「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 「善悪の規準」とは神が人に与えたものか。 

自分の「甘い」は、ひとには「苦い」か。

「禁断の木の実はいちばん甘い」という西洋のことわざがある。

アダムとエバが、食べたらその日に死ぬと言われた「智恵の木の実」を食べた。
キリスト教は、甘さを味わった罰として「死」という苦い結果がもたらされたと教えている。
   
今ごろ言っても遅いが、アダムは神に、こう弁明すれば良かったのではないか。
神様が私に与えてくださった妻が重大な命令を破って食べてしまいましたので、
私はいっそ死んでお詫びをしようと思って、妻と一緒に食べたのです
」。

(一休さんの頓智話「水飴をなめたら死ぬ」をヒントにした)

619017_Wonder-Woman--Duotone.jpg

スポンサーサイト

 北の丸公園は、人と桜で満開だった。 

いま桜咲きぬと見えて薄ぐもり 春に霞める世の景色かな

気象庁が「桜満開」と宣言した、花曇りの土曜3月23日。
風が弱く、予想気温18度。これは桜に浮かれよう、と皇居まで出かけました。

a桜 007

 神が沈黙しているのは何故か。遠藤周作の『沈黙』。 

沈黙の神は、人に死に至るまでの忠誠を求めているか。

遠藤周作の『沈黙』を読んだ。非常に面白かった。
沈黙aa_1966年に発表された本書は、大きな評価を受けたものの、
カトリック教会に否定され、キリシタン殉教のあった長崎では
長い間、禁書扱いにされてきたそうだ。
この書には《信仰と愛のジレンマ》が書かれているようだ。
・神は人間に殉教の死を遂げるまでの信仰を要求するのか?
・神が沈黙している時に、人はどのように信仰を守るのか?

 人の仕事は、そのままの自分で精一杯生きること。 

(愚かなり我が3/4生記のようなものです。面白くはないので、ごめんなさい)

子どもの頃は夢見る少年だった。いつもボーッとして空想にふけっていた。

道を歩く時は頭の中で鉄腕アトムみたいに空を飛び、宮本武蔵みたいに悪漢をなぎ倒し、
トム・ソーヤみたいに野山を冒険して運よく財宝を探し当てたりした。

aマグカップ&アリス箱 009

 何の理由もなく、家族にちょっとした愛の証を見せること。 

物心ついた頃、父親は家にいなかった。母親が離婚したからだ。
やがて母は東京に働きに出て行き、私と弟は九州に残って祖母に育てられた。

小5のとき、母が小さなタイプ印書店を神田神保町に持てたので、弟と共に東京に
呼び出されたが、すぐ母は再婚し、3人+1人で暮らすようになった。
男は母より20歳年上の二枚目。明大卒で、医者の息子とか言っていたが、
話も嘘もうまかった。住所不定、無職、収入ゼロ。
だが母は男を信じて仕事をやめ、それから酷い貧乏の極地状態が始まった。

母親は5歳下の弟のほうを露骨に偏愛した。
少しぐらいなら当たり前だろうが、いちじるしく極端にそうなった。不公平だと私が言うと、
母は、弟のほうが親と早く死に別れるのでかわいそうだとか、自分だって長女だったので
妹のほうがかわいがられたんだよと言い、最後は、だって かわいんだから しょうがないだろ、
どうしたらいいんだ、と居直られた。

(李香蘭)2
写真は全部、山口淑子(李香蘭)。歌手・女優・政治家。


back to TOP