「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 原始、人類はツチノコであった。広塚らいてふふふ 

(ジョークとPRのページ)
霊長類ヒト亜族に属する人類は、ほんとのところ何の子孫(子)か?

「ヒトは何の子か?」の解釈は、人が関係するブログによって異なっている。
 Ameba派は 「ダーウィンが言った通り、ヒトはアメーバの子孫である」と言い、
 Yahoo派は 「ヤフー、ヤハゥエ、エホバという名の神の『子』である」と言い、
 楽天派は 「イーグルスの子だ、来年は勝つんだあ」などと楽観的に言い、
 liveDoor派は 「ホリエモンの血を引いてるんだろね」と言い、
 excite派は 「そ、それは%K#のwナ$gカrダ!!!」と興奮していて聞き取れないが、
 FC2派は 「人は、土(ツチ)の子に決まってるじゃん」と言っているようだ。

 q52000.jpg
           絵はmiss.key画伯による。

今回は、FC2派の「人は土の子である」説を懇切泥濘に解き明かしたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人間は「土の子」という説には、聖書的・科学的な根拠がある。
 創世記2章7節
 「主なる神は、土(アダマ)の塵で 人(アダム)を形づくり・・・」

宇宙には81の元素があるが、人体は約60種類の元素から成っているそうだ。
「土の塵」とは地球の諸元素。 聖書の神は、諸元素を材料にして人を造った。
で、簡単ながら、ヒトは大地の子、すなわち「土の子」であると言えるのだ。

 0158bb5.jpg

※ヒトは宇宙の半分以上の諸元素から成るゆえに「星の子」だとする異説あり。
※東京・渋谷駅前の若者は「芋の子」だとの説あり。(――を洗うようだ)
※「子どもは風の子」「男児は男の子」「女児は女の子」との愚説もある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本来、蛇 には手足があった。
エデンの園で蛇がアダムとエバをだまして禁断の木の実を食べさせた話は知られているが、
聖書の神は、蛇に罰として「手足もぎ取りの刑」を宣告した。
創世記3章14節
「おまえはこの事(人をだました)をしたので、すべての家畜、野のすべての獣のうち、
最も呪われる。 おまえは腹で這い歩くであろう」

神から「腹で這い歩く」と宣告されたとは、この時から蛇の手足は消滅した。
ということは最初、蛇には四肢が16、もとい、8、否、4本ほどあったのだ。

 38khe89.jpg

※蛇には四肢の痕跡がある。(Wikipedia)
「痕跡器官: ヘビは四肢を欠いている。しかし、まず爬虫類に間違いないから、
四肢は本来はあったものと考えられる。そして実際に、ニシキヘビ類には肛門直前に
右1対の爪があることが知られていて、後肢の痕跡だと考えられている」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いま、蛇の子らは、世界で目立たぬよう密かに行動 している。
四肢が無くなった蛇は、その後、じっと我慢の子を続けたのだろうか。
創世記3章1節
「主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった」

蛇は一番賢い生き物だった。ならば、蛇はその天与の才能を活かしたはず。
すなわち、姿を変え、自分の子孫が立派に生き永らえられるようにしたはず。

それが、ご存知の「龍」である。ドラゴンである。 四肢は復活している。
東洋では竜神として崇められ、西洋では聖書に「初めからの蛇=龍=悪魔サタン」として
登場し、信仰ある人々を怖れさせてきた。(黙示録12:7,9)
 
 q336co2a.jpg

 ※ドラゴンの名は「パフ」であったろうという通説もある。→You-Tube

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
わが国では「ツチノコ」として手足の無い素直な姿で現われている。
目撃者などによる特徴
鎚(ツチ)に似た胴が太いヘビと形容される。 東北ではバチヘビとも呼ばれ、他にもノヅチ、
タテクリカエシ、ツチンボ、ツチヘビ、土転びなど全国で約40種の呼称がある。

 20141604cc8.jpg

ツチノコの歴史

●縄文時代にツチノコに酷似する蛇型の石器あり(岐阜県飛騨縄文遺跡出土)。
●『古事記』『日本書紀』に、カヤノヒメ神の別名であり野の神と書かれてある。
●江戸時代の百科事典『和漢三才図会』に「野槌蛇」の名でツチノコ解説あり。
●平成26年、あるブログで「ツチノコ」の意外な日常が愉快に紹介されている。
 201kjhf45.jpg

