「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 「慚愧に堪えない」とは、自分と他者と天に恥じること。 

夏がとっても暑いから、こころ寒くなる参照亭バーソのハナシでもいかがでしょう。
とまあ、暑中お見舞いを兼ねまして・・・


「おや、熊さんかい、お上がり。この暑い昼日中によく来たな」
「あ~、よかった。安心した。ご隠居は、まだイカの一夜干しだわ」
「なんだ、まだイカの一夜干しとは?」
「へえ、まだスルメになってねえ」
「なにかい、あたしゃ、生けるミイラかい?」
「あははは、ご隠居。このハゲ―――ッの話、知ってますよね」
「おい、ひとの頭を見ながら言うやつがいるか。それがどうした」
「いえね、テレビを見ていたら、そのとき『残金が足りない』とか言われてたん
です」
「うーむ、それは、たぶん『慚愧(ざんき)に堪えない』じゃないかい?」
「それそれ」



 inu4.jpg

「熊さんにも分かるよう、政治家の常套句について講釈しようかね」
「よおよお、上等、特等、横丁のイケガミガミ アキラ!」
「なんだ、禿頭のガミガミとは。よ~く聞きなさいよ、丁寧に説明するから」
「へいへい」
「この『慚愧に堪えない』とは、《残念だ》という意味と思っている人がいるが、
そうじゃない。《自分のしたことを悔やんで恥ずかしいと思っている》という意
味なんだな」
「へい、残金を返せねえのが返す返すも残念だ、合わす顔がねえ、って意味なん
ですかね」


 inu2.jpg


「ま、そんなとこだな。ただし、誰かが亡くなったときに『慚愧に堪えません』
なんて言うと、《残念だ、私のしたことを悔やんでいる、恥ずかしい》という意
味だから、じつは亡くなるようにした下手人は私です、と言ってるように聞こえ
るぞ。これは、元は仏教用語。涅槃経の一節で、現代語で言えばな・・・

  ざんは自ら罪を犯さないこと、は他者に罪を犯させないこと。

  慚は自らの罪を恥じること、愧は他者に対し罪を恥じること。

  慚は人に恥じること、愧は天に恥じること。

  そうしたことを慚愧という。

  慚愧の思いの無い人間は、人とは呼ばず、畜生と呼ぶ。


・・・と説かれているようだぞ、熊さん」
「うわっ、政治家はケダモノですね。こん畜生め」
「そんなに悪く言っちゃあいけない。立派な政治家だっているはずだ」


 onu5.jpg


「そうですね。あっし、誤解を招くような発言をしたので撤回します」
「失言と言われてすぐ撤回するのは謙虚や謙遜とは違うぞ。大体が『誤解を招く
ような』とは、こずるい言い方だ。というのは、自分は正しい発言をしたのに、
失言と誤解した人間のほうが問題だ、と言ってるわけだからな」
「うわっ、あやまってるんじゃねえんだ」


 inu1.jpg


「うむ、この涅槃経で大切な点は、悪行は誰かが見ているという意識だ。自分自
身の目と世間の目と、そしてもうひとつ、天から見ている目もある、ということ
も忘れたらいかんな」
「はあ、お天道様も見てるんですか」
「まあ、そう思ってもいい。お天道様も見ている。天に対しても恥ずかしくない
ように正しく生きようという気持ちがあれば、あとで恥をかくことも少ないだろ
うな」
「なあるほど。あっしんとこは、お天道様より、おっかあのほうが怖くって」


 inu5.jpg


「うむ、いかんなあ、遺憾なことだ。熊さんは、この『慚愧ざんき 』という字はどう書
くか、知らないだろう」
「へえ、知るはずがありません、あっしは現金払い、その日暮らしですから」
「まだ残金にこだわってるな。ここに大きく書くから、よく見なさい・・・

  慚 愧  (または、慙 愧)


