「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 「ゴルディオンの結び目」は、大胆果敢な解決法を教えている。 

靴ひもを侮るなかれ。食用にも、飾用にも、ジョグ用にもよいのだよ。 (バーソ)

~食~

空腹時、靴ひもは最上の料理である。 
金鉱探しチャーリーは、猛吹雪に難渋し、山小屋で避難生活を送ることになった。
寒さ飢えがピークに達したとき、彼は革靴を煮て、靴ひもはパスタのようにフォークで
巻き上げて食べ、靴から抜いた釘は少し肉が付いている小骨のようにしゃぶった。

究極の空腹時、正しきテーブルマナーで食したその特製ディナーは、並の七面鳥料理などとは
比べられないような美味であった。(チャップリン『黄金狂時代』1925年)

typrin.jpg
→ You-Tube
             
(じつは靴ひもはイカ墨のパスタで、靴は海藻だったとされているが、当時の妻リタ・グレイに
よれば本物の革靴だったらしく、撮影後チャップリンは腹痛で数日間、寝込んだとか)
靴ひものおいしい食べ方といえば、この話がずいぶんと参考になる。

「モモイロインコの調理法」。 
19世紀のオーストラリアでは、探検隊は食べるものがなくなると、
モモイロインコを食べたが、とても不味かったらしい。

調理方法は次の通りだと言われている。
 モモイロインコを古靴と煮て、靴が柔らかくなったら、
 モモイロインコを捨て、靴を食べる。
 (ブログ『夏への扉』2014/04/14より) 

靴より靴ひものほうが食感はよかったであったろうと推察される。モモイロインコは、
オーストラリアのほぼ全域に分布する固有種。体長35~38cm。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~飾~  
スニーカーのひもの結び方ひとつで、もっとおしゃれになれる。
いつも一つの方法にこだわる人は、保守硬直思考の傾向があるかもしれない。

結び-qq1

中結びww-5

結び ww3

出典:らばQ2007年10月16日(http://labaq.com/archives/50791577.html )

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~ジョグ~  
颯爽たるジョギングには、絶対ほどけない「最強の結び方」が欠かせない。
勝ってカブトの緒を締めよ。走ってシューズの紐締めよ。最強の結び方はこれ。


絶対ほどけないひもを、ほどきたいときはどうしたらいいか?

昔、フリギア(現トルコ)の首都ゴルディオンのゼウス神殿に、ひもが複雑難解に
結ばれた荷車があった。「ひもの結び目をほどいた者はアジアの支配者になる」
との伝説があり、何百年もの間、多くの者が挑戦したが、誰一人ほどけなかった。

紀元前333年、この地で越冬したアレキサンドロス3世は、誰も思いつかなかった方法で
ほどいた。すなわち、剣で結び目をスパッと断ち切って難問を一気に解決したのだ。

image.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「食べ方」は定まっている訳ではない。 「結び方」は決まっている訳でもない。
考え方を変え、見方を変え、立場を変えてみれば、違う方法が見えてくる。
「ゴルディオンの結び目」とは「コロンブスの卵」より思い切った解決法である。

.
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

マラソンレースの時に、
  特に神経質になる事項に、

1)トイレ
2)エネルギー切れ
3) 4)は無くて、、、
確かに、、、
5)あたりに、紐がほどけなぃ~~ってのが来ます(^^)/

そぉそぉ、
私もチャップリンって大好きーーー
喜劇だけど、どこかメランコリー。。。
ジプシー(ロマ)出身だって聞いて納得です~~


http://www.bllackz.com/2010/11/blog-post_26.html










2014/04/19(土) |URL|レイまま☆ [edit]

たびたびすみません~

本当に、
音楽でも舞踏でも、女性でも...etc.

”ジプシー”が付くと、やたらと魅惑的ですヨネーーー

仏女優ジュリエット・ヴィノシュ主演の
   「ショコラ」といぅ映画御覧になりましたか?