その熱い注目を浴びているオンライン小説サイトがコチラ。→ 藤花幻 
サイトのメインは小説。 私は「4コマ マンガ」のほうをブックマークしている。
(絵が巧くて、文章も上手くて、返信コメントだってすごく面白いんだから)

         つちのこ熊の手を齧る 「ピラニアか、おまえは・・・」
 つちのあああ
           (縦並びの4コマ マンガをひとつにまとめて縮小)

朝 見れば一日が愉しく過ごせる。 頭痛、肩こり、赤面症、対人恐怖症等によい。
99.3%の人に効果あり。ただし個人の感想(薬事法により)。絶賛無料配給中。

 0250o705c.jpg

作者の名はmiss.key氏。Keyとあっても打鍵ミス入力とは関係なし。ミスに関しては
ミスがたまにあるが、じつはミスにはモテモテなのだよと匂わせているのかもしれない。

     ギャッ る ソン
uyt54cd7.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

朝から、ツチノコのイラストに癒されました♪
(なんか いつものシュールなチョイスと趣きが違いますね^^)

「○○の子」っていうと、
昔見た、友人のアルバムのタイトルを思い出します。
彼女は当時、20代でしたが、60代の男性と同棲しておりました。
(おまけに住まいはワイキキの豪華コンドミニアム!)
時はバブル、、、
金持ちジジィと若い娘の典型的な不倫カップルのようですが、
意外と ふたりとも パッと見 凄く地味で、
傍目からみたら 本当の親子と疑われなぃような感じ。
唯一、贅沢な楽しみといえば あちこち旅行に出掛ける事。
そんで、私が遊びに行くと、旅の思い出を見せてくれるのが恒例でした(私は全然、興味なぃんですけど...)
その中に、南のリゾートで撮った一枚、
彼女が 椰子の木の下で 日焼けした顔で笑ってるんですけど、
タイトルが、「椰子の実の子」、、、、

なんだか、おじ様の 彼女への愛情の深さみたぃなんをを感じたんですよねぇ。

あ、、、凄い長文の割りに、中身のなぃ話題でありました。
なんか思い出しちゃって(^^;)

 >ミスに関することでミスがたまにあるが、じつはミスにはモテモテな のだよと匂わせているのかもしれない。

こんな 老齢のおじ様も、妙齢のミスにはモテモテでした。。。(ムリクリまとめる。笑)

2014/10/11(土) |URL|レイまま☆ [edit]

引っ張りますねえ

バーソ様
おはよう御座います。

タイトルにツチノコの文字がありましたので
あの胴体が太くて長さの短い蛇のことかと思い
いつ出てくるのかと思っていたら最後の最後に
出てきました。
ツチノコは伝説が多いのと目撃者が多いのに
写真も残っていない不思議な生き物ですね。
いまでも探している人が多いみたいです。

愛新覚羅

2014/10/11(土) |URL|aishinkakura [edit]

UMA番連勝単式大穴2,000万円也

 返信も面白い等と煽てるものだから、面白いコメントを考えて、考えて、考えて、結局昼まで寝てしまったではないか。
 こんにちは☆バーソ☆様におかれましてはご機嫌麗しゅうて何より。
 あのしょーもない漫画を良くぞここまで面白い記事にしたと寒心しきりである。失礼、感心しきりである。余りに持ち上げられ過ぎて、我が家に冷汗の池が出来てしまったので、金魚でも泳がそうかとアマゾンにて検索中である。
 寒い池と言えばネス湖のネッシーもUMAである。有名な写真は某好事家の悪戯であった事が暴露されたが、それ自体に証拠がある訳では無いと、「信じている人」は「信じない」・・・という冗談の様な事態が起きている。つちのこもそうなのかもしれない。誰かのほら話が一人歩きして、面白がった人が宣伝して、万人に知られるに至り嘘か本当か判らなくなって、遂には二千万の賞金が掛けられるやうになってしまった。もはや居ようが居まいがつちのこは「居る」のである。居ない事を証明するのは不可能である以上、永久につちのこは存在し続けるのであろうと思ふ。
 ただ、気が付かれる事も永久に無いと思われる。そうではないか。今そうしてそこに座っている貴殿の直ぐ後ろでつちのこが笑転げているのに、貴殿は全くもって気付かない有様なのだから。

