「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 「子子子子子子子子子子子子」。読み方、12通り。 

子子子子子子子子子子子子」と書かれた短い文があります。
「子」の文字だけが12。桓武天皇の第二皇子である嵯峨天皇が書いたものです。

この平安時代の《読み》と、平成時代のバーソの変な《読み》をご紹介します。
   _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

1. 「ネコ(ノ)コ、コネコ。シシ(ノ)コ、コジシ」と読めば模範解答。
 ※「子」という漢字は、ネ・コ・シ・ジと読める。
 ネ (十二支の「子丑寅卯辰・・・」の最初の子(ネ)。
 コ (子供、親子、子宝、子煩悩)
 シ (菓子、女子、男子、帽子、種子)
 ジ (障子、王子(地名→落語「王子の狐」)


逸話》 西暦8世紀、嵯峨天皇の時代、「無悪善」と書いた立て札が立てられた。
天皇がお気に入りの廷臣・小野 篁(おの の たかむら)に、読み方を尋ねたところ、
篁は「サガ(悪)無クバ善カラン(嵯峨天皇がいなければよいのに)」と読んだ。

天皇が「そう読めるのはお前が書いたからに違いない」と怒ったら、
篁が「私は何でも読めます」と弁明したので、「ならば、これを読め」と
「子子子子子子子子子子子子」と書いて見せたところ、
篁は「猫ノ子、子猫。獅子ノ子、子獅子」と読んだので、天皇は微笑んだという。

funny_anima 1jpg
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小野 篁と同じく「子」をネ・コ・シ・ジと読むバリエーション。

2. 「猫、猫、猫、猫、猫、支持」
これはネコ大好き人間の主張であるとしか言いようがない。あるいはネコを逆にし、
「コネ、コネ、コネ、コネ、コネ、支持」と読めば《親の七光り》族の人生哲学になる。

3. 「志士(の)虎視、古寺(の)枯死。獅子(の)孤児」
世にあわれなもの三つあり。偉そうにすること、尊厳を失うこと、援護者を失うこと。

4. 「死ね、死ね、ネジ死し、事故、自死」
みんな死ねと無謀運転をしていると、車の部品も壊れて自損に至る世間の道理。

funny_animal 4

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スの《読み》を加えると、寿司と猫にこだわりたくなるから不思議。
※「子」をスと読む(椅子、扇子、様子、茄子、金子)

5. 「寿司、鮨、スシ、すし無(ネェ)、死すね」
寿司食いねえ、江戸っ子だってねえ、寿司が無えと死ぬぜとガッツ石松が言ったと。

6. 「寿司、少しね。寿司、少しね」
猫があんなに寿司が好きなのに、上等な寿司を勧められても遠慮する人がいる。

7. 「猫、寿司、支持。猫、筋、辞す」 
ネコは、寿司は好きだが、魚の筋は硬くて噛みにくいと不満を言う姿が目に浮かぶ。

funny_animals_that_are_hungry_for_knowledge_640_21.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コ・シ・ジ・ネ・スに、ゴ・ザ・ズ・ツを追加したが、かえって難しい。
※ 「子」を、ゴ(団子、稲子)、ザ(餃子)、ズ(杏子、柚子)、ツ(面子)と読む。

8. 「蓙(ゴザ)寝す、少しずつ涼し」
寝苦しい夏はゴザの上で寝れば、松任谷由実と一緒に真夏の夜の夢を愉しめる。

9. 「越路 猫、四股し、座す、来ず」
越路吹雪さんの猫は相撲取りみたいで愛想なしで、シャンソンばかり聴いている。

10. 「子(鼠)寝ず、猫来ず、鈴音(ネ)、雑(ザツ)」
これはちょいと話が長くなるが、猫の首に鈴を付けようと鼠が寝ずに努力をしたが、
猫が来ないため、鈴付けの意欲と作業が、ザツになったと思っていただきたい。

11. 「 雑魚脛骨 猫常熱護 」
猫でも節約してることを教える漢文。「雑魚ノ脛骨、猫 常ニ熱ク護ス」と読み下す。
読み:雑魚(ザコ)、脛(スネ)、骨(コツ)、熱(ネツ)、護(ゴ)

☆ 人のすなることをわれもしてみむと思ふこころを期待中。
※コ・シ・ジ・ネ・ス・ゴ・ザ・ズ・ツと読める同音字は下記を参考にどうぞ。
常 脛 骨 熱 自己 事故 漉し 古詩 古紙 故事 固辞 古事 猫 師事 雑魚 雑 腰 濃し 超し 濃し
捻る ネス 護す 淒つ 伍す 実 辻 過ごす 捨つ 根 値 寝 etc。
※さらに「ミ・オトコ」とも読めるようです。
  

