「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 デザインのいい日・独の「蛇腹式カメラ」。 

カメラは、伸びて縮んで、また伸ばせばいい。

突然、ベローズな話で恐縮です。
おっと、bellowsとは、写真機やアコーディオンの「蛇腹」のコトでありまして。
幸せは歩いてこない、三歩伸びて、三歩縮む、ようなモノでありますよ。

そのうえ、明日のあしたは、またあした。あなたはいつも新しい。
なのに私は、新しくないカメラと新しいカメラの話をしたいのでございます。

pocketideaB.jpg

さてさて、フィルムカメラには、巨人軍は長嶋不滅の国民いいよ賞がありません。
佃煮にするほどある お古のカメラは、皆さん肩身の狭い思いをしております。
彼らは「青雲の志」をもって生まれたボーイズ・ビー・アンチョビなモノばかり。
そんな蛇腹カメラ君たちの思想と気骨に笑点を、否、焦点を当てました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
レチナⅢc/イーストマン・コダック(ドイツ)
クセノン50mmF2(4群6枚)、シンクロ・コンパー B・1~500、セレン単独露出計付き
じ 015

レチナは35mmフィルムを普及させた立役者のカメラです。長尺35mmフィルムを
使う小型カメラはライカが最初ですが、いかんせん高価でした。ドイツコダックのレチナは、
パトローネ入り35mmフィルムが使用できる手軽さと、庶民でもなんとか手の届く価格の
せいもあって大ヒット。カメラの販売数とフィルム消費量はライカの比ではなかったそうです。

蛇腹式なのに蛇腹は外から見えない構造。(写真左は蛇腹が見えるⅡa型)
レチナ2台 018巻き上げレバーはカメラ底部に位置。
レンズは前玉部が交換可能で、35mmワイド、
または80mmテレになります。
レンズシャッターは「チッ」と軽やかな
心地いい音色を出します。レンズはきれいな
発色をします。レチナとはドイツ語で目の
網膜の意。私はレチナのデザインと質感が
かなり好きです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カラートIV/アグファ(ドイツ)
ローデンシュトック・ソラゴン50mm・F2(4群6枚、プロンターSVS B・1~300
b3蛇腹 001

Agfa(独)は、かつては Kodak(米)と富士(日)に並ぶ世界三大フィルムメーカーの一つ
(2005年に倒産)。色調が独特で、当時のヨーロッパの古い海賊映画などを見ると、
肌の色がかなり赤茶系になっているので、すぐにアグファフィルムだなと分かります。
そのアグファが、コダック製レチナの対抗機として作った35mmカメラがカラートです

蛇腹式なのにレンズ前板部はボディに引っ込まない珍しい構造。他の蛇腹式カメラのように
レンズ部を押してもグラグラせず、固定がしっかりしています。

a蛇腹式カメラ 010巻き上げレバーの丸いツマミがボディー横に出っ張っていて、
人差し指で時計回りに回すのですが、当然ながら操作性は
良くありません。
フィルムメーカーの製品らしく、圧板が2重構造になっていて
フィルムの平面性保持が考えられているそうですが、
わたしは買ってからフィルムを入れたことが一度もありません。
(写真は前板部を引っ込めた状態)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コニレットⅡ/小西六写真工業
コニター50mm・F4.5(3群3枚)前玉回転式、コパルB・25~200
コニレット

1970年代までは「フジカラー」を圧倒していた「さくらカラー」のフィルムメーカー
小西六(コニカ)が、フィルムの需要増大とカメラの普及を狙って発売した初心者用カメラです
カメラが高価な貴重品だった昭和32年当時5,500円。安価で小さくて操作簡単だったので
好評でした。1杯のかけそば25円。ニコンSP98,000円。