2014/10/11(土) |URL|miss.key [edit]

こんにちは

あれ? 部屋を間違えたかと思いました。(笑)
そういえば、最近イギリスの研究チームが、高度2万7000メートルの
成層圏で宇宙から来た生命体と思われる微粒子を発見したと報告が
ありましたね。星の子説に一歩近づいたのかな。
つちのこ、私のなかではアオジタトカゲかなと思ったりします。
miss.keyさんのファンタジー小説「シャノン・アルスター幻想」を
読んでいます。アップが続いている小説で現在A4換算で210ページですが、
これがなんとまだ全体の四分の一だそうで、大部の壮大な物語です。

2014/10/11(土) |URL|エリアンダー [edit]

レイまま☆さん ありがとうございます^^)

20代と60代ですか。そんなに年の差があっても、ロマンチックでたいしたものですね。
「椰子の実の子」ですか。うーん、そんなキザな言葉、真似できないですー。

でも、じつはこの「椰子の実の子」という言い方は、私も今回、思いついたんですよ。
冒頭で各ブログ会社名を列挙してますが、「BIGLOBE」も入れようと思ったんです。

というのは、なんとなく社名から南洋のマングローブを思い出し、人は何の子か?の答えとして、「名も知らぬ遠き島より流れついた椰子の実の子」として入れようと思ったのですが、まあ、やめてしまったわけなんです。

画家には高齢でも若い女性と恋をする人が多いですね。感心します。

2014/10/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

aishinkakuraさま ありがとうございます^^)

「つちのこ」は「土の子」と書けると思ったら、あのアダムが「塵の子」であるのと同じだと気づいて、自然に私ふうの話が出来ました。ちょっと長かったですかね。

伝説上の生き物はいろいろありますが、確たる物証がないのが多いですね。
UFOにしても宇宙人にしても、写真がみなボヤケているのはどうしてなんでしょう。
海の底にいる深海魚だって、みんな、なぜあんなに怖ろしい顔をしてるのでしょう。
彼らもUMA(謎の未確認動物)の仲間に入れてもいいような気がするのですが。

世の中にはわからないことが沢山あり、それをわかろうとする過程が面白いのでしょうか。

2014/10/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

miss.keyさん ありがとうございます^^)

お世辞であっても寒心して頂き、嗚呼、同じ変換ミスをしてしまったではないか。(笑)
金魚の件は、さては金魚迷惑であったかと些か後悔を・・・さほどしておらんとですよ。

仰せの通り、「万人が信じる→→と→→居る」という法則は凄い事なのであろう。
すなわち、「居る」と思えば、その「居る」と思う意識のフォースには凄まじいエネルギーが在り、丁度 枯れ尾花を幽霊と信じてしまうが如く、信ずる人々の間には実際に「居る」ように成るのではあるまいか、と小生は以前から思っているので御座るよ。

と書いていると、何かザワツキの様な空気感を背後にツツツーと感じるのだが、これは小生が「つちのこ」君の存在を既に信じ始めている事を表しているのだらうか。

2014/10/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

右の部屋には「世界一」の看板があり、左の部屋には「宇宙一」の看板があっても、
「入り口はコチラ」って看板がある部屋が、バーソの部屋なんですよ。(笑)

「星の子」説は論理的に受け容れやすいですが、であれば、この広大な宇宙には「星の子」が確率的にもっと居てもいいという理屈になりますね。
でも、この地球は人間が住むために理想的な条件を超奇跡的に満たしていて、そんな環境の星は、この宇宙には地球の他に微塵もあり得ない、と言う本を読んだことがありますが、どうなんでしょう。私は確率的に言うなら、居ると思うのですが。

