「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 軽井沢のデーランボーという大男。 

昔、男ありけり。
今、バーソとか云ふ名のイマイマしい、否、イマい男ありけり。
風誘う或る日、信濃路に宿を取り、「軽井沢なう」とつぶやいていたのす。

伝え聞けば、昔々このあたり、ベラボーにでっかい男が住んでいたそうで。
立てば顔は浅間の煙に隠れ、座れば足は碓氷峠から妙義山の谷間に届いたとか。

この話、あっちこっちへ広がりまして、「ベラボーに大きい男」は、
「ベエランボー」と言われ、「デーランボー」と呼ばれるようになりました。

デーランボーの足跡に水がたまって出来たのが軽井沢の『雲場池』だそうです。

z軽井沢 028
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
巨人国の話。
デーランボーとはブラボーな話だと喜んだのが江戸の見世物小屋の主ですな。
その頃、両国界隈は賑やかで、インチキな見世物小屋が沢山出ておったのです。

z軽井沢 071
軽井沢に来たら必ず寄る手作りケーキの店 『ル・レガラン』。サバラン280円。

「世にも珍しい、目が三つで、歯が二つの怪物」と言われて小屋の中に入ると、
ゲタが片一方だけ置いてある。「六尺の大イタチ」と言われて中に入ると、
六尺の大きな板の中央に血が付いている。と、いかがわしい怪しげな物だらけ。

z軽井沢 060

見世物小屋の主は、珍しいものを見つけて大儲けをしようと思っておりまして。
巨人デーランボーの話を聞いて、はるばる浅間・蓼科の山へやってまいりました。

z軽井沢 102
                   軽井沢プリンスショッピングプラザ

山のあなたの空遠くまで探し回っていると、「おじさん、おじさん」と、可愛い子供の声。

z軽井沢 056

ああ、幸い住むと云ふ通り、まあ、デーランボーの子供じゃあーりませんか。
わかったワケは、ランボーに顔がそっくりであったのですよ、スタローンの。

z軽井沢 090
z軽井沢 088

霊長目デーランボー科デーランボー属デーランボー種のバーソ亜種に違いない。
「いいものあげるから、おいで」と言って、寄ってきた子どもを抱え込んだ。

z軽井沢 035

びっくりした子どもは、「キャー」と悲鳴を上げる。すると、早鐘、ほら貝、
山鹿流陣太鼓の音が響き渡り、総勢四十七人が追ってきた。

z軽井沢 070
       旧軽銀座入口前の交差点角にある公衆電話ボックス。近くに無料の公衆トイレあり。

子供は欲しいが、命も欲しい。カネも欲しいが、わたしゃ、も少し背が欲しい。
子供を放り出して必死に逃げたのですが、コロリころげて木の根っこで失神。

z軽井沢 053

寄ってたかって、ぶん殴られて、ふん縛られて、お代官様の前に突き出された。

z軽井沢 058

「この不届き者、顔を上げよ」と言われ、ハッと見上げたら周りは大男たち。

z軽井沢 076

代官のほうだって驚いた。
「みんな見ろ、ニンゲンだ。珍しい。霊長目ニンゲン科ニンゲン属の成人種だ!
あんまり珍しいから・・・・・調べは後回しにして、こやつを、見世物に出せ!」

