「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 「民」の意味と語源はおもしろい。 

「民」とは、衆愚か、それとも宝物か。

中華人民共和国の「中華」とは、自分たちは世界の文明の中心地であるとする自尊語だが、
その「中華」以外の語は和製漢語、つまり日本製だそうだ。

「人民」の語は、古くは西暦8世紀の古事記・日本書紀の中に現れており、
明治期になって、英語「people」の訳語として「人民」が広く使われるようになったとのこと。

t4.jpg
      今回は「民」という言葉がネタです。(^_-)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
英語の「ピープル」は、人々の人間性を尊んでいるようだ。
「人民」と言えば、「人民の、人民による、人民のための政治」のフレーズを思い出す。
"government of the people, by the people, for the people" は、1863年11月、
ペンシルベニア州ゲティスバーグにおいて、エイブラハム・リンカーン大統領が
行なった演説の中の言葉で、民主主義の本質を語ったものとされている。※

people の語源は、ラテン語の populus(ポプルス)。
populus は、貴族に対する「平民」「群集」、大きくは「人々」の意。

people の定義は、the plural of person (personの複数形)。
類語のpersonality とは個性・性格なので、person とは「特徴のある個人」のイメージ。

person の語源は、ラテン語の persona (ペルソナ)。
劇などで使用された「仮面」を意味していたが、やがて俳優の演じる「役割」を意味する
ようになり、ついには「個人的特質」や「個人的特質を持った人」の意になった。

★してみるとpeople には《個性を有する一般の人々》のイメージがあり、
いかにも人間性を尊び、哲学者を多く生み出したギリシア・ローマ時代発祥の語のように思えます。

lincolngettysburgsmall.jpg

※この有名な言葉はリンカーンのオリジナルではない。(wikipedia)知られている
一番古いものはジョン・ウィクリフ(1320年頃-1384年)が英訳聖書の序言に
"This Bible is for the government of the people, by the people, and for the people"
「この聖書は人民の、人民による、人民のための統治に資するものである」に始まる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
中国語の「民」とは、目が見えない奴隷の意である。
字形は瞳のない目を現す「口」に、右側から針を刺していて視力を失わせる様。
「民」の最後の一画の斜め線⑤は象形文字で描かれた「瞳を突く針」の名残り。

民3

意味は、逃亡を防ぐために眼を潰して見えなくした奴隷で、一般人より下層。
または視力を失った人を「民」と言い、神への奉仕者とされたという説もある。
後に目の見えない人のように無知な大衆、支配下に置かれる人々の意に。

※「民」は「眠」という字の本字で、自覚の無い衆愚の者の意との説もあり。
※「臣」の字も、元は視力を失った神への奉仕者であり、合わせて臣民
(君主に従属する者としての人民)を言うそうだ。

★してみると、漢字の「人民」とは権力者に支配されている、自覚のない衆愚のことで、
いかにも中国圧制の歴史を見るかのようですが、しかしながら21世紀の現代人も、
世界を牛耳る一部の特権富裕支配者層により、政治や経済を操られ、
マスコミを操作されていることを考えると、いまだ「民」の原義は継続しているように思えますね。

てんのう (2)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本語の「民」は、天皇の宝とのこと。

高き屋に のぼりて見れば 煙(けぶり)立つ 民のかまどは にぎはひにけり (新古707)

西暦五世紀初め、どの家でもその日に食べる物がなく、人々は飢えに苦しんでいた。
そこで仁徳天皇は年貢などを免除し、宮殿の改修を中止し、皇の着物や履物は
破れてもそのままにし、食料の生産高を上げるべく様々な事業に専念した。
その結果、3年後には、どの家々からもカマドの煙が立ち昇ったとの故事にちなむ歌。
そのとき、天皇は喜び、「民が貧しいのは私が貧しいことであり、民が豊かなのは
私が豊かなことだ」と述べたとのこと。

てんのう (1)

