「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 神は、人間に何かを望んでいるか? 

ある調査では、神の存在を信じる人が90%以上いる国は世界55か国中、24か国。
エジプト、ヨルダン、インドネシアでは、ほぼ100%が神を信じている。
米国、ポルトガル、アルゼンチン、アイルランドでは、90%以上が信じている。

神を信じる人が50%未満の国は、スウェーデン、エストニア、日本、チェコ。

日本人の特長は、「わからない」の比率が33%と圧倒的に多く、世界一。
「わからない」とは「どうでもいい」ということ。日本人は鷹揚で適当らしい。
※日本の宗教のほとんどは宗教法人で、その数は約18万2千(平成23年)。

別調査では、英国では人口の約半数近くの3300万人が宇宙人の存在を信じるが、
神を信じる人は2700万人。昨今はETがGODより人気があるかもしれない。

avebury-crop-circle-20081.jpg
                  http://paneandov.com/crop-circles-2012/

スポンサーサイト

 エホバは至高なる神か、宗教組織の神か。 

世界人口は70億人を突破した。いま世界の二人に一人以上が「一神教徒」。
「世界の宗教別人口調査」によれば、
第1位はキリスト教徒で約22億人。 そして第2位はイスラム教徒で約16億人。
両者を足すだけで、世界人口の半分を超える。

ちなみに第3位は「無宗教」約11億人で、そのうち6割以上が中国人とのこと。
(アメリカの調査機関ビューリサーチ・センター2012年発表)

1..キリスト教、イスラム教と、ユダヤ教の神は同一の「神」である。
その神は「エホバ」とか「ヤハゥエ」、「主」とか「アッラー」と呼ばれる。
(アッラーとは名前ではなく、アラビア語で定冠詞の付いた「神」の意)

2.一神教の「神」は宇宙の至高者で、比類のない愛があるとされる。
「神は憐れみ深く、情け深い神、怒るのに遅く、恵みと真実に富み、
恵みを千代も保ち、咎と背きと罪を赦す」と言われている。(出エジプト記34:5)

3.愛ある神が本当に治めているのなら、人はみな完璧に幸福なはず。
そうでなければ至高者でも創造者でも何でもなく、看板倒れの最高神になる。
本当に憐れみと親切があるなら、人間の苦しみを黙って見ていられるはずがない。

4.しかし歴史上、全ての人が至福状態を味わったという例は全く無い。
精神的に神からの平安を受け、ご利益を受けたと信じる者は確かにいる。
だが全ての信者がそうではなく、多神教の信者も、みな同じようなことを言っている。

移転の画像フォルダ 343

 神の愛は「無条件」。人はみんな愛されてる。 

満開のサクラも散り、少し暑いくらいの風を感じるようになりましたねー。
マークやloveの英字がプリントされたTシャツを 街で見かけるようになりました。

たいていの人は「愛」の言葉が大好きです。
(愛の名言集などを見ると、うっとりするような、やるせないような、切ないような、
歯が浮いてくるような、我が身が情けなくなるような、そんなフレーズがいろいろ出てきます)

「愛」を標榜する宗教と言えばキリスト教でしょう。どの教会でも、
「神は愛」であるゆえに、神とキリストを信じる人を救う、と教えています。(ヨハネ3:16)

でも、そのキリスト教の「愛」が、どうもいろいろに解釈されているようです。

少女とうさぎ

 愛の神は、人を断罪などしない。マグダラのマリア編 

最近、テレビのニュース番組で面白いと思ったことの一つは、
有名人の男女が熱い仲になったりすると、
「まだ妊娠はしていません」とコメントされる場合があることです。
最近の結婚観が少しばかり表れていますね。( ← 非難してるわけじゃないです)

結婚観と言えば、以前は「エホバの証人」だった関係で、信者同士の結婚式のときに、
演壇から下手な「結婚の話」を100名ぐらいの出席者にしたことが何度かあります。
(一応 念のため申し添えておきますが、もったいぶった話し方はしませんでしたし、
汝と汝はいま何時?といった話し方は、ぜひしようと思いつつも、しませんでした^^)。

そのときは、結婚は神が創始された神聖な取り決めですといった話をしたのですが、
でも後になって思うと、じつは聖書の結婚観には少々違和感を感じる点があるのです。

1 john-willam
john William Waterhouse

back to TOP