「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 隠れ芸いろいろ。変な「ミラーレス二眼カメラ」買いました。 

先日、ショッピング中、「ねえ、買ってくれない?」
って、切なく訴えてくるカメラがありました。

眼が左右二つならステレオカメラですが、眼が上下二つの珍しいカメラです。
これが噂になりかかってるとかいうタテレオカメラでしょうか。

あどけない、かわいい顔で、にっこり微笑んできました。
女性でもなんでも かわいいのに妙に弱い性格なので即、購入決意です(^^)

mae018.jpg

スポンサーサイト

 愛の神は、人を断罪などしない。マグダラのマリア編 

最近、テレビのニュース番組で面白いと思ったことの一つは、
有名人の男女が熱い仲になったりすると、
「まだ妊娠はしていません」とコメントされる場合があることです。
最近の結婚観が少しばかり表れていますね。( ← 非難してるわけじゃないです)

結婚観と言えば、以前は「エホバの証人」だった関係で、信者同士の結婚式のときに、
演壇から下手な「結婚の話」を100名ぐらいの出席者にしたことが何度かあります。
(一応 念のため申し添えておきますが、もったいぶった話し方はしませんでしたし、
汝と汝はいま何時?といった話し方は、ぜひしようと思いつつも、しませんでした^^)。

そのときは、結婚は神が創始された神聖な取り決めですといった話をしたのですが、
でも後になって思うと、じつは聖書の結婚観には少々違和感を感じる点があるのです。

1 john-willam
john William Waterhouse

 ひとは、“過去未完了形”で生きている。 

先日、久々に十朱幸代さんをテレビで見ました。もう七十近いのでしょうが、
とてもそのようには見えず、おきれいで、感心しました。
髪型も変わってないような気がしました。

思い出してみると、デビュー以来、ヘアースタイルを何十年も変えてない
タレントや歌手が案外いることに気づきます。
例えば名前は出しませんが、和田アキ*、石坂浩*といったベテランの方々。
本人に一番似合ってるのでしょうし、抗議をする予定は今のところありません。

好きな音楽をひとに聞くと、聴くのはいつも谷村新司の「昴」だとか、ビートルズ
といった答えが返ってきて、昔の歌が案外多いことにも気づきます。
前者は60年代で、後者は80年代で、と講義をする予定は今のところありません。

76歳で亡くなった坂上二郎さんは、 晴ーれた 空~ ♪ と よく歌ってたそうです。
※昭和23年、岡春夫「憧れのハワイ航路」 (注:Wikipediaによる)

人間、年をとると思い出すのは、「過ぎ去りし日々」の思い出なのでしょうか。

ガススタンド


back to TOP