「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 メメント・モリとは死を想い、生を思うことである。 

私には、覚えておくべきなのに、普段よく忘れていることがある。

そのことを人生で一番強く意識したのは数年前、要手術と言われたときだった。
しかし術後、ガンではなかったと言われ、そのテンションは薄れてしまった。

その覚えておきたいことは、ラテン語で「メメント・モリ」と言われている。
memento moriは「死を想え」の意で、《いずれは自分自身も死ぬ》という警句。

中世の修道士たちが挨拶をするときに、決まり文句として口に出したそうだ。
キリスト教徒が天国の至福に思いを馳せるきっかけになる言葉でもあった。

tooo.jpg
Carlos Schwabe, La Mort du Fossoyeur, 1893.

旧約聖書は、人が《死》を心に留めるのは良いと言っている。(伝道の書7章2節)

 祝宴の家に行くよりは、喪中の家に行くほうがよい。
 そこには、すべての人の終わりがあり、
 生きている者がそれを心に留めるようになるからだ。


今回は「メメント・モリ」に関連する奇妙な絵画と音楽の話から……。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
死の舞踏。死神は、金持ちと貧乏人を等しく連れ去っていく。

人間は、貴族も僧侶も職人も農奴もみな、身分・貧富の差なく、最後は土に還る。
西暦14世紀、ヨーロッパ全土でペストが大流行し、人口の3~5割が死んだとき、
教会は、誰にも訪れる《死》に備えよとして「メメント・モリ」を信者に説いた。

しかし百年戦争の最中でもあり、人々は死への恐怖と生への執着で半狂乱になっ
て踊り続け、この集団ヒステリーの様相は《死の舞踏》と呼ばれるようになった。

中世のキリスト教世界では、《死の舞踏》というテーマは徳化された意味合いで
絵画や音楽、文学の分野など、多くの芸術家にインスピレーションを与えてきた。
ヨーロッパの古い教会には、骸骨の絵画や彫刻が多く飾り付けられているそうだ。

danse.jpg
La danse macabre、Leonie Justin Alexandre Petit(1875)


kjkjs.jpg
The Dance of Death、Michael Wolgemut (1493)


ihrtyk.jpg
Danza macabra,、Jakob von Wyl (1586-1619)



私はおしゃれもダジャレも好きだが、しゃれこうべはじつはかなり好きではない。
しかし《死の舞踏》の絵は、気味悪さを打ち消すように死を楽しげに描いている。


Dappp.jpg
The Dance of Death,Danse macabre (1888-1943)


lelarge.jpg
Halloween deserves Camille Saint-Saëns’s 1874 classical masterpiece, Danse Macabre.


mme2.jpg
Til Death Do Us Part-Wedding Party Poster



khfg.jpg静物画は、以前はラテン語で「ヴァニタス」
すなわち《空虚》と呼ばれ、死を意味する
頭蓋骨や腐っていく果物などが、豊かさを
意味する部屋の置物と一緒に描かれていた。
It is by Adriaen van Ultrecht, a Flemish painter
active in the early 17th century



骸骨の舞踏を見ると、人間は皮と肉を取れば違いなんか無いことに気付かされる。
死とは肉体を脱ぐだけのことと思えば、墓も怖くなく、喜び踊りたくなるだろう。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
サン=サーンスの交響詩『死の舞踏(Danse macabre)』作品40

サン=サーンスがフランスの詩人アンリ・カザリスの詩に霊感を得て、1872年
に歌曲として作曲し、1874年に管弦楽曲としてまとめた。午前0時の時計の音が
鳴ると、死神の奏でるヴィオリンの奇妙な音色とともに骸骨たちが蘇って踊り始
め、勢いを増すが、夜明けを告げるニワトリの声で、みんな土の中に戻っていく。


※1875年1月24日のパリ・シャトル座における初演は失敗に終わり、特におもちゃ扱い
だったシロフォンによる骨のかち合う表現などは、作曲者の悪趣味の極みだと非難を受
けた。しかし繰り返し演奏されるうちに現在のような好評を勝ち得ていった。
       
 (スコアの冒頭に引用されたカザリスの詩)

 ジグ ジグ ジグ 墓石の上 かかとで拍子を取りながら
 真夜中に死神が奏でるは舞踏の調べ  
 ジグ ジグ ジグ  ヴァイオリンで
 
 冬の風は吹きすさび 夜は深い 菩提樹から漏れる呻き声
 青白い骸骨が闇から舞い出で 屍衣を纏いて跳ね回る

 ジグ ジグ ジグ 体を捩らせ
 踊る者どもの骨がかちゃかちゃと擦れ合う音が聞こえよう

 静かに! 突然踊りは止み 押しあいへしあい逃げていく
 暁を告げる鶏が鳴いたのだ 



生ある時間は刹那的で、慌ただしく踊らないと損だと言いたげな滑稽軽妙な旋律。
人類共通の死への怖れが、死神や悪魔を登場させ、不気味に見せているのだろう。

私は、魂の存続を信じたまま最期は、なるべく静穏に逝きたいものだと思います。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
言いたいことは、人の命は途絶えることがないはず、ということだ。

さて、死んだ後のことは分からないし、考えるのも愚かしいと思うかもしれない。
しかし超越的存在が居て、意地悪ではないと思うなら、次のことを考えてほしい。

 その存在は、失敗をし、悔やみ、後は死ぬだけという人間をつくるだろうか?
 その存在は、死んだらそれで終わりという不完全な人生を設定するだろうか?


