「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 見えない世界はある。山川紘矢の『死ぬのが怖いあなたに』。 

わたしには、人生で怖いものが3つある。否、4つある。

2番目は「妻」。妻という名の女性はコワい。だって、「おっかない」という言葉を
よく見てほしい。これは「おっ」コワイわーという感嘆詞と「家内」という名詞の複合語なのだ。
エデンの園の禁断の木の実は、最初エバが食べてアダムに与えたのだが、
ユダヤ人のラビ(師)たちは、アダムは妻が怖くて従ったのだろうと苦笑しながら推論したそうだ。

3番目は「あんこ系の和菓子」。特に桜餅の「道明寺」がコワい。その妙味と香りを
伝える『娘道明寺』という歌舞伎の演目があり、「あんこツバキは~」という歌を聴いただけで
パブロフという名のワンコが唾液を出すという噂もあるのだが、昨今の娘さん方は
プッチンプリンのほうがいいらしく、ロシアのプーチンさんもいたく賛同の意を表しているとか。

city,japan

4番目は映画『ジョニーは戦争に行った』。欧州戦線で四肢を失った上に、顔を丸ごと
吹き飛ばされ、意思疎通手段をなくしたが、意識だけが鮮明にある平凡な若者の映画。
そんな絶望状態のなか、体の動きのモールス信号で看護師に思いを伝えられるようになるのだが、
彼の状況も最後の願いも怖さの極致。かかあの炊いたご飯がコワかったとか、糊のきいたゆかたは
ゴワゴワでコワくて寝られねえ、なんて話とは次元が違うのです。
※ドルトン・トランボの反戦小説を原作とする1971年公開映画。 ⇒ YouTube

で、栄えある1番目は「みまかる」こと。なぜかパンパカパーン! 今週のハイライト!
と言いたくなるのがフシギだが、下世話な言い方では「おっちぬ」とか言う。
そう、ご推測の通り、これも「おっ」+「死ぬ」という複合語であり、永遠的ノックダウンの
コワさを内蔵している。

人は死ぬのがなぜ怖いか?(ここから以降は、若干マジメな話に移行する)
A.死んだら無になると思う人は、自分の存在が地上から消えうせるのが怖い。
B.死んだら地獄があると思う人は、永遠の責め苦を与えられるのが怖ろしい。
C.死んだら天国に行けると思う人は、確たる証拠がないのでやはり怖ろしい。

Days-End.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『死ぬのが怖いあなたに』という本は、いまの人生を生きるうえで参考になる。
本_この本は、丸の内「丸善」の書棚で最初に目に入った。
内容は大体予想できるレベルの本だと思ったのだが、
著者名が山川紘矢とあったので、すっと手が伸びた。

ページをパラパラと数枚めくって、何行か目で追ったら、
買ったほうがいいんじゃない?と文章が語りかけてきた。
で、買って、家で読んだら、想像以上にいい本でした。
(イーストプレス・1,400円)

山川さんは東大卒・大蔵官僚のエリートだったが、女優シャーリー・マクレーンの著書を
訳したことから、全然関心がなかったのに、死後の世界に確信を持つようになった。
前回採り上げた木内鶴彦さんと同じく、ひょんな出来事から生き方が一変した人だ。
木内さんと一つ違う点は、山川さんの未来観は楽観的で明るいことでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
山川紘矢さんの言葉をピックアップ。まず基本的なことから・・・。

見えない世界は存在しますし、たましいは終わることはありません。
だから、僕たちは、「死を怖がる」ことなど何もありません。
僕たちが、この肉体を失ってもたましいが消滅することはありません。
僕たち人間は輪廻転生を繰り返しながら、僕たちのたましいは経験を積んでいくのです。


言われていることは特に珍しくはなく、精神世界ではごく当たり前のこと。
大事なことは、死後どうなるのかもそうだが、今の人生をどう生きたらいいかだろう。
山川さんの話は、気持ちが軽く明るくなる効用がある。

Apple-Tree-with-Red-Fruit_20130504103911.jpg


自分は無限の可能性を持っている、と思いましょう。

人生、不思議なもので、人間はそう思えば、そのようになるのです。
人は自分が思うようになります。それがあなたの運命です。
あなたがなりたい人になること、それがあなたの運命です。