さくら1特殊なパトローネ入りの無孔フィルム(30×36mm12枚撮り)
を使用。これは普通の35mmフィルムの穴を開けてないもので、
フィルムメーカー小西六だからこそ作れた上下にワイドの
お徳サイズ。カメラを生産中止にしても、専用フィルムは
ユーザーのために作り続ける必要があったので、カメラを
売ったあとが大変だったと思われます。カメラ本体は
ベークライト製で、落とすと簡単に割れます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マミヤC33プロフェッショナル/マミヤ光機
マミヤセコール105mm・F3.5(3群4枚)、セイコーシャS B・1~500
カメラ 035

プロ使用の6×6判カメラは外国製の2機種が代表機種でしたが、一眼レフのハッセル
ブラッドはミラーショックに加えて、シャッターを切った後のブラックアウト(暗転)の
問題があり、二眼レフのローライフレックスはレンズ交換ができない問題がありました。

そこで、マミヤが両者のいいとこ取りを狙って開発製造したのが、世界唯一の本格的レンズ
交換式6×6判二眼レフ
。上下のレンズは同一のものを使用するという贅沢さ。
交換レンズの種類は、105mm・F3.5のほかに、80mmF2.8、65mmF3.5、135mmF4.5、
180mmF4.5がありました。

両側面にあるノブを回すと、蛇腹のついた前板が伸縮します。最大繰り出し60cm時には
最短撮影距離58cmが可能でした。パララックスは、前板伸縮に合わせて自動補正。

大型の0番レンズシャッターのため「カチャーン」と手応えのある音を発します。
約2キロの重さは、肩から下げるとけっこうこたえます。
昭和40年(1965)49,800円

※写真のカメラは中古品。蛇腹式の折畳み式カメラ(Folding Camera)の中で、
前蓋がバネで開くものを日本やドイツでは「スプリングカメラ」と呼んでいます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
栄枯盛衰は世の習い。祇園瀟洒の息吹きあり。

blog4.jpg

いまやカメラは、機械製品から家電商品のカテゴリに移行しつつあるようです。
白物家電がたどった運命を、デジタルカメラだけはたどらないとは言い切れないでしょう。

プロ用やマニア用は日本製カメラが独占するでしょうが、一般向けカメラは、PCのように
メーカーやブランドはさほど気にしないというユーザーが出てくるかもしれません。

そうなっても腕を振って、足をあげて。ワン・ツー、ワン・ツー。休まないで、歩けーと、
まあ、常に人が考えてないことを考え、常にひとがやってないことを開拓していくなら、
そうです、「冬来たりても、春遠からじ」ってなもんじゃないでしょうか。
世の中、ひとと同じことをするとすごく楽しい、って思う人ばかりじゃないですしね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました・・・♥
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

おお、今日は蛇腹のお話。
たくさんの蛇腹カメラを集めましたね。
写真をやる人にとっては蛇腹と聞くと、黴臭さと同時に不思議な郷愁を
感じるんですね。フィルムがなくなっても、カメラのフォルムを見ている
だけでなんだか心豊かになります。引き伸ばし機や接写のベローズも
蛇腹でした。接写は誰がやるかって? もちろん拙者です。(笑)
蛇腹の構造が好きでネットから作り方をダウンロードしたこともあります。
そうそう、母親のカメラがフォクトレンダーのヴィッテッサという小粋な
スプリングカメラで、中に蛇腹をもっていました。普段は四角い箱ですが
シャッターボタンを押すと、パシャっとレンズと蛇腹とシャッター・ノブが
飛び出す、トランスフォーマーみたいなカメラでした。
http://www7.atpages.jp/bessa/img/DSCF1675.jpg
最近では写真も動画もすべてiPadで撮っています。
蛇腹じゃなかった・・・、ズボラになったんですよ、私・・・。(笑)

2013/04/07(日) |URL|エリアンダー [edit]

エリアンダーさん ありがとうございます^^)