メメント・モリとは《死を想え》ということ。
死を想えとは、生の有難みを思い、超越的存在の愛を思えということであり、
その愛をよくよく思えば、今の命は途絶えるはずがないと推論できませんか。


                 



「毎日を人生最後の日と思って生きよう。いつか本当にそうなる日が来る」

スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学卒業式の式辞(2005) → YouTube
opqkj.jpg
(9分8秒時から抜粋)
1年前、私はガンと診断されました。医者から「自宅に戻り身辺整理をするように」と言われました。つまり「死に備えろ」という意味です。そして私は手術を受けました。
●死は、おそらく生命の最高の発明です。死は《古き》を消し去り、《新しき》への道を切り開く。ここでの《新しき》とはあなた方のことです。しかしそう遠からぬうちあなた方もに君たちも《古き》となり、消えていきます。
●あなた方の時間は限られています。だから、誰か他の人の人生を生きて時間を無駄にしないでください。ドグマ(固定された独断的な教説や信条)の罠にとらわれてはいけません。それは他人の思考に従って生きることと同じです。
●他人の意見の雑音で、あなた方の内なる声がかき消されないようにしてください。心と直感は、あなたが本当になりたいと望んでいるものをすでに知っているのです。
※資料はWikipediaを参照しています。
スポンサーサイト

 過去を手放すために死がある。執着心と生まれ変わり。 


二葉亭四迷が “I love You” を「死んでもいいわ」と訳した話は知られています。
トンでる訳だなあ、文豪はモテるなあと、お嘆きの貴兄もおられるでしょう。

でもツルゲーネフの『片恋』では、“I love You”とは英訳されてないそうです。
そのロシア語箇所は直訳され、“Yours(あなたのものよ)”となっています。
※1
なるほど、身も心も「あなたのもの」なら「死んでもいい」と訳しやすいでしょう。

愛は見返りを求めないどころか、命への執着心さえ棄てさせるのですね。
聴かせてよ愛の言葉を。人生一度でいいから、歯の浮く思いをしたいものです。

aVanuyt (2)

それにしても、川島浪子の言葉じゃないですが、人間はなぜ死ぬのでしょう。
もし死なないで永遠に生きられるとしたら、それは本当にいいことでしょうか。

 老衰したら、人は不用になり、不要になるか。 

労働は、必要悪だとか、神からの罰だと言う人がいる。
理由のひとつに、自分の仕事が楽しくないせいがあるだろうか。

イエスは「働き人がその食物を得るのは当然です」と言った。
働くことは食べることと密接に結びついている。

「働こうとしない者、食うべからず」とは新約聖書の教えだ。
「働かざる者、食うべからず」とは営利組織のスローガンかもしれない。
では、
「歳とって食うだけの者、食うべからず」とは、誰の思想だろうか?

VF246jpg.jpg
(アメリカの女性雑誌『Vanity Fair』の表紙)

人は必ず老衰する。高齢者に社会はどう対処してきたか。昔の人々の習俗の話です。

                  

 人間最期の言葉には、生き方が表れる。 

人は産まれ出たときは皆、おぎゃーと泣いて、息を始める。
そして死ぬときは、自分の何らかの思いを語って、息を終える。
人間最期の言葉には、その人の人となりがよく表れるようだ。

きききりん
J.E.ミレイの名画『オフィーリア』をモチーフにした宝島社の企業広告(出典)

 死ぬときぐらい好きにさせてよ。
『ハムレット』の恋人オフィーリアが溺れ死ぬ前に歌を口ずさんでいる場面。
 彼女の死は、文学の中で最も詩的に書かれた死の場面のひとつと言われる。
 オフィーリアになったつもりの樹木希林は、「人は死ねば宇宙の塵芥。せめて
 美しく輝く塵になりたい。それが私の最後の欲なのです」と言っている。

いかに死ぬかを考えることは、いかに生きるかを考えることと同義である。
生きている間に、死ぬときの言葉を考えることは良いことだろう。

 江戸の男は隠居してからの人生を愉しんだ。 

え~、落とし噺に出てくる人物は決まってまして、八っつあん、熊さん、ご隠居さん。
ご隠居さんってえのは いい身分でして、雑学をひけらかしたものです。

「んちわっ、ご隠居。毎日、ぶらぶらしてるってえっと、さぞ退屈でしょ」
 「ん? 別に退屈はしてないよ。あたしにも色々と道楽があるから」
「へぇ、ご隠居もすみに置けねえや。夜、そうっと別宅のほうに・・・」
 「そういう道楽じゃあない。和歌、俳諧だ」
「なんです? その馬鹿、ハイカラってえのは」

りゅうしう9
落語『雑俳(ざっぱい)』。You-Tube →春風亭柳昇三代目三遊亭金馬立川談志

ご隠居が「はるさめ」と風流な題を出すと、八っつあんが「船端を ガリガリ かじる
春の鮫」と五七五を詠む噺になります。江戸時代には若くして家督を息子に譲った
隠居がけっこうおりまして、借家を建てて大家になったり、隠居部屋で趣味三昧に
浸ったり、あるいは長屋に引っ越して、つつましく余生を楽しんだようですな。

 日航ジャンボ墜落時の遺書と「死の受容プロセス」。 

感謝しながら生き、感謝しながら逝く、生き方の理想形。

「魂」や「死後の世界」の存在を理解する臨床医は、世界中に案外多くいる。

著名なエリザベス・キューブラー=ロス博士は、自著『死ぬ瞬間』の中で、
《死を目前に控えた人の受容プロセス》について述べた。
 1.最初は、自分の死に疑問を感じて「否認」し、
 2.次に、なぜ死ななければならないのかと「怒り」を感じ、
 3.そして、神様に救いを求める「取引」をして、
 4.やがて、「抑うつ」状態を経て、
 5.最後は、死を受け入れる「受容」という心境に至る。


kkkk近所 003

3.神と取引をする」という段階は、神を信じない人にも起きるだろうか?


back to TOP