「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 代官山は、東京の空の下にあるおしゃれ街。 

世界の諸都市の中で初夏の東京が一番きれいだ、と誰だかが書いておりました。
で、新緑眩しき、ある晴れた日。
お上りさんに相成りまして、代官山へと詣でました。

ショップやビルもシャレていましたが、歩いている女性がおシャレでしたね。

pp111111代官山 047

11p代官山 069

昭和初期は辺り一面が雑木林。闇夜にカラスがカアと鳴くような寂しい地域だったそうです。
同潤会アパートの跡地には、高さ120mの代官山アドレス ザ・タワーが建っています。

12p代官山 053

「代官山」の地名については、代官の屋敷があったからという説や代官が管理する山林が
あったからとする説があるようですが、どうも悪代官とは関係ないらしく、
山吹色の菓子を詰めた菓子折りを売ってる店などは表通りには一軒もなし。

4p代官山 049

代官山は、東京のトレンドを映し出しているミラーのような街。さあさあ、
ご用とお急ぎでない方は、鏡と代官にちなんだ記事をゆっくりと見らーんしゃい。

悪代官と言えば「越後屋、お主も悪よのう」となり、越後の話になりますよ。
昔、越後は新田松山村という所には《鏡》というものがなかったそうでして。
大の親孝行の正直庄助は、両親が亡くなってから十八年の間、墓参りを欠かさなかったとか。

9p代官山 087

それゆえ、お代官からご褒美がいただけることになり、代官所へ呼ばれました。
「正助。なにか欲しい物はないか。なんなりとも遣わすぞ」

8p代官山 079

「おらあ、金も畑もなにもいらないが、どうしてもと言うなら、お上のご威光で、
死んだ とっつぁまに夢でもいいから会わせてくんろ」

代官山 037

代官は困ったが、ならぬと言う訳にはいかない。この親子は瓜二つで、父親が死んだのは
今の正助と同じ歳と知り、「他人に見せるでないぞ」と言って《鏡》を与えました。

5p代官山 036


正助は、《鏡》に写る自分の顔を父親だと思い、まあ、泣いて大喜び。

13p代官山 043

それから《鏡》を裏の納屋の古つづらにしまい込み、毎朝毎晩「とっつぁま。行って参ります。
ただいま帰って参りました」と話しかけておりました。


2p代官山 045
 
怪しんだのが女房おみつ。納屋に何かあるんじゃないかと、つづらの蓋を取って驚いた。
どうもソワソワして様子がおかしいと思ったら、「こげんな おなごを隠しとくだね」

1p代官山 083

おみつが鏡の中の女に「われ、ひとの亭主 盗るツラか。たぬきのようなツラしやがって」
と文句を言ってるところに、亭主が帰ってきて、お決まりの痴話喧嘩。

代官山 092

たまたま、そこを通りかかったのが、尼寺の比丘尼。そう、女の坊さんですな。

6p代官山 074

二人の話を聞くと亭主は、とっつぁまだと言い、女房は、女をかくまっていると言う。
比丘尼が「よーし、つづらの中の女に会って、よく言って聞・・・」と、つづらの蓋を取ると

10p代官山 028

「あ! んふっふっふ・・・ おみつよ、庄さんよ、喧嘩はするなよ。おめえらが
あんまり えれえ喧嘩したで、中の女、きまり悪いって、坊主んなった」


                    ◇◆◇◆◇◆◇

おまえはは鏡を見たかって? ええ、見ましたよ。いいオトコがいましたよ。
油も滴るいいオトコが。己が姿を鏡に映して油汗をばタラーリタラーリと。(笑

q代官山 073

☆も少しお時間があれば、八代目・桂文楽の「松山鏡」をどーぞ。⇒ YouTube

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
おすすめ。
蔦屋は「趣味人の書斎」。例えばクルマならメーカー別に棚があり。
1p1代官山 098

ドリフト好きの方に。750馬力のRX-7が峠で火を噴く、タイヤをきしませる。


☆最後まで読んでくださり、ありがとうございました・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

おはようございます

HDR味がよく効いていて代官山の都会的で粋な雰囲気たっぷりの写真ですね。
CMにも使えそう。なぜか8枚目の写真が表示されていません。私の方に問題が
あるのかもしれません。
今はつぶれましたが、アドレス・ザ・タワーの近くの映画館に何度か行ったことが
あります。例の高解像度写真でアドレス・ザ・タワーに行ってみました。
http://youtu.be/dw0cXDTVGJE
ジョーク、英語版のは読んだことがありますが、この日本版もよくできてますね。
最後のオチが秀逸です。
あっ、RX-7乗ってました。プアマンズ・ポルシェです。(笑)

