「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 《自己愛》は自分と世界を楽しくする。 


智を働かせれば、女子危うきに近寄れる。 
情を尽くせば、トンビが紀文のさつま揚げ持ってくる。
意を伝えれば、馬耳西風。
とにかく人の世は面白い。

 すみません。冗談半分で始まりましたが、最後の行はかなり本心です。


いや、人の世は面白くなんか無い、と思う人がいるでしょうか。

もしそうなら、この際、一気に面白くしてやりましょう。


JW-LadamadeShalott.jpg
John William Waterhouse, The lady of shalott

スポンサーサイト

 「虹の足」の下にいる幸せに気づける8つの質問。 

オのオリンピックで、男子サッカーが1次リーグ敗退となった。
その最初の試合のとき、女子アナが、サッカーの神様に祈りますと言っていた。

旧約聖書は、王国に天使長が付いていると言っている。(ダニエル10:13,20 新共同訳)
もしサッカーの神様や守護天使がいるなら、ジャパン担当はまだ下っ端のようだ。
イエスは、辛子からしの種粒ほどでも真実に信じていれば「山も動く」と述べた。(マタイ17:20)
これは比喩ではなく、意識の持つ力を述べている。

人は、神に願い事をする。
神は、人が最も強く信じていることをかなえる。※1

ここで面白いのは、人は自分の心に嘘を付くことはできないということだ。
つまり、神に願いを述べていても、内心では、ほとんど信じてないことがある。
・苦しい時の神頼みというのは、普段は、願いはかなわないと信じていることを示す。
・百円硬貨のお賽銭を入れるのは、百円分位の御利益しか期待してないことを示す。

人は願っていても、心の奥底では信じてないので、その信じてないことが現実になる。
つまり、人の願いは大抵かなわない。

mgdr.jpg
ホセ・デ・リベーラ「砂漠のマグダラのマリア」1641

しかし必死に神に願わなくても、手軽に幸せになれる良い方法がある。
吉野 弘さん※2の詩が、そのことを教えている。

 ノスタルジーという幸せ感を今、ここで。 

かりし頃、渋谷は駅前路地奥の小さな名曲喫茶『らんぶる』に行くのが定番だった。
今でも「ツィゴイネルワイゼン」とか「私の心はヴィオリン」を聴くと、ほろ苦い青春時代と、
夢中だった2歳上のひとのことを思い出し、甘酸っぱい感傷なんぞにふけってしまう。

郷愁とは、過去に惹かれることなり。
ああ、あの頃が懐かしいなあと好意的に価値づけ、切ない幸せ感に浸る感情のことである。

reit98.jpg
デスク右脇のチェスト上に置いてあるレトロ雑貨小物。左のPCスピーカーの上は水飲み鳥、
その右に米国製ラジオ、マリリンのブリキパネル、映画「禁断の惑星」のロビー・ロボット。


般若心経の末語「そわか」を思い出し、「そ」の文字に引っ掛けて、「わか」き頃の追憶に
多少関わることを考えてみた。般若とは智慧のこと。私には縁もゆかりさんもないが。

 ソフィーの選択と大岡裁きの選択の違い。 

何を食べるか。どの道を通るか。仕事を替えるべきか。原発を支持すべきか。
人は日々、小さな選択、大きな選択を繰り返しながら生きている。
人生の分岐点でどうするか。その選択により人の未来は大きく変わっていく。

わが子に関わる非常時に、母親がした《とっさの選択》二例。
(1)ナチ収容所のソフィーという名の女と、(2)江戸の町に住む女の話です。

sofi.jpg
ソフィーの選択』 1982年/アメリカ映画/アラン・J・パクラ監督/ウィリアム・スタイロン原作

back to TOP