「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 人生はマネーゲームか。将棋の「王」と「玉」の違い。 

江戸南町奉行の根岸鎮衛が書いた随筆『耳嚢』 みみぶくろ に珍談奇談が記録されている。

寛政七年(1795)秋、木星が月の内を抜け(て隠され)る木星蝕が起きた。
人々は、この天文現象はどんな吉凶の前兆か、と恐れ怪しんだ。

そこで奥医師の橘宗仙院が即妙な狂歌を詠んだ。

 月の内に 星の一点 加うれば 目出度めでたき文字の始めなりけり

「月」の字の底部に、一つの「星=点(ヽ)」を水平気味に加えれば、空きが左右
 つながって「目」の字になる。「目」は「目出度い」言葉の始めというわけだ。


月による木星蝕ではないですが、木星の衛星が3つ影となっている珍しい写真です。
qwedc.jpg
Rare Triple Eclipse on Jupiter (NASA, Hubble,)

月に星が一点加わって目の字になる、このイキな話は「月も知ってる俺らの意気
地~」と続いて、「吹けば飛ぶよな将棋の駒」※1の意外な話となりますよ。(笑)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
王の内に一点加うれば、ああ、宝玉の玉(ぎょく)となる。
世の中は「点」が有ると無いとで大違い、という話を将棋のルールで説明します。

●王には、おうと、点のついたぎょくがあり、棋譜では共に「ぎょく」と呼ぶ。
駒の由来は、平安時代の貴重品である金・銀・桂(肉桂・シナモン)・香(香料)か
ら来ていることを考えると、宝玉の「玉」が元の字であったと考えられる。※2

玉が王になった由来は、豊臣秀吉が「王は一人でよい」と言った説などがある。

飛車角行は、「飛ぶ車」と「角(四隅)に行ける」の意か、あるいは「馬車」
と「牛車」の意か。戦車や騎兵のように敏速に動ける強力な武器と考えられる。

歩兵が勇敢に敵陣に入ると「と金」となり、「金将」と同じ働きが可能になる。
歩兵の裏側に書かれている「」の字の由来については、幾つかの説がある。
・「歩」は「止」を2つ合わせた字で、「止」のくずし字は「と」である説。
・「金」のくずし字(草書体)である説。なるほど、銀や桂の裏はそう見える。
・「今」のくずし字説。万葉仮名では発音が同じなら、金を今(きん)と書けた。
・「と金」とは「鍍金」すなわちメッキの金のこと。作家・井沢元彦氏の説。

 akkke4.jpg
 by shinelec  http://shineleckoma.web.fc2.com/


●布陣は、最前列に歩兵、二列目に飛び道具、最後列に玉と金銀香の財宝がある。
玉以外の駒を捕ったり捕られたりして戦い、最後に相手の玉を降参させれば勝ち。


 j-chess-01.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
人生はゲーム。相手を殺すまで戦うか、相手も活かすか。

●将棋がチェスと違う最大の点は、奪った駒を自軍の持ち駒として使えること。
戦後、占領軍のGHQから日本将棋連盟に呼び出しが掛かり、こう非難された。
「将棋はチェスとは違い、敵から奪った駒を自軍の兵として使う。これは捕虜虐
待という国際法違反であり、野蛮なゲームであるために禁止すべきである」


しかし関西本部長代理の升田幸三が、見事に反論して事なきを得た。
「チェスは捕虜を殺害している。これこそが捕虜虐待である。将棋は適材適所の
働き場所を与えている。常に駒が生きていて、それぞれの能力を尊重しようとす
る民主主義の正しい思想である。・・・・男女同権といっているが、チェスでは
キングが危機に陥った時にはクイーンを盾にしてまで逃げようとする」
Wikipedia


●将棋は戦争ゲームというよりは、経済戦争すなわちマネーゲームである。
dakuseu_.jpg井沢元彦氏の説がなかなか面白い。
「倒した相手の駒がゾンビのように復活して、
味方の持ち駒になるというルールは、日本人の
オリジナルで、世界中どこを探してもない。
『歩』という使用人と『飛車』『角行』という
ガードマンに守られた玉や金銀といった財宝を
奪い合うのが将棋。
将棋は、二つの陣営に分かれて経済戦争をして、
相手の基本財産の『玉』を差し押さえたら(つま
り追い詰めたら)勝ちというマネーゲームだ」
(『逆説の日本史8』第四章より要旨)

将棋が敵を殺さない独特のルールになった理由は、日本人
のケガレ思想と言霊思想があると言っている。※3 
 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
では自分は、どのように人生のゲームをするか。

さて、人生では、王の座を獲たい、玉の富を得たいと思う人もいるでしょう。
人が力いっぱい努力した結果としてそうなるのは、別に悪くないでしょう。

自由主義の世の中では、勝者がいれば当然、敗者も生じますが、
大抵の人は、自分が敗者側でなければ、それでいいと思って満足しています。

本当は、敗者とか負け組(嫌な言葉です!)を作らない社会が一番いいはずです。
でもそれが無理なら、せめて弱者を気遣う気持ちは忘れないでいたいものですね。


                

