「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 中国アンプと日本スピーカーのコンビは、安価で極上の音。 

デスクトップパソコンに買い換えたら、小型スピーカーが欲しくなりました。
安くて評判のいい「USBスピーカー」を買ったのですが、音質が物足りず。

アンプ内蔵の「アクティブスピーカー」を探しましたが、電源スイッチや音量調節ツマミが
前面にあって、見た目が気に入りません。裏面にある機種は使い勝手が悪そうです。

Amazonで、異常に安い中国製デジタルアンプを見つけました。
31yILRVI75L.jpgLepai デジタルアンプ
LP-2020A+ Tripath TA2020-020
(12V5Aアダプター付属)

送料込みで2,480円と極安。
なのに、非常に高評価で、
熱烈愛好家が大勢います。
レビュー159件のうち、星5つと4つが計125件、星1つと2つが計17件。
「100倍価格のアンプにも負けない伝説はその通りだった」と褒める人がいれば、
「外れに当たった、音が出ない、二度と買わない」と怒ってる人も少数います。

品質管理にかなりバラつきがあって、人生の運試しにいい商品のようです。
安いし、面白そうだし、ほな、こうてみよかー、と頭が関西弁になりました。

~~~~~~~~~~~integrated amplifiers~~~~~~~~~~~~

もう少し検索していたら、『SP01.JP』という店で、類似的アンプを偶然的発見。
送料別4,980円と倍以上。おー、高級アンプじゃないですか。どうしましょう。

A68.jpg新シリーズTA2021Bの
ハイグレードパーツ版。
S.M.S.L.
SA-S3+S(EX)

電源アダプター付
エクスクルーシブセット 
●トライパスTA2021B 25W+25W 空芯コイル ステレオメインアンプ ●アルミ合金
NC切削フロントパネル、アルミ合金ケース、高級VR使用 ●コンデンサ類(日本ELNA、
独シーメンスフィルムコンデンサー)、抵抗類(米国DALE,フィリップス;超低雑音・
誤差1%以内・300V DC耐圧)、可変抵抗(日本アルプス)

スペックを見てから、基板の画像を比べてみたら、瞬時に答えが出ました。
右のほうが物量は上。素人目に前代未聞・青天霹靂・驚天動地の違いあり。
高いと言っても5千円ちょっとですから、清水の舞台まで行かずに購入決定。

A685_Z4.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~speaker~~~~~~~~~~~~~~~~

このアンプに合う適切な、安い小さなスピーカーを探しました。ところが市販の
安い小型スピーカーは、サラウンド用と表記してあるのが多いんですね。

そこで、スピーカーを作ることにしました。スピーカー工作は何十年かぶり。
といっても面倒なので、ユニットをネジ止めするだけでいい完成箱を探します。

10センチ口径用の箱(P1000-E)がAmazonにありました。安い。1,709円。
奥行き17.9ミリですので、我が家のロールトップデスクの天板に置けそうです。
t9パーティクルボードなので、板厚が薄いわりには箱鳴りの件は大丈夫そう。

31rAlOR7fSL.jpg

スピーカーユニットですが、適合ユニットは3種ありました。
フォステクスは、名前がフォスターだった頃、職場用に8センチ口径、自宅4ch用に
16センチ口径を買ったことがあり、ベージュ色コーン紙のFEシリーズは使ったことがあります。(左から安い順)
01P1000K.jpg

右のユニットはこの箱では力不足なので、左のP1000-E(1,436円)に決定。
言うまでもなく、早い話が、ゆっくり言っても、安さがなによりの決め手です。
フォステクスは日本の誇る世界的スピーカーメーカー。一番安くてもブランド品だし、
見た目にコーン紙が軽そうで、小音量でもきれいに鳴りそう、と言い訳。

ホームセンターで、スピーカーケーブル用に使える太目の2軸電気コードを購入。
手持ちの古いピンケーブルをよく磨いてから接続し、恐る恐る、そうっと電源SWをON。

kkoo78.jpg

~~~~~~~~~~~~~~stereo sound~~~~~~~~~~~~~~
音が出ましたよ。コーン紙は揺れず。ポップノイズは出ず。うれしい予想外。
ボリューム10時ぐらいで十分以上の音量。んー、けっこう いいじゃないですか。
中高域がしっかりしてる。低域は出ないというより引き締まってると言うべきか。

ノイズは私の耳には聴こえず。PCファンのほうがうるさいぐらい。
音量調節ツマミの回転はスムーズで、ガリ音なし。パーツも優良のようです。

居間にはKEFの3ウェイスピーカーにDENONのプリメインを組んでいますが、
格段に安い中華&日本のコラボセットのほうが音の鮮度は優っています。

リビングスピーカー

こちらはスピーカーから耳までが約75センチで、至近のせいか音にダイレクト感があります。
私は女声ヴォーカルがメインなので、声の帯域がクリアに聴ければOK。
サラ・ブライトマンの甘くとろける歌声がハートの髄にズイッと浸み込みます。
パティ・ペイジを、ドリス・デイを、エラを、これで聴いてみたくなりました。