神武天皇以来、天皇は国民を「おおみたから(大御宝)=天皇の宝」と呼ぶ。
国民は搾取する奴隷ではなく、宝として大切にするという姿勢だそうだ。

★日本の天皇は、非常に謙遜で、決して偉ぶらないので、いつも感心します。
党名に「民」の字が付く代議士の方々は「国民」をどう思っているのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最後にハートウォーミングな名曲をどうぞ。曲はもちろん「タミー」です
「Tammy」は1957年のユニバーサルのロマンチック・コメディ映画『タミーと
バチュラー』の主題歌、劇中歌として作られ、アメリカでは映画以上の全米ヒット曲となった。

                   
バイユー(アメリカ南部の湿地帯)の田舎に住む純朴な娘タミーが、湿地帯に墜落した
飛行機から助けた青年に恋する気持ちを歌ったもの。森のコットンウッド(ポプラの
仲間の広葉樹)や、フクロウのお爺さん、ホイッパーウィル(夜鷹の一種)、
バイユーの風が、「タミーは恋してる」と言っている。

Debbie Reynolds(1932年4月1日- )彼女を一躍スターにしたMGM映画の代名詞の
ような『雨に唄えば』(Singing in the Rain:1952)のキャシー役が有名。
その後も81歳の現在まで映画やテレビで活躍している大女優。スタジオ・ジブリの
『魔女の宅急便』(1998)のディズニー英語版では、老婦人役の吹替えをしている。
 
cf05.jpgデビー・レイノルズは3度結婚しているが、
『スター・ウォーズ・シリーズ』のレイア姫を
演じたキャリー・フィッシャー(1956-)は、
彼女の最初の夫(のちにエリザベス・テイラー
のもとに奔った)人気歌手エディ・フィッシャー
(1928-2010)との間に生まれた娘で、現在57歳。
 ※参考:http://www.magictrain.biz/wp/?p=14373
.
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

朝からお勉強。

はーい、おはようございます。

朝からなるほどなぁと勉強させて頂いております。
愚民たるおいらは只今お上の圧政に青息吐息で御座います。
消費税は上がり、最賃は上がりこの先我が社の懐は細るばかりで御座います。
愚民はみな自由を手中に納めてると思っておりますが、その実は「君主の、君主による、君主のための政治」なのであります。
、そう言うおいらもそれは無いななどと平和ぼけしている愚民に成り下がっておりますが・・・
ところで、デビー・レイノルズといえばドミニクの歌をうたっていた映画を見た記憶があります、いつだったか忘れましたが・・・
多分WOWOで・・

2013/10/19(土) |URL|ばく [edit]

ばくさん ありがとうございます^^)

おお、ばくさんの名語録に追加ヴァージョンが出ましたね。
「君主の、君主による、君主のための政治」ですか。
まったく、そうですよねー。
国民は、世では民主政治が行なわれていると思っているのですが、
この「君主」というのがクセ者で、表舞台には出ないんですよね。

北海道賢民のばくさんなら、
「社員の、社長による、社員のための会社」がモットーで、
青色吐息どころか、金色弩息、快調満帆じゃないですか。(^J^)

「ドミニクの歌」といえば、ペギー葉山を思い出します。
何十年か前に、彼女を某所で見かけたことがありますが、
華やかなオーラがあり、意外にも、想像以上にきれいでしたよ。
この映画は知らなかったのですが、面白そうですね。。
http://www.youtube.com/watch?v=oowQMiKuasE

2013/10/19(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

人民について知らないことだらけで勉強になりました。
日本では8世紀から使われていたとは驚きです。
人民や民のついた国名、人民裁判、人民寺院などちょっと
マイナス・イメージの語感になってきてるように感ずるのは私だけ?(笑)

ある街なかで一人の政治家が演説をしていた。
「我々が政権を握れば、人民は腹いっぱい食べられるようになる。
我々の政権では人民は酒もタバコもいくらでものめるようになるのだ」
すると人垣のなかから反対の声があがった。
「オレは酒もタバコも欲しくないね」
政治家は答えた。
「我々の政権では、人民は黙って言われたとおりにするようになるのだ」 
「タミー」いいですね。デビー・レイノルズの「チャーミー」の発音が
よかった。映画「西部開拓史」で彼女が歌った「遥かなわが家(グリーン・スリーブス)」
も印象に残っています。そうですか、レイア姫ももう57歳ですか。(笑)

