「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 タマゴと進化論とイエスと荀子の関係。  

               バーソ青草文庫 [子どもの作文]


ぼくはニワトリのタマゴ(後編)

ぼくはタマゴから生まれた変な子です。
母さんから、そういわれた話は、せんしゅう書きました。
その続きです。

ぼくはニワトリの子で、カルピスを飲んで育ったよって母さんからいわれたので、
そんなのウソだーっていいました。そうしたら母さんはいうんです。そうだろね、
グリコもなめて育ったからね、って。

          gric2.jpg


ぼくは、グリコなら知ってるけど、こんなおじさんの顔じゃないっていいました。
そうしたら母さんはいうんです。おや、顔が違うことによく気がついたね。でも、
ひと粒三百メートルも走れないような、頭でっかちの人たちが、ニワトリが先か、
タマゴが先かと、おろかなろんそうを始めたんだよ、って。


ニワトリは姿を見ればすぐニワトリと分かる。大体がニワトリだと分かる鳥をニワトリと言う。しかしタマゴは見ても何のタマゴかはすぐ分からない。たまたま育ちの悪いアヒルのタマゴかもしれず、重量級のウズラのタマゴであるかもしれず、ひょっとしたらアカウミガメ・アオウミガメ・キウミガメの生亀生肉生卵の可能性もある。ならば、どうして中身の不明かつ不確実なタマゴが、見た目に明瞭なニワトリより先に出来たと結論できるだろうか。


ぼくはミルキーのほうが好きだったので、ひょっとしたらミルキーで育ったのか
なあと少し不安になってきました。そうしたら母さんはいうんです。サルちゃん
はミルクもタマゴも大好きだよね。それは、良い子のしょうこなんだよ、って。


イエスの言葉―――新約聖書ルカによる書11章9~13節

「私は言っておく。求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。
だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。
あなたがたの中に、魚を欲しがる子供に、魚の代わりに蛇を与える父親がいるだろうか。
また、卵を欲しがるのに、サソリを与える父親がいるだろうか
このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。
まして天の父は求める者に聖霊を与えてくださるのだ」


          khgb.jpg


ぼくはサソリ座の生まれです。ということは、母さんと親子かんけいがないのか
なあ、と心配になってきました。そうしたら母さんはいうんです。世の中には、
しゅつらんのほまれという言葉があるけど、おまえは、しゅつらんのせがれだか
ら喜びなさい、って。んー、意味わかんない。


「出藍の誉れ」とは、荀子(じゅんし)が学問の重要性をうたった言葉「青は藍(あい)より出でて藍よりも青し」から出来た。藍草で染めた布は藍草よりも鮮やかな青色になるが、その関係を弟子と師匠に当てはめて、弟子が師匠の学識や技術を超えるという意味。一方、「出卵の倅(せがれ)」とは卵から生まれた子がオスだったという意味で、バーソの造語である。ニワトリの卵は、温めて四日目に赤外線レーザーを当て、胚(ひよこになる前の状態)の血液の光り具合でオスかメスか判別される方法が開発されているが、オスのヒヨコの運命は哀れで過酷である。殺処分され、肥料や飼料の原料とされる。


ぼくは、オスのヒヨコはかわいそうだねっていったら、母さんはまじめな顔でい
うんです。そうね、サルちゃんは、弱いものをかわいそうと思う気持ちをぜった
い忘れないでよ。昔、ポル・ポトという名の悪い政治家がいてね。この人は、頭
のいい人をにくんで、おおぜいはくがいして、ころしたのね。おとなになっても、
ひとを気づかう気持ちを自分でやしなわなかったので、そうなったんでしょうね。


ポル・ポトとは、カンボジアの独裁者(1928-1998)。本名はサロット・サル。極左武装組織クメール・ルージュ(赤色)を率い、当時人口が一千万にも満たなかった小国カンボジニアの人々を、四年間で数十万から数百万人も虐殺したことで有名。クメール・ルージュは食糧増産を図るため、プノンペンなど大都市の住民や、資本家、技術者、知識人などから財産・身分を全て取り上げ、農村で農業に強制従事させた。学校、病院、工場も閉鎖し、貨幣も廃止し、宗教を禁止し、一切の私財を没収し、さらに近代科学をも全否定した。クメール・ルージュは、これを「階級が消滅した完全な共産主義社会の建設」と称した。移住させられた人々は「集団農場」で農業に従事させられる一方、知識人階級は「反乱を起こす可能性がある」とされ、殺害された。


       spa66.jpg
                (フリー画像)