人にはそれぞれ運命があると思っています。
つまり、人生のシナリオがあるのではないかと思っています。
総理大臣になる人はそうなるように生まれてきている、と思います。
踊り子になる人は、そうなるように生まれてきたのです。
自分にもっともふさわしい人生を送りましょう。
それが幸せになるということです。


幸せとは、何らかの成果を上げたり、ある条件をクリアすることと思われがち。
だが、人生で自分の好きなこと、やりたいことができれば、大変に幸せなことだろう。

Utazzek-Hajoinkon.jpg


この世の中の仕組みに関しては、「抵抗しないで、受け入れてみる」と、
世の中、もっと心穏やかに生きられるようになります。

「自分はついてない」「どうしてこんなに苦しまなくちゃいけないんだ」と
悲観したくなるような出来事があっても、思い詰める必要はないということです。

すべて必要なこと、自分が体験しなくてはならないことが起こっているのだ、
抵抗はやめよう、感謝して受け入れよう、僕たちの一生は、たましいの学びの
ためなのだから、と思うと楽になれます。


苦しいことがあると、なぜ自分だけが?とか、神も仏もないのか?と思いがち。
だが、問題苦難にも益があると思って受け入れるなら、その苦しみは人生の糧になる。

381274_Hat-Shop.jpg


試練の先には魂の成長があり、死の向こう側にはさらなる世界があります。

そのことを知ったほうが、成長が早くなり、
この人生を大切に生きられることは不思議なことです。

本当は死なんかないのだとわかったら、人生を別の視点から眺めることができるでしょう。
年をとることは宇宙の仕組みがわかってきて、賢者になることです。
輪廻転生を知れば、死を前向きに捉えることができるかもしれません。


輪廻転生を信じることには、その真偽は別として、大きな益があるようだ。
山川さんは、輪廻転生があると思うと、物事のつじつまが合うと述べている。

私も「死」とは終わりではなく、魂のひとつの経験だと思うようになったら、
生きることがかなり楽になった。苦しみを深刻に考えたり、悩み続けなくなった。
山川さんと同じく、より楽天的になり、より平和的な思考になった。


約5万年に渡る「人類の音楽史」を7分に凝縮。絵がうまいですよ。

人類の持つパワーは、とてつもなく凄い。自分の未来は自分で選択できる。
わたしたち一人ひとりが明るい未来に変えていけるといいですね。(^Δ一)


最後まで読んでくださり、ありがとうございました・・・♥
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

この年まで
向島の長命寺の桜餅が一番好きな桜餅だけど
関東の桜餅を長命寺と言うことを知らなかった(^^ゞ

検索しちゃった~

長命寺(東京都向島)
長命寺の門番山本新六が1717年に考案した餅

だったのね~~~

輪廻転生
良いお話しありがとうございます

2013/05/05(日) |URL|babatyama [edit]

Lady-babaさん ありがとうございます^^)

わたし、実は「長命寺」のことを「桜餅」と言うのだと思ってました。
「長命寺」は小麦粉のクレープのようなもの。
「道明寺」は粒々感のあるもち米のお餅。
好みを言うなら、10:7くらいで「道明寺」のほうがいいですね。
これに、いいお茶と、さらに桜の花ひらひらがあれば言うことなし。
プリンと紅茶より、いいです。きれいな女性などいりません。^^;

2013/05/05(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

映画『ジョニーは戦争に行った』見させてもらいました。
バーソさんは、なんという映画を知っているんでしょう。
私は本当にコワイと思ってしまいましたよ。

ロマンティストのバーソさんが、家内がおっかないと
言うなんて、
私の亭主は低周波を出します。(>_<)

我が市の和菓子は、なんだっけ?

ロシアのプーチンさんか!
私は、古いけどゴディバチョコ書記長よ!