『慚愧』の二文字の左側にある部首ぶしゅ が分かるか。《忄》は立心偏と言って《心》
を表すのだよ」
「はあ、ブシュの心。あっしはビジョの心のほうがいいです」
「うむ、あたしもだ。この字は、カッコ内の字のように『慙愧』とも書くのだが、
『慙』の字は《忄》が下に行って《心》になってるだろ」
「へい、下心ってやつですね。うふふふ」
「お前さんの頭は、金と女しかないのかい?」
「あっし、自分自身を客観的に見ることが出来るんです。あなたとは違うんです」


 inu7.jpg


「馬鹿。慚愧の思いが足らんな。ったくもう。今度は『慚愧』の二文字の右側を
見なさい。『慚』は刀で《斬る》という字、『愧』は《鬼》という字だ。つまり
《心で鬼を斬るのが慚愧なり、慚愧とは恥ずかしきなり》と覚えなさい。とかく
人は偉くなると思い上がる。その心の鬼は自分で斬ることだ。そうすれば恥ずか
しいと思う心が自然にわいてくる」
「へい、ご指摘の件は真摯に受け止めたいと思います」
「おや、またかい」
「へい、粛々と前向きに善処して…」
「そうだ。すぐシクシク泣いて落ち込むのがお前の悪いクセだ。もっと前向きに
明るく陽気にシャンシャンと生きたほうがいいよ。でもな、熊さん。『慚愧』の
意味と漢字をこれで覚えただろ」
「ええー、その件につきましては記憶にないところでございます」


 inu11.jpg




おかげさまで、ブログ七周年。
拙ブログは2010年(平22)より始めましたが、8月6日で満7年になります(320記事)。
2、3年過ぎた頃、土曜が楽しみだとおだてられ、毎週土曜の定期更新を決めました。
コメント総数も七千件突破。文章量が本文の数倍になる時もあり、感謝の極みです。
これも皆さまのご厚情ご誠心のお陰と 暑く、いえ、厚く、熱く御礼を申し上げます。

※画像は次のサイトから拝借しています。
・『VIRALNOVR』http://www.viralnova.com/pets-vs-furniture/
・『Reddit』https://www.reddit.com/r/funny/comments/1uxia3/found_my_dog_
like_this_she_ate_through_her_bed/

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

あら、珍しやぁ…。

画像にワン、ニャン傑作ポーズを取り込むとは、
バーソさんにしては珍しいこともあるもんですね。
どの子も、∵ゞ(´ε`●) ブハッ!! です。

『言葉の面白さ』を記事にしたら、
バーソさんの右に出る人はいないでしょうね。
解説だけだと退屈なはずが、
参照亭バーソ登場で立派な落語ネタになるんですもの。
しかも読み手の記憶に残り、
少しづつ、お利巧さんになれるかも?(^_^ ;)

7周年、おめでとうございます♪
この調子だと、あと1000年でもネタには枯渇しない。羨ましい限りです。

一番最初のニャン、好きです。
気合入れて、念じてる?

椅子の縁、絶妙なバランスで見つめるニャン。
ユニークな柄顔で、そのまんま、ひとり芝居できそう。((´∀`*))

2017/08/05(土) |URL|風子 [edit]

7周年おめでとう

まず初めにブログ開設7周年おめでとうございます。
これだけ続けられたのはバーソさんの、博識な記事、
画像を交えた手練れの文章、誠実なコメント対応の賜物です。

慚愧の念、勉強になりました。
考えてみると何度も何度もありますね、慚愧の念。
一番の慚愧の念は、
おばさんが亡くなって遠い田舎の街へ葬儀に行ったんです。
懐かしい街に着いて、葬儀に参加したのですが、間違った
葬儀場に参加してしまったのです。なんと二軒続きで葬儀を
していたのです。(笑)

「横町のご隠居さんとこ行ってきた、慚愧の念だよ慚愧の念!」
「なんだいそりゃ。食べられるのかい」
「うん、皮むいてアクをとってな・・・、バカ、それはジネンジョだろ」
「ざんきのなんとやらって何のこったい?」
「自分の悪事を認めるだけじゃなく恥ずかしく思うってことらしい」
「じゃあ、お前さんが毎日やらなくちゃいけないことだよ。この前も女と
手をつないで歩いてたじゃないか。あたしが怒ったら『一線は越えてない』
とかなんとか言い訳しただろ。あれこそ慚愧の念しなくちゃだろ? それに・・・ 」
「分かった、わかった。勘弁してくれ。慚愧の念、今した。
しかしなんだな。ご隠居のところに出入りすると賢くなるけど困ることも
あるんだよなあ。前に『鬱』という字の覚え方を習ったんだ。でもどうしても
思い出せなくてな、うつになっちまったことがあるんだ」