DSCF3269.jpg

机の上に置いた手に微振動を感じたので、スピーカーの下に10円硬貨を挿入。
硬貨の効果で振動が消え、音のクリア度がアップ。安いインシュレーターです。

スピーカーには音のこもり感が若干ありますが、こんなもんです。 置き方の工夫をし、
エージングが済めば、音質が変わりそうな悪寒が、いや、予感がします。

電源OFFでボリューム周囲の照明がスーッと消えていく演出も なかなか。
このアンプには驚かされました。もう高いアンプは買わないでいいでしょう。

ff 001

突然ですが、ここでクエスチョンです。
今まで何回「安い」という言葉が書いてあったでしょうか?
・・・・・・・・・(^J^)
「安くて、良いものを」というのは私の好みです。趣味です。人生哲学です(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

パソコン用オーディオ

バーソ様
おはよう御座います。

自分であれこれ考えて期待した通りの音が出た時の喜びはなにものにも変えられませんね。私も昔長岡式のバックロードホーンやフロントロードホーンを自作したことがありバックロードの方にはフォスターを使いました。ネットワークを介しスーパーツィーターにもホーン型を使いましたがいい音を出していました。引越で処分して今はもうありません。フロントロードにはアルティックを使いました。こちらも今はありませんが落ち着いた音が気に入っていました。
それにしてもこのアンプは安くて高級感がありますね。

愛新覚羅

2013/09/21(土) |URL|aishinkakura [edit]

aishinkakuraさん ありがとうございます^^)

相当マニアックな方だと思ってましたが、思っていた以上でした。
私は当時、長岡教の信者でした。スピーカーマトリックスが面白くて、
可変抵抗をアキバで買ってきたりして、いろいろ試してみたものです。

BH型は、フォスターのショールームに行って、長岡式を聴いたことがあります。
かなり音がこもってボコボコ音だったので、近づいてきた係員の男性に訊ねたら、
長岡さんがなぜこんなのを作ったのか、分からないんですと言って、
首をひねったので、ちょっと驚いたことがあります。
それ以来、BH型は聴いたことがありません。今でも関心はあるのですが。

アルテックはバスレフでなく、フロントロードですか。A-7形式でしょうかね。
かなり大きな部屋にお住まいだったんですね。これも聴いてみたかった音です。

私は青いバッフルの25センチJBLモニター4313を持っていたことがありますが、
アルテックとJBLと、長岡さんのスピーカーは似た傾向の音じゃないでしょうか。
aishinkakuraさんは、聴く音楽のメインはジャズ、ポップスじゃないですか。
中域の張った、前に出てくる音が好みじゃないですか。(^_^)v
(なお、「様」ではなく、「さん」でいいですからね。ありがとうございます^^)

2013/09/21(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

おはようございます。

バーソさんの部屋はスピーカー視聴室みたいでかっこいいですね。
いつだったか紹介されたパソコンを置けるデスクも写っています。
昔、SMファン・・・、じゃなかったFMファン誌に長岡さんの自作
スピーカーの記事がよく掲載されていました。
スピーカー、いい買い物をされたようでうれしさが伝わってきます。
スピーカーやアンプは上を見たらキリがなく、家一軒が軽く建つ
ほどの高価なものもありますね。私の机の上には小さなアクティブ
スピーカーがありますが、普段はイヤホンかレシーバーで聞いて
います。私も女性ボーカルは好きです。山本潤子、ジュディ・コリンズ、
テイラー・スウィフトとかね。
そうそう、ブライトマンとボチェッリが〈タイム・トゥ・セイ・グッバイ〉で
出てきたときの2人の音域の広さったらなかったですね。

2013/09/22(日) |URL|エリアンダー [edit]

元夫がこういうの好きで
良くいじっているの思い出しました
部屋の天井までこだわって
なんだかさっぱり分かりませんでした(^^ゞ

「安くても高くても自分の好きな良いものを」というのはbabaの好みです。趣味です。人生哲学です(´m`)。

2013/09/22(日) |URL|babatyama [edit]

これを読んでいると、少年のバーソさんがそこにいるようで楽しそうですね〜。
男子はいつまでたっても、こんなふうに楽しめるものがあるからよいですよね。
女子の子どもの頃の遊びはお人形さんあそびとかままごとだったから、結局おとなになると子育てとか家事とかにつながっていって、なんか、遊びを広げる、って感覚じゃないんですよね。もちろん家事を楽しみにする人もたくさんいるだろうけど、こんなふうに生活から離れたところで遊べる感覚がうらやましいですよ。

2013/09/22(日) |URL|abe [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

昔、部屋の中に8本スピーカーを置いていたときがあります。
スピーカーでいちばん音が変わると言われていて、その通りなんですが、
アンプでも、思った以上に、かなり音が変わりますね。
ケーブルやセッティングに凝る人は、微妙な音質の違いが気になる人なんでしょう。
私は何か買うまでは細かく検討調査しますが、買ったらアバウトになります(笑。