12. 「爺、雑魚寝、少し寝過ごす」※『夏への扉』主宰のエリアンダーさん作。
人間、歳を取ると、つい眠くなるという真理を簡潔に描写した金句と言えましょう。

funny_anima 2
        ワンコも急遽、対抗姿勢を見せているの絵。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小野 篁は、昼間は朝廷に仕え、夜は閻魔庁に仕えていたとか。
小野 篁。平安時代初期の文人・公卿。漢詩文では中国の白居易(白楽天)と匹敵され、
白居易は、篁が遣唐使に任ぜられたと聞いて、彼に会うのを楽しみしていたという。

『今昔物語集』には、藤原良相が病死して閻魔庁に引据えられたが、大王のそばにいた
篁がとりなしをしたので蘇生したという逸話がある。良相は極楽往生を信じる人だった。

京都市北区の島津製作所一角に小野篁と紫式部の墓が仲良く並んでいる。これは愛欲を
描いた咎で閻魔大王の前に引き出された式部を篁がとりなしたという伝説に基づく。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ね、ね、ね、ね、ね、ね、ね、ね、ネコ」すごいでしょ、見て、見て。

ブログ『夏への扉』は、ネコまず、ヘコまず、毎日毎日楽しく更新中。


関連記事:「生」の字だけを33個連ねたギネス級長文とその読み方→ クリック

★「子」の話は次週に続きます。次は、もっともっと面白いですからね(笑)。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆資料&画像
漢字辞典ネット」http://www.kanjijiten.net/jiten/2701.html#k2750
Wikipedia / 子」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E5%AD%90%E5%AD%90%E5%AD%90%E5%AD%90%E
5%AD%90%E5%AD%90%E5%AD%90%E5%AD%90%E5%AD%90%E5%AD%90%E5%AD%90
Forwards in / ANIMALS ARE INTELIGGENT」http://www.forwards.in/animals-are-inteliggent

※タイトルの後半は変更。「どう読むかで、知性と感性が出る」→「どう読むかで、痴性と癇性が出る」→
「読み方12通り。」。=人生は反省と後悔の繰り返し。私の場合ですが。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

パスです

バーソ様
おはよう御座います。

今回は私の頭には難しすぎますので猫の動画のみ鑑賞して
パスさせて戴きます。 m(_ _)m

愛新覚羅

2014/09/06(土) |URL|aishinkakura [edit]

わたし失格っぽい

 この手の感性は私には備わってないと見えて、全く読めませんでしたorz
 ただ、言える事が一つ。

  猫は絶対的に正しい。

2014/09/06(土) |URL|miss.key [edit]

aishinkakuraさま ありがとうございます^^)

ああ、わざわざ「パス」を通知していただいて、すみませんねー。
この文章を考えるときは、面白がって、けっこう懸命に考えたのですが、
いざ、出来上がったものを見ると、読み返す意欲が起きません。
内容に意味のないものは、まあ、そんなものなんでしょうね(苦笑)。

2014/09/06(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

miss.keyさん ありがとうございます^^)

タイトルは最初「どう読むかで知性と感性が出る」としたのですが、
内容は、駄洒落ですので、これは冗談だと受け取っていただけるかと
思っていたのですが、やはり思い直して、以下のように書き直しました。
「どう読むかで痴性と癇性が出る。」
miss.keyさんは、よく毎日アイディアが出ますね。感心します。
わざわざ感想のコメントを書いていただき、すみません。

2014/09/06(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

こんにちは、
子だくさんですね。以前の記事、「生生生・・・」を思い出しました。
ユーミン、真夏の夜のゴザ寝ですか、2分間笑わせてもらいました。
「子子子・・・」いろいろ考えましたが、難しいですね。
回文を作るときもこんな風に呻吟するんです。
語句があらかたバーソさんに使われていて、残り物がない。
ほとんどイヌも喰わん状態(笑)。
<爺、雑魚寝、少し寝過ごす>

2014/09/06(土) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

おお、なんとなんと、2分間も笑ってくださいましたか。
感謝感激雨あられもない姿で、土曜の朝から深く感謝しております。
おかげさまで、1週間ぐらい幸せな気分でいられそうです。
でも、あのお、ひょっとしたら計測間違いがちょっとあって、
正確には3分、いや、4分、いや、5分はあったのではないですか。(笑)
ネコまないが、雑魚寝して、深く考え浅く悩んだに違いない、次の名句
「爺、雑魚寝、少し寝過ごす」を本文に掲載させていただきましたよ。

2014/09/06(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは

さっき、風立ちぬを見ていました。
横にして見ると、
飛行機が12機並んで飛んでいるように見えてきます。

2014/09/06(土) |URL|Asasane [edit]

Asasane さん ありがとうございます^^)

「子子子子子子子子子子子子」=飛行機×12機。
なるほど、おお、いい発想。
『風立ちぬ』は見たいと思いながらも、まだ見てない映画です。
プロペラ式の軍用機は大好きです。ですが戦争は嫌い、と矛盾してます。
この映画は「美しさを追い求めることの残酷さ」を描いた映画だ
という評価がネットにありましたが、そうなんでしょうか。

目で見えるものと実際とは違う。
そして、人は自分の見たいように見る。
ということがありますね。
こんな波長の違う記事によくコメントをくださいました。

2014/09/07(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

わぁ~

コーッコッコ ココ コォ ココッ  コココ コォ~

う~ん にわとり語は むずかしい
 そうか ! 最後に ポンってつければいいのか!

