「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 ファスナーは、ジッパー、チャックとどう違うのか? 

同じモノでも、人や年代、時代により、その名の呼び方が違う場合がある。
例えば「ファスナー」という留め金具は「ジッパー」「チャック」と同じだ。

私の場合。何となく新しく感じる順番と、さして根拠のない《語感》で言うと、
1.「ファスナー」は、コートやブルゾン、パーカー、ジーンズ、バッグ類用、
2.「ジッパー」はタイトスカート用、3.「チャック」はズボン用のイメージだ。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

「ファスナー」(fastener)は、英語で《 しっかり留めるもの 》を意味する。
国際的には「スライドファスナー」で通用するそうだ。

Zipper_Art_5b.jpg
     by Sebastián Errázuriz  http://commonpost.boo.jp/?p=27454
起源は1891年、アメリカの機械販売員・発明家のホイットコム・ジャドソンが
長いブーツの靴ヒモを結ぶ不便さを解決しようとして考えたのが最初。

そのジャドソンが考えた「clasp locker」は複雑な鍵ホック型ファスナーで、
ホックと小穴が並んでおり、「guide」を使ってそれを開いたり閉じたりできるようになっていた。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

「ジッパー」は、アメリカのB.F.グッドリッチ(現グッドリッチ)社の登録商標だった。
ジップ(zip)とは、ファスナーを閉めるときのビューーッという音に由来し、
非常に速い音を表わす。アメリカ人が「ジッパー」という名を選んだのは、
その語感や速度感が気に入ったためのようで、作家の丸谷才一氏は著書『人間的なアルファベット』
の中で、「ジッパーのスピードで性革命が進んだ」と述べている。

black-zipper-nail-art-.jpg 
 by Laura Sofia Koski  http://www.iamiraqi.com/forum/forum_posts.asp?TID=4084

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

「チャック」は日本名。1927年に広島県の日本開閉器工場が製造を始め、
その分派会社チャック・ファスナー社が巾着(きんちゃく)をもじった「チャック印」
という商標で販売し「チャック」という名が定着。固定を意味する英語チャック(chuck)とは無関係。

★中国語圏では「ラーリェン(拉鏈, 拉链)」と呼ばれ、イタリア語では「キウズーレ・ランポ
(閉める+雷光)」、中米諸国では「シェレス・レランパゴス(稲妻)」と呼ばれる。

zipper.png
                 http://viral.jp/6409

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「社会の窓」の由来は、大事なものを隠していることから。
1948年(昭23)~60年(昭35)放送のNHKラジオ番組『社会の窓』は、社会の内情を
暴きだすという内容だった。これが男性の《大事なものが隠された場所》として転用。

★アメリカ人に教えたいときは「XYZ」で通じるそうだ。
「XYZ」とはアメリカ英語のスラングで、
婉曲に伝えたいときの言葉「Examine Your Zipper(ジッパーを調べよ)」の略。
「Your fly is open.(ジッパーが開いてるよ)」でもいい。

★フランス人に教えたいときは、「フェルメチュール・ア・グリシェール」。
意味は《閉鎖のスライド》。とりあえずはフェルメール・ア・グリコ・ネグリジェール
と覚えておき、その時になれば、目配せなどしながら、そうっと当該箇所を指差せばいい。

jun-kitagawa-zipper-art-3.jpg
        by Jun Kitagawa  http://www.roomie.jp/2014/03/152038/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
チャックは、ひとの口にも付けられる。
黒柳徹子さんのあだ名はチャックだが、これは、あまりにおしゃべりで早口なので、
《少し慎んでほしい、チャックが必要だよ》というところから付けられたと思われている。

でも本当は、NHK放送劇団員の試験で朗読した芥川龍之介の『河童』の中に、チャックと
いう名の河童が頻繁に出てきて、その名前を何度も読んだことがまわりの人たちに印象的で
あったのと、その後の研修期間中、おしゃべりをやめない仲間の友人たちに対して、
皮製の筆入れのチャックを歯で閉めてみせて「チャック」と言ったのが由来なのだそうだ。