以前、好みの音は、性分的に「繊細な」「ピュアな」音だと思ってましたが、
実際は「カラッとした」「厚みのある」高域が「キラキラ」する音が好みでしたね。
素直な音は聴いてて面白みがなく、少々クセのあるほうが好きみたいです。
人間でもそうでしょうか。テレビでも、無難で保守的な解説はつまりません。
といって、日常ではとうてい過激にはなりきれなかった平々凡々な私です(笑。
女声ボーカルがお好きとは、好みが一緒ですね。よかったです。

2013/09/22(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Lady-babaさん ありがとうございます^^)

「元夫」という言葉にドキッとしました。
んー、と、なんと言ったらいいか。ええと・・・
あ、そうそう、男性に非常にモテたということなんでしょうね。(^_^)v

で、「部屋の天井までこだわる」というのは、かなりのマニアですね。
正方形の部屋は良くないとか、和室には厚い絨毯を敷かないほうがいいとか、
いい音には、いろいろこだわりが必要みたいですよ。

「安くても高くても、自分の好きな良いものを」というのは、
お金があるひとの言葉のように感じましたが、いや、というよりも、
自分の好みにこだわり、本質にこだわるといいうことなんでしょう。

いいことです。それが一番! 自分の好きなことをして、上を見て、
生きていければ、それが一番の幸福ですものね。
babaさんの今までのキラキラした人生の日々を感じますよ。

2013/09/22(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

abeさん ありがとうございます^^)

少年の心は、ずうーっといまだに持っているつもりなんですよ。
でも、何かを作るというのは、ずいぶん長い間してないですね。
子どもの頃は、木を削ってプロペラ飛行機を作るのが好きでしたが、
そのうちプラモデルが売られるようになり、これは接着して色を塗るだけ。
だんだん、いろんなことが、簡単に、安く、手軽にできるようになりました。

昔を思うと、今はいい時代です。災害はありますが、昔もありました。
いろいろ問題はありますが、昔は他の面でもっとあったような気がします。
仕事も今のほうが、何でもやる気なら、いろいろあります。
まれさんは、才能を活かして、活躍できて、うらやましいです。(^^♪

2013/09/22(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

どうやら私は耳音痴で

家で映画を見ていると、一番大事な人の声がこもり、定位が悪い
のでセンタースピーカーを追加したり、インシュレーターを入れて
みたりしました。ずっと使っていたアンプを変えてみても不変でした。
ところがヘッドホンを通して聴いてももやっとして、これは私の耳の
質が悪いんだなと音に投資するのをやめました。(笑)音のために
引っ越しして電力会社を変えたら音が抜けるようになった、という
耳のいいお人もいるらしいですが。(笑) 映画はプロジェクターで
観ています。音はもやもやですが、私も友人も家族も音が分からないので
誰も文句は言わないし、良しとしています。(笑)

2013/09/23(月) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

昔、大手家電会社のテレビ部門(CRT方式)に関係した仕事をしたことがあります。
背面投射式は画質が粗いが、前面投射型は画質が滑らかできれいなので、
いつか、100インチぐらいの大スクリーンで見たいものだと憧れていました。
そのプロジェクターで映画鑑賞ですか。すごいですねー。さすがです。
だから高価なHDMIケーブルを買ったんですね。大枚払った理由、やっと了解です(笑。

私は子どもの時、洋画を好きになったのですが、そのわけは、映画館で聴く英語の
ナレーションにシビレたからです(吹き替え版は洋画の良さが半減します)。
その頃の劇場用のスピーカーは、ほとんどがALTEC製2ウェイフロントロード。
中域をしっかり再生することを主眼とするスピーカーだったと思います。
前述の家電会社の人も、テレビは(映画も)声が基本だといつも言ってました。

AV(オーディオ・ビジュアル)時代になって、トールボーイ型スピーカーが
流行ってきたのも、省スペース性が便利というのもあるでしょうが、
やはり声をきれいに再生したいので、小口径ユニットを(縦に並べて)使いたい
という理由もあるのではないでしょうか(低域は専用サブウーハーに分担)。

「どうやら・・・で」という言い方。円生の口調と顔をを思い出しましたが、
エリアンダーさんは「声」に敏感で、音の感性が鋭いようですね。(^^♪

2013/09/23(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

参考になりました!

昔使っていたスピーカーを使おうと

アンプ情報収集していました。

安価で良質なもの探していましたので

とても嬉しい情報です。

ありがとうございます。

2015/01/18(日) |URL|ドライブ お勧めスポット [edit]

ドライブ お勧めスポットさん ありがとうございます^^)

お役に少しは立てたでしょうか。ご丁寧にありがとうございます。
このアンプを買ってから、私は10万以上する、いわゆる高級アンプを買う気がなくなりました。もう1年半になりますが、一度も不調なし。唯一の欠点はトーンコントロールとラウドネスがないことですが、使いこなしでカバーできると思っています。

買った店は現在は休店中のようですが、同種の店や同種のアンプは他にもあると思います。当たり外れはあり得ますが、Amazonなんかだと交換が容易なのではないかと思います。

2015/01/18(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/124-dce17348

back to TOP