2017/08/05(土) |URL|エリアンダー [edit]

Re: あら、珍しやぁ…。

風子さん コメントありがとうございます^^)
 画像は大抵の場合、本文のつまらなさを補うために添付しています。挿絵で見た目を少しでもよく見せようと苦労しているわけです。(笑) 今回は落語仕立てなので、入れる画像に困って、まとめサイトから、こんなのを拝借しました。それにしてもワン・ニャンは絵になりますね。ワン・ニャンブログに人気があるのもよくわかります。
 一番最初のニャンがいいですか。はい、私もそう思って、トップに持ってきました。二番目も好きですね。

> 『言葉の面白さ』を記事にしたら、
バーソさんの右に出る人はいないでしょうね。

 おおーっ、うれしいお言葉。これで一週間は幸せでいられ…と得意の常套句を言いたくなります。文章のうまさ、テンポの良さでいえば、風子さんの左に出る人もそんなにはいないと思いますよ。左に出るという言い方はないですが、ここは《流れ》もしくは言葉の綾ということで勘弁してくださいませ。(笑)

 本当は文学者のエッセーのように、知識の深さと機智のきいた文章が書ければいいのですが、そこまでの西鶴がない、いえ、才覚がないのが遺憾なことです。いかんなあ、残気の念に堪えません。はい、心残りの意です。

 あ、「七周年」と書くと偉そうに見えるかと思って「七年」と書いたのですが、風子さんとエリアンダーさんの文章を見て「七周年」にしました。(^^♪

2017/08/05(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Re: 7周年おめでとう

エリアンダーさん コメントありがとうございます^^)
> これだけ続けられたのはバーソさんの、博識な記事、
画像を交えた手練れの文章、誠実なコメント対応の賜物です。

 おおーーっ、これまた身に余るお褒めの言葉です。これで三週間は幸せで…と、いつもの三倍喜んでおります。
 エリアンダーさんのコメントは毎回、私の工夫・努力した点を的確に指摘して褒めてくださり、おかげさまで大きな励みになっています。

 「土曜が楽しみだ」とおだてられたというのは、エリアンダーさんのことです。お世辞だとしても、私、根が素直なせいで、そう言われて、真に受けて、その気になって、毎週土曜日に定期的に更新しようという気になりました。(笑) それゆえにネタに苦しみながらも、おかげさまで、休まず続けることが出来たような気がします。感謝しています。

 で、この落とし噺、素晴らしい。作るのに1~2時間は掛ったんじゃないですか。いや、こういうのは慣れているので、ほぼ瞬時に出来たのでしょうかね。
 「ざんきのなんとやらって何のこったい?」。この言い方がうまいですね。自然薯は、自念からの発想。なるほど。痔念からじゃあないですね。(笑) 鬱の字の話もよく覚えていてくださいました。ここまでしてコメントを書いていただけると、うれしくて目がウルウルしてきます。有難いことです。これで、六週間、いえ、七週間は・・・。(^_-)

 追伸。「自然薯」が頭に引っ掛かっていましたが、ひょっとしてあれのことですか。(笑)
 

2017/08/05(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

とぼけた顔してワワワーン+ニャン

おはようございます。

朝から為になる小話痛み入ります。
僕は昔からオレオレ的な人生を送ってきましたので、今こうして振り返えって見ますれば、慙愧に堪えない案件が山ほどありまして・・
ところで7周年おめでとうございます、でもまだ道の途中と言う所でございましょうか、格致日新と言う諺がございますが師匠のブログはまさにそれで、読者の私達もその恩恵をたっぷり受けておる次第でございます。
驢鳴犬吠な我がブログを思う時、師匠の爪の垢を少々頂いて、先積のお中元で頂いたシャトーマルゴー2010に浮かして飲みたいなーなどと馬鹿なことを・・

2017/08/05(土) |URL|ばく [edit]

Re: とぼけた顔してワワワーン+ニャン

ばくさん コメントありがとうございます^^)
> 僕は昔からオレオレ的な人生を送ってきましたので、今こうして振り返えって見ますれば、慙愧に堪えない案件が山ほどありまして・・
 あー、「僕」という言い方を聞いたのは初めてのような気がします。私も普段、公式の場以外では必ず「僕」と言っています。同じですね。