フォクトレンダーの「ヴィッテッサ」というとすぐ思い出す話があります。
《プランジャー》という、巻上げとシャッターセットを兼ねた金属棒。
ヴィッテッサが好きな米兵は、その金属棒を革手袋をはめた大きな手で
ぐしゃっとつかむようにして軽く押し込んでいて、その姿がえらくカッコよかった。
というような文章を昔アサカメか何かで読んだことがあって、
「ヴィッテッサ」というと洒落たカッコいいカメラというイメージがあります。
そんな小粋なカメラを持っていたお母さんは相当おシャレなひとだったんでしょう。

エリアンダーさんもカメラ好きで、EOSのいいのを持っていましたよね。
私は本来一眼レフ派だったのですが、今はFUJI X10で満足するようになりました。
写真はブログ用ぐらいしか撮らないので、このコンデジでもオーバースペックです。

引き伸ばしもされたんですか? けっこう凝り性、というかマニアなんですね。
接写リングは使ったことがありますが、さすがにベローズは使ったことがないです。
最近はiPadで撮ってる人を時々見かけます。画面が大きくて見やすいでしょうね。
と書いていても、いい駄洒落を思いつかず。舌をベローズと出しております。「(゚ペ) 

2013/04/08(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

いつも私のブログに気の利いた面白いコメントをお寄せ下さるので、私もお礼に気の利いたコメントを…と思うのですが、なんともコメントしづらいんですよねぇ。(苦笑)
バーソさんのブログは、読んでてとっても面白いというか(大笑いするような面白さじゃなくて人をひきつけるような面白さ)、感服させられるというか、考えさせられるというか…。
なんともクセになりそうな内容で、記事の更新は毎回とっても楽しみにしているんですけどねぇ。
ということで、カメラですけどわたくしはモデル専門、撮られる方が多いのでよくわかりませ~ん(…って嘘)。

2013/04/08(月) |URL|三流亭まん丸 [edit]

まん丸さん ありがとうございます^^)

俺、写真機ってヤツは、でえ好きなんけど、撮るのはそれほどでもねぇんだぜ。
撮るのは、てぇてい人間、 ゴチャゴチャゆわねぇ、要はトーシローモデル、
つまりは知人友人親族華族皇族ゾクゾクばかりだぜ。
生まれてからいっぺんはスーパーモデルを撮りてぇと思ってやがるんだけど、
俺に縁のあるスーパーは、イオンとかセイユーとかいう名前なんでよお(泪。

駄洒落を言ったら大笑いしてくれるような美人モデルはいねぇもんだろっかね。
まん丸師匠の高座を聞きにくるお客さんの中にもしいたら紹介してけれっ。

そいから、コメントはえれぇ嬉しいんだけど、気が向いたときだけでええからね。
冗談は休み休み言え、なんてぇセリフも・・・ええと、あったような気がいたしやす。
四六時中、こんなに気を遣っていただいちまって、ほんにすまないなあ。 m(_ _)m

2013/04/08(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

カメラのことは特に全く分からないので
コメントも出来ないでゴメンなさい

昨日はミリーにお悔やみと
babaに励ましのお言葉を頂きありがとうございました
とても嬉しかったです

2013/04/09(火) |URL|babatyama [edit]

lady-babaさん ありがとうございます^^)

悲しいときは、たぷり泣いて、その悲しみに十分ひたる。
悲しむことも、変な言い方ですが、いいことです。
でも、そうしたあとは、元気を出してくださいよ。
元気は、出そうと思って、出すものです。
また創作活動で忙しくして、みんなを楽しませてくださいね^^)。
ありがとうございました。

2013/04/09(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

懐かしいカメラばかりね~
でじたる全盛だけれどフィルムにはフィルムのよさってのもあるわよねぇ
お金かかっちゃって大変だけれど、一発勝負みたいなカンジで
わたくしはすきよ~♪

むかしダーリンがコダックでアルバイトしていて、そのまま就職を勧められたけれどお断りしたそうなの
正解だったかも(笑)

2013/04/09(火) |URL|きまぐれひめさま [edit]

きまぐれひめさま ありがとうございます^^)

