「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 人生不可解という遺書。藤村操の『巌頭之感』 

 
  果実に芯があるように、
    人は誰でも自分の死を自分の中に持っている。――――リルケ



山田風太郎『人間臨終図巻・上』を読んだら、涙が垂れ流し状態になりました。
15歳から55歳までに死んだ324名の臨終の様子が簡潔に書かれている良書です。

その6番目は、華厳の滝に飛び込んだ藤村 操(みさお)の話。
彼の遺書は、16歳の人が書いたとは思えない漢文調で、感銘を受けます。



 巌頭之感


  悠々たるかな 天壤てんじょう 遼々たりょうりょうる哉 古今、
  五尺の小躯しょうくて 此大このだいをはからむとす。 
  ホレーショの哲學 つい何等なんらのオーソリチィーをあたいするものぞ。 
  萬有の眞相はだ一言にしてつくす、いわく、「不可解」。 
  我このうらみいだいて煩悶、ついに死を決するに至る。
  既に巌頭がんとうに立つに及んで、胸中 何等の不安あるなし。
  はじめて知る、大なる悲觀は大なる樂觀に一致するを。

                   (明治36年5月22日)


 (意)
  なんと悠々たるかな、天地(の空間の広さ)は。
  なんと遥かなるかな、古今(の時間の長さ)は。
  私は五尺(151cm)の小さな体で、この大きさを測ろうとした。
  ホレーショの哲学は、結局は何らの権威者に値するものか。
  万物の真相はただひと言で言える、すなわち「不可解」だと。
  私はこの恨みを抱いて悩み苦しみ、ついに自殺の決意に至った。
  今すでにこの華厳の滝の岩頂に立っているが、
  胸のうちには何の不安も無い。
  初めて知った。大いなる悲観は大いなる楽観と同じだと。



  遺書は、滝のかたわらのナラの木をナイフで削り、墨字で書き残されました。
  gantou.jpg
  http://www.geocities.jp/sybrma/gantounokan.kakudai.html

藤村操は、家族には何と言い残していたのでしょうか。
日光の小西旅館から家に送った郵書には、こう書いてありました。「世界に益
なき身の生きてかひ(甲斐)なきを悟りたれば、華厳の滝に投じて身を果たす」。


スポンサーサイト

 君に勧む。今の時を黄金にすることを。『金鏤衣』と『勧酒』。 


誘惑とは、ワク(ワク)を誘うことなり。
惑とは、或いは下心と書くなり。
誘われ得ずして誘惑を避ける心の悲しさよ。(笑)

麗しい異性の魅惑もあれば、やめられない止まらないスナックの溺惑もあり、
それにつけても金の欲しさよの誘惑や、少年よ大志を抱けという煽惑もある。

悪い誘惑を感じたときは、イエスの厳しい言葉を思い出す。
 目があなたをつまずかせるなら、目をえぐり出せ。
 手があなたをつまずかせるなら、手を切り落とせ。
 体の一部を失っても、全身がゲヘナ※1に落ちるよりいいからだ。

                           (マタイ5:29,30)  
元英国首相チャーチルの言葉は、うむ、納得です。
 誘惑を避けることを心配するな。
 もっと年取れば向こうがあなたを避けるから。

                   (ブログ『夏への扉』2016/09/19より)

 kjfwwe5.jpg
 (19世紀に創刊されたファッション誌『DELINEATOR/デリニーター』。1937年に幕を閉じた)

しかしながら、いい誘惑なら、されてみたいと思うこともあるでしょうか。
唐代の二つの詩が、《君に勧む》と言って、或る誘いをしています。

 日本人は、様々な「気」を気にしている国民だ。 


ある日本人が外国の会社で「いいお天気で…」「お元気ですか」「気を付けて」
と、よく声を掛けていたら、健康上の問題を抱えているのかと心配されたそうだ。

日本人はよく天分のことを話題にするが、それは遣いがあるからだろう。

の字は、意識や心の動き、気分、気体、雰囲気など、非常に多義に使われる。
の字の付く熟語や慣用句は、なんと360以上もある。
日本人はに関して特別繊細な感覚と気風があるのかもしれない。

abaramono3.jpg

というわけでが多い詩と逸話です。気兼ねなく気休めにお読みください。
(笑)

 東大エリートが書いた、最後は「よって件のごとし」の遺書。 


 映画館や喫茶店にいたというのは、
  アリバイのない者が最も安易に使う常套句だった。
          ――――森村誠一『新幹線殺人事件』


世の中には、判で押したような定番の言い回しがある。

今、犯罪者が逮捕されて自白すると、ニュースで言われる常套句は、
「調べに対して『間違いありません』と供述しています」だ。

昔、証文や書状などの終わりに書かれていた定型句は、
「よって件(くだん)のごとし」であった。

monu.jpg
フリー画像サイト『pixabay』から借用

昭和23年、カリスマ東大生が詐欺事件を起こして書いた遺書の最後に、
この「件のごとし」が使われているが、この遺書が非常に類型を破っている。


back to TOP