2013/10/20(日) |URL|エリアンダー [edit]

我田引水っぽいリンクですが

ポプルスといえば、ローマの標語SPQRが有名ですね。
http://thecrystalskull.blog135.fc2.com/blog-entry-572.html

現代のイタリア人には勿体無いような格調高い言葉です。(笑)
ちなみに、ラテン語の勉強はまだ始めてません。(;´д`)トホホ…

2013/10/20(日) |URL|ケジボン [edit]

素晴らしいブログネタをお書きになってますね。
感服致しました。<(_ _)>

2013/10/20(日) |URL|あおいよだれかけ [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

そうですね。私も「人民」の言葉ではお隣の怖い国家を思い出しますが、
言われれば、怖い宗教教団もありましたね。千人位自殺したのでしたか。(ーー;)

>「黙って言われたとおりにするようになる」。
でも負けずに怖いのは、国民がいろいろ言いたいことを言っても、
やはり政治家の思う通りにされていることでしょうか。おー、こわ。(^_^;)

>デビー・レイノルズの「チャーミー」の発音
さすがですね。あの発音、やはり気になりましたか。
彼女はテキサス出身だそうですが、カウボーイたちの発声なんでしょうか(笑。
 ※参考:ナンシー・シナトラが歌う「Tammy」 
 http://www.youtube.com/watch?v=GNgVhUXPkZo

>映画「西部開拓史」で彼女が歌った「遥かなわが家(グリーン・スリーブス)」
私は観た記憶がないです。エリアンダーさんは、何でも博識ですね。
検索したらありました。グレゴリー・ペックが出てるんですね。
http://www.youtube.com/watch?v=4AzRhoZh-Jk
私はブラザース・フォアの「グリーン・スリーブス」のほうが印象が強いです。
http://www.youtube.com/watch?v=rTc5OVh4TmU
ああ、懐かしいなあ。過ぎ去りし日々。あの頃、私は・・・ええと。(^J^)

2013/10/20(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ケジボンさん ありがとうございます^^)

ラテン語のウンチクあれば、イカの色の記事もあり。
ケジボンさんも何でもいろいろお詳しいですねー。(@_@;)

SPQRとは、セナートゥス・ポプルスクェ・ロマーヌス。
(SENATUS POPULUSQUE ROMANUS)。
これは「元老院並びにローマ市民」を意味する四つの頭文字。
古代ローマの国家全体の主権者を指す言葉で、演説の冒頭に使われた。

はい、では、わが国では、こんなあいさつを思い出しました。
「れでぃす えんど じぇんとるめん、あんど おとっつあん おっかさん」
あ、すみません。これは一世を風靡したトニー谷さんのあいさつです(笑。

2013/10/20(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

あおいよだれかけさん ありがとうございます^^)

おほめいただき、ありがとうございます。
最近は聖書ネタが少なくて、いろいろ雑多かつ、いい加減。
何を書いたらいいか、毎度毎度ネタに困ってます。(~_~;)

2013/10/20(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

中国の「民」、こわい。。勉強になりました。というか、わたし、今日は右目がお岩さんのように腫れてて、左目からの情報しか入ってきてないので、ちょっと文章を分析できず。。。。あれ?いつもでしたっけ。。。もう、感覚的に、民からタミーで笑っちゃって、レイア姫がこんなになってしまったことにショックをうけて、、、と、単純に流れに乗って読んでしまいましたぁ。

2013/10/21(月) |URL|abe [edit]

abeさん ありがとうございます^^)

おお、文章のテンポがポンポンポンと流れに乗ってて、いい調子ですね。
それにしても、右目がお岩さんって、どうしたんでしょう。
眼が大きいから空中の浮遊物が入りやすいのかなあ。気をつけてくださいねー。

今回は「民」から「ターミネーター」になって「タミー」で終わる話にしたんですが、
この冬、「タミフル」を飲まないでいいよう、インフルにも気をつけましょうねー。

レイア姫、ショックですよね。外人は顔も体型も若いときとの差が大きいですね。
でも、年取ってからのほうが表情に深みが出ていいひともいますからね。
まれさんも若々しい気持ちを保って、ずうーっと頑張ってくださいね。(^^♪