>お金かかっちゃって大変だけれど、一発勝負みたいなカンジで
>わたくしはすきよ~♪
そうですか。ひめさまらしいコメントだなあー。
費用がかかっても、一発勝負の緊張感がいい、ということでしょうかね。

コダックを思うと、「栄枯盛衰の理を表す」という言葉を思い出します。
水は一定の所に留まっていてはよろしくない、ということでしょうかね。
その点、ひめさまは、ずいぶん あちこちに動いてますねー(笑。
ただ、きまぐれと言いながら、方向性が定まっているのがいいですけどね。

2013/04/09(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

僕のコダクローム Kodachrome

全く機械モノに疎いマイルです。どれくらいピンボケの写真を撮ったか わかりません。写真とか観るのは好きなんですけどねー あっ!タイトルの件ですね コダックの話題が出てきたものですから・・一番に浮かんだものが私の一番好きなPAUL SIMONの歌なんですね。
これを聞いていると元気でてくるんです。
http://www.youtube.com/watch?v=4igSHB9fKsQ
http://ongakuyawa.net/musiker21/psimon11.html

2013/04/09(火) |URL|milestone [edit]

milestoneさん ありがとうございます^^)

>私の一番好きなPAUL SIMONの歌
って言われても知らない曲でした。本当に音楽に強いんですね。(@_@;)

Kodachrome
  コダクローム
  They give us those nice bright colors
  イカした明るい色
  They give us the greens of summers
  夏の深い緑を僕らにくれる
  Makes you think all the world's
  世界中の
  A sunny day
  太陽の光だって
  I got a Nikon camera
  ニコンのカメラを手に入れたんだ
  I love to a photograph
  今、写真を撮るのに夢中
  So mama don't take my Kodachrome away
  だからママ、僕のコダクロームを取りあげないで

この歌詞は、若い頃のわたしに似ています。
カメラはニコンオンリーで、フィルムはコダクロームがメイン。
36(+1~2)枚撮ったらキャビンのスライド映写機で大写しをしたものです。

当時はフィルムはコダックがプロ御用達。フジは相手にされてませんでした。
だからコダクロームを使うと、なんとなくプロっぽい気分になれました。
この曲も、フィルムも、明るくて、開放的ですね。
明るいというのは、なんにしてもイイことだと思います。

2013/04/09(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

まん丸さん、みなさんへ。お詫びです。

まん丸さんへにした返信[1172]は、落語風にしてみようと思い、
「江戸っ子弁」翻訳サイトを利用したのですが。→ http://5inkyo.net/
説明を後でよく読んだら「そうとうガラの悪い江戸っ子です」とありました。
柄にもなく、ガラの悪いことをしてしまい、失礼をばいたしました。m(_ _)m

2013/04/09(火) |URL|☆バーソ☆ [edit]

娘の前で私が365歩のマーチを歌いました。
娘は、それ本当にある歌?と、。

(本当よ!)と、私は全部歌いました。
娘は、大受け♡ (#^.^#)

3歩進んで2歩下がる!1歩しか進めんじゃん(笑)

腕を振って、足をあげて。ワン・ツー、ワン・ツー。休まないで あ・る・けー。

前向きないい歌だね~。と、感心してくれました。

調子に乗ってyou tubeで水前寺さんの画像を見せたら
着物着た、短髪の水前寺さんは、お嫌いの様でした。(>_<)

冒頭の蛇腹の古いカメラは、カメラ屋さんが使っていますね。
最近は、スマホで写真を撮っていますが、
昔のカメラは、形がカッコいいですね。

こんなカメラを持ってる人に出会ったら、ドキンとしてしまいそうです。
何かを夢中で覗いていたら、じっと見つめてしまいそうです。

一人 レンズを覗く真剣な様子に 女子はときめいてしまうのでしょうね。



2013/04/09(火) |URL|ゆりママ [edit]

ゆりママさん ありがとうございます^^)