高山弁で (もう しないでください!)の、事を
 (もう しんで!)と、言うのですが、

これ エライ事になったことがある。

多分使うことはないと思いますが、注意してくださいね。

                     ゆりまま

2013/05/05(日) |URL|ゆりママ [edit]

ゆりママさん ありがとうございます^^)

『ジョニーは戦争に行った』は怖い映画ナンバーワンだと思います。
当時、反戦映画として大きな効果があったようですよ。
人と人が殺し合いをすること。これが一番怖ろしいことかもしれませんね。

「家内がおっかない」というのは、
夫が妻に譲歩している家庭の場合を言うように思いますね。
人間関係では、心の優しいほうが相手をたてるのではないでしょうか。
ゆりさんも優しいので、きっとご主人を優先しているのでしょう。
あ、わが家の場合は、わたしが気が弱いせいですけどね。(;^_^

まあ、なんと、「ゴディバチョコ書記長」ですか!
「桜だもん」を思い出しました。まいりましたです。m(_ _)m

2013/05/05(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

死ぬのは怖い

死ぬのが怖いABCですか。
私はDです。死ぬこと自体は怖くないですが、
死ぬ時の痛み、苦しさが死ぬほど(笑)怖いです。
女優の高畑淳子は、エッセイで
「世界は私が生まれる前から時を刻み、私が死んでも、
死んでも、変わりなく動いてゆく。自分がこの世から
居なくなっても、世界は動いてゆくんだという事がとても怖い」
と述べています。かと思うと、アスペルガー型自閉症の
テンプル・グランディンは
「私が死んだら私の考えも消えると思うのが怖い。
何かを成し遂げて自分の人生に意義があったと思いたい」と
言っています。人それぞれですね。
ヴァージニア大学のスティーブンソンは、
「前世を記憶する20人の子供」を表しました。
20人の詳細な生まれ変わり事例を調べ、「生まれ変わり」を
はじめて科学的に検証しました。ある日、子供が突然に
前世の記憶を喋り出し、その前世で生活した場に戻りたいと
言い始めます。根負けした両親は、子供を前世の生活の場に
連れて行き、そこで示す、子供の前世の姿に驚嘆します。
前世の夫や親にかいがいしく尽くしたり、友人の顔を見分け、
その土地の方言で喋ります。でも不思議なことに多くの例では、
その前世の記憶は徐々に薄らいで、子供たちは元の生活に
戻っていくのです。
私は自分の前世について意識したことはないですが、
マクレーン的に考えれば、ろくな前世じゃなかった気がします(笑)。

2013/05/06(月) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

いつもタメになる博識のコメントをありがとうございます。
おっと、「D」という選択肢は思いつきませんでしたよ(笑。
エリアンダーさんは、死ぬ時の痛み、苦しさが死ぬほど(笑)怖いですか。
わたしは、その死ぬときの痛み、苦しさを考えるだに(笑)怖いです。

わたしは以前は、自分という存在が宇宙から消滅するのが怖かったですね。
でも木内さんの話によると、死後、宇宙の膨大な意識の中に居ると、
自分という「個」の意識が薄れてゆくそうで、そうなら、これも怖いことです。

人間は前世でいろんな人生を経験しているのだと言われます。
であれば、誰でも、王にも奴隷にも英雄にも殺人者にもなっているわけです。
わたしは、マクレーン的に考えれば、
ろくな前世でも今生でもなかったような気がしますが(笑。
でも、マクルーハン的に考えれば、
「一つのメディアを通じて、他のメディアを調べる方法をとれば効果は上がる」
のであれば、過去の輪廻転生で学びを高め、今生はさらに良くなってるのかも。
ということは、やはり、ろくな前世ではなかったことになりますかね(笑。

2013/05/06(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

わたしも、死ぬのは怖くない、むしろたのしみかもしれないけど、死ぬ前の痛みや苦しみが怖いのです。痛みがなかったらな。。。
あ、そしたら自ら死のうとする人が増えてしまうから痛みは歯止めということなのか?
わたしもろくな前世ではなかったようです。。。

2013/05/06(月) |URL|abe [edit]

う~ん、深いお題で・・・

おはようございます。

妻が怖い・・笑っちゃいますねぇ、でも同感で・・・

奥方を今風の言葉にいうと、※イトコワとか※カワコワとか・・・
どちらにしても、おいらの生命維持装置的存在なのは否めせんが・・・

三島が好きで若い頃手に入れた豊饒の海(4巻)を又読み
かえしている所です、無神論者的なおいらですがこの物語
の源となっている輪廻転生については、なんか頷けるもの
があり、そう思うと魂は永遠であり、死はその復元ポイン
トにしか過ぎないなんて分けの解らぬ論を経ててみたり、
そうすると、意外と召される事もまんざらコワイ事でも無かっ
たりして、なんて訳の解らぬ事を・・・・