 で、「慙愧に堪えない案件が山ほど」ありますか。なんとなく、わかりますよ、どちらの方面の話か。「案件」ですか。あはは、「餡件」と書いて、甘い切ない甘い話のようです。ひょっとしてエリアンダーさんの落とし噺で思い出したのではないですか。(笑)
 
 「格致日新」とは、いつも過分にお褒めいただいて、有難い限りです。でもこれは、ばくさんの人生訓のような気もします。いつもいろいろ難しい言葉に詳しいですね。「驢鳴犬吠」なんて四文字熟語は知らなかったです。意味は字を見れば分かりますが。

> 先積のお中元で頂いたシャトーマルゴー2010
 おー、そうですか。ばくさんの暮らしぶりがわかりますね。私、分からないので検索しました。(笑) amazonで127,775円 残り1点でしたよ。で、こう説明がありました。
 「ヘミングウェイは、シャトーにしばしば滞在し、孫娘が生まれた際「シャトー・マルゴーのように女性らしく魅力的に育つように」と名前を『マーゴ(マルゴの英語読み)』と付けたほどです。
 2010年は、ボルドーの偉大な年ともいわれ、カベルネ・ソーヴィニョンを90%、メルロー7%カベルネ・フラン3%のブレンド比率により、完璧に近い質の高さが評価されています」。
 うーん、一度、千円分ほど、なめてみたいものです。(笑)

2017/08/05(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

さすがに暑いですね~…年を追うごとにジリジリと気温が上がってる様な気がします。
この前「(暑さで)タコはよく茹で上がって旨かろうが、ジジイ(自分)は干物にしかならないよ」
と魚屋のおばちゃんに言ったら、笑い転げてました(笑)
慚愧の念と言えば、うちの総理大臣が内閣改造に当たって閣僚達に「絶対に失言はするな」と言ったとか。
一番失言する人に言われても「お前にそれを言う資格があるのか?」と本気にしてもらえそうもないです(笑)
本人は数々の失策を反省してる様ですが「反省してる素振り」にしか見えないのは、やはり普段の態度の賜物かな?と思ったりします(笑)

2017/08/05(土) |URL|sado jo [edit]

Re: タイトルなし

sado joさん コメントありがとうございます^^)
 joさんは暑さのほうは大丈夫ですか。大事にしてくださいよ。

 浜で見知らぬ魚が獲れた話。名を知っている者には懸賞金を出すと役人が言ったら、或る男が名乗り出て「この魚の名は、てれすこだ」と言って懸賞金を手に入れた。
 その魚を干物にして、懸賞金を出すと言ったら、その男が名乗り出て「すてれんきょうだ」と言ったので、奉行は怒って死罪を申し渡した。
 男は「死ぬ前に妻子に会わせてほしい」と願い、妻に言った。「いいか、この子が大きくなってもイカを干したものをスルメと言わせるな」
 奉行は笑って男を放免した。これは落語『てれすこ』です。

 「てれすこ」はオランダ語で望遠鏡テレスコープを、「すてれんきょう」は「ステレン鏡」つまり「星々+鏡」のことで天体望遠鏡を意味するとする説があるようです。
 女は灰になるまで女だそうですが、男の年寄りは干物になるだけ。
 虎は死して皮を残す。失言政治家は悪評を残す。私は、政治家は多少失言しても放言しても、政治に有能ならいいと思うのですが、自分の失言を失言と気づかないような政治家は政治家以前だと思いますね。

2017/08/05(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

なるほど

ご隠居さんは良いことを言うね~

>週土曜の定期更新

知りませんでした。コメントの多いブログにマメに通います

2017/08/05(土) |URL|呑兵衛あな [edit]

Re: なるほど

呑兵衛あな さん コメントありがとうございます^^)
> ご隠居さんは良いことを言うね~
 あははは、ありがとうございます。江戸時代は若くして家督を息子に譲って、老後を有意義に暮らした人がいたようで、平賀源内は26歳で家督を放棄。松尾芭蕉は36歳で隠居。歌川広重は26歳、伊能忠敬は50歳、
伊藤若冲は40歳で隠居…とまあ、いい人生を送っています。無無無庵さんも相変わらず意気盛んなご様子で、何よりです。

