「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 日本は副詞国家だ。程度の違いを表す言葉がたくさんある。 

.
何かあったとき、私と妻では、その感じ方と言葉の使い方が違います。
妻はいつも《すごく変だ》と言いますが、私は《ちょっと変だ》と言います。

私が「ちょっと」という副詞を使うのは、物事に動じない不感症のせい。
というよりは、単に言葉の調子で口癖になっているだけなのですが、文章を書くときは
話は別で、『性質・状態の強度を表す副詞』は文脈で使い分けるようにしています。

時々思うのですが、肯定文より否定文に似合う「副詞」のほうが多くないでしょうか?

11_201401041525217b7.jpg

~~~~~~~~~~~(以下は個人の使い方と感じ方です)~~~~~~~~~~

A. 否定表現で使いたくなる「副詞」のほうが多い(13語)。
とても」=《とても無理》というように、つい打ち消し文に続けたくなる。※1
全然」=《全然・・・じゃない》というように、つい打消し文に続けたい。※2
非常に」=字は、常に非ずなので、異常状態のときに使いたくなる。

ごく」=大抵は《ごく多い》とは言わず、《ごく少ない》と使うのでは? 
すごく」=《凄く》と書くと、漢字を見るだけでも恐ろしげだ。
ひどく」=《酷く》の酷の字は、むごい、残酷、見るに耐えないという意。

やけに」=《自暴(やけ)》から来ているのであれば、悪い場合の使用では?
たいへん」=漢字は、大いに変で、大いにおかしな状態の場合に使いたい。
たいそう」=実際よりも誇張した表現法。好ましくないとされることが多い。

はなはだ」=《はなはだ遺憾であります》と、政治家がよく使っている。
ずいぶん」=《ずいぶんね》と女性が言うときは、たいてい怒っている。
とてつもなく」=《とてつもなく大きな声》とは非難気味の大きいでは?
とんでもなく」=意外な、まったくそうではない、もってのほかの、の意。

44.jpg

B. 肯定表現で使いたい副詞は、意外に少ない(8語)。
「断然」「大いに」「すこぶる」「とびきり」「ことのほか」「めっぽう」「かなり」「なかなか」

C. 肯定文でも否定文でも使える副詞(4語)。
「極めて」「最も」「いちじるしく」「まったく」「まことに」

D. 関西系・若者系の発祥に思える副詞(5語)。
「どえらく」「ごっつい」「めちゃ」「エラい」「チョー」  

33.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
否定的なニュアンスの副詞のほうが多いのはなぜか?
日本人はマイナー(短調)な感覚を好む志向があるせいではないでしょうか。
そう思えるのは、
1.日本人は他民族よりも、謙虚さ、慎み、抑制といった特質を美徳とする。
2.会話は西洋人と違い、表情の変化や身振りがほとんどなく、情を表さない。
3.日本語は英語のようなアクセントや抑揚がなく、おおむね平坦に発音する。
4.国歌は国際競技の前に聴くと、気が沈みそうになる荘重な短調風メロディ。
5.舞踊は中年米やコサックなどの民族ダンスに比べると、まるでおとなしい。
6.庭は欧米の華やかな庭園と違い、苔むした、地味なワビサビの精神を尊ぶ。
7.桜の花は散るときを愛でる。英雄は、悲壮な運命をたどる人を贔屓する。

★言葉の意味と使い方には、「多数決」の原理と「赤信号みんなで渡れば怖くない」の
原則と「集団心理」及び「適者生存」の法則が当てはまってはいないでしょうか。

real_corn_on_the_cob_that_comes_in_colors_640_01.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~注~~~~~~~~~~~~~~~~~
※1:「とても」が肯定表現に使われ出したのは、最近ではなく江戸時代。
芥川龍之介『澄江堂雑記』より→
「とても安い」とか「とても寒い」とか云ふ「とても」
の東京の言葉になり出したのは数年以前のことである。・・・
従来の用法は「とてもかなはない」とか「とても纏(まと)まらない」とか
云ふやうに必ず否定を伴つてゐる。
肯定に伴ふ新流行の「とても」は三河の国あたりの方言であらう。 
現に三河の国の人のこの「とても」を用ゐた例は元禄4年に上梓(じょうし)された
「猿蓑(みの)」の中に残つてゐる。  秋風や とても芒(すすき)は うごくはず  
  (三河)子伊

☆「とてもかくても」の略で、本来はそのあとに打消し語(文)を伴った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~注~~~~~~~~~~~~~~~~~
※2:「全然」の肯定用法は明治時代に広まり、大正時代には芥川の例がある。
芥川龍之介『羅生門』(大正4年)より→これを見ると、下人は始めて明白に
この老婆の生死が、全然、自分の意志に支配されてゐるといふことを意識した。

☆近年は、論文・レポートなどの参考書や入試問題・採用試験などでは、
「全然」を肯定表現で用いることは、不適切または誤用との扱いがされている。

                    _ _ _ _ _

★写真は「Glass Gem corn」。よくこんなにも美しいトウモロコシがあると感心します。
http://twistedsifter.com/2013/10/the-story-of-glass-gem-corn/より。
    
~~~~~~~~~~~~~~~~お知らせ~~~~~~~~~~~~~~~~
★ただいま入院中です。この記事は予約投稿です。

次の記事は、1月18日(土)に予約投稿済み。ただ今、コメント欄は閉じています。
(帰宅したら、FC2の方には、履歴を見て、再訪問させていただきますからね)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

,
関連記事
スポンサーサイト

back to TOP