というようなオチでして、これで、おしまいです。 はい。 ご退屈さま。
                     

「デーランボー」は民話。そのあとの「巨人国」の話は落語が元ネタのウソ噺。

~~~~~~~~~~~~~~~買ったもの~~~~~~~~~~~~~~~

qqビン 003

フランスは蚤の市で見つけたらしき
古びた手作りガラスビン2200円
(アンティーク雑貨店『KIno』で)
※この上の写真の店です。



名も知らぬ遠き島より流れ来た
ヤシの実ひとつ200円
(旧軽銀座『ジャムこばやし』で)
と書いたら、ハスの実だそうで、
(エリアンダーさんのご指摘)
ああ、穴見れば、あな恥ずかしや。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★仰天付録:「宇宙人」。地球に降下する巨大宇宙船。ああ、おそろしか。

巨人軍とJ.ディーンとハエ取り紙は永久に不滅です。ブログ『夏への扉』より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

軽井沢今はあまり人がいない時期かしら
ゆっくりされて良かったのでは
ガラス瓶
紐もガラスで楽しい(^_^)

2013/06/02(日) |URL|babatyama [edit]

Lady-babaさん ありがとうございます^^)

旧軽地区は、古い情緒のある店もありますが、避暑地・軽井沢ならではの
ちょっと外人的な雰囲気というか、趣きがだんだん薄くなってきてますね。
来ている人の年齢層や服装も高齢化社会傾向になっているように感じました。
まあ、長生きできているということで、いいことかもしれません。

でも一歩奥に入ると、別荘が並んでいて、緑も多く、風が都会とは違います。
行ったのは2年ぶり。平日なんですが、思ったより、観光客が多かったですね。
初秋に行くと、木の葉が空からたくさん降ってきて、凄くムードがあります。
ビンを買った雑貨店。安くて、いい物があって、なかなかですよ。

2013/06/02(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

私も軽井沢に行ったことがあるはずなのに
バーソさんのカメラで見る軽井沢は何故か違って見えます。
色具合のせいなのか?
なんか、セピアな感じを受けました。

一人旅なのでしょうか?

でもバーソさんが撮ってあるってことは
奥様と旅行なさったのでしょうか?

ここの所、たくさん旅行をされていますね。

今年は、さわやかないい初夏の季節♡が長いので
私も旅行に行ってみたくなりました♡

2013/06/02(日) |URL|ゆりママ [edit]

四字熟語

きょうのお話は、落語や歌謡浪曲やらをちりばめた抱腹絶倒、
荒唐無稽、奇想天外、神出鬼没・・・まだ足りん(笑)、予測不可能、
国籍不明、空前絶後、痛快無比、言語道断、笑止千万、欣喜雀躍、
驚天動地・・・、もう無いですぅ。(笑)
私の友人は数百万する腕時計やポルシェを買いますが、私が勧める
デジカメ(高々数万円)を高い高いと言って逃げ回っています。
価値観は人それぞれ。生まれも育ちも違うわけですから互いに
それを認め合わないとね。
どこかの国のように共通の歴史認識をもて・・・とか、そんなもん
不可能だっちゅうの。(笑)
軽井沢の写真、いいですね。早朝に雲場の池でカモを撮ったことを
思い出したかも。「ヤシの実ひとつ200円」これはヤシではなくハスの実
じゃないでしょうか。ハスなら実は食べられます、変わった味だけどうまいですよ。
バーソさんは巨人ファンなんですね。私は阪神ファン。今年はいい戦いができそう。

2013/06/02(日) |URL|エリアンダー [edit]

ゆりママさん ありがとうございます^^)

そう言われれば、セピアな感じがしないでもないですね。
たぶん被写体とカメラのせいだと思いますが、
撮った人間がもうセピアがかっているせいでしょうかね(笑。
「もすこし背が欲しい」は、ゆりさんのアイディを借用しましたよ。

私は一人で出かけることは、まず、大抵、ほとんど、皆無に等しいんですよ。
なにしろ、我が家は嚊天下(かかあでんか)で、何でも嚊のおっしゃる通り(笑。
で、その方は、家で音楽を聴きながらの読書が大好きな人間なんです。
ですので、我が家は、めったに遠出の旅はしないんです。
なんと私って優しいでしょうか。あ、ただ気弱だという説もありますが。(;^_^

2013/06/03(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

嗚呼、熟語辞典を紐解かなければならぬ程の賞賛の嵐。(@_@;)
喜色満面、有頂天外、我田引水、魑魅魍魎・・・ええと、そのう・・・
とにかく、これで1週間、否、4週間は幸せでいられます(笑。

四文字に対抗するには、五言絶句しか無し。で、
 我感謝指摘 即刻訂正文
 汝知識豊富 常鋭敏愉快
 超面白論評 我毎回笑嬉
ですが、ここで絶句・・・(笑。

「価値観」は「価値感」と書いたほうがいいでしょうかね。
いわゆる「これは個人の感想です」の「感」です(笑。

野球はメジャー。どこのチームが勝とうが負けようが、
日本人選手が活躍さえすれば満足です。(^Δ一)

2013/06/03(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]


