「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 ただ、好日を楽しめればいいのか。芥川「侏儒の祈り」。 


先日(4/12)、ペギー葉山さんが83歳で亡くなりました。
私が印象に残っているのは、昔、TBSで見かけたとき、
その半径2メートルぐらいの空気がものすごく明るく華やかだったことです。

カバー曲の一つに『ケ・セラ・セラ』があります。
邦訳の歌詞は、小さな子供がママに「美しい娘になれるでしょうか」と聞くと、
「ケ・セラ・セラ、なるようになるわ、先のことなど判らない」と言われます。

まあ、未来とは不確定であり、ママに似ないかもよ、という心温まる返答ですが、
人は大抵、自分が「なりたい」願いや目標を持っているでしょう。

有名人は、こんな人に「なりたい」。(※空欄の字はドラッグで現れます)
「デクノボーニ ナリタイ」( 宮澤賢治/雨ニモマケズ )
「普通のおばさんになりたい」( 都はるみ/昭和59年
「お金が欲しいんじゃない。ただ素晴らしい女になりたいの」(モンロー)
「とにかくビッグになりたい」( クリスティアーノ・ロナウド )
「野球界じゃないなら、花屋になりたい」( 長嶋茂雄
「好きなことをやり、それで食えるようになりたい」( 立川談志 )
「ひもになりたい」( 弱々しい細い糸
「家族みんなに愛される うちの犬になりたい」( さだまさし/歌詞 )


inun3-1.jpg
昨年、紳士の国イギリスでは「犬になりたい」ブームがあったとか。→出展


さて、芥川は「なりたい」願いと「なりたくない」ものを挙げていますよ。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
芥川龍之介「侏儒の祈り」―――『侏儒の言葉』より
※侏儒とは、背丈の並外れて低い人、知識見識のない人の蔑称。また俳優の異称。
芥川は、ピアスの『悪魔の辞典』のように、世間や常識とは異なる考えを述べる。

 わたしはこの綵衣さいいまとい、この筋斗きんとを献じ、この太平を楽しんでいれば不
足のない侏儒でございます。どうかわたしの願いをおかなえ下さいまし。

※「綵衣」すなわち派手な模様のある衣服を着ている。「筋斗」の「筋」は木を
切る道具で、柄が軽くて頭が重く、よく斗転(回転)するところから、宙返りをす
るの意。歌舞伎のタテ用語では筋斗(とんぼ)という。そんな軽業を座興でしてい
る太鼓持ちの侏儒でして、どうか願いを叶えてください、と低姿勢で言っている。

以下、(最低で)すらなく、(最高で)さえないほどになりたいと願っている。

 どうか一粒の米すらない程、貧乏にして下さいますな。どうか又 熊掌ゆうしょうにさえ
飽き足りる程、富裕にもして下さいますな。

※「熊掌」とは蜂蜜を手で取るので美味とされる熊のてのひら。一粒の米がない
ほどの極貧もいやだが、といって美味珍味に飽きるほどの富裕にしないで欲しい。

 どうか採桑さいそうの農婦すら嫌うようにして下さいますな。どうか又 後宮こうきゅうの麗人さ
え愛するようにもして下さいますな。

※「採桑の農婦」は桑の葉を摘んでいる貧しい農婦。「後宮の麗人」とは皇帝や
王などの后妃。貧乏な女を嫌い、金持ちの美人ばかりに気を奪われるのもご免だ。

どうか菽麦しゅくばくすら弁ぜぬ程、愚昧ぐまいにして下さいますな。どうか又 雲気うんきさえ察する
程、聡明にもして下さいますな。

※「菽麦」とは豆と麦。「雲気」とは雲の動きや空中に立ち上る異様の気のこと
で、昔、天文家や兵術家が天候・吉凶などを判断する根拠にした。豆と麦の違い
が分からないほど愚かにはなりたくないし、気まで分かるほどの頭も欲しくない。

ojsjk.jpg


最後に、最高位、すなわちヒーローにはなりたくない理由を述べる。

 とりわけどうか勇ましい英雄にして下さいますな。わたしは現に時とすると、
(よ)じ難い峯の頂を窮め、越え難い海の浪を渡り――云わば不可能を可能にす
る夢を見ることがございます。そう云う夢を見ている時程、空恐しいことはござ
いません。わたしは竜と闘うように、この夢と闘うのに苦しんで居ります。どう
か英雄とならぬように――英雄の志を起さぬように力のないわたしをお守り下さ
いまし。

※「とりわけ」とあるので、《英雄にしてくれるな》が一番の願い。英雄になり
たい夢は「竜」が天に昇るごとく強い。その「夢と闘うのに苦しんで居ります」
とは、そんな功成り名を遂げる野心と謙虚さとが葛藤していることを示している。