アオジタトカゲ、確かに似てますね。化石を見ても、大昔はずいぶん今とは違う生き物が生存していたのでしょう。今でもジャングルの奥深くにUMAがいろいろいそうです。

高校生のとき、分厚くて何巻もある机龍之介の『大菩薩峠』を全部読んだら、最後のページに「未完」とあって、非常にがっかりしたことがあります。
miss.keyさんには、できれば私の寿命があるうちに完結してほしいし、つちのこマンガも描いて欲しいし、と このようにプレッシャーを掛けたら悪いですね。(笑)

2014/10/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

♪ 名も知らぬ遠き島より
    流れ寄る椰子の実一つ 、、、♪

 大好きな 郷愁を誘う歌、、、

  名も知らぬ 遠き異国なのに 郷愁を誘われる...
それこそ、
  我らが、「ツチノコ」、
 
   もとい “椰子の実の子”たる 証しかしらん。。。

2014/10/11(土) |URL|レイまま☆ [edit]

レイまま☆さん ありがとうございます^^)

島崎藤村の「椰子の実」。少年期から思春期にかけてよく歌ったものです。
詩はあまりにも素晴らしいので、ここに全部掲載します。

名も知らぬ遠き島より 流れ寄る椰子の実一つ
 故郷の岸を離れて 汝はそも波に幾月

旧の木は生いや茂れる 枝はなお影をやなせる
 われもまた渚を枕 孤身の 浮寝の旅ぞ

実をとりて胸にあつれば 新たなり流離の憂
 海の日の沈むを見れば 激り落つ異郷の涙

思いやる八重の汐々 いずれの日にか故国に帰らん

こうして読んでるだけで、ふっと涙が出てきそうです。
いま、歌詞をちゃんと歌えるのは一番だけですが、
二番の「生いや茂れる」は思い出せるところです。
最後の「いずれの日にか故国に帰らん」なんか、いいですね。

藤村は明治5年生まれ。この詩は明治34年作。
なんと、29歳のときの詩ですよ。天才とはすごいもんですねー。
それにしても、レイままさんは乙女チックですね。
私も少年チックなところがあるのですよ。はい、頭のほうですが。(笑)

2014/10/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

椰子の実の歌の解釈

私も中学生の頃にこの歌に接して素晴らしいなあと思いまして・・
後日 どこかの本で書いてありましたが シマザキフジムラのあの歌は自分の体験でなくて想像上のフィクションだて書いてありましたが
フィクションでもいい歌はいい詩なんですよね
歌は作り手から離れた瞬間に他の人の唄になるのですね
http://www.geocities.jp/sybrma/289shi.yashinomi.html

2014/10/11(土) |URL|milestone [edit]

milestoneさん ありがとうございます^^)

おお、参考になりました。ドイツの詩人カール・ボエルマンの作を「思郷」と題して意訳した漢詩から、主題、詩想を借りてきている。そうですか。名詩とか名句というのは、古い有名作品からインスピレーションを得ているのがあるのですね。

  郷を離れて 遠く椰樹(やじゅ)の国に寓(やど)る。
  独り 潮声の窮北に似たる有り。
  思郷の念 或ひは熾(おこ)り、
  即ち 海の浜に走る。
  此の耳に熟(な)れし響を聴き、
  欝懐少しく伸ぶることを得たり。  

「生ひや茂れる」とは、「生い茂っているだろうか」という意味で、疑問形だとは知りませんでした。

東海林太郎の「椰子の実」も聴いてみましたが、この歌は、私の少年の頃――世間のことを何も知らないで、ぼんやりと過ごしていた頃――を思い出します。 

2014/10/11(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

FC2派です

人間は、なんだかんだ言っても、地球(大地)の子です。
土の子に間違いありません。
大真面目ですから♪

2014/10/12(日) |URL|しのぶもじずり [edit]

しのぶもじずりさん ありがとうございます^^)

あのお・・・すみません。大地の子は大真面目だとのロジックがちょっとわかりません。
検索してみました。
「東北の大地が生んだスーパー真面目ブラザーズのマリオU3人」・・・はて?
「大地を守る会」・・・自然野菜などの会社みたい。
「大地(The Good Earth)は、パール・S・バックの長編小説」・・・読んだことなし。
「マーラーの大地の歌」・「大地真央」・「鈴木大地」・・・違いますね。
「大地人:〈セルデシア〉世界の人口の95%を占める人々をさす」・・・何のことやら。
「孟子『公孫丑章句上』より「地の利、人の和」の意で、戦略成功の条件。・・・?