ただ天人五衰の兆しが現れたら潔く逝っちゃうのも、いいか
なぁなんて・・・

※イトコワ(愛しいけど怖い)
※ カワコワ(可愛いけど怖い)
すごーくベタですけど・・・其れより裏は御座いません

2013/05/07(火) |URL|ばく [edit]

今回も

やっぱりムズカシイお題どすねぇ

うちも長命寺より道明寺のんが、かなーり好きどすぇ

それにしても、「おっかない」が「お」と「家内」の複合語とは・・・
深ーいお話どすぅ
しかもバーソさまは、2番目に怖いんどすねぇ(笑)
うっとこは、「おっちぬ」より家内の方がコワイそうどすぇ・・・

『ジョニーは戦争に行った』は、ほんまに恐ろしいお話どすねぇ
戦争って言葉、キライやねんけど・・・
よう使わはりますやん? 
「仕事は戦や」とか、「女の戦いや」とか・・・
「死ぬ気でやれ」とかも使いますやん?
この映画見はったら、そんなこと、言えへんのとちゃいますやろか・・・

2013/05/07(火) |URL|きまぐれひめさま [edit]

abeさん ありがとうございます^^)

>痛みは歯止めということなのか?
おー、なるほど、そうかもしれません。
死ぬのが楽で楽しかったら世界人口は減り続けますから。
まあ、死ぬときはピンピンコロリ。そうすればひとに迷惑がかかりません。

>ろくな前世ではなかったようです
あははは 誰でも、いま幸福の絶頂にいるのでない限り、
そう思うのかもしれませんよ。
でも、まれさんは類まれなる才能を持っていて、
わたしら凡人から思うと、ろくでないどころか、
凄くいい前世ではなかったかと思いますよ。
だから今その才能が開花しているじゃないですか。^^)/

一人も不幸にしたくはないと
天使の気分でいるけれど
最後は疲れて疲れて私の私の胸で
眠るつもりでいるでしょうね
憎みきれないろくでなし
にくみきれないろくでなし

2013/05/07(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ばくさん ありがとうございます^^)

「イトコワ」と「カワコワ」の複合語は、
きっと最初の言葉が重要なんでしょう。
すなわち、「イトシイ」と「カワイイ」がポイント。
ばくさんの場合は、ブログ記事を読ませていただくたんびに
たっぷりとゴチソウさまになっていますが、
奥方をこよなく、いと愛していること、私など及びもつきません。
日本一とはあえて言いませんが、まあ、北海道随一!である
ことは間違いなし、たいしたものだなあ、と思っています。

>魂は永遠であり、死はその復元ポイントにしか過ぎない
後半の考え方、面白いですね。
死は人生のしがらみをいったんまっさらにしてやり直しをするポイント。
そう思えば、どんな人生でも悔いなし、になるでしょうか。
きっと人生でもできるので、パソコンでもできるってことなんでしょう。

天人五衰。この言葉、ああコワ!です。  
これからは、香水とファブリーズを忘れたらいけませんね(笑。
そうそう、三島由紀夫の男の美学がお好きでしたね。
読み返したら、ブログで紹介してくださいよ^^)。

2013/05/07(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

きまぐれひめさま ありがとうございます^^)

おや、道明寺でも、またまた好みが合いましたね。
ランデブーの際は、ぜひ甘い道明寺と渋いお茶にしませう(笑。

それにしても、ダーリンは、ひめさまに相当ぞっこんのようですね。
ひめさまの我がまま(失礼)を常に聞き放題なんでしょう?
ひめさまのあふれるほどの魅力のせいなんでしょうね。ギコギコ。
あの写真を見れば、その気持ち、わからないでもありませんが。ニコニコ。

『ジョニーは戦場へ行った』は、
第一次世界大戦時の志願兵募集の宣伝文句で軍歌でも有名になった
「ジョニーよ、銃を取れ」という呼び掛けへの痛烈な皮肉なんだそうです。
戦争を気軽に推進する人は、まず自分と自分の家族親族が銃を取って
最前線に行きますか?と問いたくなりますね。
世界がますます平和な方向にいってほしいものです。

2013/05/07(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/104-4bfedb09

back to TOP