チョコレートも媚薬なのだわぁって思うと同時に、
   ジプシーも魔女の一派なのかしらって思っちゃぃました^^



2014/04/19(土) |URL|レイまま☆ [edit]

レイまま☆ さん ありがとうございます^^)

レイまま☆ さん ありがとうございます^^)
おお、そうなんですか。レースに出ているとはすごい。
ほどけないことに注意しているというのは、準備と心がけがいい証拠。
レイまま☆さんは、走ることがかなり人生の大事なシーンになってるのですね。

紹介されたサイトを見たら、ユル・ブリンナーもそうなんですね。
ジプシー(ロマ)音楽というと、「ツィゴイネルワイゼン」を思い出します。
じつはこの曲が好きでヴァイオリンを買ったのですが、ドレミぐらいしか弾けません。

『ショコラ』は何度も見ましたよ。サントラ盤を音楽プレーヤーに入れてあります。
いま、あの映画音楽もなんとなくジプシーっぽいメロディだなと思ったのですが、
そういえば、相手役のジョニー・デップが、そもそもジプシーという設定でしたね。

ジュリエット・ヴィノシュは、いい個性を出していました。
知的で、しっかりしていて、優しくて、少しさみしげで、そう、メランコリーでした。
個人的には、女性は明るくて派手目でおしゃべりなほうが気を遣わなくていいのですが、
こういうシックで陰のある女性にも憧れますね。(^_^.)

2014/04/19(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ふむふむ・・靴よりもまずい鳥がいるんですね
その鳥と靴とヒモと、どれかを食べろと言われたら
やっぱり、香辛料たっぷり使って鳥を食べたい気がするけど。。^^;

2014/04/19(土) |URL|ジェイジェイ [edit]

ジェイジェイさん ありがとうございます^^)

やっぱり、「鳥と靴とヒモなら、香辛料たっぷり使って鳥を食べたい」ですか。
「香辛料をたっぷり使って」というところがミソなんでしょう。
そのミソか、あるいはショウユ、塩、コショーでもあれば、もっといいですね(笑)。

私は大の小鳥好きなので、その小鳥と顔なじみであれば、たぶん食べられないですね。
でも何の肉か知らされないで料理して出されたら、おいしく食べると思います。

2014/04/19(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

結んで 開いて

いや~ 深遠なテーマですね
 蜘蛛の糸や 植物繊維をむすんで
糸から 布へ 要らなく成ったら解いて再生紙

絡み合ってる鉱物をほどいて 単品にして
 合わせて 金属 合金の世界 溶かして再生

ちなみに 讃岐辺りの靴ひもは 食べてみたい
気がします  アルデンテでトマトソースとか・・・

2014/04/19(土) |URL|ブッキ~ナ♡ [edit]

ブッキ~ナ♡さん ありがとうございます^^)

おお、なんとなんと、「むすぶ」話が「ひらく」話に飛躍したとですか。
すなわち、何かの繊維が、布になり、再生紙になる。
すなわち、鉱物が、金属になり、合金になり、また再生される。

なるほど、モノの人為的な、というか「自然な循環」を考えておられますか。
実は、ほんとは、ブッキ~ナさんは凄い深遠なお方なんですね。(@_@)

食べるなら、讃岐の靴ひもがいいのですね。信州信濃の靴ひもじゃなく。
そして味付けは伊太利風がいい。まあ、恐れ入りました。
「食」のほうも、かなりこだわっておられることがよく分かりました(笑)。

2014/04/19(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

結んで歩いてみました

こんばんは、
「黄金狂時代」、好きな作品です。
釘を、骨をしゃぶるように舐めるシーンは秀逸でした。
モモイロインコの話はムーアヘッド「恐るべき空白」に出てきます。
1860年にオーストラリア大陸を縦断したときのドキュメントです。
スニーカー、いろいろな結び方があるんですね。私はあまりに
ほどけるので最後の蝶結びをもう一度結んでいました。
きょう、動画のように結んでみたら5時間歩き回ってもほどけませんでした。
船員のもやい結び、外科医の外科結び、釣り針の結びなどいろいろあって
一つの文化と言えます。
私もアレクサンダー大王のやり方でやっていました。せっかちなもので
結びを解こうとせず、すぐ切ってしまいます。(笑)

2014/04/19(土) |URL|エリアンダー [edit]

バク様
おはよう御座います。

スニーカーの紐の結び方は色々あるのですね。
私はSAWTOOTHですが、これしか無いと思っていました。
ほどけない結び方はボーイスカウトをやっていた少年時代
に教わった記憶がありますが実際に使ったことはありません。
どなたかがコメントされていましたが私もアレキサンドロス3世
と同じだと思います。ブチ切ります。考えるのが面倒ですから。
インコでだしをとる話はエリアンダー様のブログで笑い話として
拝見しましたが実際には無理でしょう。インコはしゃべりますから
情がうつって殺せません。

