「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 ハインライン著『異星の客』は、精神世界がバックボーンのSFだ。 

『神との対話』の著者ニール・D・ウォルシュが読んだ本の一つに、
つまり、おすすめの本にR.A.ハインライン著 『異星の客』がある。

読んでみたら、ストーリー仕立てはSF小説だが、内容はまさに「精神世界」。
宗教観や、物事の考え方、人生の生き方などに考えさせられるものがあった。
非常に興味深かったので、すこし紹介したい。

disk_20111119090722.jpg
※写真は1956年製作のアメリカ映画「禁断の惑星」から。
スポンサーサイト

back to TOP