「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 チベットに伝わる、旅する若者の話。 

いい人、悪い人とは、いったい誰がそうなのか?

チベットに伝わる、若い旅人の話です。


青年が旅をしていました。いい村を探すためです。
ある村に来たら、老人が座っていたので、尋ねました。
「この村はどんな村ですか。いい人たちが住んでいれば私も住みたいのですが」

kako-HxdDYEdjw1oWWCOi.jpg

老人は彼に尋ねました。
「あんたが元いた村は どうじゃったかね?」

kako-VSAmhz9bCwiSoekr.jpg

青年は答えます。
「はい、私が元いた村は、みんな ひどい人たちばかりでした」

kako-Y4nd29OhPqb9zfCV.jpg

老人はこう言いました。
「そうかね。この村も同じじゃよ」

その答えを聞いた青年は、悲しく思って、隣りの村へと旅を続けました。

kako-i2P3qyXuNyk2nny5.jpg

             _ _ _ _ _

次に、違う青年がこの村にやってきました。いい村を探すためです。
老人が座っていたので、尋ねました。
「この村はどんな村ですか。いい人たちが住んでいれば私も住みたいのですが」

kako-07pj1AXebN1AjeKo.jpg

老人は彼に尋ねました。
「あんたが元いた村は どうじゃったかね?」

kako-m3zSgLLEXXz4p4YP.jpg

青年は答えます。
「はい、私がいた村は、みんな いい人たちばかりでした」

kako-3Pdb7zV9YfpThfvV.jpg

老人はこう言いました。
「そうかね。この村も同じじゃよ」

青年は、とてもうれしく思って、その村に住むことを決めました。

kako-3suWDG290bKYrPht.jpg

_ _ _ _ _

(この話、読んで印象深かったのですが、書名は失念しました)


~~~~~~~~~~~~~~~~お知らせ~~~~~~~~~~~~~~~~
★おかげさまで、無事に退院できました。
またよろしくお願いします。いつもありがとうございます^^)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

お帰りなさい

バーソ様
お帰りなさい。

入院中もブログをご覧になられていたようですね。
タブレットかスマホでしょうか。
今回の問答は心の持ちようということでしょうか。
良い事をすれば良い事となってかえってくる。
悪い事をすれば悪い事となってかえってくる。
いつも周りに感謝しながら生きていれば周りから
感謝される。
お爺さんは旅人の心のなかにいるのでしょう。

愛新覚羅

2014/01/18(土) |URL|aishinkakura [edit]

こんにちは

おかえりなさい(*^^*)
しばらくは、無理なさいませんようにね

こんな話を思い出しました
不幸というのは、幸福に気づかないこと
なるほどー

でもそれなら、こうも言えます
幸福というのは、不幸に気づかないこと

見る角度によって、また使うセンサーによって、ものの見え方はちがいますね

目の前にいる奥さんのヘアースタイルは見てないのに、すごく遠くにいるきれいな女の人には気がつくとかね

何を見てどう価値付けするかって、外に向かっての行為のつもりでも、それによってその人自身のことがわかってしまうのですね






2014/01/18(土) |URL|hasutama [edit]

おかえり!

お帰りなさい。
徐々に回復して、また手練れの文章を読めることを楽しみにしています。
チベットのお話は、自分の気持ちの持ち方一つで周囲も変わるんだよ、
ということなんですね。
ダライラマはチベットに帰るとき言うセリフがあるそうです。
「だらいらま!」

ハレルの「チベットの七年間」によると、
チベットの風習で魅力的なもののひとつは、旅立つ友を見送るときのしきたりだとか。
誰かが旅に出るときは、友人たちが町から2、3キロ離れたところにテントをはり、
ごちそうを用意して、旅人の来るのを待ちうけ、腹いっぱい、元気いっぱいにして送り出すそうです。

2014/01/18(土) |URL|エリアンダー [edit]

お帰りなさい♪
もうすっかり良いのでしょうか?
でも病み上がりは少し大人しくしてた方が良いわ~
そうか~いい人か悪い人か
それは、自分次第ね(^_^)

2014/01/19(日) |URL|babatyama [edit]

aishinkakuraさん ありがとうございます^^)

>お爺さんは旅人の心のなかにいるのでしょう。
ああ、そうですね。そう思えると、人は幸福にいっそう近くなれるのでしょうね。

私は以前、ひとから、あなたは泣いたことがあるのか?(=冷たい人間だ)と
突然 言われて驚いたことがあります。でも、私は、感情は繊細かつ多感系で、
かなり涙もろいほうなので、なぜそういうことを言われるのか不思議だったのですが、