愛新覚羅

2014/04/20(日) |URL|aishinkakuraaira [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

私には、チャプリンはいつもドタ靴で足を引きずって歩く、どこか悲しげな人です。
飄々としたペーソスを感じさせる独特の喜劇役者ですが、音楽も素晴らしいですね。
“I'll be loving you eternally ”に、“Smile, though your heart is aching ” に、
「マンドリン・セレナーデ」。これはいま You-Tubeで聴きながら書いていますが。
それらのメロディを聴くと、チャプリンの芸術感覚が先天性であるような気がします。
(そして「ティティナ」は、皆川おさむの「黒猫のタンゴ」と区別がつきません)

それにしてもエリアンダーさんは、ほんとに博識ですね。映画や文学、絵画はもちろん、
PCの造詣も深いし、ひもの結び方には詳しいし、それに「ゴルディオンの結び目」の
教えも文字通り実生活で実行しているのですか(笑)。
そういえば、名前の発音リズムも、なんとなくアレクサンダーと似てますね。

2014/04/20(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

aishinkakuraさん ありがとうございます^^)

aishinkakuraさん ありがとうございます^^)

ボーイスカウトの経験がおありですか。その頃から几帳面なんですね。
私は靴ひもの結び方は「DISPLAY改」ですが、「改」といっても単に上のひもを
表側に出すだけの違い。子供の頃からずーっとこの方法であったような気がします。

>インコはしゃべりますから情がうつって殺せません。
そう言われればインコはしゃべります。しゃべられたら、もうかないません。
このインコの話は笑い話として載せていますが、当時の人々の生活の様子も伺えます。
豪州の人種は2番目に多いのがイギリス人なのだそうですが、彼らは苦しい中でも
ユーモアを発揮して自分の生活を笑える精神を持っているようで、面白いですね。

飼っている家畜を屠殺する人は、どういう気持ちなのだろうと思っていましたが、
最近読んだ本によると、そもそも考え方というか、意識が違うのだそうです。
鯨やイルカは殺せないが、牛や豚や羊を殺すことには何の苦痛も感じないのは、
土地に根付いている習慣や意識が違うのであり、理屈ではないと説明していました。
やはり人間は、行動でも意識でも、習慣の奴隷のようですね。

2014/04/20(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/04/20(日) || [edit]

鍵コメさん、ありがとうございます^^)

「けっこう鳴らした」とはすごい。
「尺とり虫」の件、どうぞ気になさらないよう。
映画『アンジェラ』はご覧になったでしょうか。
2005年のフランス映画。監督はリュック・ベッソン。
私はテレビで何度も見ましたよ。好きな映画です。
https://www.youtube.com/watch?v=IaoYTgbUmdc
https://www.youtube.com/watch?v=1xwN2v7RhVE

2014/04/20(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

昔の話ですが

こんちは~

若かった頃、女子の小指に赤いひもを片っ端から結びつけていました・・
もちろん、結ぶ片っ端からほどかれましたが、時にはアレキサンドロス3世のように躊躇することなくスパッと・・・
それでも懲りる事はありませんでしたなぁ。
赤いひも、赤い糸、それは悲しい失恋の思い出・・
分かっています、解っていますバーソ様が仰りたい事は、もっと崇高な所なんですよね・・
とりあえず靴の紐締め直して、たそがれゴルフに行ってきます。

2014/04/20(日) |URL|ばく [edit]

ばくさん ありがとうございます^^)

ついに女子遍歴のご披露ですね。
確認ですが、女性ではなく、女子なんですね(笑)。
小指に赤いひもを、なんと、「片っ端から結びつけた」のですか。すごい、すごい。
ということは、ばくさんは若い頃、相当自分に自信があったんですね。
なるほど、自信があったので、仕事もうまくいき、その結果の今日があるのでしょう。

ちなみに、私のほうは、今でもそうですが、極めて照れ屋で、純情で、臆病で、奥手。
好きな女性がいても、心のうちで悶々と想っているだけ。
もっとも、当時は、多くの男どもが大体そんなものでした。

>とりあえず靴の紐締め直して、たそがれゴルフに行ってきます。
ははは・・・うまい締めの文章です。
「たそがれゴルフ」だなんて、藤沢周平の『たそがれ清兵衛』を思い出しましたよ。
じつは夕べ読んだばかり。久々に時代小説を図書館で借りて読みました。

なお、今回は、たまたま「シューズのひもの結び方」図解を見つけたので、
これを少々膨らましただけ。いつも内容が浅はかで、どーもすみません(と三平ふう)。

2014/04/20(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

シューズのひもの結び方だけでこれだけ種類があるなんてすごい。
やっぱり、こういうこまかいことに集中して凝る人がいるから文化がはったつしてきたのでしょうね!それでこうやってバーソさんの記事もできあがっているわけで。人の考えも紐でつながってできてるみたいですねっ!