水前寺清子さんは、確かに短髪があまり似合ってるようには見えませんね。
あのお顔には長髪は難しいのでしょうか。でも若い頃に比べると随分よくなりました。
あの歌を聴いて、一歩下がってるじゃんと洞察したのはたいしたものです^^)。
その歌を全部歌えるひともたいしたものです^^)。

モノはかっこいいデザインのものが好きです。さらに機能が良ければ申し分なし。
形が好きで中古カメラを集めましたが、ほとんど使ったことがなく、眺めるだけです。

車も、昔のまるみを帯びたクラシックな形のほうが好きですね。
昔のアメ車とかイタ車なんか、塗装の色もすごく官能的で、うっとりします。

トヨタやスバルや三菱も、もっといいデザイナーを雇って、頭の固い重役たちを
入れ替えると、ニッサンのようにもっといい車が作れるんじゃないかなと思います。

2013/04/10(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、全然気にしてないですよ~。
職人さんたちが「おう、何しやがるんだ、てめぇ」「ちっ、てやんでぃっ」って言いながら仕事している環境で日々生活してますので、ガラッパチ調の方がノーマルなんですよ。(笑)

2013/04/10(水) |URL|三流亭まん丸 [edit]

三流亭まん丸さん ありがとうございます^^)

早速お許しいただいて、あ、ありがとうございます(感涙。
わたし、落語に出てくる江戸っ子のあの話し方や気性が好きなんですが、
真似がなかなか難しくて、ちょうどいいサイトがあったと思ったものの、
なんかミョウな調子だなとはいぶかっていたんですが、
やっぱりおかしな言葉遣いでした。
また勉強して出直して参ります。^^;

2013/04/10(水) |URL|☆バーソ☆ [edit]

私も昔の車の方が好きです。
セダンで後ろも前も長くてかくっとしたのが
好きですね。

でも、車は全然わからないので 名前もわからないのです。

セダンの形が好きだけど自分で運転するなら
前がよく見える 背の高い車が好きです。

後、 バックする時 <危ない>って、教えてくれる車も好きです。

2013/04/11(木) |URL|ゆりママ [edit]

ゆりママさん ありがとうございます^^)

あらー、わざわざの返信コメントをありがとうございます。
昨今、セダンが好きというひとは貴重な存在ですね。
日本では箱型のミニバンが合理的だというので大流行りですから。

バックするとき、「危ない」なんて言う車があるんですか。
私がいま乗ってるのはハッチバックという、後ろが出っ張ってないタイプ。
バックアイカメラを付けたので、後退するときに安心感があります。
運動神経が若かりし時のようにはいかないので、気をつけています。
ゆりさんも若いからといって、油断しないで気をつけてくださいね^^)。

それから思い出した話ですが、中国人の研修生が日本の自動車工場に
見学に来たとき、壁の「油断大敵」という標語を見て、なるほど、
機械は油が切れたら大変だと深く納得したそうです(笑。

2013/04/11(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]


う〜〜〜ん、なんとも硬派な美しさ。。。(恍惚)

僕は、カメラはデジタルから入ったクチですけど、
モノとしての魅力は、やっぱりアナログが断然勝ります。
昔の《道具》は、なんでもそうなのですが、
機能美と造形美が密接に、そして見事に結びついていますね。

デジモノは、スマート感優先で、せいぜいついててもボタン類、
最近ではそれも無くなってタッチパネル方式だったりします(^^;)
アナログなモノは、レバーとかダイヤルとかがたくさんあって、
それぞれの塩梅をみながら、それらを回したりひねったり・・・
そうした手応えと所作が、少しずつ自らの身体感覚となり、
やがてそこから、より優れた反応速度が引き出されて、
いっぱしの《道具》の使い手となってゆく・・・

・・・って書くと、いかにも敷居が高そうで、
『誰でもすぐカンタン』が好まれる時代には敬遠されそうですが、
だからこそ“遣り甲斐”とか“達成感”があったりもするわけで。

