「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 「井の中の蛙 大海を知らず」の続きのことわざを考えた。 

井の中の蛙 大海を知らず」は、『荘子・秋水篇』から発したことわざである。

井蛙不可以語於海者 拘於虚也   
井の蛙は以て海を語るべからずは、虚に拘(かかわ)ればなり。
(井戸の中の蛙に海を語っても無駄なのは、空虚な狭い枠に囚われているから)


《見識が狭いくせに得意になってる》人間を揶揄する言葉として知られる。
例:「寒々した東北の漁村の趣は、それは当然の事で、決してとがむべきでは
  ないが、それでゐて、井の中の蛙が大海を知らないみたいな小さい妙な
  高慢を感じて閉口したのは私だけであらうか。」---太宰治 『津軽』


sandhu.jpg
                    by sandhu
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
書き手は不明だが、面白い続きのフレーズがある。

a.井の中の蛙 大海を知らず されど 井の深さを知る(一つの分野を深く究めた)
b.井の中の蛙 大海を知らず されど 空の青さを知る(空の美しさを認識できた)
c.井の中の蛙 大海を知らず されど 天の深さを知る(瞑想して深い洞察を得た)
d.井の中の蛙 大海知らねども 花は散りこみ 月は差し込む(自然の情を満喫)

447154180_fefc769d92.jpg
                    by gertrudster
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
他の続きを、信長、秀吉、家康で考えた(もっといい案、募集中)

e.井の中の蛙 大海を知らず されど 冷やした西瓜を断ち割って食す(信長)
f.井の中の蛙 大海を知らず されど 西瓜の種を水中にて栽培せんとす(秀吉)
g.井の中の蛙 大海を知らず されど 西瓜の皮は棄てず漬物にせり(家康)

kako-iCObJu3dkL2Yz4Ci.jpg
               by sozaing.com/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さらに別の続きを、ためらいと恥ずかしさを感じつつも考えた。

h.井の中の蛙 大海を知らず されど天然水には常に満ち足れり
i.井の中の蛙 大海を知らず されど 塩分過多にならず健康にはよし
j.井の中の蛙 大海を知らず されど 井の中の虫さんたちとは親密になり
k.井の中の蛙 大海を知らず されば 愛人もできず波風もたたず
l.井の中の蛙 大海を知らず されど 大海など知らぬほうが仏なり
m.井の中の蛙 大海を知らず されど じつは大河も知らず大陸も知らず
n.井の中の蛙 大海を知らず されど 井の中で殿様蛙にはなれり
o.井の中の蛙 大海を知らず されど やせても枯れても一茶の励ましがあり
p.井の中の蛙 大海を知らず されど 上下水有・空調完備・礼敷無・徒歩0分
q.井の中の蛙 大海を知らず ただ ガラパゴスガエルになりにけり

emrank.jpg
                   by emrank
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
井の中の蛙が大海に出たら、どうなるか?

r.井の中の蛙 大海に出れば 海は広いな大きいな~と洋々たる気分になる
s.井の中の蛙 大海に出れば まずは慎重に大海をたたいて渡ろうとする
t.井の中の蛙 大海に出れば 世間の塩辛さを喉の奥にてヒリリと知る
u.井の中の蛙 大海に出れば 離れ小島を探してお山のてっぺんに登りたがる
v.井の中の蛙 大海に出れば 英語を真面目に勉強しておけばよかったと思う
w.井の中の蛙大海に出れば 父さん高波で母さん荒波で姉さんは秋波だった
x.井の中の蛙 大海に出れば 盆と正月だけは元の井の中に一斉にカエル

The Angry Photographer
                by The Angry Photographer
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
荘子は、この寓話を真摯にまとめている。

今爾出於崖涘 観於大海 乃知爾醜         
今、爾(なんじ)崖涘より出でて、大海を観、乃(すなわ)ち、なんじの醜を知る。
(今、お前は小さな河岸から出、大海を観て、お前のみっともなさを知った)

爾将可與語大理矣     
爾(なんじ)、まさに与(とも)に大理を語るべからんとする。
(お前は、これで大いなる真理について共に語り合うことができる)


y.井の中の蛙 大海を知らず されど 淡々無味の水の妙味を知る
z.井の中の蛙 大海を知れり されば 野暮蛙は野望蛙になれり


(参考)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「Web漢文大系」 http://kanbun.info/koji/seia.html
「メールマガジン・タオの風」 http://www.k5.dion.ne.jp/~sasara-p/tao-sonota-119.html
「Wikipedia」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%85%E4%BA%8B ・http://ja.wiktionary.org/wiki/%E4%BA%95%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E8%9B%99%E

5%A4%A7%E6%B5%B7%E3%82%92%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9A ・
http://ja.wiktionary.org/wiki/%E4%BA%95%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E8%9B%99
「故事ことわざ辞典」 http://kotowaza-allguide.com/i/inonakanokawazu.html
「YAHOO智恵袋」
☆画像:「GATAG フリー画像・写真素材集 」http://www.gatag.net/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

い のなかの かえる 断り上手
 あ~ら あたし 下戸なの・・・

 胃の中 かも・・あぁ~ 御免なさい!
喰っちゃ いけないよね !