いろいろ考えたら、私は普段からその人の人格が好きではありませんでした。
それで気づかずして、その人を見る私の目が冷たかったのではないかと思います。
相手の思いはこちらの思いを反映していたのですね。問題はこちらにありでした。

またよろしくお願いしますね。(^J^)

2014/01/19(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

hasutamaさん ありがとうございます^^)

>不幸というのは、幸福に気づかないこと
>なるほどー
>幸福というのは、不幸に気づかないこと
私も、なるほどー。

最近 読んだ臨死体験の本に書いてあったことを思い出しました。
ある人が一時的に死んで、また息を吹き返したとき、最初に感じたのは、
ああ、雑音てこんなにいいものだったのか、ということだそうです。
日常の生活雑音とはうるさいものですが、でもそれも生きているからこそ
聴こえるもの。生きていることは、ありがたいことなんですね。

映画『ベルリン・天使の詩』の中でも、ピーター・フォーク演じる
天使が肉体をつけて地球で人間になったのですが、寒いとき、
手をこすり合わせると手があたたかくなる、楽しいよ、と言ってました。
http://barso.blog134.fc2.com/blog-entry-92.html

またよろしくお願いしますね。(^J^)

2014/01/19(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

>自分の気持ちの持ち方一つで周囲も変わるんだよ
はい、そうですね。自分の環境は自分の思いを反映しているようですね。

>ダライラマはチベットに帰るとき言うセリフがあるそうです。
「だらいらま!」
あははは・・・ さっそく、ちべっと笑わせていただきましたよ。

ハレルの「チベットの七年間」は、ブラッド・ピットの映画を見ました。
チベットには昔から仙人のような人たちが住んでいるそうで、
ダライ・ラマの出生には、不思議な運命の糸が関係しているようですね。
ブータンの国民が自分たちは幸福だと思っているという話を聞くと、
幸福とは自分の思いに関係していることを感じさせられます。
旅立つ友を送るときのチベットの風習はなかなかいいですね。

またよろしくお願いしますね。(^J^)

2014/01/19(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Lady-babaさん ありがとうございます^^)

今回、臓器をひとつ削除したので、いまのところ、椅子に座り続ける姿勢が、
あまりよくないようなんですが、徐々によくなっていくだろうと思います。

babaさんも健康には気をつけてくださいよ。
そうそう、babaさんがいい人であることは、動物を愛してること、
絵がきれいなこと、楽しいこと、
そして、ブログにはファンが多いことなどからもよく分かります。

またよろしくお願いしますね。(^J^)

2014/01/19(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

無事に退院なされたのですね^^

お帰りなさいバーソさん。
年末年始と色々と忙しくて、自分のブログだけで手いっぱいでしたw
また寄らせてもらいますので、よろしくですm(__)m

青年と老人のお話、なかなか考えさせられますね。
バーソさんのブログタイトルにもあるように『考え方はいろいろあるから面白い』これに尽きますねホント。

実は私、このタイトルがとても気に入っているのです。
私も同じように感じていたので、とても嬉しく思ったのです。
ブログをやっていると、同じ意見の人としか仲良くなれないイメージがあって、それが嫌でたまりませんでした。
見えない相手でも、お互いに心置きなく意見交換ができればいいなぁと思っていたのでw
でもまあ、限度はありますけどね、なにせブログなので(笑)

バーソさんのような考え方の方って、本当の意味での平和を愛する人だと思います。

いろいろある考え方を受け止められる人…そういう方だとお見受けしました。
私のような変人には有難い存在です←

…って、あれれw
また話がソレたぁww

2014/01/19(日) |URL|ウダモ [edit]

ウダモさん ありがとうございます^^)

おお、『考え方はいろいろあるから面白い』を
気に入っていただけて、とてもうれしいです。(^o^)丿

私、以前は、人がみな同じ基準を持てば世界は平和になると思っていました。
聖書こそ唯一の基準だと勘違いしていたせいですが、でも、そうじゃないですね。
絶対正義の基準なんてものはないし(時代・地域・信念・状況で変わります)、
また、もしあったとしても必ず反対意見の人がいて、それが争いの元になるし、
争いにならなくても、みんなが同じ考え方をする世の中なんて、面白くないですよね。