 横丁のご隠居はそれほどのことはしてないのですが、八っつあん、熊さん相手に怪しいウンチクを垂れていたようで、落語の『薬缶』では、矢が当たったらカーンと音がしたからヤカンだなどと説明しています。
 したがって拙ブログも精々落語レベルだと思っていただいたほうがよろしいかと思いますが、マメに通っていただけると聞いて、ご隠居も、これはおかげ様で寿命が延びるわいと、いたく喜んでおります。(笑) 

 ちなみに、この返コメが7,099件目になりますが、最近はコメントが減少傾向にあるのが私の不徳の致すところで、残念です。(^-^;

2017/08/05(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/05(土) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 うわーっ、う、うれしい。な、何と言ったらいいやら。そ、そうですか。本当ですかかかか、と平静状態ではいられません。
 これほど誉め言葉が羅列するコメントは空前絶後、前代未聞、前人未到、寝耳に水、不撓不屈、言語道断、みぞうゆの出来事です。と喜んでおります。(^^ゞ

 何と言われたか、ひとつだけ引用すると、これです。
> 完成度は・・・ブログ界最高レベルだと思います
 ちょっと自分でも歯が浮きそうになる気がしないでもないですが、でも歯が浮いたままでもいいです。抜けてもいいぐらいです。はい。^^)
 完成度とは、画像などを含めたレイアウトなど、全体のバランス感覚のようですが、ここまで言われると、お返しをどうしたらいいやら、悩みのたねが増えました。で、とりあえず書中にて暑中お見舞い申し上げます。そのうち練乳トッピングの氷あずきでもおごりますね。当てにしないでください。(^^♪、

 プロフィール画像もいいですか。これは「バーソ」の字で描いているところがミソでして、「バ」の字の八の字型のせいで垂れ目に見えるのと、濁点の点々のせいでマツゲが長く見えて軟弱に見えますが、じつは本人はそのとおり、軟弱なんです。なにしろ慚愧の念に堪えないことが私の人生には多いもんですから、どうしても気弱になるので、顔もそうなります。口も「ソ」の字なので少し歪んでいます。(笑)

2017/08/06(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

政治家の用語

バーソ様
おはよう御座います。

政治家が使う言葉ですね。まわりくどく話して自分の責任の所在をはぐらかそうという魂胆がミエミエですね。
素直に謝って議員辞職した方が格好いいのに。
切腹までしろとは言いませんから。

「あっし、自分自身を客観的に見ることが出来るんです。あなたとは違うんです」

福田さんの言葉ですね。私も彼がなんでも人事のように言うのに違和感を持っていました。
あの時の記者に拍手を送りました。

愛新覚羅

2017/08/06(日) |URL|aishinkakura [edit]

Re: 政治家の用語

aishinkakuraさま コメントありがとうございます^^)
> まわりくどく話して自分の責任の所在をはぐらかそうという魂胆がミエミエですね。
 あ、そうですね。これをご隠居さんに言わせればよかった。政治家たちが難しい熟語を使っているのは、そのためなんでしょう。こずるいものです。
 ひと頃は「遺憾です」を、自分が不始末をしでかしたときに使う人がいて、遺憾でした。

 先日やめた大臣が「何々のところでございます」という言い方を多用していたのも気になりました。敬語丁寧語を使い慣れてないので、そんな言い方をするのでしょうが、もっと率直な言葉で言えばいいのにと思います。「丁寧な説明を心がける」も「正直な説明をする」と言ってもらったほうがいいのですが。

 とまあ政治家の言葉はツッコミどころが多いですね。外野は気軽なものですが、プレーヤーは大変でしょう。といっても主要なことは一部の人が決めて、その他の大勢は党の方針に賛成するだけなんでしょう。特に、前の都議会の議員たちを見ると、そう思います。

 福田さんも気軽にやめたので、ちょっと驚きました。

2017/08/06(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/08/06(日) || [edit]

Re: タイトルなし

鍵コメさん コメントありがとうございます^^)
 あー、ありがとうございます。じつはこのコメントを読む前に、そちらに書いています。あとで見てくださいね~。(^^♪

2017/08/06(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

バーソさん、ブログ7周年おめでとうございます!!