2014/07/19(土) |URL|ブッキ~ナ♡ [edit]

蛙の災難

バーソ様
おはよう御座います。

蛙君はさんざんバーソ様にもて遊ばれしまいました。災難です。

さてスケール感の件ですが、当時宇宙感があったら井戸の中も
大海も五十歩百歩で両方とも小さいことの例えになってしまい
ますね。

愛新覚羅

2014/07/19(土) |URL|aishinkakura [edit]

井の中の蛙

出たとたんに車に轢かれる


おのぼりさん注意。

2014/07/19(土) |URL|miss.key [edit]

こんにちは

いろんな井の中の蛙があるもんですね。
井の中の蛙大海を知らず されど胡蝶は大海を超えて飛ぶ。
・・・胡蝶
荘子で胡蝶を思い出しました。バーソさんもいつだったか記事にしてました。
荘子の説話、好きなんですよ。
「私は蝶になる夢を見た。夢から覚めたのは私なのか、あるいは私になった夢を見ている蝶なのか・・・」

井の中の蛙大海を知らず されど大会でおのれの未熟を知る。
・・・サッカー日本代表 
誰ですか、ベスト4になるとか優勝も夢でないとか言ったのは?(笑)

井の中の蛙大海を知らず されど井の中から出てみたら即、人間崩壊す。
・・・号泣県議
大海どころか世界中に大恥を晒してしまいました。

2014/07/19(土) |URL|エリアンダー [edit]

ブッキ~ナ♡さん ありがとうございます^^)

>い のなかの かえる 断り上手  
>あ~ら あたし 下戸なの・・・

あららー、蛙は下戸だとは知りませんでした。そうですか。そうなら、私と一緒だ。
でも、わかってますよ。ゲコゲコの鳴き声で発想しましたね(笑)。
公共の交通機関が少ない地方では、夜、飲んだら帰りが困るのでしょうね。

「胃の中の蛙」については、それが大変に美味なる味だとしても私は遠慮します。
食わず嫌いのせいと、遠慮深いせいがあるかもしれません。
私は、あのヌルヌルした触感と、あの顔がだめです。

2014/07/19(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

aishinkakuraさん ありがとうございます^^)

>井戸の中も大海も五十歩百歩で

おお、なるほど、「井の中の蛙大海を知らず」ということわざは、
地球は宇宙の中心であるという狭い宇宙観を前提とした発想なんでしょう。
確かに、宇宙の広大さを考えれば、地球の「大海」など極小の話になってしまいます。

《人間は考える葦であり、自然の中で最も弱い存在であるが、でも何も知らない宇宙
よりも、考える葦のほうが偉大である》と言ったパスカルを思い出しますが、
人間というのは、常に自分の視点で物事を考え、自分の規準で善悪を判断する生き物であり、そうした行為が積み重なって、長い人類の歴史になってるのでしょうね。

2014/07/19(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

miss.keyさん ありがとうございます^^)

>井の中の蛙
>出たとたんに車に轢かれる

なるほど、おのぼりさん蛙ですか。なら、つちのこさんも同じ運命になりそうですね。
あ、でも、このところはもう南洋の海のほうに行ってるようですが。

最近のニュースでは、地方の暗い所で女の子が襲われたりしていますし、
高い空を飛んでいれば、今度はミサイルが飛んできて撃ち落されます。
井の中から大海に出ればいい、というものでもないのかもしれませんね。
で、一句。
「井の蛙 出たらとたんに、ひっくりカエル」

2014/07/19(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

荘子から「胡蝶の夢」を連想するとは、エリアンダーさんらしいです。
チョウはあの小さな体で1500kmぐらいは平気でヒラヒラと飛ぶ種があるそうですが、
平気でというより、必死に、夜は目的地に着く夢を見ながら飛んでいるのでしょうか。
人間の人生も、夢と現実とどちらが幻なのか、考えるとよく分かりません。
面白いですね。