2013/05/19(日) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

手厳しい感想だと、冷や汗がタラーリタラーリと流れるのですが、
こんな、マニアックで的確で血の通った生温かいコメントをいただくと、
涙がタラーリタラーリと出そうな予感と直感がして、(^Δ一)
ああ、これで1週間は幸せでいられます。(←このフレーズ、気に入りました)

高解像度動画。ひょっとしてメディア関係のお仕事なんでしょうかね。
おや、軽井沢の「秘書を楽しみ」が出てきましたよ。(@_@;)
他にも見覚えのある動画がいろいろと。ずいぶん撮ってるんですね。

RX-7に乗ってたとは、おーっ、完璧に、エンスーの次元の方じゃないですか。
では、コーナーの手間で、ヒール&トゥで、ウォンとアクセルをあおって
シフトダウンし、コーナーの出口をアクセルを踏みながら抜けていく快感を、
たとえ街中の小さな交差点でも、毎回毎回味わっていたんでしょうかねー(笑。
わたしは、テンロクNAの、7速の、ええと、そのお、なんといったらいいか、
あまり言いたくはないのですが、CVTとかいうグニャグニャのアレです(笑。
普段、街中では、ほとんど1200rpmぐらいでユルユルと走ってます。

(8枚目の写真、念のため、アップロードし直しました。
店頭に置いた、きれいな色の外装多段ギア付自転車です)

2013/05/19(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

鏡よ鏡よ鏡さん

やっぱり都会って感じだなあ。
都会の中のレトロ、都会の中のシンプル、
都会の中のサイケデリック、
なーんて田舎者が言ってみましたが、
それと古典落語のマッチングがステキですね~
それにしても、最後から二枚目、
人型の鏡はどうなっているんでしょう?
ちょっと四本生やしたい感じ。

2013/05/19(日) |URL|こみ [edit]

こみさん ありがとうございます^^)

おお、「サイケデリック」とは、久し振りだね、お富さん。(^Δ一)
突然、ワンサカワンサカ、レナウン娘のCMを思い出しました。

人型の鏡はですね。こちらから見て左側に両手を出していて、
その右手の上に小鳥がちょこん止まっていましてね、
映っているのが、鏡よ鏡よ鏡さんと言ってる男ってわけです(笑。
で、四本生やして、もう二本増やすと、ロッポンゲ。
代官山から5キロ東の方向にありまして、その隣がアカサカになります。

さりげなく「二枚目」と褒めていただき・・・ありが、あ、違いましたか。
古典落語のマッチングは、まあ、苦労判官義経でした。はい。(;^_^

2013/05/19(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

九郎判官義経。

代官山、学生のころよく通り過ぎました。決して足しげく通ったわけではありません(笑)。
松山鏡の内容とと写真が意外と結構いい感じで、楽しめました。
こみさんにも会えたし…(笑)
って、ここまで、皆さんの書かれたコメントの内容とかぶっちゃいましたね。全部言われちゃいましたので困った挙句の一言。
「…弁慶。」

2013/05/19(日) |URL|三流亭まん丸 [edit]

油もしたたるいい男のバーソさん!

代官山のステキな初夏の町並みを
有り難う♪
お話しも面白かった~(^_^)

2013/05/20(月) |URL|babatyama [edit]

三流亭まん丸さん ありがとうございます^^)

はてさて、「弁慶」とは、どういう意味か。
《べんかい》か、あるいは、《ベンケーシー》か、
はたまた、《今日は三分の割り前じゃい》の弁慶か、
んーんー、と、苦しんで、苦しんで、
こりゃあ青菜に塩になっちまったわなあ、と思ったとたん、
そうそう、「目に青菜 山ほととぎす 初かつお」でしたね、師匠。
んー、
もう一度勉強して、出直して参ります。
(このセリフ、好きなんです。えへへ)

2013/05/20(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Lady-babaさん ありがとうございます^^)

おお、面白かったですか。よかったです^^)。
熱き血潮の青春時代。鉛筆で絵を描くときに、右手の脂で紙が汚れるので、
必ず手の下に紙を敷いたことを突然、思い出しました。

最近は、水分が体から抜けて肌がパサパサになる傾向が若干出てきたので、
無印良品で買った高保湿タイプの化粧水をぺたっぺたと多めに塗っています。
効果があるのかないのか、よく分かりませんが、顔の本質には変化なしです(涙。