ガハハハ〜〜〜!と笑い転げながら、コメントなう(笑)

いや〜、名調子っっ!
・・・と、思わず掛け声を飛ばしたくなるほどですっ♪
バーソさんの才能は、ほんと、多岐に渡っておられるようで〜 ( ̄m ̄〃)

今回の写真も、またまた楽しませていただきました。
並走しているお話との対比つうか、バランスの妙を感じる配し方、
その辺りのエディット感覚も実にスルドイなぁ〜・・・と。

そういえば、バーソさんの服装も、
毎回街のトーンにうまく合わせているように思います♪
どうやら、コーディネーターの才能もお持ちなのですネ(^^)

『あんまりカンペキすぎると、イヤミざんすぅぅ〜〜〜っっ!!』
・・・と、たまには妬みのコメントでも入れさせていただきますっ(爆)

2013/06/03(月) |URL|G.D.M.T. [edit]

G.D.M.T.さん ありがとうございます^^)

わー、毎回、ほめ上手、おだて上手、乗せ上手のG.D.M.T.さん。
毎回、お礼もなにもしなくて、どーもすみませんね。(^Δ一)
ただただ、ありがたく、ありがたく、むささび泣き、いえ、むせび泣きです。
写真の順番だけでなく、安くて、むさくるしい服装まで目に留めていただき、
もう、感謝感激、雨霰雹霞(あめ・あられ・ひょう・かすみ)です(爆)。

以前は人物オンリーで、スナップなどめったに撮らなかったのですが、
こうして街の風景を記念撮影していると、ワイド系が欲しくなりますね。
FUJI X10のレンズは、35ミリ換算で28ミリ相当。
なので、最近は、25ミリ付のXF1がほしくなりました。
(アイレベルファインダーは無くても間に合いますね)

一眼レフのペンタックスKXオリーブグリーンボディを持っていて、
普段、18-200ミリを付けっぱなしにしているのですが、
重たくて持ち出すのが面倒になり、最近はほとんど使っていません。
わたしの人間性に合わせて、どうも「軽薄」がいいようです。(^Δ一)

あ、そういえば、あの銀座のレストラン、閉店になってましたよ。
あまりに安すぎて儲からなかったんじゃないでしょうか。
今度、いい店が見つかったらお知らせしますね。

2013/06/03(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさんへ

こんにちはAKIRAです。

ワタクシの故郷の長崎にも大男の民話があります、内容忘れましたけど。
島原の方の話だったような、やっぱ忘れました。
福岡県にも白糸の滝ってありますよ、一度行った記憶があります。

ところで、やっぱり
写真うまいですね。
なんというか、「あっ、イイ写真やな~」って思います。

PS
動画、面白かったです(^^)

2013/06/04(火) |URL|ARAKI AKIRA [edit]

軽井沢かぁ いいなぁ
むかし付き合っていた彼の別荘にお泊りしたことあるけれど
それはダーリンには内緒なお話(笑)
だからダーリンと軽井沢に行くと、みょーに緊張する
意外と小心者のわたくしよん♪

バーソさまって、奥様想いなのね~☆
なんだか、やきもち焼きそうよ~

2013/06/04(火) |URL|きまぐれひめさま [edit]

ARAKI AKIRAさん ありがとうございます^^)

また写真をほめていただいて、うれしいです。(#^.^#)
さて、
●「白糸の滝」は、日本全国で12箇所、台湾に1箇所ありましたよ。
白い糸状の細い流れの意でしょうから、名前を付けやすいのでしょう。

●島原の大男は、高岩山に住む「味噌五郎やん」でしょうか。
 朝起きて雲仙岳に腰を下ろし、有明海で顔を洗い、
 高岩山の八間石に足を乗せて、天草の山々や有明海や、
 八代の海を眺めて楽しんだ、とのことです。

●世界にはいろんな大男がいるようです。
・ガリヴァー旅行記の「巨人国」は身長60フィート(約18m)。
・旧約聖書の「ゴリアテ」は身長6キュビト半(約2.9メートル)
・旧約外典の「ネフィリム」は身長3000キュビト(1350メートル)。 
・近年の発掘ではとんでもない大きさの人骨が見つかっているようです。
※現代の文明より以前に凄い文明があったという話もありますから、
巨人伝説はあながち作り話ではないのかもしれませんね(バーソ調べ)^^)。

2013/06/04(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

きまぐれひめさま ありがとうございます^^)

ミョーに緊張しますか。すみませんねー。
でもね、なんか、ちょっと、このようなリゾート地とか遊びの話になると、
すぐに、「元彼」の話が出てきませんか。
いったい「元彼」は何人、いや、何十人位いたのでしょうかねー。(@_@;)

だいぶ、おモテになったようで、いや、今でもモテているでしょうけど。
なんだか、やけるなあ。いや、外では紫外線に焼けるなあ、と心配して、
最近はUVカットのクリームを顔につけるようになりました(笑。
なお、わたし、妻想いというよりは、従順な、おとなしいタイプなんです。
基本的に、自我を抑え、他の人をおもんぱかる性格なんですよ。あはは。^^;

2013/06/04(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

コンニチワ!

いつも深くて、広いお話を
楽しく拝見させていただいております、