>大会で己の未熟さを知る。
サッカーの女子は世界一になれたのですから、男子は、フィジカルの差が原因だ
などとはちょっと言い訳がしにくいでしょう。

「号泣県議」は画像を何度も見たら、あれはウソ泣きではないかと思えてきましたね。
それにしても、会見の態度を見ると、例の偽装聾唖作曲家と同じで、自分のしたことを悪いとは全然思ってないようで驚かされます。
ニール・ドナルド・ウオルシュ著の『神との対話』の本には、どんな悪人でも本質的に自分のした行為は自分では悪いと思っておらず、あのヒットラーも自分ではいい事をしていると思っていて、当時のドイツ国民も彼を熱烈に支持していたと書いてありましたよ。

2014/07/20(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

日本人の誰かが。。ってバーソさんですか^^

信長、秀吉、家康も上手いですねー!
特徴を捉えてて(´▽`)

どれも面白いですが、

P.井の中の蛙 大海を知らず されど 上下水有・空調完備・敷礼無・徒歩0分

特にこれ、気に入りました(^.^)

2014/07/20(日) |URL|kotorin [edit]

kotorinさん ありがとうございます^^)

ああ、これは書き方がよくなかったですね。
これ、本当に「日本人の誰か」なんですよ。
で、ちょっと書き直しました。

不動産広告ふうが気に入っていただけましたか?
それは、それは、うれしいです。
私はやはり日本人の誰かが考えた
「井の中の蛙 大海知らねども 花は散りこみ 月は差し込む」
が情緒があって、いいですね。きれいな日本画になりそうです。

2014/07/21(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

どれもおもしろいです〜!バーソさんの頭の中は、いつもこんな楽しいことでいっぱいなんでしょうね!
わたしも、ふりーになって初めての年賀状に、井の中の蛙の一こま絵本ふうに
お話をかいたことを思い出しました。井戸から出た蛙が、いきなり赤ちゃん蛇に手を噛まれて、「わぁ、ひっぱってくれてありがとう!」って言って、すぐにお友達ができたと勘違いする場面でしたよ。外界は意外とこわいのだ〜!

2014/07/21(月) |URL|abe [edit]

詠み人知らず?でしたか^^

D.井の中の蛙 大海知らねども 花は散りこみ 月は差し込む(自然の情を満喫)

情緒的には私もこれが一番好きです♪
ほんと、日本画のような美しさを感じます♪
A B C D どれも深いですよね^^

不動産広告風のは クスっとなりました^^

J.井の中の蛙 大海を知らず されど 井の中の虫さんたちとは親密になり
N.井の中の蛙 大海を知らず されど 井の中で殿様蛙にはなれり

Q.井の中の蛙 大海を知らず ただ ガラパゴスガエルになりにけり

どれも面白いですね♪
言葉足らずでうまく表現ができないのが歯がゆいですが(^^ゞ

2014/07/21(月) |URL|kotorin [edit]

abeさん ありがとうございます^^)

「どれもおもしろい」なんて、おお、そうですか、うれしいですー。
井の中の蛙が外に出れば、いちばん怖いのは「蛇に睨まれた蛙」。
でも世間知らずの蛙は、たとえ赤ちゃんでも蛇の怖さなんか全然知らない。
だから、素直に「引っ張ってくれてありがとう」っと思ってる。
そうすると、蛇のほうも、しょうがないやつだなあ、じゃあ、引っ張ってやろう、
と思ってくれるということでしょうかね。芥川の「蜘蛛の糸」の反対みたいですね。

いくら才能があっても、フリーというのは精神的に非常に大変なんでしょうね。
でも「渡る世間は鬼ばかりじゃなし」と思ってると、
思ってるようになっていくのでしょうかね。

2014/07/21(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

kotorinさん ありがとうございます^^)

>A B C D どれも深いですよね
はい、こんな続きがあるのを知って、感心して、このブログを書く気になりました。
「されど何々」と続く句は、ちょっと負け惜しみの感が無きにしもあらずですが、
でも「天の深さを知る」なんて、ほとんど精神世界の領域ですよね。

kotorinさんの選んだ
 J.井の中の蛙 大海を知らず されど 井の中の虫さんたちとは親密になり
 N.井の中の蛙 大海を知らず されど 井の中で殿様蛙にはなれり
 Q.井の中の蛙 大海を知らず ただ ガラパゴスガエルになりにけり
これらは人間関係でどうするか?の句ですが、kotorinさんなら「J」じゃないですか。
「鶏口となるも牛後となるなかれ」主義の人だったら、「N」なんでしょうけど。