 

《補足》
※1:『王将』は村田英雄のヒット曲。作詞は西條 八十(やそ)で、さすがに名歌詞です。

※2:『万葉集』巻五に、「銀(しろかね)も 金(くがね)も玉も 何せむに 勝れる宝 子に及(し)かめやも」という山上憶良の歌があり、玉が金銀と並んでいます。

※3:『ケガレ思想』とは、死や血、争いなどを忌む宗教的考え。敵の敗者を手厚く葬って祀ることで、死者が怨恨ゆえに生者に災厄をもたらすことを避ける。『言霊(ことだま)思想』とは、言葉は口から発すると現実化する力があるとする考え。これは忌み言葉を避けること。

☆参考書:根岸鎮衛(著)『耳嚢・中』長谷川強(校注) 岩波書店

スポンサーサイト

 『ジョ-ジとドラゴン』の伝説と、正義感の自己中心性。 


今回は、西方の英雄伝説とその絵画ですが、まずはジョークからどーぞ。

 18世紀のイギリス。
 疲れて腹をすかせた旅人が『ジョ-ジとドラゴン』の看板のある旅籠にたどりついた。
 ドアをノックすると旅館の持ち主の妻が窓から顔を出した。
「食べ物をくれませんか?」
 女は男の粗末で薄汚れた服装を見て、「ダメ」と叫んだ。
「では、ビール一杯だけでも」
「ダメ!」
「じゃあ、せめてトイレでも」
「ダメよ」
「ええと・・・・」
「ダメよ。今度は何よ?」

「あのう、ジョージの方と話させてもらえませんか?」

        kikwc.jpg
          ※看板とは無関係の参考画像です。

 (海外のジョークと訳文も面白い『夏への扉』の「ドラゴン」2015/07/06より)


ジョージ(George)とは聖ゲオルギオスの英語名で、イングランドなどの守護聖人。
邪悪なドラゴン(竜)を退治して人々を救った話は、西方では有名な英雄伝説です。


この旅人は、その守護聖人の名を出したのですが、ご加護にはあずかれずでした。

 人生不可解という遺書。藤村操の『巌頭之感』 

 
  果実に芯があるように、
    人は誰でも自分の死を自分の中に持っている。――――リルケ



山田風太郎『人間臨終図巻・上』を読んだら、涙が垂れ流し状態になりました。
15歳から55歳までに死んだ324名の臨終の様子が簡潔に書かれている良書です。

その6番目は、華厳の滝に飛び込んだ藤村 操(みさお)の話。
彼の遺書は、16歳の人が書いたとは思えない漢文調で、感銘を受けます。



 巌頭之感


  悠々たるかな 天壤てんじょう 遼々たりょうりょうる哉 古今、
  五尺の小躯しょうくて 此大このだいをはからむとす。 
  ホレーショの哲學 つい何等なんらのオーソリチィーをあたいするものぞ。 
  萬有の眞相はだ一言にしてつくす、いわく、「不可解」。 
  我このうらみいだいて煩悶、ついに死を決するに至る。
  既に巌頭がんとうに立つに及んで、胸中 何等の不安あるなし。
  はじめて知る、大なる悲觀は大なる樂觀に一致するを。

                   (明治36年5月22日)


 (意)
  なんと悠々たるかな、天地(の空間の広さ)は。
  なんと遥かなるかな、古今(の時間の長さ)は。
  私は五尺(151cm)の小さな体で、この大きさを測ろうとした。
  ホレーショの哲学は、結局は何らの権威者に値するものか。
  万物の真相はただひと言で言える、すなわち「不可解」だと。
  私はこの恨みを抱いて悩み苦しみ、ついに自殺の決意に至った。
  今すでにこの華厳の滝の岩頂に立っているが、
  胸のうちには何の不安も無い。
  初めて知った。大いなる悲観は大いなる楽観と同じだと。



  遺書は、滝のかたわらのナラの木をナイフで削り、墨字で書き残されました。
  gantou.jpg
  http://www.geocities.jp/sybrma/gantounokan.kakudai.html

藤村操は、家族には何と言い残していたのでしょうか。
日光の小西旅館から家に送った郵書には、こう書いてありました。「世界に益
なき身の生きてかひ(甲斐)なきを悟りたれば、華厳の滝に投じて身を果たす」。


 《自己愛》は自分と世界を楽しくする。 


智を働かせれば、女子危うきに近寄れる。 
情を尽くせば、トンビが紀文のさつま揚げ持ってくる。
意を伝えれば、馬耳西風。
とにかく人の世は面白い。

 すみません。冗談半分で始まりましたが、最後の行はかなり本心です。


いや、人の世は面白くなんか無い、と思う人がいるでしょうか。

もしそうなら、この際、一気に面白くしてやりましょう。


JW-LadamadeShalott.jpg
John William Waterhouse, The lady of shalott


back to TOP