2013/10/21(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

お邪魔します。

とても楽しく興味深くお勉強をさせていただきました。
貴重な内容を読み返し頭に叩き込みたいと思います。

天皇さまが平民のかまどの煙を見て詠んだ歌に
わたしのうろ覚えでは他にもあったような気がしますが。
こちらの内容とはすこし違いますので。
忘れっぽい人なので確信はありません。

ターミーの紹介もありがとうございます。
たしかペギー葉山さんで聴いた覚えがあるような気がしますが、
こちらも勘違いでしょうか。
甘い声、素敵ですね。

すてきなブログを堪能させていただきました。

2013/10/22(火) |URL|えっせい [edit]

えっせいさん ありがとうございます^^)

まあ、よく読んでいただき、コメントも書いていただき、うれしいですね。(^^♪
この仁徳天皇のかまどの歌は、私は学校で習ったような気がします。
そうですか。他にも似たような歌があったんですね。

それにしても日本人は上から下まで、人情や倫理感が優れているのでしょうか。
よその国のほうでは、民が食べるものに事欠いていると聞いたとき、
それじゃあケーキを食べればいいのにと言った王妃がいたとか、
また、お隣の国の皇帝は、肉粥を食べればよいではないかと言ったとか。
ああ、そういえば、貧乏人は麦を食えといった日本人を思い出しました(笑)。

「タミー」。そう言われれば、ペギー葉山も歌っていたような気がします。
あの頃はアメリカから入ってきた、いい歌がいっぱいありました。
当時はジャズヴォーカルと言ってましたが、いまはスタンダードナンバーとか
オールディーズと言うんですね。だんだん昭和も遠くなりにけりです(涙&笑)。
またコメントをお待ちしています。(^<^)

2013/10/22(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]


ちょ・・・wwww
『民ネタ(=TERMINATOR)』って〜〜(≧▽≦)〜〜!!

つかみから相当笑かされてしまいましたが、本文は大真面目っっ!
《言葉》をこれでもかっ!と多方向から深く掘り下げられた内容で、
いつもながら、頭が下がりますデス。
イヤはや、大変勉強になりました m( _ _ )m

特に、中国語の『民』については、
“ナルホドッ、そうだったのかッッ!”と思わず膝を叩いてしまいながら、
背筋がぞぞぞーーーーーっっ!と寒くなりましたデス。。。
甲文・金文の象形に至っては、もうっっ・・ (((´=д=`)))ブルブル・・・

そういわれてみると、いろんな場面において、
『民』って言葉(あるいは、響き)は、腹に一物持った上で、
意識的に使用(=利用)されてるようにも思えてきましたぁ〜〜(^^:)

デビー・レイノルズの『タミー』は、
いつ聴いてもロマンチックで素敵ですよねえ(^^)
特に、“Tammy … Tammy … Tammy’s in love”のとこのメロディ♪

すっかり恋に落ちているタミーは・・・やっぱり盲目(=民〜♪)状態っ?!

2013/10/23(水) |URL|G.D.M.T. [edit]

G.D.M.T.さん ありがとうございます^^)

おおー、快人百面相みたいに、いっぱい顔文字が入っていて、
見るだけでも愉快になるコメントですねー。
とりわけ冒頭でターミネーターを話題にしていただいて、
わが意を得たり、ははははは・・・です。(~_~)(^o^)丿(*^。^*)

絶対君主が民を支配した昔の封建社会は怖いですね。
今はいろいろ問題が多くあっても、その圧制時代に比べたら、
一応民主主義で、はるかに暮らしやすいのでしょうね。
私たちは、とかく物事の悪い面ばかり見がちですが、
もっと良い面も思い出したいものだと思いました。

Tammy’s in love”のとこのメロディ♪ がいいですか。
さすが。音感も鋭いG.D.M.T.さんらしいコメントだなあ。
恋は盲目。これはシェイクスピアの「ベニスの商人」に出てくる言葉。
ジャニス・イアンのこんな歌を思い出しました。
http://www.youtube.com/watch?v=mOf-P7mW8Wc

2013/10/23(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/128-f3db272b

back to TOP