人間は一人では生きられない。
というより様々な人間関係を体験するために生まれてきたのでしょう。
であれば、いろいろな生き方があって、それでいいのでしょうね。

2014/07/21(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

井の中の蛙・・・

私自身の体験。田舎の高校でのんびり暮らしていたのですが、
急に東京の高校に転校することになり、最初に受けた学期末テストで
下から4番だったこと。完全に井の中の蛙状態でした。
あの遠い夏・・・、あれからもう10年も経つか、ってウソですよ。(笑)
一句できました。
<井の中の蛙飛び込む水の音>
どっかで聞いたことがある? 知らん。(笑)

2014/07/21(月) |URL|エリアンダー [edit]

C.「天の深さを知る」は聞いたことがあります。
他にもあったのですね。

たくさんのパーソさん作品も傑作です。
笑っちゃいました。

2014/07/21(月) |URL|しのぶもじずり [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

東京の学校では井の中の蛙状態だったという、脚色っぽい匂いがする話のあとに
「井の中の蛙飛び込む水の音」の句が、あれから10年もたってから出てくるということは、
その音は、蛙の最期の瞬間の、おそらくは入水の際の悲壮な音なのでしょうか。
チャポン、シーーーーーーーーーーーーーーーーーーン(と無音が続く)。
なんとまあ、悲しいですね。わびしいですね。人生は。(笑と涙)

2014/07/22(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

しのぶもじずりさん ありがとうございます^^)

日本人は本質的に新しい発想は苦手のようですが、
既存のものを改良するのは得意です。
このA・B・C・Dも中国のことわざを日本版にしたもの。
島国という土地柄に合わせて、なかなかうまくできてますね。
笑っちゃう「傑作」と言われ、うれしい限りです。

2014/07/22(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

A~D、

 同じ状況条件を与えられても、
 当人の知恵、能力、感受性、アンテナの精度~等など
   受け手次第~~という解釈の方が、
 私には、とてもとても興味深ぃし
  なんというか、希望を持てるような、

 あぁ、いつでも
   かくありたぃものだと思いました。。。


兎にも角にも、
 バーソさん、いろんな角度で、
 このような事を教えて下さるの、
  本当に感謝であります~(^_^)ノ謝々!


2014/07/23(水) |URL|レイまま☆ [edit]

レイまま☆さん ありがとうございます^^)

>同じ状況条件を与えられても・・・
>当人の・・・受け手次第~~という解釈の方が

ああ、そうですそうです。
何かあった場合、それを自分が《どう受け取るか》で物事の意味は変わってきますね。
例えば雨が降ったとき、気分が晴れないなあとも、恵みの雨だなあとも受け取れます。
A~Dの4種の受け取り方。その違いで自分の性格や生き方が出るのでしょうかね。
兎にも角にも、レイままさんの読み方、受け取り方も素晴らしいと思いましたよ。

で、この「兎にも角にも」。なんとなく文学的な香りがしますね。
夏目漱石の『草枕』の冒頭「とかくに人の世は住みにくい」を思い出します。
でもね、そんな世の中でも、まあ、精々楽しく住んでいきたいものですね。

2014/07/24(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

逍遥遊のコンの話がすごく好き。

羽搏くところ。

こんなお話作れるなんて、どんな人とだったんだろう?とおもったり。
誇張の夢なんかも子供の時には誰でもあるような体験で、近しく思えちゃったのでした。
彼の話を聴いたり、ご飯作れたらいいのにとか思う子供でした。

その他、偉人にもおもうのでしたが、、しょうも無い夢想癖はいまでも、、

2014/08/20(水) |URL|hippopon [edit]

hippoponさん ありがとうございます^^)

『鵬鯤』の話。
「水に撃つこと三千里、扶揺に搏きて上ること九万里」ですか。
古代の中国人は、思想が、世界観が雄大ですね。
あるいは、比喩が大袈裟だったと言うべきか。
ともあれ、現今の中国人とは大違いです。
『胡蝶の夢』『邯鄲の枕」の話も面白いですね。
でも、今の日本では彼らは負け組だと言われそうです。

2014/08/20(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

井の中の蛙

井の中の蛙大海を知らず
夏の虫冬を知らず
教養の無い人教養を知らず!。

2015/06/28(日) |URL|jyuone taya [edit]

Re: 井の中の蛙

jyuone tayaさん ありがとうございます^^)
おや、続きですか。
では、
夏の虫冬を知らず
 春の虫 飽きを知らず
 (春の陽気は楽しくて楽しくて飽きません)

教養の無い人教養を知らず!
 強要の無い人 押しを知らず
 (押し付けがましくなく、従順な人です)

2015/06/28(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/168-ceb3d7a5

back to TOP