今日も 目玉焼きが上手い・・・・

 コケコッコ~ これ4回繰り返すと良いのかな
  4番どりって 何時を告げるの ?

2014/09/08(月) |URL|ブッキ~ナ♡ [edit]

ブッキ~ナ♡さん ありがとうございます^^)

出た。タヌキーナのにわとり語。
最後は、ポン。なるほど。
決め手は、ミツカンゆずポン、ポン。
うん、朝は、半熟の目玉焼きがいい。
キミがトロッとしたやつ。
ボクはトロッとしたやつ。
4番鶏は、
日本の夜明けを告げてくれたらいいな。
ブッキさんはなんでも器用ですね。(笑)

2014/09/08(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

タヌキ~ナさんのにわとり語に続いて、
ほんじゃアタシは、青ぃ鳥語で(笑

「クックックック~♪ ククックック~♪
               青ぃ鳥~~♪」

苦あれば楽ありで、
青ぃ鳥は、
 「苦っ苦っ苦っ苦っ~~♪」と鳴いてぃるのかしらん。。。^^;テヘ

2014/09/08(月) |URL|レイまま☆ [edit]

レイまま☆さん ありがとうございます^^)

おや、「クック クック」って? 青い鳥って?
これって、抑え気味の笑い声かな。もしくは怪人の含み笑いか。
あるいは、ああ、思い出しました。あの「クック クック」でしたか。

クック81、と掛け算で計算して、それが2回反復されるので、計162。
それに消費税8%が加算されて174.96円。それを四捨五入して175円也。
クックック・・・って、物みな高いなあ、と泣いている声でしたかねー。

あ、違いますか。ああー、文章は最後まできちんと読まなくては。
なるほどなるほど。「苦っ苦っ苦っ苦っ~~♪」でしたか。よく分かりました。
青い鳥が苦労してる話でしたか。はい。私も幸せを求めて、返信に苦労しております。

でも皆さんが見捨てることもなく、「ようこそここへ」来てくださるので、
ありがたいことだと感謝しております。ほんとうに。(^^)v
レイままさんにも毎回毎回ご苦労をお掛けして、す、す、すびばせんねー。(笑)

2014/09/08(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

あ、
 
 「ククックック~♪ 」 の
 「ク」って、「7」にも見えますまぃか~

もしや、7並びかも~~♪  度々スミマセン^^;テヘ

2014/09/08(月) |URL|レイまま☆ [edit]

うん、ここは、
「苦」ではなく、ラッキー「7」でまいりましょ~^^
  
       こちらこそ、本当に度々、すびばせんねー^^;

2014/09/08(月) |URL|レイまま☆ [edit]

レイまま☆☆さん ありがとうございます^^)

「ク」って、「7」にも見えます
はい、見えます見えます。二郎さんもそう言ってました。

ここは、 「苦」ではなく、ラッキー「7」でまいりましょ~^^
はい、セブンですね。よくわかりました。
セブン入れブン、良い気分。愛ててよかった。ラッキー(^^)vですね。

2014/09/08(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ん?
二郎さんって誰ですか^^;?

2014/09/08(月) |URL|レイまま☆ [edit]

レイまま☆さん ありがとうございます^^)

二郎さんは、コント55号の坂上二郎さんです。
私は、二郎さんというと、この人を思い出します。
「飛びます飛びます」という言葉が有名でした。
なお、一郎さんというと野球のイチロー。三郎というと北島三郎です。

どうも、私、ちょっと調子に乗りすぎだったですね。
どーも、すみません(あのお、これは林家三平師匠の真似です。先代の)。

2014/09/08(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんにちは

はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説」で検索できます。一度訪問してみて下さい。

2014/09/12(金) |URL|鬼藤千春の小説 [edit]

鬼藤千春さん ありがとうございます^^)

検索したら、「鬼藤千春氏への回答」とか「鬼藤千春の訪問者」といった
見出しもあり、あちこちに同じ文面のコメントが出ていました。
まめなお方のようですね。いや、人生に意欲的な、と言うべきでしょう。
当方、駄文や雑文ばかりですが、懲りずにどうぞまたお越しください。

2014/09/14(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/175-a1d3a433

back to TOP