2ec8a11a1fc9b3fe702d378b2d8c30d1987670ff1331694007.jpg
            by Hirotoshi Itou  http://www.jiyuseki.com/

★じつは「ファスナー」は3種類に分けられる。
線ファスナー(ジッパー、チャック)のほかに、点ファスナー(スナップボタン)と面ファスナー(マジックテープ、ベルクロ)があるが、ここでは「線ファスナー」を考えた。

~~~~~~~~~~~~~~《付録》~~~~~~~~~~~~~~~
★ジョーク ( ブログ 『夏への扉』 2009/02/25 より )
「ボケの順序」 
 名前を忘れるようになる。
 顔を忘れるようになる。
 ジッパーをあげ忘れるようになる。
 でも最悪なのはジッパーをさげるのを忘れることである。 

※私バーソは自分の名は忘れませんが、ズボンをはくのを時々・・・(笑)。
なお、ズボンをパンツと言うのはやめてほしいです。ちょっと恥ずかしいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆資料
・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%BC
・https://www.ykk.co.jp/japanese/ykk/mame/fas_01.html
・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B
3%E3%83%A0%E3%83%BBL%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%BD%E3%83%B3
・http://ja.wikipedia.org/wiki/XYZ
・http://zokugo-dict.com/12si/shakainomado.htm
・芥川龍之介『河童』青空文庫http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/45761_39095.html
・http://kindleweb.s3.amazonaws.com/content/B009DECMJQ/gz_sample.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

なるほど

バーソ様
おはよう御座います。

呼び方が色々あると思ったら商品名も混じっているのですね。
そのようなものは他にも沢山あったと思います。
便座シャワーのウオッシュレットもTOTOの商品名ですね。
でも商品名の方が便座シャワーより一般化しています。
チャックも同じですね。
ファスナーといえばYKKがあまりにも有名で、よくみると家中の
殆どのものにYKKの刻印がありました。
唯一違っていたのはリーバイスのジーンズでした。なぜかメーカー
の良心をみたようで安心しました。

愛新覚羅

2014/07/26(土) |URL|aishinkakura [edit]

わぁ、、、

  “シッパー考”、、、

     なかなか奥が深ぃっ、
         おもろーーー(^m^)

 >「ボケの順序」.....
あはは、もぉ大人で良かったワーーー笑笑。

2014/07/26(土) |URL|レイまま☆ [edit]

aishinkakuraさん ありがとうございます^^)

そうですか。ほとんどが「YKKの刻印」だったということは、
私のように《安物買い》じゃなく、中国製の廉価品ではない商品、
すなわち良い商品ばかり買っているということですね。

リーバイスジーンズのジッパーなら、こだわりがあるでしょうから、
おそらく古くからあるアメリカの銘柄ではないでしょうか。
TALONとかSCOVILLという会社かもしれません。

最近多い中国製商品のファスナーは精度が悪く、機械モノは要注意です。
チキンの報道を見ていても、こういうことは国民性の違いなんでしょうね。

2014/07/26(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

レイまま☆さん ありがとうございます^^)

ええーッ、なかなか奥が深かったですか。
まあまあ、いつもいつもレイままさんからは、ありがたいお言葉ばかりです。

この記事を書いたきっかけは、丸谷才一さんの本を読んだからなのですが、
じつはこのたび、ブログを書くためにネットでいろいろ調べて、
私も初めて3つの名称の由来を知ったんですよ。
本当は商品名なのに、知らないで一般名称だと思ってるものがありますね。