自然界にある花にしても、いろんなカタチ、いろんな色、いろんな香りがあるから
面白いのであって、何でも、ただ1種類しかないなら、つまらない地球になります。
ファッションにしても、今年はこれが流行りますなんて誰かに言われて、みんなが
その同じものを着てゾロゾロ歩いてる街の光景なんか、およそ気持ち悪いですよね。

というわけで、自分の意見をきちんと持っている人、それでいて他の人の意見も
怒ったりせずに聞ける人は、私にとっても有り難い存在です。
どうぞ今後ともよろしくお願いしますね。(^J^)

2014/01/20(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、退院おめでとーっ!!!

大きい手術だったのですね。手術の前は、どんなにか辛かったでしょうね。
でもダジャレとかまじえながら、たのしい記事を書いて楽しませてくれて
感謝感謝ですよ。まだ、動くと痛いでしょう?
すこしずつ運動もできるようにしてくださいね!
写真、藤城清治の影絵みたいで、お話にぴったり。藤城清治、大好きなのですよ。

2014/01/20(月) |URL|abe [edit]


バーソさん、おかえりなさい!

ほぼ、予定どおりの日程でのお戻りでしょうか。
ポジティヴな決断が、ポジティヴな結果に結びついたんですね(^^)
・・・ほんとうに良かったですっっ!!!
しばらくは、いろいろと生活上の制約やご不自由があるかと思います。
万全なるご快癒にむけて、くれぐれもご自愛くださいませ♪

・・・で、写真撮り的には、今回もついつい画像に眼がゆきます(笑)
これは、早速XZ-2の出番でしょうか?
アートフィルターのリーニュクレール(舌噛みそう)・・とかですか??
さすがにやわらかな感性、見事に使いこなしておられます。
まさに適材適所、お話とのマッチングもばっちり!
OLYMPUSのコンデジは、こうした暖色系の表現が得意で、
秋冬は特に大活躍しそうですね〜♪
(・・・と、ここまでXZ-2だって決めつけてしゃべってます(^^;))

お話のほうは、とってもバーソさんらしいですね。
初めの旅人の青年は、いい村をみつけられかなぁ。。。
だけど、みつからないものを、ひたすら探し続ける人生ってのも、
ソレはソレでまた佳し・・・なのかもしれませんね。

ま、すべては、その人次第ってことで〜(^^)

2014/01/20(月) |URL|G.D.M.T. [edit]

ほっ・・

とりあえずご生還と言う事で安心いたしました。
ま、いらない部品はどんどん外してもらって身軽になりましょうか(笑)

「あんたが今いる所は どうじゃね?」
「はい、今僕のいる所はみんな いい人たちばかりです」
素敵な仲間達と、ばく爺は今日もポジティブ街道まっしぐらです・・

ご退院心よりお喜び申し上げます。

2014/01/20(月) |URL|ばく [edit]

abeさん ありがとうございます^^)

最近、新しい先生に代わったんです。そうしたら、新しい方法を勧められ、
その方法で手術をしたら、想像していたよりもずっと楽な手術でした。
今年はなんだか何でもうまくいきそうな感じがしています。(笑)

「写真、藤城清治の影絵みたい」ですか。
おお、さすが、まれさん。よく見てくださいました。
じつは昨年の暮れに近所の公園で、影を主体に撮ったものなのですよ。
なにしろ、私、カゲのある人間ですのでね。えへへへ・・・

またよろしくお願いしますねー。(^J^)

2014/01/20(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

G.D.M.T.さん ありがとうございます^^)

G.D.M.T.さんの経験にずいぶん励まされましたよ。
今後は、まあ、できるだけ、ポジティブ決断で日々邁進しようと思っています。(笑)

で、写真のほうですが、12月にX10で撮っておいた近所の公園のスナップです。
そのままだと私の写真は非常につまらないので、
「写真加工.com」という無料サイトで、「平面」の加工処理をしてみました。
http://www.photo-kako.com/color-compensation.cgi

>だけど、みつからないものを、ひたすら探し続ける人生ってのも、
>ソレはソレでまた佳し・・・なのかもしれませんね。
おおー、そうそう、それも、ありだと思います。
ボールを打ったら必ず外野席に入り、蹴ったら必ずゴールに入るなら、
プレイするほうも見るほうも、全然面白くないですからね。
何でも、努力をして、汗を流して、涙を流して、何かの目標を達成できるなら、
それがいちばん充実して楽しいことのように思います。

ともかく、人が選んだ人生は、なんでもすべてOK。
どんな人にも失敗はなし。人生に悔いはなし。
最近は、そう思うようになりました。

またよろしくお願いしますね。(^J^)

2014/01/20(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ばくさん ありがとうございます^^)

