの地球の次元カレンダーで、人間の次元が自動的に変わっていくのだという話は、なにか占星術と同じような思考の産物のような気がするのですが。
でも、そうなのだと言ったり、その波動を感じると言う人がけっこういますね。

2014/12/02(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

映画、ディズニーのアナスタシアと勘違いしてました(^^ゞ

YouTubeの曲 聴いてきました♪
いい曲ですね。
イングリット・バーグマンと。。
どっかでみた顔だと思ったら、ユル・ブリンナーの若い頃だったのですね(^^)

>この二元性の地球で、人間の一方の性質である獣性が抜けることってあるのでしょうか。

たしかにそうですよね。
獣性というより 調和。。意識の変化(進化?)なのかしら
ティッピみたいな。。

アセンションってずいぶん言われてましたよね
半信半疑でしたが。。。
アセンションするもしないも人の意識次第ってこと?
アニータ・ムアジャーニさんみたいな意識の人が増えたら
すごいだろうな。。。とは思いますが^^

はぁ~。。わからないことだらけです(〃ω〃)

『響きわたるシベリア杉』良かったですよ!
桜の花のくだりで泣きました。
って ネタバレになっちゃうのであんまり言いませんね(^^ゞ

2014/12/02(火) |URL|kotorin [edit]

kotorinさん ありがとうございます^^)

地球は陰と陽がある二元性の世界。人はその世界で生きるために生まれてきた。
もし陰がなくなれば、二元性のある地球に人間として存在する意味がない。
ウフフ、ニコニコ、ウフフ、ハラハラ、ドキドキ、ウルウルなどが無くなってしまう。
だから、陰があってもいいのだろう。と、そんなことを最近は思います。

以前、映画『ベルリン・天使の詩』のことを書いたことがありますが、
永遠に生きる天使はこんなことを言って、人間を羨ましがります。
 「手が かじかんだら、こすり合わせる。これがまたいい気持ちだ!」
 「絵を描くのもいい。鉛筆を持ち、太い線を引く。それから細い線。
  二本でいい感じの線になる」。

私たちは毎瞬毎瞬、いろんなことを感じていますが、それは決して当たり前のことではなく、じつは非常に貴重で感謝すべきことなんでしょうね。絵が描ける人は羨ましいです。

2014/12/03(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/188-5f3ee0b6

back to TOP