バーソさんの博識にいつも感動しています。
たくさんの情報を駆使して
書かれているのだなあと
奥深い文章を尊敬しつつ
楽しみにしています。

ほんとにベクトルが360度ですから
いろいろなことが刺激になります。
これからも楽しみにしています。

「慚愧に堪えない」はコトバとしては
知っていましたが
使えませんでした。
また、一つ知識が増えて嬉しい気分です。

2017/08/06(日) |URL|森須もりん [edit]

Re: タイトルなし

森須もりんさん コメントありがとうございます^^)
 「奥深い文章」ですか。文学好きの森須さんにおほめいただき、うれしいです。
 当方、基本的に雑学ブログで、といって、たいして生活に役立つものではないのですが、自分がちょっと面白いと思ったことや、その時々に感じたことを書いています。
 したがって「ベクトルが360度」というか、行き当たりばったり、風の吹くまま気の向くままになっています。なるべく自分の幅を広げようという気持ちもあるので、雰囲気や文体を変えるなどの工夫などを多少なりともしているつもりで、それを考えることが自分ではちょっと面白く感じています。

「慚愧に堪えない」は政治家しか使わないのじゃないでしょうか。政治家はなぜか、こういう言い回しが好きですね。分かりにくい語彙を使うことで、はぐらかそうという意図と共に、政治家には年寄りが多いせいもありますかね。
 一方で、あまり年寄りでない政治家は英語らしきカタカナ語を多用する傾向があり、これも困ったものだと思います。専門の学術会議じゃないのですから、辞書を引かないと分からない言葉を日常で使うなんておかしいですよね。でも最近では、「忖度」は巧いと思いました。(笑)

2017/08/06(日) |URL|☆バーソ☆ [edit]

ブログ7周年おめでとうございます。
同じタイトルで7年続けること、
しかもコメント欄をいつもオープンにしていらっしゃること
(どうしても荒れること、問題が起きることが多いです)
なかなか真似できることではございません。

「慚愧に耐えないとは、自分と他者と天に恥じること」
私の父はよく「天知る、地知る、我知る、人知る」と言っていました。
お天道様は見ているぞ、というのは日本人が昔から
自分自身の行いを戒める詞でしたが、今はどうなんでしょうね、
バレなければなかったこと、というのが常態化しているようで、
なんとも、残念ですけどねえ・・。


2017/08/07(月) |URL|宝香 [edit]

Re: タイトルなし

宝香さん コメントありがとうございます^^)
 同じタイトルで続けることと、コメント欄をオープンにしていることを指摘されて、お、そういうものか、と思いました。
 人間が創造者から与えられた最大の特権は自由だと思っているので、他にもっといいタイトルがあれば変えてもいいのですが、いまは思いついてないという状態です。
 コメントはいただけるだけで有難いことです。記事に対する異論や反論でも、それはよく考えている証拠なので、うれしいことです。鋭い意見を言われるとドキッとするときがありますが、それも考え方を見つめなおす良いきっかけになります。宝香さんからは間違いを教えてもらったこともありました。いつもピリッとしたコメントをありがとうございます。(^_-)

> 私の父はよく「天知る、地知る、我知る、人知る」と言っていました。
 そうですか、一本ぴしっと芯の通った人のようですね。この言葉は言われて思い出しましたが、なるほど、慚愧の念と似ています。「人知る」は、確かにそうですね、バレなければいいと思っている人がいます。でも今はバレやすい。すぐ映像が出回ったりします。過去の発言もすぐ検索できるので、嘘を言ったとかブーメランだと言われて叩かれます。政治家の場合は本人のポリシーや仕事の腕よりも、失言や人格を問われることが多いので、気が抜けないでしょう。ところが気を抜いて遊び回って金を使いまくっている人がいるので、愚かしいことですね。

2017/08/07(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

鬼かぁ

バーソさん
今日は!kenichi2409です。

いつながら、知識の深さにはビックリします。
政治家は本心を言うと”出る杭は打たれる”の
世界なので、まぁ言葉を濁すのでしょうかね。

鬼の漢字を見ると、さよなら銀河鉄道999の
黒騎士ファウストを思い出します。
自ら”鬼”と言っていた黒騎士ファウストと
それでも”友よ”と呼びかけたハーロック。

”鬼”と自覚しないで、責任転換ばかりの人には
なりたくないですねぇ。

まぁ、人の事を言えた立場でもないですが。。。
仕事ではイロイロ有ったので、小生も陰口を
言われているでしょうね。

2017/08/10(木) |URL|kenichi2409 [edit]