私の身体は、近くの大学病院に献体することになっているのですが、
その前にパーツをひとつ取ったので、解剖の学生ががっかりしそうです。
ともかく、今までお世話になったわけですので、
今までありがとうね、取ってしまうけどごめんね、
と、手術の前に何回も言葉を掛けておきました。

>「はい、今 僕のいる所はみんな いい人たちばかりです」
おお、この言葉、最高ですね。いい人生環境で、うらやましいです。
雪の札幌でも、ばくさんの居る所は、特別にあたたかいようですね。
あたたかい人には、あたたかい人が集まってくるのですね。
あたたかいコメントに感謝いたします。(^J^)

2014/01/20(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

お帰りなさいませ。
ご無事で何より。
一病息災と申します。
どうぞ、ご無理をなさいませぬよう。

2014/01/20(月) |URL|takako.t.maru [edit]

おかえりなさいヽ(^o^)丿

無事に帰ってきてくださって、本当にうれしいです!

入院されると聞いた時、タイミングを逸して何もお伝えできないままでしたので。。。(T_T)

いい人、悪い人。
すごく考えさせられました。

。。。今。
いろんな思いと葛藤中です。。。

2014/01/21(火) |URL|りんご [edit]

takako.t.maruさん ありがとうございます^^)

「一病息災」。この言葉、久しぶりに聞きました。
takakoさんに言われると、着物姿で三つ指をついて言われているような気がします。

「三つ指」とは、もともと武士の世界で「親指と薬指と小指」をついていたのが、
いつの頃からか、「親指と人差し指と中指」の三本になったそうですね。
あ、また、いらぬことを・・・(~_~;)
お、お気遣い、あ、ありがとうございました。

2014/01/21(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

りんごさん ありがとうございます^^)

「すごく考えさせられました」。で、えッ? いま「葛藤中です」か。
んーーー、りんごさんは、心理学の専門なので、
こういう話では、つい自分に当てはめて考えてしまうのでしょうかね。

面白いもので、何かの「唯一絶対基準」と言われているようなことを知ると、
すべてその基準で他の人を価値判断するのが習慣になる、ということがあります。
それは、義の行為のようで、じつは大きな間違いなのですね。

西暦1世紀にもパリサイ人という特権階級がいて、自分たちは義を実践していると
思い込んで自信たっぷりでしたが、イエスは彼らのことを偽善者だと言いました。
一見、「義表示」ですが、じつは「偽表示」なんですね。要注意です。

お気遣い、ありがとうございました。どうぞカゼを引かぬよう気をつけて。(^J^)

2014/01/21(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

おはようございます

その後いかがですか。
臓器ひとつとられたそうで献体の話、ほんとうですか、その話。(笑)

映画「セブン・イヤーズ・イン・チベット」はいい映画でした。
映画を映写するシーンや月の光のオルゴールの場面、最後の別れの
シーン、忘れがたいです。

2014/01/22(水) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

献体の話ですが、15年以上前、夫婦で「篤志解剖全国連合会」に登録しました。
免許証の裏にも、その旨と会名と電話番号を油性ペンで書き込んであります。

「精神世界」の本が好きで、自分の好みに合うのをいろいろ読んでいますが、
自分の身体のパーツと実際に対話(意思疎通)ができると言う人がいます。
影響されやすい私は、夜 寝る前に、時々ですが、その真似をしているというわけです。
むろん、一方通行で、ただ話しかけるだけですが。

私は何十年も、仕事と宗教の二束のわらじを履き、休祭日や盆正月の休み一切無しで、
身体を酷使してきたのですが、それなのに身体の各パーツは(大病や慢性病など、病気はいろいろと経験しましたが)一生懸命働いてくれました。
それで、このたびは特に感謝とお詫びの言葉を掛けたというわけです。はい。(~_~)

2014/01/22(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/01/22(水) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん。承知しました。

2014/01/23(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/142-5c960239

back to TOP