「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 バーソの2017年のごあいさつ 



gi71.jpg
2017

本年もまたい変わらず
あかるく愉快で
んぜんな日々が
楽しめますようえ向きな話題を
心掛けますゆえんぼうしながら
お付き合いのほどをっとう徹尾お願いし
おめでとうございます
そして
Happy New Year
Bonne année
Felice Anno Nuovo
Ein frohes neues Jahr
Ευτυχισμένο το νέον έτοζ

とまあ
いつもより余計にあいさつをしております
でもギャラは無し
(笑)
というような冗談は酉あえず中断し
真摯に 真面目に 厳粛に
あなた様の
ますますのご安泰とご多幸を
心から祈念いたしまして
新年のお慶びを申し上げます

navaso3_20170105101237011.jpg
Bartholomew



米国の思想家エマソンが『処世論』の中で、こう言っています。
We are born believing.
A man bears beliefs, as a tree bears apples.
われわれは、信じるように生まれついている。
一本の木にリンゴの実がなるように、 一人の人間には信の実がなる。

私は、性善説のほうが好きですね。
良いことを信じ、なるべく善い面を見ていきたいと思っています。
という気概のようなものがむろんあるわけではなく、
単にネガティブなものは楽しくないだけなんですが、
友あれ今年も明るく陽気にいきたいものですね。




※写真は最近、泊まった宿のご主人が撮ってくれたものです。
フォーカスを少しボカしましたが、実年齢より若く見えると思います。




スポンサーサイト

 煩悩を取り除く良き方法を二つほど。 


わずらいなやむのが人間である。
わらいはずむのも人間である。
くれなずむのは師走の町のである。


この珍妙なる文字混合体を見よ。
耳鼻科や美容整形の看板にあらず。
頭に苦がある「煩悩」の造字なり。
ひと文字で表したる醜い自我の姿なり。


(108角の「煩悩」の字)
9noou.jpg
出典:http://hikimoji.ciao.jp/sheajan/?p=656


人々の多憂多悩をなくすは除夜の鐘。
(つ)かれる回数は、
大晦日に百七回、元旦に一回。



ゴーン



usglk.jpg



その鐘の音が百八つのワケはこれなり。


『煩悩』説
人を悩ますものは眼・耳・鼻・舌・身・意
これを好・悪・平(中間)の三感情で分派すれば、
三掛ける六は、十八。
さらに浄・染(汚い)の二状態で展開すれば、
十八掛ける二は、三十六。
さらに前世・今生・来世の時間軸も考えれば、
三十六掛ける三は、百八つ。


『四苦八苦』説
すなわち、四掛ける九(苦)は、三十六。
八掛ける九(苦)は、七十二。
併せて、苦が百八つ。


誤視護思ゴシゴシ』説
誤って視て己が思い込みを護ろうとする稚拙。
ゴシ(五十四)と、ゴシ(五十四)を足せば、百八つ。
心をゴシゴシ洗えば浄化できる。
これはバーソが切々と思う拙説である。


なお、
悩みは掛け算と足し算でやってくるのかよ
と思うならば、それは凡脳であろう。


ゴーン


さて、
煩悩のもう一つの消し方はこれである。



ひたすらーっとし
ああだこうだとかむむーとなやまず
きをしずめてんびりすれば
かならずにげみちかまいかんがえがでる
こまったらいたらいい
おちこんだならるしんだらいい
いきていけばかいはまわる


ゴーン


ゴーン


ゴーン


gone



gone


gone


gone

…・


今年も
ご訪問をありがとうございました。
コメントもありがとうございました。
うれしくて本当に感謝しています。
おかげさまで楽しく一年を過ごせました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
バーソ

 祭は、和を背負うワッショイの心意気が必要だ。 

「夏だッ」と来ると、「まつりだッ、ワッショイッ」となる人がいるだろうか。

ワッショイとは、明治期の書『東京風俗志』によれば、“和を背負う”が語源。
であれば「祭」とは、日本人の“和”の思想を伝える重要な行事と言えそうだ。※1

の字の意味については、漢字の3つのパーツから分かると学校で習った。
・左上の「」の字は「にくづき」と言って肉を表す。肝肺腎膵臓肢腕腹の字に付いている。
・右上の「」に見える字はフォークで、肉を突き刺している。または右手と思っていい。
・下の「」の字は動物の犠牲を置く台。しめすへんの神祗祀禊祓祈祝などは神関連の語。
 つまり「祭」とは、動物の肉を台に載せて、神霊にお供えすることをいう。※2

「祭」とは霊や魂、御霊を慰める儀式だが、地域を挙げて行われる行事全体も「祭」という。
私は、地元の「祭」については言いたいことがあり、それを後半部分で書いている。

buno1.jpg2009年
※画像は私の好きな宇野亜喜良(うの あきら)さんのイラストを紹介しています。※3

「祭」には、土地それぞれの人の“おらが祭”といった思い入れや肩入れがあるようだ。
江戸時代、京人から江戸の祭が馬鹿にされ、やり返したという話が面白いですよ。

 続・新年のごあいさつ。 


(郵便で~す)
ehh07.jpg

 2016年。新年のごあいさつ。 


Happy New Year.
おしょ777
I hope you will have a great year.


 バーソの念頭による年頭のための捻十のごあいさつ。 


あけましておめでとうございます


sheep9.jpg
           (ピョーン)

back to TOP