「バーソは自由に」

考え方はいろいろあるから面白い。

 『ジョ-ジとドラゴン』の伝説と、正義感の自己中心性。 


今回は、西方の英雄伝説とその絵画ですが、まずはジョークからどーぞ。

 18世紀のイギリス。
 疲れて腹をすかせた旅人が『ジョ-ジとドラゴン』の看板のある旅籠にたどりついた。
 ドアをノックすると旅館の持ち主の妻が窓から顔を出した。
「食べ物をくれませんか?」
 女は男の粗末で薄汚れた服装を見て、「ダメ」と叫んだ。
「では、ビール一杯だけでも」
「ダメ!」
「じゃあ、せめてトイレでも」
「ダメよ」
「ええと・・・・」
「ダメよ。今度は何よ?」

「あのう、ジョージの方と話させてもらえませんか?」

        kikwc.jpg
          ※看板とは無関係の参考画像です。

 (海外のジョークと訳文も面白い『夏への扉』の「ドラゴン」2015/07/06より)


ジョージ(George)とは聖ゲオルギオスの英語名で、イングランドなどの守護聖人。
邪悪なドラゴン(竜)を退治して人々を救った話は、西方では有名な英雄伝説です。


この旅人は、その守護聖人の名を出したのですが、ご加護にはあずかれずでした。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
絵画に多く描かれた『ゲオルギオス(ジョ-ジ)とドラゴン』の伝説。
ゲオルギオスが殉教死した4月23日(正教圏では5月6日)は、キリスト教の聖名祝
日で、15世紀から18世紀終わりまではクリスマスに比肩する祝日だったそうです。


 以下の絵はすべて『聖ゲオルギオスとドラゴン』を描いたものです。
 aeUBAR.jpg
 パオロ・ウッチェロ (1456頃)



《伝説のあらすじ》
ゲオルギオスは3世紀後半のローマ帝国の兵士。出身は現トルコのカッパドキア
だったが、その首府付近に、人に害をするドラゴンがいた。人々は毎日、2匹の
羊を捧げていたが、羊を出し尽くしたので、人間をいけにえに出すことになった。

くじ引きで王の娘が当たった。そこに通りかかったゲオルギオスが槍でドラゴン
に刺して倒し、姫の帯で町まで引っ張ってきて、人々に「お前たちがキリスト教
徒になれば、このドラゴンを殺そう」と言ったら、異教徒の住民がみな改宗した。



 edwaqd.jpg
 エドワード・バーン=ジョーンズ (1866)


後にゲオルギオス自身は、キリスト教徒を嫌う異教徒の王に拷問されて改宗を迫
られるが、断ったために斬首され、殉教者としてヒーロー的な守護聖人となった。

彼は、他者には改宗を迫ったが、自分が改宗させられるのは死より嫌だったのだ。



    sante60.jpg
    ラファエロ・サンティ(1505-1506)

      ________________________


さて、人が命より大事にしているものは、なんでしょう?

愛ですか、名誉ですか、忠誠ですか、それとも子供、配偶者、親ですか?
走れメロスさんは、友情か責任感か、身勝手な自己陶酔のようでしたが。

まあ、いろいろあるでしょうが、一番は正義感ではないですか。
正義のためには、喜んで命を捨てる人がいますから。


     lgp09.jpg
     ピーテル・パウル・ルーベンス (1606 - 1610)


ゲオルギオスは宗教的な正義感ゆえに殉教の死を遂げ、聖人とされましたが、
信じてない神を押し付けられた町民たちは、彼を聖人と思ったでしょうか。

ドラゴンの脅威から救われたときは、大喜びした人もいたでしょうが、
自分の信仰を棄てるのは死よりつらい、と悩み苦しんだ人もいたはずです。


     Stgeorge-dragon.jpg
     ギュスターヴ・モロー (1889)


人生の道で出遭うドラゴンは、自分で解くべき課題と思うほうがいいでしょう。
逃げよう避けようとしていると、実地試験放棄、採点ゼロとなり、情けないだけ。
でも頑張って立ち向かえば、自分の人間性の幅は確実に拡げられます。

絵の中のドラゴンは意外に小さくて、自分でも勝てそうだと思わなかったですか。
もう耐えられないと思えても、大丈夫。逃れ道が必ずあるとは聖書の保証です。

難題はしっかり体験して、クリアーすることです。
そうすれば、自分で自分の人生劇のヒーローになれるでしょうね。

            giieor5.jpg

リーさんも『燃えよドラゴン!(笑)』とか言ってますし。(←空白部をドラッグ)



●伝説の竜(ドラゴン)は西洋では悪的怪獣扱いされ、龍は東洋では神的霊獣扱いされています。

※新約聖書コリント第一10:13 「あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神は真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます」

スポンサーサイト

 人生不可解という遺書。藤村操の『巌頭之感』 

 
  果実に芯があるように、
    人は誰でも自分の死を自分の中に持っている。――――リルケ



山田風太郎『人間臨終図巻・上』を読んだら、涙が垂れ流し状態になりました。
15歳から55歳までに死んだ324名の臨終の様子が簡潔に書かれている良書です。

その6番目は、華厳の滝に飛び込んだ藤村 操(みさお)の話。
彼の遺書は、16歳の人が書いたとは思えない漢文調で、感銘を受けます。



 巌頭之感


  悠々たるかな 天壤てんじょう 遼々たりょうりょうる哉 古今、
  五尺の小躯しょうくて 此大このだいをはからむとす。 
  ホレーショの哲學 つい何等なんらのオーソリチィーをあたいするものぞ。 
  萬有の眞相はだ一言にしてつくす、いわく、「不可解」。 
  我このうらみいだいて煩悶、ついに死を決するに至る。
  既に巌頭がんとうに立つに及んで、胸中 何等の不安あるなし。
  はじめて知る、大なる悲觀は大なる樂觀に一致するを。

                   (明治36年5月22日)


 (意)
  なんと悠々たるかな、天地(の空間の広さ)は。
  なんと遥かなるかな、古今(の時間の長さ)は。
  私は五尺(151cm)の小さな体で、この大きさを測ろうとした。
  ホレーショの哲学は、結局は何らの権威者に値するものか。
  万物の真相はただひと言で言える、すなわち「不可解」だと。
  私はこの恨みを抱いて悩み苦しみ、ついに自殺の決意に至った。
  今すでにこの華厳の滝の岩頂に立っているが、
  胸のうちには何の不安も無い。
  初めて知った。大いなる悲観は大いなる楽観と同じだと。



  遺書は、滝のかたわらのナラの木をナイフで削り、墨字で書き残されました。
  gantou.jpg
  http://www.geocities.jp/sybrma/gantounokan.kakudai.html

藤村操は、家族には何と言い残していたのでしょうか。
日光の小西旅館から家に送った郵書には、こう書いてありました。「世界に益
なき身の生きてかひ(甲斐)なきを悟りたれば、華厳の滝に投じて身を果たす」。


 《自己愛》は自分と世界を楽しくする。 


智を働かせれば、女子危うきに近寄れる。 
情を尽くせば、トンビが紀文のさつま揚げ持ってくる。
意を伝えれば、馬耳西風。
とにかく人の世は面白い。

 すみません。冗談半分で始まりましたが、最後の行はかなり本心です。


いや、人の世は面白くなんか無い、と思う人がいるでしょうか。

もしそうなら、この際、一気に面白くしてやりましょう。


JW-LadamadeShalott.jpg
John William Waterhouse, The lady of shalott


back to TOP