「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 ドーナッツの穴だけ残して食べる学問的考察。 

宇宙にはミステリアスな真っ黒い穴がある。
地球にはミステークな地下工事の穴がある。
日本ではミスドの「ドーナッツ」に穴がある。 
(※ミスド=ミスタードーナツ)
ああ、あな、不思議。 

ドーナッツの穴は質量もカロリーもないが、もれなく標準付属品として付いてくる。
ドーナッツの穴と周囲に臨在する輪は、メビウスの輪にも似た神秘を内包している。
その存在、その意義については様々な面白い見解があるようだ。

msisdi_20161009151604f13.jpg
              
「ちわ~、ご隠居。山のあなあなあな・・・・・あ、あ、あなたぁ」
「お、八っつぁんか、また妙なことを言いに来たな」
「あ、あ、あんまり腹ぁ減ったんで、ドーナッツの穴まで食っちゃいました」
「おい、年寄りをからかおうって魂胆か」
「いえ、ご隠居は常日頃、あ~、恥ずかしい、穴に入りてえとか言ってましたよね」
「おいおい、それはお前さんの口ぐせだ」
「でしたかね。とにかくドーナッツの穴だけ残して食べる方法、教えてください。
それが分からねえと、ひと昼じゅう眠れねえ」
「それを言うなら、ひと晩中だ。ま、その話はネットでも話題になったみたいだな。
大阪大学の先生方も本に書いてるようだぞ」

スポンサーサイト

 ポチの名の語源と宝発見の幸運。 

ポチ、と言われたら何をイメージするだろうか?
 ぽちぽち思い出してほしい (もちろん瞬時に思い出してもよろしいが)。
 その辺をポチッとしても答えは出ない (ここには拍手アイコンは無し)。
 グルジアの都市ポチを思いついた人はえらい (私は検索して見つけた)。
 犬の名を思い出した人は、ある年代以上の人だろう (なぜだか悲しい)。

ポチは由緒ある名だ。明治43年頃の「犬の名前ランキング」堂々1位はポチ。
1位ポチ、2位ジョン、3位マル、4位クロ、5位アカ、6位ポーチ、7位ボチ/
チイ、9位シロ/ハチ/チン/タマ (朝日新聞のデータより)

13位は「カメ」。開国以降、来日外国人が犬を「カム・ヒア」と呼んでいたのを
日本人が「カメや」と聞き間違えて、洋犬はカメと呼ばれるようになった。
そのカメの中で最もポピュラーだった名が「ポチ」だそうだ。

画像は賢い柴犬のコント動画から。犬の名はポチではなく、猪瀬マリ(7歳)。

mari9jpg_2015121518304575b.jpg
コント「チューを拒否する犬」→You-Tube

というわけで「ポチ」の名の語源と、幸運を畑に見つけた人の話二つです。

 原始、人類はツチノコであった。広塚らいてふふふ 

(ジョークとPRのページ)
霊長類ヒト亜族に属する人類は、ほんとのところ何の子孫(子)か?

「ヒトは何の子か?」の解釈は、人が関係するブログによって異なっている。
 Ameba派は 「ダーウィンが言った通り、ヒトはアメーバの子孫である」と言い、
 Yahoo派は 「ヤフー、ヤハゥエ、エホバという名の神の『子』である」と言い、
 楽天派は 「イーグルスの子だ、来年は勝つんだあ」などと楽観的に言い、
 liveDoor派は 「ホリエモンの血を引いてるんだろね」と言い、
 excite派は 「そ、それは%K#のwナ$gカrダ!!!」と興奮していて聞き取れないが、
 FC2派は 「人は、土(ツチ)の子に決まってるじゃん」と言っているようだ。

 q52000.jpg
           絵はmiss.key画伯による。

今回は、FC2派の「人は土の子である」説を懇切泥濘に解き明かしたい。

 「子」の字の由来の新解釈。(先週の続編) 


世の中に 子ほどかわゆき ものはなし わんわと泣くも 夜は寝られる
 
 ワンコの子は、ワンワン鳴いても、かわいいですねー。
 人間の子は、ワンワン泣いても、元気でかわいいですかねー。(笑)

今回は、「子」の字の漢字神学的ふうな構造解読です
「子」の漢字の由来に こんなサプライズが隠されていたのかと仰天し、
あの嵯峨天皇時代の謎句 『悪無善』 の解き明かしに、お、なるほど、と同意できますよ。

こと3はは

 妻の、夫の、犬の、そして恋愛の「十戒」。  

「十戒」は、モーセが神から与えられた旧約聖書の《十の言葉》のことですが、
「十戒」のモジリアーニ じゃなく、もじり、焼き直し、パロディ、オマージュ、
リメイク、二次創作物、換骨奪胎のようなアレンジ版がいろいろあるんですね。

0789252082.jpg

最初は欧米のジョーク「妻と夫の十戒」。夫婦には普遍的な念願要望かもしれません。

 神がアダムとイヴの願いをかなえたジョーク。 

今回は、バイブル・ジョークです。聖書は絶対、男が書いてますね。

創世記2章22-23節
主なる神は人から取ったあばら骨でひとりの女を造り、人の所へ連れてこられた。
そのとき、人は言った。「これこそ、ついにわたしの骨の骨、わたしの肉の肉。
(イシュ)から取ったものだから、これを女(イシャー)と名づ けよう」。 
 
女は男のあばら骨から造られたと書かれている有名な箇所です。
元のヘブライ語では「イシュ(男)からイシャー(女)が取られた」となっています。
ここで、人(アダム)は洒落を言っています。

アダムは女を見て「骨の骨」と言い、「肉の肉」と叫んでいます。なので、
このあばら骨はスペアリブのように骨にお肉が付いていた可能性があります。

「骨肉」とは密接な血族関係のこと。アダムは相当うれしかったようです。 
                                   
おきてから出勤するまでの違い

言葉遊び:男が女に言った最初のあいさつ。“Madam I'm Adam. ” (←回文)

back to TOP