2013/05/20(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

代官山

実は、一度しか行ったことないの~
それもただ通り過ぎただけ(笑)
おされな街なのね~♪
おされな街のお写真に洒脱な文章&イケメン王子さま☆

ってうちもRX7乗っていたわ~
これでガッコの送り迎えしてもらっていたの~
ガッコのてんてー、慌てて飛び出してきたわさー、初めてん時(笑)
まさか、親って思わないよねーっ!!
バイクはスズキのkatanaだったの・・・
ぶっとんだ親よねぇ、二人乗りして参観日にくるんだもの・・・

蔦屋ってあのツヤタでしょ?
大人向けの書店って聞いたけれど・・・
あっちのアダルトぢゃーなかったのねっ!!

2013/05/20(月) |URL|きまぐれひめさま [edit]

きまぐれひめさま ありがとうございます^^)

わたしも代官山はいつも通り過ぎるだけです。
このたび初めて、ゆっくりと2時間くらい散策しました。
「王子」って言われると、おだてにしても、お褒めにしても、
まあ、ともかく、身に余る比喩ですねー^^)。
でもね、そう言われると、シャンプーして、回転モップの上で休んで、
ついでに、ジステンバーワクチンもしたくなるのですけどね(笑。

「RX7」に「スズキのkatana」。わー、すごいっじゃないですか。
「二人乗りで参観日」。さぞかし、ご近所では評判だったでしょう。
わたしは、バイクは400ccまでの免許しかありません。
スズキのkogatanaか、knifeぐらいしか乗れません。はい。

それにしても、ひめのパパは、趣味はジャズにクラシックに和歌で、
CAR&バイクのマニアで、プロの写真家で、そのうえ偉い僧侶で、
もう、かなんですわー(泪。
蔦屋書店はいい本がいっぱいあって、なかなか楽しめますよ。

2013/05/20(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

おしゃれな街、おしゃれな写真に落語で、なーんかおもしろさがしみじみわいてきます。バーソさんもおしゃれだし。ばーそさんは赤とか派手な色をよく着こなしてますよね。めちゃかっこいいですね。
わたしの知り合いのデザイナーさんは、わりと年配の方なのですが、オーバーオールにカラフルな首飾りがトレードマークで、いつもかわいいなぁ、と思って見てます。バーソさんはビビッドな色がトレードマークのおしゃれさんですよね。

2013/05/20(月) |URL|abe [edit]

いや~んっ
現役は僧侶(えらくない)よ~
他は過去形っ!!
趣味は合っているけれど(笑)

バーソ王子さまは、ジステンバー受けなくてもだいじょぶ♪
風疹だけかな? いま流行っているんでしょ?
あれ? 「はしか」と「風疹」って同じだっけ?
無知まるだし~(笑)

2013/05/20(月) |URL|きまぐれひめさま [edit]

バーソさんへ

こんにちはAKIRAです。
いい写真ですね。

落語と現代の写真がなぜかマッチしてますね。
なんででしょう?

落語面白かったです。

2013/05/20(月) |URL|ARAKI AKIRA [edit]

abeさん ありがとうございます^^)

おおー、有名画家から「色」をほめられると、うれしいですね。(^_^)v
まあ、自分で言うのはなんですが、色には敏感なほうで、
着るものでも何でも、だいたいは形より色のほうを気にするほうなんです。
にごった色や地味な色や柄物はあまり着ませんね。
もし女に生まれていたら、真っ先に着たい色はショッキングピンクかな。

まれさんも、明るい色で、派手めなアクセなんか好きなんじゃないですか。
目の大きい人は、それでバランスが取れるんじゃないですかね。
もえりさんも個性的で、109系ファッションが似合いそう。
あ、わたしの場合、年取ったせいで、地味めを避けているせいもありました(泪。

2013/05/20(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

きまぐれひめさま ありがとうございます^^)

若いときは物質文明の先端を行き、年取ったら清らかに精神文化に没頭。
生き方がカッコいいですねー。誰にでもできるものではありません。
どちらかだけの人が多いわけですが、人生で両方とも体験できれば言うことなし。
父上は、いい一生を歩んでいるという満足感を感じておられるのでしょうね。
やはり、かなわしまへんわー(泪。
あ、そうそう。はしかは、子どものときに罹ったような(?)気がします。
風疹は全然気にしてません。そんなものには罹らないと勝手に思ってますので(笑。

2013/05/20(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ARAKI AKIRAさん ありがとうございます^^)