要するに、《道具》が《道具》として在ったところに広がっていたのは、
基本的に《技》や《術》の世界だったんですね。

《道具》がデジタルツールに置き換わった事で、ハードルは下がり、
あらゆる表現の裾野や可能性がより自由に広がったのは歓迎すべきですが、
ついついなんでも、手軽で便利ってのに流れてしまわぬよう、
そういった《技》や《術》への畏敬(あるいは畏怖)といったものは、
いつもどこかに持ち続けていたいと思っておりますです(^^)

“使っているつもりが、実は単に、使わされていた”・・・
ソコがデジタル時代の様々な危険性や脆弱性に繋がっていそう・・・ (´・_・`)

2013/04/11(木) |URL|G.D.M.T. [edit]

G.D.M.T.さん ありがとうございます^^)

[‰:006600]コンデジが出始めの黎明期、ボディがプラスティックで、デザインが安っぽいことに
拒否感を覚え、カメラは絶対、精密な金属製に限ると心の中でつぶやいたものでした。
ところが、今たまに昔の金属製カメラを持つと、デジカメの軽いのに慣れているせいで、
昔は大変だったんだなあと思ってしまいます。

なぜカメラは軽いほうが良いと思うようになったのか?
年を取って体力がなくなってきたせいと、若いときのように撮影を主目的にどこかに
出かけるということがなくなったせいと、どうも人間自体が軽くなったせいのようです。

フィルムカメラを使ってた頃は、シャッター速度、絞り、ピントを合わせるのが
ひと苦労で、それもひとつの面白みでもあったのですが、今はそんなことは
ほとんど気にしないで撮れます。私は「プログラムモード」で撮ります。

写真も一種の絵画ですから、絵筆や絵の具などの画材のほうに気を取られるのは
おかしいわけで、そういう意味では撮影が楽になって、いい時代になりました。
撮り方も一発必中の単発銃感覚ではなく、数打ちゃ当たるの機関銃感覚になりました。

>《道具》がデジタルツールに置き換わった事で、ハードルは下がり、
>あらゆる表現の裾野や可能性がより自由に広がった

G.D.M.T.さんの写真術は、いまのデジタルの可能性を存分に活用しながら、
ひとにはない感性で、詩的・絵画的でありながら、社会的な香りもある独自の世界を
構築していますね。熱烈なコメントを書くファンが多いのも当たり前です。
私としては、あの写真を技術的にも感性的にも真似できないのが残念です^^)。[/‰]

2013/04/12(金) |URL|☆バーソ☆ [edit]

中国語では、 そう解釈するんですね~(#^.^#)
(楽しい!)

中国人タレントが、日本に来て好きな言葉ができたそうです。
<瞬間接着剤>

読み方が、お国の言語を思い出すのだそうです。

なんとなく 感じは わかります。

言い回しがなつかしいのかな(*´▽`*)♡

2013/04/13(土) |URL|ゆりママ [edit]

ゆりママさん ありがとうございます^^)

中国語は、意味だって似てるようで、ちょっと違う場合もあります。
「我不吃猪肉」は《豚肉はだめです》の意だそうですが、文字だけ見ると
《いのししの肉は、だ、だめです、》とドモって断ってるように感じます。

「吃」の字の意味は、1.どもる。 2.(「喫」と通用)受け入れる。だそうで、
2.の意味に「不」を付けると、「不吃」で受け入れないの意になるんですね。

これは、今回コメントをもらったので調べたら分かったことです。
おかげさまで、中国語の造詣がひとつだけ深くなりました(笑。

2013/04/13(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ncxZJFhlat

, <a href="http://xn--79-mg4axag2fvhmi9cc.com/">安全なオンラインカジノ</a>, [url="http://xn--79-mg4axag2fvhmi9cc.com/"]安全なオンラインカジノ[/url], 8-],

2014/01/31(金) |URL|cDkdGZwMCGWNjZOWSf [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/100-73665234

back to TOP