 わたしはこの春酒に酔い、この金鏤きんるの歌をしょうし、この好日を喜んでいれば不足
のない侏儒でございます。

※『金鏤衣』という唐代の詩があり、「金鏤」すなわち金の糸で縫い取りをした
華美な衣服を着る生活を惜しむのではなく、今の若い時をこそ惜しめ、と宴席で
歌われた。「侏儒」は、春仕込みの酒に酔い、その「金鏤の歌」を歌い、ただた
だ時々に今日の日を楽しめれば何も不足はなく、欲もありません、と結んでいる。

akaru4jpg.jpg


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
さて「侏儒の祈り」で芥川の言いたいことは何か。5択問題。

a.上にいたら偉ぶりたくなり、下にいれば卑しくなるので、人生は中庸がいい。
b.芥川は自分の頭脳明晰を認識しており、自己顕示欲や高ぶりを自戒している。
c.自らを侏儒に見立て、謙虚に《日々是好日》の平凡を願っているに過ぎない。
d.これは警句であり、あくせく働き、無意義に日を過ごす世人を批判している。
e.キーワードは「この好日」。後悔のないよう《今日》を楽しめと言っている。


さあ、どうでしょう。どれも間違ってないように思えますか。
選択には、自分の人生観や、どの言葉に注目するかも関係しそうですが。
(aからeまでは、私が思い付いた順番になっています。(笑)


『侏儒の言葉』の序より
「『侏儒の言葉』は必ずしもわたしの思想を伝えるものではない。唯わたしの思想の変化を時々窺わせるのに過ぎぬものである。一本の草よりも一すじの蔓草、――しかもその蔓草は幾すじも蔓を伸ばしているかも知れない。」


     
スポンサーサイト

 雑念にギャグを噛ませると、思考は静かになる。 


「事実は小説より気になり」

以下は、ブログの友人ご本人の失敗談のようなんですが。

最近、近所のおばさんが私を避けているような気がするんです。
私はパソコンで仕事中によくコーヒーを飲みますが、
冷めたコーヒーを電子レンジで温めることがあります。
ところが仕事に熱中すると電子レンジに入れたままよく忘れるんです。
それで忘れないためにパソコンの上に紙を置いたり、手にハサミを
持ってたりするんです。で、この間、忘れないためにメガネと顔の間に
小さな料理用の撹拌棒を指していたんです。
ふとピンポーンの音がして、玄関のドアを開けると、
おばさんが回覧板を持って立ってたんです。
   ――――――ブログ『夏への扉』・「変人?」2014/07/08投稿

会話体のせいもあり、文末が5回「~んです」となっています。「~のです」と
比べて考えると、当たりがやわらかいです。文体や語彙には人柄が出るんですね。

で、仕事に忘我集中するのは学者型人間の特徴ですが、私の場合はうろうろ徘徊
して恍惚愉快のときに同様のことが日常紅茶的に起きますね(註:ネット巡回時)。
それは脳の劣化現象の他に、人間の思考そのものに本質的な原因があるようです。

zny90af.jpg

というのは、人間は考える葦、いや、絶えず考え続けている葦だからなんです。

 足軽の軽率すくい軽すくう太田南畝のかるかる狂歌 


最近、ある大臣が記者の発言にブチ切れ、世間から叩かれ、すぐ謝罪した。
江戸の昔、武士が悪行雑言の町人を叩き斬っても、お詫びはしないですんだ。

幕府が、斬捨御免、もしくは無礼討ちの特権を条文化していたからだ。
下級武士の末端である足軽でも、幕府から刑事責任は問われなかった。

徳川家直属の足軽は、末端行政や警備の要員として同心や徒士※1に採用された。
例えば『必殺仕置き人』の中村主水は、北町奉行所の定町廻り同心である。

amondo2.jpg
テレビ番組『必殺仕置き人』  ※以下の画像は本文と直接関係はありません。

足軽が短気で刀を抜こうとしたとき、太田南畝なんぽ※2が狂歌で仲裁した話が面白い。


  芥川の考える「信念」。侏儒の言葉――神秘主義。 


こんな格言がある。
「人間は、自分が考えている通りの人間になる」
「人間は、寝る前に考えた通りの人間になる」

共に意識が結果を作ることを言っているが、前者は顕在意識で、後者は潜在意識。

この格言は、現実には、現在形で言うほうがより適切なようだ。
すなわち「人間は、自分が考えている通りの人間になっている

私は以前、自分は駄目な人間だと思うようにし、友人にもそう言い、それが謙遜
だと思っていたが、今は、やはりまあ、その通りになってると感じている。(笑)

イエスは「求めよ、さらば与えられん」と述べた。
信仰を強く抱けば与えられるという意味だが、信念でも同じことが言えるだろう。

qno2.jpg
The New Yorker 1958

芥川龍之介が、我々の信念とは神秘主義だと論じている。どういう意味だろうか。


back to TOP