ここは素直に、「足が地に着いている」とか「人間は地球をもっと大切にすべきだ」
といった意味なんでしょうか。とりあえず、そう採らせていただきますね。(^<^)

2014/10/12(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

蛇さん

ほっこりするイラストに癒されました。
以前ボールパイソンというぶっとい錦蛇の一種をペットに飼育していまして、脚の痕跡がきちんとありました。

蛇を飼育していると、JWたちからスッゴい非難されて悲しかったです。とても飼育しやすい良いペットなのに。JW避けには有効です。

2014/10/12(日) |URL|かれん [edit]

かれんさん ありがとうございます^^)

うわっ、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目ニシキヘビ科(ボア科とする説もあり)。
全長100-150センチメートルで、最大全長200センチメートルですか。
私は、6本脚の昆虫と脚のない蛇類が全然だめです。怖いです。
サタンと関係あるとはまったく思いませんが、でも、ブルブルブルーーーです。

足の痕跡がありましたか。おもしろい。でもまあ、あるんでしょうね。
尾てい骨だって、ヒトの痕跡器官だと言われていますから。

Wikipedia:「痕跡器官は、何よりも進化が実在のものであることの証拠であり得る。なぜならば、痕跡器官は実際にその生物の役に立っていないのだから、それの存在する理由を、かつてそれが必要だったことに求めるほかに理由をつけるのが難しい」

でも、手足があったほうが絶対に便利なんだから、ボディ収納式になればよかったのに。
そのうち、手があったほうがいいと思ったことない?って蛇に聞いといてくださいな。

2014/10/13(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは。

初めまして。いつも読み逃げばかりですみません(汗)
Miss.key様とのコラボ記事、楽しく読ませていただきました。
シュールで秀逸な言葉運びに眼から鱗が落ちる思いです。
お二方ともきっと、頭の回転の早い、古今東西の造詣に通じたお方なのだとお察しいたします。

2014/10/16(木) |URL|野津征亨 [edit]

野津征亨さん ありがとうございます^^)

初めまして。コメントありがとうございます。
のっぱなからお褒めの言葉をいただき、朝から気分がすこぶる良くなっております。
若干、いや、かなり形容詞が褒めすぎなので、眉に何か塗らないといけないのかなあ、
などと思案しております。 はははは・・・と、この通り、冗談が通じそうな方には
調子に乗る傾向があり、調子に乗りすぎて、時に嫌がられることもあるのですが、
どうぞ懲りずに、よろしくお引き立ての程、お願い致します。
じつは小生、今日は遠くに出かけて土曜夜に帰ってきますので、簡単ですが、
あ、そうそう、お宅様にものちほど訪問し、ご挨拶させていただきます。

2014/10/17(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Miss.key様のツチノコ いいですねー♪
サイトも覗かせていただきましたが
思わずクスッと笑みが零れますね(^-^)
こういうマンガ好きです~
素敵なセンスをお持ちでうらやましいですぅ^^

もふもふ 私の携帯についてるもふもふも
ツチノコだったのかも(*^_^*)

2014/10/17(金) |URL|kotorin [edit]

kotorinさん ありがとうございます^^)

つちのこ、いいでしょ。
とぼけた かわいらしさがありますよね。
怒った顔もまたいいんですよ。
これは毎日更新ですから、すごい。
新聞の連載マンガを見る気分です。
このキャラは携帯のストラップにもいいし、
どこかの県のゆるキャラにもいいと思うのですけどね。

2014/10/18(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

これはあくまで僕の考えですが、人間は宗教的なものではなく、哲学的、あるいは自然科学的なところから生まれてきたような気がしています。

2014/11/28(金) |URL|わほマン [edit]

わほマンさんへ

私も、人間は宗教的なものだとは思いません。
自然科学的というのは単細胞生物が進化して人間になったという意味でしょうかね。
この哲学的という意味が私にはちょっと分かりませんが。

2014/11/29(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/182-4e150766

back to TOP