「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 元始、女性は太陽であったが、後に男性が取って代わった。 


元始、女性は実に太陽であった。……今、女性は月である。

これは平塚らいてう(雷鳥)が出した文芸誌『青鞜』創刊の辞でせいとう(ブルーストッキング)す。
大正ー昭和の女性解放運動家の言葉としてよく知られています。


歴史には、まれに女帝や女王が登場しますが、統治者は、ほとんどが男性です。

昔から男社会だと思えるのに、どうして元始は女性が太陽だったのでしょうか。


 wwrt0.jpg
 画像はおおよそアール・デコ時代のものを拝借しています。本文とは直接関係がありません。


「女性は太陽だった」とは、天照大神の意だとか、女性は子を産んで豊穣をもた
らすからといった解釈があるようですが、非常に興味深い説明が一つありますよ。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
初めに女神があった。やがて男の神が現れ、神の座を奪った。
(ニール・D・ウォルシュ著『神との対話③』の78~90ページを要約しています)


●歴史の初期、地球は《母系社会》だった
古代では、統治者の地位も、宗教的な権威も、商業、科学、学問、癒しの分野で
の影響力のある地位も、すべて女性が握っていた。女性は太陽だった。神だった。

男性は、ただ肉体労働をし、子供たちを護るだけ。働きバチのようなものだった。
女性の卵子を受精させることと、重い物を動かす以外にさして重要性がなかった。


 wwf9e.jpg


●そのうち、男性の中に《権力》を欲する者が現れた
不満を持つ男どもが、女性の指導者から力をもぎとりたいと考え、《邪悪な者》
すなわち悪魔を発明し、悪魔に対抗するには《力ある神》が必要だと言い出した。

悪魔が存在する根拠は『腐ったリンゴ』という理屈だ。女性たちは経験上、どう
しても《ワル》になる子供がいて、特に男の子がそうなりやすいのを知っていた。

男どもは、「母なる女神だって、じつは悪魔が巧みに姿を変えて我々をだまして
いるのかもしれない」と言って、他の男たちに不安の種を蒔き、反乱を起こした。


  wwevel-1.jpg


●その次に、男の神が悪魔をやっつける「神話」が創り出された
ある日、善である女神が子供を産んだが、その息子は母親に反抗し、玉座を争う
までになった。いくら愛のあふれる母神でも許せないので、息子を追放した――。
こうして出来の悪い、狡猾な息子の神話が作られ、悪魔が存在するようになった。

ではその悪魔を力で抑えられるのは誰かということになった。思いやりや智恵や
洞察力では女性が勝っていても、圧倒的な力が必要なら、男性の出番ではないか。
こうして力の強い男性の神が創造され、女神とともに神話の中の主人公になった。

神話には、女神に嫉妬し、女神のために闘い、女神を巡って争う神々が出現した。
愛は、それまでの母のような優しい愛から、荒々しい力で保護する愛に変わった。


 wwf19.jpg


●神性に関する考え方が一変し、《父系社会》に変わった
貢ぎ物や献身や愛を要求する、絶対的な《唯一神》が権威で人々を支配し始めた。
嫉妬深く、怒りっぽく、いい加減な者に容赦なく、どんな反抗も見逃さない神だ。

この専制君主のような神は想像上の産物だが、あまりにも長く想像し続けたので、
実体を持ち始めた。今でも人々は、人を死後に裁いて罰する神におののいている。


こうして、元始、女性は太陽であったが、やがて男性が取って代わったのだ。


 wwfe.jpg


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
神は、何が一番の関心事か? 聖書の神を例にします。

●旧約聖書は、神への絶対的な忠誠を要求しています。
たとえばモーセの『十戒』は、その命令から始まっています。※1
「あなたは私(エホバあるいはヤハゥエ)の他に、何者をも神としてはならない」
「私は、妬む神であるから、私を憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に
及ぼし、私を愛し、戒めを守るものには、恵みを施して、千代に至るであろう」