Re: 鬼かぁ

kenichi2409さん コメントありがとうございます^^)
> 政治家は本心を言うと”出る杭は打たれる”の
世界なので、まぁ言葉を濁すのでしょうかね。

 ああいう言い方も彼らの特技の一つなんでしょう。言葉数は多いのに意味不明で、焦点がボカされて、なんとなくごまかされてしまいます。根が率直で正直な人は政治家に向いてませんね。

> 鬼の漢字を見ると、さよなら銀河鉄道999の
黒騎士ファウストを思い出します。

 じつは『銀河鉄道999』は内容を知らないのです。少し検索したら、『スター・ウォーズ』のダースベイダーに似ていると思いましたが、パクったとか違うとか両方の意見がありました。私は「鬼」というとすぐサタンを思い出します。聖書によれば、元は優秀なみ使いで、エデンの園の管理を任されていたのが、自らの美に自惚れたと書かれています。
 エゼキエル28章を11節から抜粋引用します。
「あなたは知恵に満ち,美しさの点で完全であり,13 あなたは神の園であるエデンにいた。14 あなたは覆うことをする油そそがれたケルブであり,わたしがあなたを置いたのである。あなたは15 創造された日からあなたのうちに不義が見いだされるまでは,あなたはその道においてとがのない者であった。17 あなたの心はあなたの美しさのゆえにごう慢になった。」

 なので、かなり頭も良く、顔もイケメンのはずです。その二枚目のサタンを怖ろし気なケモノ顔にしたのはヨーロッパの画家連中じゃないかと思うのですが、さぞかしサタンも遺憾に思っているでしょう。(笑)
 それにしても、すぐ責任逃れをする傾向も困ったものですし、あまり自分に自信があり過ぎるのも困ったことです。まあ、私も、あまりひとのことを言えた立場でもないのですが。

> 小生も陰口を言われているでしょうね。
 そうですか。その点では、私も同様の経験がありますね。(^^ゞ

2017/08/10(木) |URL|☆バーソ☆ [edit]

おめでとうございます!

七周年。
末永くお続けになられますよう。
末永く拝読に伺います。

2017/08/12(土) |URL|ミルティリおばさん [edit]

Re: おめでとうございます!

ミルティリおばさん コメントありがとうございます^^)
 「末永く」。あらー、ありがたいお言葉です。「神が合わせたものを人が離してはならない」とある聖書の言葉を思い出します。

 私も、末永くお邪魔させていただきますね。あ、お茶お茶菓子のお気遣いはご無用ですからね。でも好みを言わせていただくと、渋茶とあんこ系のお菓子、あるいは、ダージリンティーとサバランがいいです。いや、コーヒーと甘酸っ系のケーキでも、なんでもいいです。それからBGMは甘く切なく静かな曲がいいです。(^^♪

2017/08/12(土) |URL|☆バーソ☆ [edit]

こんばんは

遅くなりましたが、ブログ7周年おめでとうございます。
継続することって大変ですよね。

今後も長く楽しませていただきたいと思います(*^_^*)

2017/08/14(月) |URL|Miyu [edit]

Re: こんばんは

Miyu さん コメントありがとうございます^^)
 おめでとうございます、と言われると、ちょっと恥ずかしい気持ちがします。だって、それほどたいしたことはしてないですから。なんせ一週間に一度だけ駄文を書いているだけ。一週間が非常に忙しいにもかかわらず、3日おきにせっせと書いて、大勢のひとにコメントをしている人に比べたら全然たいしたことがないですから。

 このところ真夏の8月中旬なのに、雨が降り続けて、ちょっと肌寒いですね。からだのほうは大丈夫でしょうか。体調をこわさないよう、気を付けてくださいね~。(^^♪

2017/08/14(月) |URL|☆バーソ☆ [edit]

Trackback

トラックバックURL:http://barso.blog134.fc2.com/tb.php/332-0dda9b1f

back to TOP