こうして調べることで若干でも《ボケ》の進行を遅らせられればいいのですが(笑)。

2014/07/26(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ビニルのファスナーは脆い

 こんにちは。
 写真がとても面白いですね。一番上は皮膚挟まれそうでちょっとこわい。思い出すのが慌てて閉めようとしてアレを挟むベタなコント。古今東西を問わず、実際に有るようです(笑
 色鉛筆、秀逸だと思いました。

2014/07/27(日) |URL|miss.key [edit]

miss.keyさん ありがとうございます^^)

>写真がとても面白いですね。

写真があったので、どうやらひとつの話題として成立したようなものです。
ファスナー、ジッパー、チャックの違いは、知ってる人は知ってることでしょうから。

miss.keyさんは最初コメントをくださったとき、URLが分からなかったので、
お名前で検索したら、道に迷ったせいか、音楽サイトに行き当たったので、
なるほど、キーボードのkeyかと思っていました。

でも、真実は最近わかりました。文章と絵の二刀流ブログなんですね。
とぼけた絵も精密な絵も描き、面白い文章も難しそうな小説も書くのですね。
「7777番目の訪問者」とか、プロフィールの文章とか、いいですね。
ただ、お茶がセルフサービスというのは、どうも・・・
もっといいものを、甘いお菓子など付けて、出してください(笑)。

2014/07/27(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

koto

まず写真がすごいですね(//∇//)
どれも見入ってしまいます(~_~)

ジッパー ファスナー チャック を
こんなに掘り下げられた方を 他に知りません♪

昔、女友達が 好きな人から「ズボンのチャック開いてる」って
指摘されて 真っ赤になった事件を思い出しました。
よりによって好きな人にそんなとこ見られるなんて。。。って(/ω\*)
友達はネタにしてましたけどね^^

2014/07/27(日) |URL|kotorin [edit]

こんにちは

ファスナーでこれだけの記事を・・・、改めてバーソさんの才能に脱帽です。
私の中ではファスナー>ジッパー>チャックで、チャックはもう死語状態で
チャック・ノリスに使うくらいです。(笑)
「XYZ」、勉強になりました。こんど使ってみよう。
でもこんな風になっちゃうかも。

「あんたXYZだよ」
「えっ?」
「XYZ」
「えっ?」
「your fly’s open」
「なんのこっちゃ?」
「社会の窓!」
「社会の窓?」
するとまわりの全員が大声で一斉に、
「ズボンのチャックがあいてるよ」

そうそう「ボケの順序」も考えオチの傑作です。

2014/07/27(日) |URL|エリアンダー [edit]

勉強になりました

私の記憶では、子供の時はチャックと言ってました。
それで、その後ジッパーという言葉も使うようになり。
最近はもっぱらファスナーを使っています。
あくまでも私の中の継時的な変化というか変遷です。

いや~、勉強になりました。
では

2014/07/27(日) |URL|とど [edit]

kotorinさん ありがとうございます^^)

写真、気に入っていただけましたか。うれしいです。
世の中には、アイディアのある素晴らしいアートがあるのですね。
ファスナー、ジッパーの話は、自分の知らなかったことを調べただけなんですよ。

じつは書こうか書くまいか迷って、私の品性を考慮して(笑)、やっぱり書かなかった話があるのですが、それを紹介しますね。この話、やや男性向けかもしれませんけど。

《私の目撃経験》
●繁華街で、若い女の子が、浅いジーンズの一番上のホックを外し、ファスナーを半分ほど下げ、ジーンズの上部を外側に折り曲げ、下着を見せて歩いているのに遭遇した。
●夜遅い電車内で前の座席に、酔った女性がだらしなく少し横向きに座ったが、スカートの脇が全開していて(上のホックは留めていたが)、下に何も身に着けてなかったのを発見した。なお、私は、たまたま偶然にも当該女性の目の前に居合わせただけです。

2014/07/27(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

脱毛とは、否、脱帽とは。まあ、ありがたい はげましの褒め言葉です。
(あの号泣代議士の頭は、じつはアデランスでしたね)
そうそう、死語といえば、「社会の窓」もそうでした。
この言葉、私は生まれてから一度も使ったことがないんですよ。