ポル・ポトは、ニワトリからポルッと生まれて、ポトッと地面に落ちた人なのよ、
って母さんがわらいながらいったので、ぼくはやっとじょうだんをいわれてたん
だとわかりました。サルちゃんは、たまたま同じ名だけど、必ずだれにも親切を
する、こころのやさしいおとなになってね。そういって母さんは、ぼくのあたま
をなでて、大好きなゆで玉子をつくってくれました。母さんって、おもしろくっ
て、やさしくって、いいなあ。

                 



(青字部分は基本的に真面目話ですが、一部に冗談が混入されておりますのでね)

私としては珍しく政治関係の本『人はなぜ人を殺したのか』――ポル・ポト派、語る(舟越美夏/著)
を読みました。人は、自分が正しいと信じ込むと、平気で残忍冷酷なことができるようになる。何か
の事で成功して有頂天になると、自信過剰になり、他の人の助言を行け入れなくなる、と感じました。
私は子どもの頃は、父親はおらず、母親は、ほとんどかまってくれませんでした。でも私の基本的な
性格は、母親の言動を見聞きしているうちにできたと思っています。人生観は、成人してから聖書の
影響を受け、だいぶ後に精神世界を知って大きく変わりました。人は人生経験で形造られるのですね。



スポンサーサイト

 卵と玉子に、コロンブスと漱石の関係。 

               バーソ青草文庫 [子どもの作文]


ぼくはニワトリのタマゴ(前編)

ぼくは変な人間みたいです。
ニワトリのタマゴから生まれたからです。

だって、母さんはいうんです。サルちゃんねえ―――あ、ぼくの名前はサロット
・サルっていいます―――おまえはニワトリのタマゴから生まれたんだよ。その
しょうこに、自分のへそのおを見たことがないだろ? 母さんのおっぱいを飲ん
だ記憶があるかい? おまえはカルピスで育ったのだよ、って。


    calpi2.jpg


ぼくは大変おどろいて、えーっ、ウソでしょっていったら、母さんはいうんです。
覚えてないだろうけど、おまえがタマゴで生まれたとき、お医者さまがおまえの
おしりをブチッとぶってね。そのとき、おしりが少しつぶれたのかもねえ。でも
そのおかげで、おまえはオギャーッと泣いて、立てるようになったんだよ。その
立て方はコロンブスがはつめいしたといわれてるけど、本当は、その話はちょっ
と違うんだよね、って。

 刀にまつわる言葉は、日常を地味に面白くしている。 

                 [バーソ青草文庫]
 「刀」に関係する言葉を四十一個入れ込みました。絵はアンドリュー・ワイエスの作品です。


刀と天国
 
 ある日の事でございます。神様は、刺青(いれずみ)と刀傷が目立つ男と一緒に、
天国の花園をぶらぶらとお歩きになっていらっしゃいました。
 何とも云えない好い匂いが、絶間なく辺りへ溢れております。天国はちょうど
朝なのでございましょう。


「次郎吉や、此処の居心地はどや?」
「へい、何だか夢みてえ。地獄で仏とはマジに此の事で」
「おいおい、此処は天国で、わいは神サンやで」
「ああ、そうだった。それにしても、この大泥棒のおれが、こうして天国に来ち
まったワケがまだ分からねえ」
「ええか、ホンマもんの神サンは愛の塊りみたいなもんや。愛と憎しみとは両立
せえへん。そやさかい、愛の神が人間を罰する事なんかあらへんのや」
「だから、おれのような者でも永遠の責め苦を受けたりしねえんだ」
 神様は、男が、一人の雲助を助けた事があるのを思い出しておられました。


 ws01.jpg

 「慚愧に堪えない」とは、自分と他者と天に恥じること。 

夏がとっても暑いから、こころ寒くなる参照亭バーソのハナシでもいかがでしょう。
とまあ、暑中お見舞いを兼ねまして・・・


「おや、熊さんかい、お上がり。この暑い昼日中によく来たな」
「あ~、よかった。安心した。ご隠居は、まだイカの一夜干しだわ」
「なんだ、まだイカの一夜干しとは?」
「へえ、まだスルメになってねえ」
「なにかい、あたしゃ、生けるミイラかい?」
「あははは、ご隠居。このハゲ―――ッの話、知ってますよね」
「おい、ひとの頭を見ながら言うやつがいるか。それがどうした」
「いえね、テレビを見ていたら、そのとき『残金が足りない』とか言われてたん
です」
「うーむ、それは、たぶん『慚愧(ざんき)に堪えない』じゃないかい?」
「それそれ」



 inu4.jpg

back to TOP