ももいろいんこ、ちょうかわいい!わたしも文鳥飼ってたから、なんかなつかしいですね〜。

2014/04/20(日) |URL|abe [edit]

こんばんは~バーンさん。

靴ひもの結び方、中間でリボン結びめっちゃオサレですね。
結び方、ひとつでこんなに見え方が変わってくる
とても勉強になりました。

2014/04/20(日) |URL|りもママ [edit]

abeさん ありがとうございます^^)

どんな分野にも、《凝る》人がいますね。
特にモノの蒐集では、男は凝ってマニアックになる人が多いように思います。

>人の考えも紐でつながってできてるみたい
なるほど。そう言われると、インターネットもそうですね。
ワールドワイドウェブ。
世界中が蜘蛛の糸でつながっている(芥川です)。
趣味の近い人、波長の近い人がブログでつながっている。
時に、対話をして、交流の輪はさらに広がっていく---。
世の中にはいろんな結ばれ方があるのですね。
ありがたいことです。

2014/04/21(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

りもママさん ありがとうございます^^)

おお、さすがに目の付け所が違いますね。リボンを見たんですね。
「リボン真ん中結び」。確かにおしゃれ。これは女性向きでしょうか。
私はこの図を見て、
靴ひもの結び目を見せない方法があることに初めて気づきました。
靴のひもは上のほうで結ぶものと決め付けていました。固定観念ですね。
Mのチェッカー結びなんて、まったく予想外の結び方でした。

日常のちょっとしたことにもっと注意を向けて、よくよく考えれば、
きっと新しい発見や斬新な発明が生まれるのでしょう。
でも、ぼーっと生きるのもまたいいのではないか、と最近は思っています。

2014/04/21(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]


『結び』の記事の、結びの部分に真っ先に食いついてしまい、
誠に恐縮なのですが、僕もアレキサンドロス3世派です(爆)

普段は『鳴かぬなら鳴くまで待とう・・・』な家康のように
ナニゴトもゆったり構えているタイプではあるのですケド、
心底こんがらがったコトにかかわりあわされるのは、大の苦手。
(なるべくそうならないよう、普段から目配りを欠かさない(笑))
なので、『ダメだ、こりゃ』といよいよ見切りをつけたモノには、
突然信長のごとく、周囲の人に一切相談することもなく、
極端かつ最も手っ取り早い行動に出るので驚かれます (;´∀`)

よく周りから、そうした二面性を揶揄されるワタクシ・・・
ご多分に漏れず、血液型はABでありますデス、はい♪

靴ひもの結び方、僕は基本DISPLAYのような気がします。
ZIPPERやTWISTIEは、仕上がりがカッコいいかも〜♪
ただ、片足を結び終えた時点でギブするでせう。。。(嗚呼、根性無しw)

2014/04/22(火) |URL|G.D.M.T. [edit]

G.D.M.T.さん ありがとうございます^^)

G.D.M.T.さんは、おそらく「アレキサンドロス3世派」だと思ってましたよ。
なぜなら、東京を離れてフリーになる、というのは相当思い切った決断力が必要です。
ですから、「突然信長のごとく、周囲の人に一切相談することもなく、 極端かつ
最も手っ取り早い行動に出るので驚かれる」のも、そうだろうと思います。
これからはG.D.アレキサンドロス.M.T.さんと呼ぶことに・・・・・しません(笑)。

私も「同じく」と言いたいところですが、血液型はO型で、からだはガタガタ。
恥ずかしながら、たぶんそのような状況下では、かなり調べ、よくよく考えてから
ちょっと挑戦し、すぐに諦め、最後はひっそり涙し、のちのちまでも後悔する・・・
ような気がします。ああ、情けなし、みっともなし、ろくでなしですね(笑)。
でも、靴ひもの結び方ぐらいなら「ZIPPER」に挑戦してみますよ、そのうち。

それで、私の場合は「鳴かぬなら 放っておこう ほっととけ」です(笑)。

2014/04/22(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/04/26(土) || [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/155-8e2684c1

back to TOP