中学の頃だったか、ひとから言われたことはありますが、最近はすっかり聞きませんね。
まあ、親しき仲には率直に小さな声で言ったほうがいいのでしょうか。

ノリスといえば、チャック・コナーズという名前をなんとかして必死に思い出しましたが、
いま調べたら1921年生まれ。なんでそんな人を知ってるのだろうといぶかしく思いましたが、おそらく日曜洋画劇場の《再放送》で見たのだと思いますよ。絶対。(笑)

2014/07/27(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

とどさん ありがとうございます^^)

おお、ヤっぱり時代のイメージとしては、ファスナー→ジッパー→チャックの順でしたか。
ジッパーというと、なんとなくアメリカっぽい、セクシーなイメージがないですか。
私は若い頃はアメリカかぶれだったので、そんな感じがします。

もうだいぶ前の話になりますが、職場の机の上にうっかり飲み物をこぼしたときに、
「チリ紙、ない?」と言ったところ、近くにいた女の子に笑われたことがあります。
「ティッシュ」と言えばよかったと後悔しましたが、とっさの場合には歳が出るものですね。こんなことにも「モノは世につれ、世はモノにつれ」の風潮が出るのでしょうか。
おっと、この言い方もかなり死語の範疇でしたか(笑)。

2014/07/27(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

> チリ紙

コメントへのお返事ありがとうございます。
「チリ紙」でもう一言。懐かしいですね。
あと、鼻をかむために「鼻紙」とも私(我が家?)では呼んでいたりもしました(昭和40~50年代)
では...

2014/07/28(月) |URL|とど [edit]

とどさん ありがとうございます^^)

私も、懐かしいというか、物が無かった昭和の時代を思い出しました。
「ちり紙」と「鼻紙」の名称は、品質と用途の違いによるものなんでしょう。

中国語では「手紙」と言うそうですが、これは使う対象物の名ではなく、
使うときの手に着目しているわけで、観点が違うのですね。

ティッシュの箱は部屋の中に置くので、デザインは無地のほうがいいと思うのですが、
なぜ5箱セットの箱のそれぞれが、色鉛筆のように色違いなんでしょう。
我が家では、ティッシュの箱は300円ショップで買った茶色の籐製の箱に入れています。

2014/07/28(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ジーンズ

いやぁ~ 完璧な記事ですね
おちゃらけで 突っ込むところが難しいです

私の職場経験上 パチスロコーナーの監視ってのが
有りました ジーンズって無骨なチャックってのが
似合うのですが なぜにチャックって椅子に腰かけると
 もっこり 起立状態に盛り上がるのでしょう・・・

女の子と思える・・? 人がミニスカートで足を組み
パチスロ打っているのですが 中央チャックがもっこり・・

伸縮素材のジーンズが出回るまで 違和感が脳裏を
駆け巡って居ました  バーカウンターの様な椅子でも
ソファーでも もっこりは解消されず 中央チャックは駄目
ですね  隠しファスナーなんてワザもあるのに
 アメリカは 肉食感が強いのだろうなぁ~ と
勝手に想像しておりました  そう見える私がイケナイのだ
 と否定しようとしても ・・・  う~ん難しい・・・

2014/07/30(水) |URL|ブッキ~ナ♡ [edit]

ブッキ~ナ♡さん ありがとうございます^^)

バーソにも(さりげなく「にも」と書いてあるところがミソですよ(笑)、
真摯な一面があることをご理解していただいているようで、なによりです。
それにしても、何でも詳しいというか、観察力が鋭いですね。

言われて、ミニスカートの女性の中央チャックの件、映像が浮かびました。
ヴィンテージもののジーンズなんかで、ボタンフライとか言う、
前がボタン式のがありますが、あれは面倒くさくて緊急時のときに困りますね。

ゴワゴワでなく、伸縮性のある生地のはいいですね。
そのタイプの細めのジーンズを一本持ってますが、履きやすくて気に入ってます。

2014/07/30(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/31(木) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/169-d2c91626
ブランド コピー 財布
2015/01/23(金) 21:13:25 | バリー 財布 コピー

back to TOP