ワタシは、今、人間と会話が困難になってオリマス。
家族と会話しないと流石にマズイので、
会話をなんとかこなしているのですが・・・・。(笑)

ソノ分、ワタシから何かがあふれ出してきているので、
ソレを、言葉に変換する事に、いそしんでいる状態です。
ワタシとワタシが会話するといっても、
ソコに言葉があろうはずもなく、
ただただアウトプットされているものを、
必死にインプットしている状態に近いのかな?
そして、受け取るだけれども、果たしてソレを
どうしてよいものか、言葉にしたものを
今さならながら受け入れてよいものか、
ちょっととまどっている状態です。

いいや、ワタシはそんな表現をしたくないって
そんな表現をするはずがないって
ちょっと、自分自身にイカリさえもおぼえています。
葛藤中デス。裏なりびとの存在は
ちゃんと知っていたはずなのに、
ソレが表に表れるとなると、ちょっと受け入れガタイ想いデス。

こんな状態ですけれども、
バーソサマの、ブログはちゃんと楽しみに
拝見させていただいておるのデアリマス!
感謝!

2013/06/07(金) |URL|なりびと [edit]

なりびとさん ありがとうございます^^)

このところブログを拝見してると、「貴方」と「魂」の存在が扱われ、
両者の「想い」について述べられているように感じていました。
なりびとさんの中に「何かがあふれ出して」いたのですね。

でも、あふれ出しているものを、「今さならながら受け入れてよいものか、
ちょっととまどっている」というのは、興味深いですね。
「なりびと」さんと「裏なりびと」さんには乖離があることがあるのでしょうか。
私にはそんな経験がないので、その状態がどんなものか、よくわかりませんが。

「魂」とは「高次の自己」、すなわち「ハイアーセルフ」のことで、
「天使」や「守護霊」、「神」と同じだ、と言う人もいるように思うのですが。
「魂」の想いというのは、普通は人間の想いより《上》じゃないのでしょうか。
そうした言葉が書かれているのが、いわゆるチャネリングの本だと思っていました。

訪問とコメント、いつもありがとうございます^^)。

2013/06/07(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

デーランボー、面白かったです。

なかなか面白いお話って、おりてこないですよね。
バーソさんのまねしてなんかつくってみようかな。
って言っても結局最後はおどろおどろしく終わるのが私のパターンなのですが。。。バーソさんのファッション好きですよ、私もユニクロでコーディネートしてみようかしら。(たしかユニクロでしたよね?)

2013/06/07(金) |URL|abe [edit]

abeさん ありがとうございます^^)

「おりてくる」という言い方、面白いですね。
まれさんは天性の《感覚のひと》だ、ということがわかりますよ。
そうなんですよ。アイディアというのは、いくら考えても
全然出てこないときがありますが、でも突然「おりてくる」ことがあって、
そういうときはスラスラーっと自然に発想が湧いてくるんですよね。
まれさんも、あれだけ、いろいろ「おりてくれば」たいしたもの。
文章だけでなく、絵だって、結局は、まず発想ありきですものね。

デーランボーとファッションまで褒めていただいて、うれしいです^^)。
ユニクロは野暮ったいのが多いのですが、サイズが揃ってるのが取り得。
お洒落なまれさんに、色、デザインで、好みに合うものがあるでしょうかね。
わたしが女性だったら、とりあえず、H&Mか、FOREVER21に行きますけどね。
男のファッションは、いい店が少なくて、私たちの年代には、難しいんです。
若い頃はVAN専門、たまにJUNで、たいてい間に合ったんですけどね。

2013/06/08(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

またまたコンニチワ!

本当にスイマセン。
ワタシにとって、「神」も、「魂」も、「貴方」も、
「守護霊」も「天使」も「ワタシ」も、どれも同列ナンデス。
イコールです・・・。
「悪魔」でさえも
イコールです。
色のコントラストのようなものです。

だからといって、このワタシが、
全てに対してソウ接しているかといえば、
”否”デス。

イコールである事が、このワタシにとって、
指針でもあり、法則でもあり、”救い”でもあります。

2013/06/09(日) |URL|なりびと [edit]

なりびとさん ありがとうございます^^)

こちらが分からない人間なせいで、
毎回 返事に困るでしょう。すみませんね。
でも、またこれが分かりません。例えば、
>「悪魔」でさえも イコールです。
心の中に葛藤があるという意味じゃないですよね。
「エゴ」のこととも違うようですね。
「色のコントラスト」のようなものですか。
それが「指針」であり、また「救い」なんですか。
それが「神」と思えるときは、まあ、いいとして、
「悪魔」だと思えるときもあるということなんでしょうね。
それが「指針」になるのでしょうかね。
あ、きりがないでしょうから、返事はいいですからね^^)。

2013/06/09(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/108-3ff0a445

back to TOP