●新約聖書でも、神を愛すべきことが要求されています。※2
「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、神を愛せよ。これが第一の掟だ」
「死に至るまで忠実を示せば命の冠を与えよう」「(神の遣わした)子(イエス)を
信じる者には永遠のいのちが与えられるが、信じない者には神の怒りが留まる」


つまり神の第一の関心事は、人間から愛され、忠実に仕えてもらうことなのです。


●聖書の神は、近隣の国の《世襲独裁者》と、よく似ていると思いませんか。
人民は嬉々とした顔で、偉大なる元帥様を賛美崇拝。当人はいつもにこにこして
愛がありそう。新聞や書物、教育、歌はその偉大さを称え、忠誠を誓わせている。
だが独裁者は意に沿わない人間は誰でも平気で処刑して、じつは非常に怖ろしい。



 wwegh.jpg


どうでしょう。男神生成の話はちょっと信じがたいとしても、
絶対神のイメージは、権力志向の強い男どもが作り上げたものとは感じませんか。


                 


私は、以前は長年、聖書の人格神のご意思を行ないたいと願っていました。
現在は、その神は宗教が教えているだけの実在しない神だと思っています。
宇宙の根源や見えない世界を信じることは、以前よりも強まっていますね。

※1:引用聖句は、出エジプト記20章3,5,6節。
※2:引用聖句は、マタイ22章37,38節、黙示録2章10節、ヨハネ3章36節。
スポンサーサイト

 吉宗の巧みな大奥の改革と、使徒パウロの巧みな懇請の手紙。 

「企て」と「企み」。
読むのに一瞬、戸惑わなかったでしょうか。
「くわだて」と「たくらみ」。
「企て」は単に計画のことですが、「企み」には悪い意図が含まれています。

今回は、徳川八代将軍の吉宗が巧みに企んだこと、
聖書からイエスの使徒パウロが巧みに企てたこと、その二つを書きました。
秘訣は、相手を“いい気分”にさせることですが、両者のやり方はまるで違います。

83qh.jpg 出典

後半の聖書のほうは信仰話や教訓話ではないですが、長いのでスルーしてもいいですよ。
でも使徒パウロの私的な手紙は、素晴らしく巧みで、惚れぼれするほど名文ですよ。

 虹は、大洪水と平和を思い出すためにある。 

先日、車で走行中、前方に背丈ほどの大水が突然現れ、バシャーンと突入した。
といっても、これはよく見る定番の《洪水の夢》のバリエーションのひとつ。

夢は大抵、川だか海だかの水面の高さが異常に盛り上がってきて、もうすぐ氾濫するぞ、
というところで目が覚めるので、溺れた経験は一度もない。

小学生のときに台風で家が流されたが、その前に避難したので、実際に海水が
襲ってきたのは見てない。潜在意識に前世か何かのトラウマがあるのだろうか。

Frederic Edwin Church
Frederic Edwin Church「Rainy Season in the Tropics」1866

洪水といっても明るい話もある。ノアの大洪水後には大空に美しい虹が現れた。
今回は、雨のあとに見える七色の虹には象徴的な意味があるという話です。

 神は、人間に何かを望んでいるか? 

ある調査では、神の存在を信じる人が90%以上いる国は世界55か国中、24か国。
エジプト、ヨルダン、インドネシアでは、ほぼ100%が神を信じている。
米国、ポルトガル、アルゼンチン、アイルランドでは、90%以上が信じている。

神を信じる人が50%未満の国は、スウェーデン、エストニア、日本、チェコ。

日本人の特長は、「わからない」の比率が33%と圧倒的に多く、世界一。
「わからない」とは「どうでもいい」ということ。日本人は鷹揚で適当らしい。
※日本の宗教のほとんどは宗教法人で、その数は約18万2千(平成23年)。

別調査では、英国では人口の約半数近くの3300万人が宇宙人の存在を信じるが、
神を信じる人は2700万人。昨今はETがGODより人気があるかもしれない。

avebury-crop-circle-20081.jpg
                  http://paneandov.com/crop-circles-2012/


back to TOP