写真と落語は、夜も寝ないで昼寝をして考え、無理やりこじつけたものです(笑。
そうでないと、単なる素人のスナップ写真集になってしまいますので。
もっと新しい面白いハナシがあると良かったのですが、思いつきませんでした。

ほんとは、AKIRAさんのように、何かストーリーをつくれればいいのですけどね。
そこまでの創造力がありません。想像力や妄想力はあるほうなんですけどね。
精々、タラーリタラーリとたらした油を貝殻に入れて売り歩くぐらいが関の山。
おっと、がまの油売りの口上だって、かなりの難関ですよね。
寅さんの渥美清だって、相当練習したのだろうと思います。
AKIRAさんは声質が高いので、あの手の口上は得意なんじゃないですか。(^Δ一)

2013/05/20(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

おしゃれな東京の風景を見ながら
何やら楽しい小話が・・・・(笑)

おもわず笑ってしまいましたよ。(*´▽`*)

で、蝦蟇の油売りの口上みたいに
バーソさん 発見♡

もっと ジャーンと大写しにしてください。(プリーズ)

楽しいお出かけだったようですね。
お近くの人の東京散策は、
それ自体オシャレな気がします。

私だと、はとバスでザーッと行っておわり。

オシャレなカフエで紅茶は飲みましたかー?(*^_^*)

2013/05/21(火) |URL|ゆりママ [edit]

ゆりママさん ありがとうございます^^)

蔦屋書店の中に「スタバ」があるのですが、中は満員御礼で席なし。
で、紙コップコーヒーを外に持ち出して、庭の席で飲みました。
紅茶のほうが好きなんですが、喫茶店で出される紅茶はまずおいしくないので、
外ではたいていコーヒーをオーダーします。

今度、タラーリタラーリと油汗がたまったら、貝殻に入れて病院に送りましょうかね。
さて、ガマの油の効能は、先ず第一に火傷・ひび・アカギレ・霜焼けの妙薬。切傷・出痔・疣痔・走り痔・脱肛・鶏冠痔・横根・瘍・梅瘡、打ち身・くじき・はれもの一切、下の病に効きまする。
まだあるよ、大の男の七転八倒転がって苦しむのが虫歯の痛み。だがもう心配はいらない。
ガマの油、痛む歯のウツロに詰めて静かに口を結ぶ時にはタラリタラリ熱いよだれが出ると共に、歯の痛みはピタリと止まるよっ。
あ、そんなもの、いらないですか(笑。

2013/05/22(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

お〜♪


こちらのブログでの、僕の個人的な大好物、
バーソさんによるスナップシリーズがキましたね〜(^^)

まずは、ダイナミックな画調が眼に飛び込んできちゃうのですが(笑)、
写真そのものとして、実にお見事!なのであります。
モノクロでみても、きっと見応えがありそうだなと。

いつも感じますが、空間の切り取り方/コンポジションが的確で、
(傘のとか、パティスリーの・・・ う〜ん、好きですねえ〜♪)
視る眼が実に広いというのが、しみじみとわかります。

水野学さんの言葉だったか、『広く見る』のがディレクション、
『深く見る』のがデザインである・・・と。
とすると、バーソさんは、なにごとにおいても、
ディレクション的な手腕に長けてらっしゃるようです〜 〃 ̄∇ ̄〃)b

並走してる落語も(そのオチも)、座布団10枚モノですね♪
・・・つうか、ひねりの利いたセルフポートレイトがもう最高ですっ!

僕からも・・・次はもっと ジャーンと大写しにしてください。(プリーズ)

2013/05/22(水) |URL|G.D.M.T. [edit]

G.D.M.T.さん ありがとうございます^^)

あらー、褒め言葉がちょっと過大すぎませんか。ほんと、恐縮してしまいます。
そんなふうに分析して褒められるようなものではないですよ。本当に。
なんですか。コンポジションとかディレクションとかデザインとか。
専門用語を並べられると、美大の先生から評価されてる気分になりますよ(笑。

はあ、『深く見る』のがデザインであるんですか。なるほどねー。
あんまり深くは見てないで、単にシャッターを切ってるだけですからねー。
と謙遜しながら、ひねくれ根性も示しますが(笑。

それにしても、G.D.M.T.さんのコメントは、いつもハッとする知的な言葉が
さりげなくインサートされていて、ほんと、何でもよく詳しくて、感心します。
まわりの世界を、感覚的だけでなく、理性的にもとらえているんですね。

脂汗のたれるような油性ポートレイト。わたしにぴったりでしょう(笑。

2013/05/22(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/106-7ca02425

back to TOP