「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 足軽の軽率すくい軽すくう太田南畝のかるかる狂歌 


最近、ある大臣が記者の発言にブチ切れ、世間から叩かれ、すぐ謝罪した。
江戸の昔、武士が悪行雑言の町人を叩き斬っても、お詫びはしないですんだ。

幕府が、斬捨御免、もしくは無礼討ちの特権を条文化していたからだ。
下級武士の末端である足軽でも、幕府から刑事責任は問われなかった。

徳川家直属の足軽は、末端行政や警備の要員として同心や徒士※1に採用された。
例えば『必殺仕置き人』の中村主水は、北町奉行所の定町廻り同心である。

amondo2.jpg
テレビ番組『必殺仕置き人』  ※以下の画像は本文と直接関係はありません。

足軽が短気で刀を抜こうとしたとき、太田南畝なんぽ※2が狂歌で仲裁した話が面白い。


スポンサーサイト

 さくらの名の由来を知ると幸せになれる。 

春の扉は、風のぬくさよ。街のひよどり、歌は思えど……。
さくら萌えさかる四月。
いい陽気に誘われて、八五郎が隠居の所にやってまいりました。

「八っつぁんかい。まあ、お上がり。朝っぱから何の用だい?」
「いえ、その、ご隠居の顔を見ないと、おい、通じがつかねえ」
「なんだい、私の顔は便秘薬代わりかい。ほ話はやめておくれ」
「いえ、ご隠居。桜の名は、どうして《さく》と言うのでしょう?」
「あの花は、ええと、ーっと一斉に咲くのが、散る時は悲しいな、ーっと
胸に迫る。《さー》《くー》で、《さーくー》となったのら」
「怪しいっ。舌がもつれてます。《さーくー》説は合点がいきません、ご隠居。
さくらの《ら》の字を忘れてます。最後の《》の由来が説明されてねえ」
「私と八っつぁんの仲じゃないか。一文字くい負けときなさい」
「いえ、ご先祖の遺言で負けられません。《》って、何です?」
「えー、それは……《さく》は源氏名で、《》は桜の花の本名だったとか」
「らら、ご隠居、そのオチは『千早振る』のくごと同じですっ」


sakur503.jpg

というわけで、桜の名の由来の噺でございます。

 ルビは、ふりがなという名のパラレルワー(ル)ドである。 

山手線四ツ谷駅横の「外濠そとぼり公園」は、江戸城外堀の姿を残す国指定の史跡である。
堀には貸しボート場があり、春は土手に並ぶ240本の桜が楽しめる。

小学5年生の頃、ボート場のお兄さんと仲良くなり、しばしば遊びに行っては、
裏の物置で見つけた講談社の講談本全集を片っ端から読んだ。

オレンジ色の表紙に「荒木又右衛門」とか「怪傑児雷也」と書いてある古びた本で、
難しい漢字が多かったが、ふりがなが振ってあったので子供でも難なく読めた。

当時の本とは違いますが、最新の電子書籍Kindle版『講談名作文庫』。
aaa560.jpg

漢字の横に付ける「ふりがな」は、昔の人が親切心で考案したに違いない。
※1、
「ふりがな」の活版印刷用語は「ルビ」※2。この賛否両論がなかなか面白い。


 擬声語オノマトペを、詩人が、漫画家が、作家がうまく使っている。 

(ジョーク)
診察室で、医者が患者に訊ねた。
「で、症状はどんな具合ですか?」
「はい、先生、目がボオーッとして、頭がキーッとなって、てっぺんがジンジンして、
さらに頭のこっち側、レフトがですね、ズッキンズッキンと永久不滅に痛むんです」
「あのねえ、長嶋さんじゃないんだから、ボオーッ、キーッとか、ジンジンなんて、
そんなオノマトペを、いや、擬声語を使わないで説明できませんか」
「はい、ええと・・うーん・・う~む・・ああ~、先生、頭がガンガンしてきました」

普通の言葉とは比べ物にならないほどの情報量を持っているオノマトペ。※1
医者はこれにより、群発頭痛・片頭痛・緊張性頭痛などの病名が分かるそうですよ。

tran1p.jpg 出典
(英国と米国も閉鎖的になれば世界が頭痛になるかも?)

オノマトペは、物体が発する音や、何かの状態、感情を字句で表現したものですが、
日本人は工夫の名人ですね、いろんな擬声語・擬音語・擬態語を考え出しています。

back to TOP